2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】骨髄採取針が心臓部に? 岩手県立久慈病院で検査後に急死、ミス認める

1 : ◆10000/JzLc @よろづ屋φ ★:2007/10/05(金) 22:47:29 ID:???0
★岩手県立久慈病院で検査後に急死、骨髄採取針が心臓部に?

 岩手県久慈市の県立久慈病院(阿部正院長)で、強い貧血症状で入院していた70歳代の
男性患者が、胸骨から骨髄を採取する「骨髄穿刺(こつずいせんし)」の検査直後に容体が
急変し、出血性ショックで死亡していたことが5日わかった。骨髄採取に使う針が胸骨を貫き、
心臓かその周辺の血管を傷つけ、大量出血した可能性が高い。病院はミスを認め、遺族に
謝罪した。県警は同病院から届け出を受け、死因を調べるとともに対応を検討している。

 同病院によると、男性は9月10日に入院し、血液中の赤血球や白血球、血小板などの成分が
少なくなる「汎(はん)血球減少」と診断された。

 主治医の50歳代の男性医師は、原因を調べるために、血液を作る骨髄の検査が必要と判断。
10月4日午後2時10分ごろから、先端部に針が付いた「穿刺針(せんししん)」という器具を使い、
骨髄を採取しようとした。

 ところが、骨に針を刺しても骨髄を抜き取ることができず、計5回にわたって針で最大3センチの
深さまで刺したが、午後2時25分に検査を中止。5分後に男性の呼吸が停止し、人工呼吸や心臓
マッサージを施したが、午後4時11分に死亡が確認された。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071005i215.htm?from=main2

92 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:12:22 ID:wi3TpCFpO
>>90
子供のマルクって腸骨からじゃないの?

93 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:14:12 ID:RMkI7YZJ0
これからの日本

高度な治療は受けない方がいいよ。内視鏡とかこういった類の極めて緻密
な職人芸を要求されるものは、今のクオリティの低い馬鹿医者にはできない
から。

緻密で切らなくて良いといった手術の類はせっかく根付いたのにね。今の
ゆとり世代のような馬鹿が医者になるに従いこの手の 程度の低いミス が
続出してくるよ。

94 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:16:13 ID:wi3TpCFpO
マルクなんてアホでもできる簡単な検査じゃん。

95 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:18:09 ID:RMkI7YZJ0
>>32
そういうこと。

骨髄移植のドナー検査は・・・ なんて行っても、この 世紀の馬鹿 の
存在のおかげで、印象が非常に悪くなった。これは容易にぬぐえないよ。
まずこいつは医者資格剥奪でいい。こんな腕の悪い医者は居てもいなく
てもかわらん。何の足しにもならん。

同時に、骨髄移植の世界に多大な迷惑を掛けた。賠償金でも取りたいくら
いだろ。この糞馬鹿のせいでね。こういう馬鹿がいるかもしれない、いや、
現実に1人存在したってことで、皆、極力リスクを回避するために、ドナーの
ボランティアなんて馬鹿らしくてやらんだろ。日本のボランティアは志願兵の
意味は持ち合わせていないんだからね。

96 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:19:52 ID:393Njthg0
おいらは腰?から骨髄抜かれたことあるけど
うつぶせになってて、後ろ振り向いたら
医者がすごい形相で注射さしてて怖かった・・・

97 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:23:30 ID:RMkI7YZJ0
>>52
まず最初に

君は大きな勘違いをしている。

1.医療過誤を隠蔽してたのは、もともと医療機関側。その当時は患者は泣き寝入り
状態だった。これを変えたのが最近の流れ

2.一定の確率でミスが発生するのはよしとして、一定の確率で死亡者出してどうす
んだ?何度もいうけれど、それがたとえ理不尽といえど 医者はミスは許されない。
最初からミスはしょうがないなどという人間は医者になる資格がそもそもない。その
くらいのつもりで取り組まない奴は早々に立ち去れ。

3.技術レベルは既に劣化している。それは隠蔽ややりたがらないとは関係ない。
単純に後世の若い医者が無能で馬鹿なだけ。特に職人芸関係の腕の伝授は不可能
な程頭が悪い。いや、「頭で覚える」はできても「体で覚える」が出来ないクズばかり。
それがそもそも技術レベルの劣化につながっているのであって、貴様の意見はただの
逃げや、問題すり替えにすぎん。

98 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:26:20 ID:RMkI7YZJ0
あと、教員もそうなんだが、医者の免許は更新制にすべきだね。

とくに、自動車試験もそうなんだが、高齢な奴には毎年やらせる
くらいのつもりで。腕がなくなった時点で、こういう体で覚える類の
ものは、資格剥奪でいい。

大体、車の免許も20代の頃に取ったからといって以降、更新試験
を受けることなく60過ぎても車を運転し続けて良いなんて頭がおか
しいとしかいいようがない。特に最近の車の高齢者による 頭の悪い
事故の多さは救いがたい。

99 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:26:27 ID:CFJJaIVT0
>>57
大変に良くわかる話だけど、日本でそれができない理由は、司法取引という制度が無いから。
密室談義で減刑しちゃう事が許容されるほど、日本は優しい国ではないから、正直難しいと思っている。

100 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:29:30 ID:dfPhCwn40
>>97
悪魔達の大集会

http://blog.so-net.ne.jp/case-report-by-ERP/20070429

出元氏は、医療崩壊の原因を医師の低レベルのせいだと断言的に言いました。

出元氏は、医療崩壊の原因を医師の低レベルのせいだと断言的に言いました。

出元氏は、医療崩壊の原因を医師の低レベルのせいだと断言的に言いました。

101 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:33:31 ID:wi3TpCFpO
いや、だからね、マルクは非常に容易な手技の検査であって
ドライタップというのがわかっていれば
こんな事故は起き得ない、ということ。
キシロカインアレルギーの方がまだ確率高いくらい。
これは医者が悪い案件。

102 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:40:25 ID:wi3TpCFpO
これは医者に情状酌量の余地はないな。
dry tapなら腸骨からの採取に切り替えよ。
当たり前の話。
医師敗訴確定。

103 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:42:40 ID:6bGclpay0
こんなことで殺されて遺族はやりきれんだろうな
気の毒に



104 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:43:20 ID:Ip5v/EMv0
おまいら2ch医者がなんでもかんでも
医者かばいするのでないことが良くわかった
ほっとした。

105 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:43:48 ID:nFSFBv0y0
ここで追求しないと隠し放題になるからな

106 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:46:25 ID:FlOILyVT0
愚民は黙って泣き寝入りしてろよ、
医者はうまくなるために練習台が必要なんだよ
もっと医師不足が盛り上がれば相撲部屋同等の特権が与えられるはず



107 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:47:04 ID:RMkI7YZJ0
>>101
そういう問題じゃないということにそろそろ気が付けよ。

現実にその手法使わない馬鹿が存在したってことが問題であり、
その結果、その手法なら安全などとほざいたところで、もはや、
不信はぬぐえないということなのだよ。

結果、骨髄移植ドナー激減などを招いておしまい。手法がどうとか
そんなものはどうでもいいのよ。言ったところで誰も理解しないし、
するつもりもない。起きたこと、そういう馬鹿な医者がまだ存在して
いること これが問題視されているわけ。

結果、医療訴訟につながっているのよ。

108 ::2007/10/06(土) 23:49:23 ID:ZxjFM2EP0
小沢が悪い。

109 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:49:40 ID:ZTgyhDqYO
骨髄バンクに登録したくない

110 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:51:27 ID:wi3TpCFpO
ま、血液内科の医者ではなかった、ということだろうけど。
俺も専門は腎臓内科だがマルクくらいはやっている。
当然dry tapくらいは知っている。
dry tapも知らずに検体が取れないからといって
グイグイやってたら縦隔に突き刺さるのは当たり前。
医者が一方的に悪い。

111 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:54:54 ID:RMkI7YZJ0
>>110
なぜ、こんな 糞が付くほど頭の悪い馬鹿医者 が存在し続けたのか?

それを追求しなければならない。こいつ一人の問題ではもはやなくなって
きているんだよ。こういう医者はすべて処分しなければならない。問題を起
こす前に。

でなければ、一人の命と馬鹿な医者の医師免許剥奪が同じ天秤に常にか
かっていることになる。引き替えに殺されちゃたまらんよ。今回、70才の人
だったからというのもあるが、これが若い人だったりしたら、これ、半端じゃな
い、大問題になっているよ。

112 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:57:01 ID:eYFpCoeP0

以前から問題になっていること。
日本では医者のレベル、質が低下しており、それが既得特権と法的な過保護が
原因だという何度も繰り返されてきた事実の再現。医師免許の更新制、事故・前歴、
履歴の公開、とにかく早急に手をつけるべき。


113 :名無しさん@八周年:2007/10/06(土) 23:59:21 ID:5wiMpbnG0
これヘタクソに練習のために何回もやらせたんじゃないの?
5回も刺すなんて信じられん。

114 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 00:02:43 ID:ophlKztdO
ヘタクソでも練習でもない。
要はdry tapというものを恐らく知らなかったのだと推測される。

115 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 00:03:39 ID:dNR2Eb+6O
医者で不器用は 罪です

116 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 00:10:10 ID:ophlKztdO
だから不器用とかそういう問題じゃないって!
例えば骨髄繊維症みたいに、
マルクやっても検体が取れないことがあるという
dry tapというものがあるということを知らなかったのだろう。
恐らく。
dry tapなら誰がやっても検体は取れない。不可能。
この場合、マルクから骨髄生検に切り替えるのが普通。

117 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 00:14:53 ID:dNR2Eb+6O
医者の勉強不足と、検査怠慢と見抜けない節穴医者は 罪です。

118 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 00:17:31 ID:ophlKztdO
侵襲のある検査をやっててうまくいかない時に
頭に血が昇っちゃう先生はたしかにいるよね。
まあdry tapなら誰がやってもうまくいかないのだけれども。

119 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 00:26:49 ID:n8I1SBvx0
>>112
>日本では医者のレベル、質が低下しており、それが既得特権と法的な過保護が 
>原因

ソースは?
この医者が馬鹿だっつうのは同意せんでもないが、あんたの言うことは
根拠ないんでないの?



120 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 06:11:21 ID:yePXgDHl0
医者は免許更新制にすれば?
屑医者は淘汰された方が、ちゃんとやってる医者のためにもなる

121 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 06:41:42 ID:8U/nnQLy0
3cmは、まずいなあ。
そりゃ心臓刺さるって。

これは確実に医療ミス。
素直に謝ってごめんなさいしとけ。

122 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 07:02:33 ID:LDWqj5qX0
>>118
研修医にどんな手技であろうと何回か失敗して「次やったらうまくいく気がする。」という気分に
なったら、とにかく他の医者に代われと教えていた。

アドレナリンが出てくると、うまくいく何でもできるって気分になるからな。

この医者も骨髄穿刺なんてやってなかったんだろう。
岩手で若い医者が逃げ出して、やむなく年寄りの自分が主治医をやらされて、何十年かぶりに
やったんじゃないだろか?そうじゃなきゃ5回も穿刺なんかしない。1−2回目で通常drytapを考える。

同情はせんなあ。
この何年間で中堅医者を酷使させて、自分たち年寄り医者は優雅に金もらって暮らしてたんだろうし。
その間、中堅医者たちがどんなに苦しい思いと訴訟とかの恐怖の中で病院を回していたか、
少しは味わうがいいさ。

123 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 10:58:55 ID:rjThYAlJO
>>120
屑医者は淘汰されず、前線の多忙医が淘汰されて国民が不幸になる。
新たな天下り機関ができ、国税が浪費されて国民が不幸になる。

124 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 11:01:00 ID:6vmi0Uge0
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20071006_7

一番詳しいソース

125 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 11:52:43 ID:6vmi0Uge0
>>124(なぜかコピペ出来ないので手打ち)
(前略)
同病院は医療ミスの疑いが強いとして事故対策チームを設置。遺体をコンピュータ断層撮影(CT)
検査した結果、肺など胸腔(きょうくう)内に血液がたまっていることを確認し、針が心臓か付近の血管まで達し
、出血したとみている。

 ミスの原因として阿部院長は針の長さと、針を刺す骨の選択が適切でなかった可能性があることを挙げた。
検査針は患者の体に合わせ、ストッパーで長さを調節できる仕組み。通常、2〜3センチで骨髄液を採取できる
ことが多いとしている。胸骨は幅が3センチ程度と大きく、造血力が強いため国内では採取に最も用いられる部位
だが、臓器が近くにあるため危険も高く、腸骨に刺す方法も考えられたという。

 患者は血小板、白血球の量が通常の3分の1、赤血球が半分で、出血が止まりにくく、阿部院長は「こうした患者
への骨髄穿刺(せんし)がどうか、検査の適応見直しも検討する」と述べた。

 検査した医師は、1991年に医師免許を取得。これまで骨髄液を採取する検査は30例経験している。

 同病院は4日、遺族に死亡の経過を報告し、謝罪。久慈署にも連絡した。遺体は5日、岩手医大で司法解剖され、
検査と死亡の因果関係などを調べている。

 阿部院長は「患者、家族に多大な迷惑をかけた。予想し得なかったとはいえ、一番起こしてはいけない事態で、
大変申し訳ない。深く反省している」としている。

126 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 12:31:40 ID:6vmi0Uge0
久慈病院もかなりの医師不足問題で悩まされているようです

http://www.pref.iwate.jp/~hp9001/unkyo/result/h19/01/d02.pdf
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2007/05/16/new0705161401.htm
 
ちなみに久慈病院に血液内科は診療科として存在していないようです

http://www.pref.iwate.jp/~hp9001/iphs/iph100/kabumon/ka/index.html

当事者の医師はどうも血液専門医ではないようで、経験も30例程度と少ない

逆算して30歳代後半で医師免許取得と年齢的に遅く、医師としてのキャリアは16年程度

今回の症例で果たして骨髄穿刺が必要であったか疑問があるし穿刺部位も

胸骨で行う必要性があったとは言えない可能性がある

というところでしょうか

医療過誤である可能性は高いでしょうが、一医師に責任をかぶせるのはどうでしょうかね?


127 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 17:38:56 ID:h3W6/ejt0
>>125
前半コピペしといた
それにしてもオイラは、
まず腸骨でトライして数回引けなかったら後日胸骨で考える、でずっとやってたんだけど間違ってたのだろうか?


 久慈市の県立久慈病院(阿部正院長)は5日、入院患者の70代の男性が4日に骨髄液を採取する検査直後、容体
が急変し、出血性ショックで死亡したと発表した。誤って検査針が胸骨を貫き、心臓か付近の血管を損傷したため死亡
した可能性が高いとしている。久慈署は業務上過失致死の疑いで、検査した医師から事情を聴いている。
 阿部院長、佐藤昌之副院長らが久慈市の久慈地区合同庁舎で記者会見した。患者は高度貧血などを患い、9月10
日から入院していた県内在住の男性。医師は呼吸器科の50代の男性常勤医。

 同病院によると、医師は4日午後2時10分、血液をつくる働きを調べるため患者の胸骨に検査針を刺し、骨髄液を採
取しようとした。採取できなかったため、針の長さを徐々に伸ばし、最長3センチまで刺し込んだが、骨髄液は採取でき
ずに15分後、検査を終了した。
 直後の2時30分、患者は血圧が低下、呼吸停止した。人工呼吸や心臓マッサージなどを施したが、4時11分死亡した。
   >>125へ続く

128 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 21:40:29 ID:s7eNoWtK0
僻地病院

129 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 22:00:01 ID:YYHkLVML0
5流医大卒か

130 :名無しさん@八周年:2007/10/07(日) 23:25:15 ID:q/TRBRGu0
骨髄穿刺なんてやるだけで赤字が出る検査
(胸骨からなら80点<骨髄穿刺針1000円以上)だから、
病院経営上はやるべきじゃない検査だね。
身銭切って賠償金払うリスク侵すなんてバカバカしすぎる。

131 :名無しさん@八周年:2007/10/08(月) 01:13:15 ID:OilNkLl50
>これまで骨髄液を採取する検査は30例経験している。
>呼吸器科の50代

血液内科にコンサルトすべき。

卒後16年で30回では
年に1〜2回やるかどうか、というペースだが
考えられないほど少ない

普段やってないことを
やってはいけない

132 :名無しさん@八周年:2007/10/08(月) 06:23:31 ID:Zl3JF8AI0
>>130
バカバカしいんじゃなくてバカだからやったんじゃないの?

133 :名無しさん@八周年:2007/10/08(月) 09:31:04 ID:vRIT/pNn0
久慈市長の妻は20歳代の市職員

134 :名無しさん@八周年:2007/10/08(月) 19:50:39 ID:SX/wzPv70
いまどき胸骨からとるほうが馬鹿
全部腸骨からとるべき。
胸骨から骨髄穿刺をされる病院に入ってはいけない

135 :名無しさん@八周年:2007/10/08(月) 20:11:31 ID:VHqvxvdT0
うちの叔父も、「目をつぶってても大丈夫なような手術ですよ」と言われたのに、
手術室から出てきたら心臓止まって人口呼吸器ついてた。
どうも何かのミスだったらしく、病院関係者(医者)が複数お通夜にやってきた。
自分は子供だったから何だかわからなかったけど、医療ミスだったのかな。
大きな大学病院だったんだけど。今さら真実を知りたいと思っても遅いのかな?

136 :名無しさん@八周年:2007/10/09(火) 00:00:34 ID:WWgBhMtv0
久慈ってどこ??

137 :名無しさん@八周年:2007/10/09(火) 08:48:23 ID:X0TDclTt0
ありえない 馬鹿すぎ

138 :名無しさん@八周年:2007/10/09(火) 13:20:29 ID:YP11136ZO
俺今度髄膜炎の検査で髄液を取るんだけど不安だ

139 :名無しさん@八周年:2007/10/10(水) 00:46:51 ID:cF3yko430
骨髄移植に協力するドナーは無鉄砲な人間

140 :名無しさん@八周年:2007/10/10(水) 01:24:08 ID:m/P1sqKw0
>>138
髄液検査は脳脊髄液を脊髄腔から採るので全く異なる検査。

>>134
100万歩譲って、腸骨がDryTapで取れなくて、胸骨にトライしたのなら
まだ分かるんだけど、どうもはじめから胸骨にいったっぽいよねぇ…

>>131
少ないね。症例の多い血内ならレジデントでも1月もあればこなしちゃう数だ。

…というか30回が満遍なく年2回であればいいけど、それこそレジデント時代に
何回かまとめてやって、あとは数年に一回のペース、とかじゃないのかなぁ…。

>血液内科にコンサルトすべき
血液内科は存在しない施設のようですよ。
不慣れな手技をした(せざるを得なかった?)という点ではお気の毒ですよ。

141 :名無しさん@八周年:2007/10/10(水) 22:35:05 ID:PFUAcNTD0
>>139
この事故と骨髄移植のドナーは、ほとんど無関係。

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)