2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【調査】 “出版界、衝撃!” 素人の書いた「ケータイ小説」、ベスト3独占…07年ベストセラー文芸部門★2

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばく太☆φ ★:2007/12/04(火) 19:14:00 ID:???0
★「ケータイ小説」がベスト3独占、07年文芸部門

・2007年の書籍の年間ベストセラー(トーハン調べ)が4日発表され、女子中高生に
 愛読されている「ケータイ小説」が文芸部門のベスト3を独占、ベスト10では5作が
 ランクインした。

 文芸書が売れない中、“素人”が書いた小説が次々とミリオンセラーになる現状は、
 出版界に大きな衝撃を与えている。

 集計期間は昨年12月から今年11月。1位は上下巻で累計200万部の美嘉著
 「恋空」(スターツ出版)。この作品は映画化され、公開1か月で240万人を動員する
 大ヒットとなっている。2位、3位には上下巻で計100万部のメイ著「赤い糸」
 (ゴマブックス)、美嘉著「君空」(スターツ出版)だった。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071204-00000009-yom-soci

※関連スレ
・【調査】 “ベストセラー” 年間1位は「女性の品格」、2位「ホームレス中学生」…ケータイ小説も目立つ結果に
 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196735165/
・【調査】 女子中高生の各学年、“読んだ本トップ10”のほとんどが「ケータイ小説」…読書のきっかけに★2
 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1193724574/
・【文化】 「向かった先は地元で有名なスーパーに足を踏み入れた」 ベストセラー小説“リアル鬼ごっこ”映画化…ネットでは心配の声★2
 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1193359900/
・【ネット】 「セックス」「リストカット」「レイプ」…女子中高生に大人気のケータイ小説、体験もとに刺激的場面も
 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1183519999/

※前:http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196752414/

2 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:15:28 ID:3kVQISMp0
しくばたね

3 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:15:39 ID:VekxFvgB0
>>1
マンコ見せてごらん

4 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:16:11 ID:lm183GLu0
レ£〃<〃†=маU〃τ〃Uйё

5 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:16:46 ID:QN+omo9CO
マジでくそ女自重しろよ

この世の癌は話の長い奴と空気の読めない奴とあほ女

6 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:18:41 ID:Sfm29sDX0
誰でも1つくらいは面白い物は書ける。
でもプロと素人の違いは量産できるかどうかだろう?

7 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:19:41 ID:cC9fhCDA0
ケータイ小説に「リアルだ」と共感し、涙する女子中高生。そしてそれを貶すその他大衆。
この様な構図は、ネットに耽溺している方(上記における後者)ならこれ以上語らなくとも
瞬時に状況理解を示してくれるだろう。ケータイ小説は、拙文であり想像力も貧困で、内
容はどれも大抵「援助交際」「ホスト」「死」などのキーワードが散りばめられていて、とて
も「リアル」だとは呼びがたい物である。そして、そんな作品で出版されベストセラーを記
録する、これは確かに危惧するべき事であり、「馬鹿だ」と貶すことに繋がることかも知れ
ない。しかし、私はこの様な構図、事態に幾つかの違和感を感じている。それは、ケータ
イ小説を愛読する層(主に女子中高生)が、本当に「共感」し、「涙」し、「リアル」だと感じ
ているのか、ということだ。私の推論だと、読者である彼女達は全ての物事を「ネタ」として、
「ケータイ」というフィルターを通して考え、感じているのだ。その「ケータイ」という「フィルター」
は、全てをネタ化しうる物、意識的に自分の人物性すらをも変えているものである。つまり、
そのフィルターを通すから「共感」「涙」「リアル」という事になっているのであって、実際にそ
うなっているわけではない。共感はケータイの向こう側にしか存在しないのである。流した
涙はケータイの向こう側にしか存在しないのである。「リアル」はケータイの向こう側にしか
存在しないのである。みな、「ネタ」として「リアル」と言っているに過ぎないのである。実際
にそれらを体験しているのではなく、フィルターを通した意見を意図的、ネタ的にケータイ
でケータイ小説サイトに感想を込めているのだ。彼女らが一番「リアル」について自覚的で
あると私は考える。フィルターを通した自己はケータイ小説的な性格であり、みな、それを
ネタ的に楽しんでいるのだ。全て「ネタ」として昇華できる才を持ち合わせている彼女らに追
い付くことが出来ずまともに批判(正確には罵倒)してしまうその他大衆のなんと無様なこ
とであろうか。

8 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:19:45 ID:P7k9tuZC0
いいものはやっぱりそれ相応の評価を得られるんだね

9 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:20:04 ID:2Z2Bd/bKO
識字率が上昇すると(=馬鹿でも字が読めるようになると)、
文学が衰退するってのは本当らしいな

10 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:20:12 ID:2sbiedlL0
ケータイ小説(失笑)

11 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:20:16 ID:EyyZ7WCc0
ベストセラーなんてものは昔から、通俗受けする物なんだから、
そんな高尚な文学なんぞが売れるわけねえだろうが。

12 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:22:02 ID:ES8XSi8b0
ゆとり世代が読者だもんなぁ

13 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:22:16 ID:T/35WVXv0
まあ、いくらバカにしても、ケータイ小説より売れないもんはしょうがない。

14 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:22:58 ID:seXTNQXI0
804 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2007/12/04(火) 16:39:16
話は変るが、最近編集者の友人からショッキングな話を聞いた。
優れた小説を書いても、今は作家になれないらしい。
そいつの話だと、文学的素養が非常に豊かで、確かな技術を持っている本格派の
書き手は思いのほか沢山いるそうだ。具体的にいえば古井、金井レベルの作品を
仕上げてくる人間は毎年かなりいて、ことによるとそれ以上のレベルのものも
散見されるが、そういうものは二次、三次で落としているとのこと。
最終選考まで行くと通ってしまうからだそうだ。
業界としては本格派は十年に二、三人出ればいいと考えていて、そのための調節らしい。
そういうものは固定読者がついてしまうわりに部数が出ないし、日の目を当てると
全体的なレベルの底上げにつながって、業界を圧迫する。
いちばんありがたいのはヘタでアホでもちょっと変わっていて、せいぜい二、三作で
潰れそうな書き手なんだそうだ。そういうのを使い捨てにして新陳代謝を活性化
させていくことが、業界の利につながるという思考らしい。
つまり良いタイミングでポストが空いてないと、いくら優れたものを書いてもだめなんだってさ。
うんじゃ、そういうのを書けばいいのか? と聞いたら、
こればかりは狙って書ける類のものではないから無理だろう、とのこと。
そいつのお薦めは、レベルの高いものを目指し、いま売れている二流作家の
ちょい下くらいのレベルに調整してから送り、首尾良く作家になれたら
そこで本性を現すようにすればいいとのこと。

15 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:23:14 ID:w19h/fON0
著者名だけ見るとどこのクラブかと

16 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:23:20 ID:AQhDCGDjO
>>9
そもそも文系はゴミばかり。

17 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:23:22 ID:Pr8lJ/eK0
ノルウェーの森もやたらと叩かれたなそーいやw

18 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:23:49 ID:MBvpZU8t0
プロもケータイで書けばいいじゃん

19 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:23:53 ID:umX0DUw1O
ケータイ小説の読者層は偏差値でいうと55くらいの高校の人間がぱらぱらといて、そこを頂点として下に行けば行くほど増えてくるイメージだな。

20 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:24:14 ID:ewMsxFhf0





まぁこの記事から分かることは

一大市場を形成するほど

スイーツ脳・DQNが増えたってことだ









21 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:24:22 ID:QlnZoFfQO
素人が書いていると思わせているが、実は自民党員や官僚が書いているのだ。
IQの低い読み手を徐々に洗脳しマインドコントロールしていく寸法である。

22 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:24:27 ID:BzgnujAD0
源氏物語も、腐女子の書いた妄想エロ小説だったのは間違いないw

23 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:24:43 ID:8EE93F2XO
レイプや死がお約束。

24 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:25:13 ID:o7RMTBlx0
これは平成日本の言文一致運動なんだからレベルが低いとか
読むに耐えないとかゆったところで仕方ない。明治時代だって
坪内逍遥とかはそんなもんだったはず。


25 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:26:18 ID:JSBjWOYH0
>>6
プロでも寡作な作家は沢山いますよ?10年くらい音沙汰無しとか。

26 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:26:19 ID:MwBNEA0S0
あれじゃね、シェークスピアを適当にパクって現代版にアレンジして出せば馬鹿うけするんじゃね?
老人ホームのお爺ちゃんを描くリア王とかテロリストの葛藤を描くジュリアス・シーザーとか、

27 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:26:22 ID:VekxFvgB0
坪内逍遙が
何かあったらすぐワイドショー的,キワモノ的な出来事が起こったり,バカで薄っぺらかったりはしていない

28 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:26:35 ID:T/35WVXv0
>>23
まあ、重要な悲劇記号なんだろうな。
それを見たら泣く、感動すると。

29 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:27:17 ID:VekxFvgB0
>>26
よし!デビューしろ
ただし,円光する女子高生や,学校になじめない女子高生,薬物,レイプ
この辺をちりばめることを忘れるな

30 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:27:42 ID:PtHwEKcU0
SFDFS

31 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:27:54 ID:TkCTZqlz0
  




  ケータイ小説(笑) = マクドナルド(笑)  




 ようはジャンクフード

32 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:28:01 ID:6pk8rkbz0
日本で売れるのは、ライトノベル(ハルヒやらシャナやら)とケータイ小説だけという事か。

33 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:28:40 ID:u+MrXU/n0
いいんじゃないかい
初期衝動が文字になるなら それもロックだ

34 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:28:46 ID:ZNgLS1Op0
某アイドルが出すシングルは必ず連続1位とかハレハレ愉快のアレとかと同じだろ。
全部はたから見てて痛いが、まあそれでも何万って単位でそのモノが売れるんだから凄いよな。

35 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:29:12 ID:TWmqhsSi0
>>24
内容と形式の問題は別。
内容がつまらない、
陳腐なものはどうしようもない。

36 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:29:19 ID:9cPyumuj0
ケータイ小説も結局出版

37 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:29:22 ID:qBb3l93w0
>>29
今思えば、蛇にピアスはケータイ小説で出しても売れていた可能性があるな。

ケータイ小説と既存の小説との橋渡し的存在なのかもしれないぞ。

38 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:29:29 ID:0bCzAwRQ0
>>32
ライトノベルは低レベルだけど何も考えずに読むには良い

39 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:29:32 ID:aKwxpff1O
前スレの小説の続きはどこや?

40 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:29:43 ID:v8guy10q0
>>14

なんだか、ワナビのいい訳のような書き込みだが、一理あるな。
今は、小説家デビューはそんなに難しくない。
新人賞が山のようにあるからだ。
でも、あとが続かないんだよな……。
出版社のほうでも、1作で見限る場合が多いし。
あからさまな使い捨てが横行している。
編集者もなにが売れるか分からないから、とりあえず新人は多くひっぱってくる。
編集も、もうなんだかワケがわからない状態。
ケータイ小説がヒットしたのは、なにか皮肉に見えるな。

41 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:30:41 ID:ChvB93sT0
エロゲーとかやって泣ける!っていってる男のオタクの、女版が>>1みたいな奴らなんだろうな
異性からすると、とにかく気持ち悪い

42 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:30:45 ID:T/35WVXv0
まあ、ケータイ小説でなくとも、おもしろい本があれば読みたい
と思ってる層はけっこういると思う。
ただそれに応えられていないんだろう、供給側が。

43 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:31:04 ID:TkCTZqlz0
ジャンクフードとわかってて食べるにはいいんじゃないの?





100年たってもジャンクフードはジャンクフードだけどw


44 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:31:18 ID:NPnONGku0
売れていてこれだけ世間的にはボロカス言われているベストセラーも例がないわけで、
あと2、3年したらこんな小説の事はみんな忘れます。それくらいのレベル。

45 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:31:44 ID:VekxFvgB0
>>29
まさに>>14なんだろうな

ただ,橋渡しって言っても,渡す先が渡す先だ

46 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:31:51 ID:9RE7c1zp0
当たり前だよ。今までの小説は端的に言えば


       時   代   遅   れ



だからおれも読まない。

47 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:32:05 ID:2sbiedlL0
       :____:
     :/_ノ  ー、\:
   :/( ●) (●)。\:   スイーツ(笑)
  :/:::::: r(__人__) 、::::\:  恋人が死ぬ死ぬネタはもうあきたおw
  :|    { l/⌒ヽ    |:  こんなので感動出来る単純な馬鹿女がうらやましいおw
  :\   /   /   /:
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   恋人が死ぬなんて悲しいお 泣けるお・・・
  |     (__人__)    |   大切なものがなんなのか教えられたお・・・
  \     ` ⌒´     /    CLANNADは人生だお・・

48 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:32:11 ID:o7RMTBlx0
坪内逍遥もいま読むと超つまんねぇ。
文学なんて結局そんなもんだろ。


49 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:32:16 ID:ERzxy82B0
>>7
女子中高生がケータイ小説に「リアル」と共感するのは、それが都市伝説風に流布して
いるからじゃないのかな?
今の子にとって傘オバケよりトイレの花子さんの方が「リアル」だからといって今の子
は全員トイレの花子さんに遭遇している訳ではないのと同じで。
「援助交際」「ホスト」「リスカ」そんな単語は日々ひそひそと「知ってる?あの子実
はね・・・」などという根も葉もないうわさ話としてささやかれる事はあっても、実際
に体験している子はまずいない。ケータイ小説ってそんな現代の都市伝説を文字にした
みたいなもんじゃないかと思っている。


50 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:33:05 ID:61kIE/b80
2ch小説は?

51 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:33:48 ID:T/35WVXv0
>>50
そういや、電車なんとかってのがはやってたな。

52 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:34:15 ID:P7k9tuZC0
あいつらは「泣いた」「共感(私もあんな経験してみたい)!」って言いたいだけ

53 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:34:45 ID:JHpWAGDQ0
>>49
そうか・・・。それが真実なら、多少は安心できる。
あのケータイ小説の世界観が、今の中高生の環境
なんだと思ってた。

54 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:35:23 ID:T3qQT/Dy0
>>50
2ch小説とかって小説家とか目指してる奴がちょっとした練習か
息抜き、読者の反応を見るための実験とかで書いてるんじゃないの?

55 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:35:29 ID:ERzxy82B0
>>43
マグロのトロは江戸時代ねこ跨ぎのジャンクフードだった訳で。

56 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:36:26 ID:o7RMTBlx0
>>50
昔あった吉野家のコピペとかは
最近、あぁいうカキコなくなったよね。


57 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:36:47 ID:EwoE9vzS0
美嘉著って美 嘉著って名前?

58 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:37:23 ID:JsJ+/tkK0
作家涙目wwwwwwww

59 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:37:28 ID:qpLPbci30
>>50
電車男の事か?

60 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:38:04 ID:G0aeB6BA0
芥川賞・直木賞をやっている文芸春秋社が、公募でコネ・出来レース受賞をやってきた結果ですよ
この流れは不思議ではありません

今、文学界で何が起こっているのか
http://blog.livedoor.jp/bunnngaku/

61 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:39:11 ID:dvXJ+ppH0
>>14はどう見ても「俺の作品が落ちたのは審査員の見る目がないからだ」系の言い訳だろ。

62 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:39:16 ID:ezgzGWKl0
ケータイ小説よりはラノベの方がまだましだと思ってる。

63 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:39:22 ID:jZ6AFrGO0
出版社の連中も複雑な気持ちだろうな
カスみたいな文章が売れちゃうんだから

64 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:39:39 ID:vUTNUyS20
広告代理店が企画した偽素人だろ

65 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:39:44 ID:T/35WVXv0
ケータイ小説で流行るのが女性向けばかりというのもアレだな。
男は小説を読まんのかね。それとも、書き手がいないのか。

66 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:40:13 ID:vDsj7H5l0
講談社がマンガの儲けで学術書や良書出すように
純文学出版社もケータイで稼げばよいのでは

67 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:40:17 ID:ERzxy82B0
>>53
そもそも、誰もが体験している普通の事なら、よほどうまい書き手でないと読む気がし
ないのは小説全てに置いて同じじゃないかと思っている。
自分にとってリアルな舞台で、まず自分じゃ経験できない事が書いてあるから読むとい
う動機づけは老若男女問わないんじゃないかと、俺はまだ若いもんにも期待してるんだ
が。

68 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:40:23 ID:2Z2Bd/bKO
>>14
………。出版界もゴミカスばかりか。


本当に良い小説が読みたいなあ。

69 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:40:35 ID:JSBjWOYH0
>>65
男は萌え系のラノベ

70 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:40:37 ID:IttMF30t0
安心しろ
流行ってると言ってるのはマスコミだけだ。
出版業界ではもう早くも「ケータイ小説はもう売れない」が
定番。

71 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:40:48 ID:BBVunj2xO
>>5
おまえも中にいれとけ

72 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:40:54 ID:QgpGzMtU0
文芸書よりもライノベの方が売れるし、ライノベよりもコミックの方が売れるし……
「商売を考えたら、売り場全部、コミックにするのが一番。でも、一応、本屋としての社会的役割というか、平たく言うと体裁がというか……
そういうのがあるから、文芸書を並べてんだよねぇ……実際。コンビニが羨ましい……」
とは、某書店の店長の言い分

73 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:41:14 ID:0B+fuo4M0
「恋空」(スイーツ出版)

74 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:41:42 ID:PjfgE+sp0
        ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!出てこい ID:a424Ev2r0!
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |


75 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:41:42 ID:kHqDC/jW0
世界の中心で愛を叫ぶ
という糞小説がブームになった時点で
この展開の準備はできていた
これも小説ではなく
一つのブームとしての商品として売れているだけだ

76 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:41:55 ID:8UrEO6qI0
アマは書きたくないときやアイデアが出ないときは書かなくてもいい。
プロはそんな状態でも書かなくてはならない。しかも面白い作品を。

77 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:41:57 ID:v8jyogCk0
衝撃でもなんでもない
これは情報操作=ウソなんだからw

78 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:41:58 ID:8bvbs9F2O
>>49
そうか。。。それなら、私の自叙伝を書いて売ればいいのね。   濃すぎて読んだ人はひくんだろな。

って、恋空もどれも読んだことないけど。

79 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:42:19 ID:6CrbI8q0O
ケイタイショーセツを読むようなやつとは友達になりたくないのが本音です。

80 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:42:20 ID:IttMF30t0
>>68
同人で探すことをお勧めする。
インターネットで創作小説のリンクサイトがあるから
そこからいろいろ検索すればいい。
マジでプロに関しては、小説全体が売れてなくて冷え込んで
いるので、ネット発表されてて無料で読めるものに良作が多い
のは確か。

良い作家をデビューさせないなんてことはないんだがね。
売れないから本として出さないだけだ。

81 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:42:55 ID:strTiOEv0
糞女は全ての文化を駄目にするなやっぱ賢い女がいい

82 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:42:58 ID:T/35WVXv0
>>69
棲み分けができてるわけだな。

83 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:43:51 ID:qX8UmVel0
前スレに貼ってあった。小説家? みたいな人のページを見た。

ttp://webmagazine.gentosha.co.jp/ami/EternalWind.html

> <黒猫夜想>
> さいきんなぜか、黒ネコについてよく考える。
> みんなもよく知ってと思うけど、
> 日本では「道で目の前に黒ネコが横切ると縁起が悪い」っていうよね。
> だからなんとなく、黒ネコを見ると不吉な予感、みたいに思う人も多いかも。

それはいったいどこの日本だ? ホントに作家なのか?

84 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:43:54 ID:MwBNEA0S0
>>29
援助交際する女子高生と学校になじめない男子高校生(薬物中毒)の愛を描いた「罪と罰」

基本は萌えだな。ドストエフスキーとか萌えキャラ一杯だし。ツンデレとか居るし。
最近読んでるモンテクリスト伯なんてロリキャラまで居るからもうたまらん。

85 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:43:56 ID:vnDS2e7zO
>>61
「有名作家よりも俺の方がましな小説が書ける」系の話は芥川竜之介の時代からあったわけで……

86 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:45:18 ID:/pvr/b+0O
誰か女のふりしてケータイ小説書けよ
ベストセラーになったらキモデブの容姿をさらして女子中高生涙目

87 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:45:33 ID:FwNtKHzf0
>>14
>そいつの話だと、文学的素養が非常に豊かで、確かな技術を持っている本格派の
>書き手は思いのほか沢山いるそうだ。具体的にいえば古井、金井レベルの作品を
>仕上げてくる人間は毎年かなりいて、ことによるとそれ以上のレベルのものも
>散見される

これマジかよ?日本始まったなw

88 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:45:36 ID:BzgnujAD0
ケータイ、ラノベ、いずれも要は主人公が誰か、だということだろう。
とりあえず女子高生や若い娘を主人公にしとけばいいんだ。

89 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:45:41 ID:P7k9tuZC0
>>14
この話を、スイーツ風にアレンジしてケータイ小説として出せばいいんじゃね?

90 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:46:08 ID:LfqvadjU0
久々に時代についていけてない感じがするな
アイドルの名前覚えられなくなったりテレビで人気の芸人見てもつまんなかったりはあったけど
文化的なものが分からなくなってくると自分が遅れてるって感じる

91 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:46:15 ID:ztr6Yi5IO
>>18
平井和正

92 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:46:18 ID:vnDS2e7zO
>>80
鳥籠のことかー!!


やつはプロの作家でもあるんだけど。

93 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:46:23 ID:IttMF30t0
そういえばいじめで学校に行かなくなった中3の女の子だっけ
書いたファンタジー小説とかいうのはどうなっただろうか。

94 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:46:43 ID:qBb3l93w0
>>82
コバルト文庫とかの女向けラノベ文庫があって、もともと住み分けが出来てた。
ここにきて更なる進化を遂げたってわけだ。

95 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:46:51 ID:Qy+1soSp0
川端康成とかシェイクスピアとかは、どう読んでもラノベです。

出版された携帯小説は紙飛行機の材料です。

96 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:46:52 ID:n69JPiBF0
専業ニート作家の妄想より素人の妄想の方がマシだってこった

97 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:47:03 ID:Tu1HtOaB0
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄

98 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:47:19 ID:JSBjWOYH0
>>84
ドスト小説の萌え度は異常。エンタメとしても一級。
「はいはい文学?高尚なこってすね(笑)」とか言ってる奴程、コンプレックス。

99 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:47:48 ID:L+0b1YbY0
イジメ,堕胎,レイプ,殺人,不治の病,恋愛

この要素をすべて含めればケータイ小説で売れる!

100 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:47:56 ID:9MaUQRSeO
売る側としてはこんな物が文芸書扱いなのが許せん
しかし売れ筋だから置かないわけにはいかない

売れる→ベストセラー扱い ( ̄□ ̄;)

101 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:48:04 ID:qXyoaIy/0
文芸で総合年間ベストセラー1位になったのは
ノルウェイの森が最後かな

102 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:48:06 ID:jL46TDb/0
何度見てもスイーツ出版

103 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:48:19 ID:NEeQC1bdO
源氏物語をケータイ小説風にして書き直せば
売れるかもしれない

104 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:48:20 ID:IttMF30t0
>>92
すまない、浅学にしてその人は知らないわ。
ただ、ネットには本当に良作がゴロゴロある。

105 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:48:37 ID:bYPEQxIG0
ぁたしもケータイ小説書こうかな☆
やっぱり体験談っぽいのがいいよね〜
半ニート28歳素人童貞の片想い小説ってウケルかな?

106 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:48:56 ID:8yK1bJH30
お前らが書いても売れないよ
読み手は、微妙な臭いの違いを嗅ぎ分けるだろうw

107 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:48:57 ID:T/35WVXv0
>>94
そうしてみると、さほど新しい動きでもないわけだな。
ただ200万部というのは驚異的な数字だが。

108 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:49:20 ID:izO8EY4Y0
誰か、イソップかグリムの童話に
萌えキャラとレイプとヒロインの死を入れて
作品でっちあげる気のある奴いないか?

109 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:49:53 ID:a4YFP+Rm0
まぁ、色んな意味で衝撃だろうね。角度とか。

110 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:49:53 ID:IttMF30t0
>>108
それはもう数年前に「本当は怖いグリム童話」
「大人のイソップ物語」などなどで出版されつくした。

111 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:50:07 ID:J1djYKjqO
バカでも理解できるからそりゃスイーツ恋空世代に売れるわな

112 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:50:12 ID:8/4kvKAh0
>>99
詰まる所それってエロゲじゃんw

113 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:50:26 ID:79h1hW9X0
>>1
スイーツ出版にみえたorz
頭が完全に2ch脳だわ。

114 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:50:39 ID:QgpGzMtU0
>>80
ネット小説で良作に巡り会える確率は低いと思うけどなぁ……
ランキングも基本的に「いい作品をじっくり練って書く」サイトよりも「そこそこの作品をコンスタントにアップする」サイトの方が上に行く傾向にある
(まあ、更新してる→客が多い→クリックす人も増えるってのは仕方のないことだが……)









何がおかしいって、俺が書いてる作品が登録数100ちょっとのランキングで1位とか2位になる世界なんだから……

115 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:50:47 ID:T3qQT/Dy0
>>105
20代後半から30代前半の素人童貞を狙った小説を書くのなら
小説の主人公は24歳前後のOLのリアルな私生活の方がいいよ

116 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:51:20 ID:QlnZoFfQO
この数字

アサヒったな。

117 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:51:37 ID:ERzxy82B0
おじいちゃんが新幹線キセル作家を読み、おばあちゃんが小説化韓流(んなのあるのかな?)
を読み、ママが文庫化された少女漫画を読み、パパが「ガンダム設定集」を読み、お兄ちゃん
がラノベを読む、そんな日本の平均的我が家。


なのか、昨今は?




118 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:51:55 ID:p9b1WA+o0
>>112
だが、エロゲがゲーム界のベストセラーになっても文芸部門の記事にならんだろ。
エロゲ原作の韓国ドラマは記事になるけどなw

119 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:52:07 ID:md8Gy0hq0
逆に考えるんだ
新たに初心者向けのジャンルが創出されたと考えるんだ

上級者:文学
中級者:小説
低級者:ラノベ
初心者:ケータイ小説

と考えるんだ

120 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:52:14 ID:IttMF30t0
>>114
俺がよく見てるのはここかな。
ttp://chaosparadise.jp/
あんまりランキングは見たことないな…
読みたい傾向で探してるから

121 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:52:50 ID:u57wgWs30
売れる作品が良い作品とは限らないってばっちゃが言ってた(笑)

122 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:52:50 ID:QgpGzMtU0
>>103
桃色語訳は15年前に通過済み

123 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:53:14 ID:P7k9tuZC0
>>119
割といいかも

124 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:53:40 ID:SZ9Wd9fF0
小説も音楽も演劇も、「シロウト」と呼ばれる人たちが席巻するようになりますよ。

なぜかというと、「プロ」というのを選んで売り出してる会社の能力が落ちていて、無名のシロウトのほうが売れるものを
作ったりするから。

125 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:53:47 ID:T/35WVXv0
>>121
まあ、なにをもっと良しとするかだわな。
商売としてみりゃ売れれば良しだろうし。

126 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:54:10 ID:AMdb6uz/0
>>112
実際エロゲをぱくったのもあったなw

まさかリアル鬼ごっこより酷いのが出版される時代がくるとは・・・

127 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:54:30 ID:gAcKMfVF0
>>124
日本語でおk

128 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:54:43 ID:+RT6GnXaO
読書を高尚な趣味とは思わないが、
日常的に読書しない人って馬鹿が多いよね。

129 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:54:48 ID:n69JPiBF0
ノルウェイの森もケータイ小説とレベルも下品度も大して変わらねえ

130 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:54:49 ID:52YjZlom0
読む気しないなあ。
芥川賞作家も読む気しないけど。

131 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:54:54 ID:IttMF30t0
結局、売れる作家を育てるのはあきらめて、
打ち上げ花火みたいな一発屋を発掘することに
したんだな>出版社

132 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:54:55 ID:B3C8/vmU0
これも民主化の一貫だな
いままでは編集者というプロの価値観に合った物しか世にでなかったってことでしょ
プロの感覚と一般人の感覚がずれまくっちゃったわけだ
まぁどの業界でもあるわな
流通・マスメディアにのるかのらないかを誰が判断すべきかって問題なんだろう
こういう糞みたいな既得権は潰れた方がむしろ良い
音楽や映像もそろそろだろ

133 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:55:19 ID:BzgnujAD0
おい、おまえらの好きなFateやハルヒよりも売れてるの?
バロスw

134 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:55:26 ID:529r+Ezx0
文芸じゃないだろ

135 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:55:28 ID:LOtuyBhc0
世界一短い小説書くよ。

「うんこ」

136 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:55:29 ID:2N9JKcuw0
読む方がシロートなんだから受けたければそれに合わせるのがプロだな

137 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:56:18 ID:T/35WVXv0
>>136
たしかにな。
プロが身勝手すぎたのかもしれん。

138 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:56:37 ID:/IY8Yyz00
>>109
またえらい懐かしいな、角度とか。

139 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:56:42 ID:JO/k4GS50
>>119
おそらく、一生初心者のままで終わる悪寒がする

140 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:56:56 ID:QgpGzMtU0
>>121
うちのばっちゃんは誰だったかは忘れたが(芥川か菊池寛か……江戸川乱歩だったかも?)、教科書にも載るような文豪の小説を「読めば馬鹿になる」と言われて育った世代
で、俺の国語の教科書にその人の作品が載ってて
「ばあちゃんは先生やお母さんに「こんなのを読んでたら馬鹿になる」って言われてたんだよ。だから、お前が読んでる漫画の小説(ライノベの事。アニメみたいな表紙だから)も教科書に載るかもしれない」
と、言って、俺が欲しいといったライノベ小説は何でも買ってくれた

141 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:57:00 ID:qBb3l93w0
確かにプロは読者に合わせる必要がある。

だからこそ憂鬱になる。

142 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:57:05 ID:iMyTU4NkO
日本、読解力などで順位落とす。

ソースは朝日

143 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:57:26 ID:0cS0bWaK0
彼氏のメールが変。スイーツ?? 質問者:madeline_1

初めて質問します。彼氏から来るメールのことです。

最近になって急に、メールがおかしくなりました。
文末に、メールの内容と何も関係ないのに、
「スイーツ」(←これが一番多いです)とか「ロハス」
「夏色コスメ」「パスタ」とかそんなようなのを毎回つけてきます。
私が買い物に行ったとか何を買ったとかってメールすると、
「がんばった自分へのご褒美(笑)」というのが必ず返信されてきたり。
意味がわかりません・・・。
意味わかんないからヤメテって言っても、
はやってるんだよ知らないの?って言うだけです。
ホントにはやってるのでしょうか?だんだんイライラしてきてしまいました。
小ばかにされてるみたいで。
もう、返信が面倒になりつつあります。
アドバイスお願いします。。。

144 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:57:38 ID:wF2R6v+s0

けータイ小説は叩かれると
エロゲーを見下して
すこしでも上に上ろうとするばかり



145 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:58:11 ID:md8Gy0hq0
今までの出版業界は、
編集者が選別して売れそうなものだけチョイスして出版してたのに、ネットで簡単に発表できるから、編集者がいらなくなったんだな

読者が面白い! と思ったモノがストレートに表現できる、すばらしい世界じゃないか
そうでないと、こんな自堕落で頭の悪い主人公な小説が出てくるはずがない

146 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:58:17 ID:DhCImwHaO
ブーン小説のほうが面白いお!(^ω^)アルファ最高!


147 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:58:45 ID:XWxzioLJ0
デフレの波がそこまでようやく到達したか

148 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:58:47 ID:mrCVOqwKO
これが本屋大賞にえらばれたら日本文学終了のお知らせ

149 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:59:13 ID:JSBjWOYH0
いずれ日本国民みんな、イギリス食に慣れたイギリス人みたいに書や物語に対して味覚音痴になるよ

150 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:59:30 ID:IttMF30t0
>>143
最近のはやりは「武将(笑)」

151 :粟野:2007/12/04(火) 19:59:50 ID:BX71K7RZ0
出版されりゃ誰でもプロなんじゃないの?


とは言いながらも
こんなもんが何の疑問も無く流行するなんて
日本オタワ\(^0^)/

152 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:00:23 ID:NnIo5q840
ファンタジー小説やらアニメやらに染まってるやつは
携帯小説をバカにできる立場じゃないと思うんだがどうよ?

153 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:00:23 ID:PHVg+kd+0
3位以下は?

154 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:00:40 ID:2Z2Bd/bKO
>>80
亀トン

155 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:00:40 ID:ERzxy82B0
>>105
モテカワスリムだけど、家庭に問題があって寂しく、イケメンのホストに金だけ巻き
上げられる、この上なく不幸な片思いの彼女を、影でひっそりひたすら守ってやる小
説ってのはどうだ?
オカネの欲しい彼女に援助交際を迫るするオヤジをぶっ飛ばしたり、実はレイプが趣
味だった彼女の友達の彼氏を殴りつけたり、リスカに走る彼女を病院に運んで名も告
げずさったりと、色々忙しいかもしれないが。

156 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:00:47 ID:T1UiDCNu0
まあ、実際ラノベとか読んでたころって、ラノベとか認識してたか?
小説というククリしかなく、私的にオタク小説と呼んでただけどさ、
ラノベって意識なかっただろ。おかしいなあ吉川三国志はすいすい
読めるのにディケンズは時間がかかるぞ?ページあんま変わらないのに何で?
ってとこだったろwww

157 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:01:09 ID:518SPB6O0
文芸・純文学にはナルシズムがある。「私小説」や「自我」は遠に廃したと思っても
ナルシズムは残っていた。何故なら、それがサービスの形態でもあったから。
そのサービスを客が突然受け付けなくなったのだ。何の前触れもなく。
今はそんな時代。

158 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:01:29 ID:QgpGzMtU0
>>120
そこ、もう新作の登録は止めてるよ
ttp://netnovel.info/
新作の登録はこっちでやってる
俺もそこに登録してるから、まかり間違ったらうちのお客さんだったりして(w

159 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:01:39 ID:strTiOEv0
内容よりも文体が終始脚本とト書きみたいだから違和感あるんだよなぁ

160 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:01:45 ID:CxvIENqq0
どれが上質とか分からないとは言うけど・・・

ちゃんと純文学も読んで、内容や思想を理解して
それでもケータイ小説が好きだと言うのなら、
それはそれで尊重するが、純文学を読みもしないで
ケータイ小説も価値は一緒と言われてもな・・・

161 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:01:59 ID:ztr6Yi5IO
>>65
さすがに男は本読んでるんじゃない?

162 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:02:01 ID:a424Ev2r0
>>145
で、需要にあわせたものを手っ取り早く大量生産するから、すぐ飽和してつまらなくなる。

来年はケータイ小説(笑)がおお売れってことはないだろうねぇ

163 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:02:08 ID:T/35WVXv0
>>152
まあ、どういう面でどうバカにしているかだわな。

164 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:02:09 ID:0Mm9YN8nO
文房具屋が潰れるのと同じだな
プロと言われる奴らの頭が固いから時代から取り残されただけ

165 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:03:09 ID:btMLTveK0
最近の小説家もどっこいどっこいじゃないの?

166 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:03:49 ID:IttMF30t0
>>158
おお、サンクス。
なんかいろいろ変わったんだな。
ブックマしとくわ。

167 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:03:54 ID:qXyoaIy/0
お金を払う価値のある作品が
その人にとって対価のあるもの
たとえそれが携帯小説で
半年後、bookoff 100円棚に大量に並んでいても・・・。

168 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:03:57 ID:md8Gy0hq0
このケータイ小説のヒットは、ゆとりな人達に批判能力が欠如してる事も関係してるな

なんでも楽しまなきゃ損!! みたいな
作品や言動に多少おかしな所があっても、それを指摘しない批判しない
批判すると「いじめ」認定されちゃうもんなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ほんと可哀相になるときがあるよ(´・ω・`)

169 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:04:07 ID:ihTDjig30
>>6
それでいい。

紙媒体は、失敗の少ないプロ作家をコンテンツの生成装置にしないと、そして多数
の情報消費者に同一の情報を伝える形でしか、印刷や流通のコストに耐えられな
かった。
ネットを使った小説の配布形態は、それこそ10人以下のファン相手であれ数百万人
相手の配信であれ、まったく同列に読むことができる。

もとから文章で生活する人、作家という職種は、紙媒体の出版という商業活動と表
裏一体の職業だ。
紙媒体が不要になれば、プロ作家という人種がいなくなるのは当然といえる。

例えば、新人賞を作って、多くの新人作家を発掘してきた文芸評論雑誌であっても、
基本的に同じ情報の大量コピーをする出版という事業の上で成立している。
すでにネットがある以上、もう過去の、惰性で続いている商業活動でしかない。

出版しないでも、ネット小説を読むのが好きだというだけで、個人のまとめサイトの
ような形で、情報にタグを付け、自由に、求める人への案内役を買って出る人がい
る。
気負ったボランティアでなくても、気に入ったから、ちょっと人に読んでもらいたい、
その動機だけで、そういう活動がネットの上で可能になっている。

一発だけの作品で、生涯それしか書けなかったとしても、紙媒体さえ通さなければ、
ネットの上でなら、いつか読んでもらえる可能性が残る。

もう、プロの作家は要らない時代に入ったんだよ。

170 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:04:08 ID:ERzxy82B0
>>131
あるいは、バブル位の時に売れた過去の大先生にしがみつくか。

171 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:04:10 ID:pv3/XYcE0
「おれはもうあきらめちゃったんだ。どう言ったら分からないんだけれどね。
要するにおれなんてのは資格がないらしいんだ。つまり、田舎から東京
に出てきて、いろんなことにことごとくびっくりして深刻に悩んで、おれ
たちに対する被害妄想でノイローゼになって、そしてあれこれ
暴れては挫折し暴れては失敗し、そして東京というか現代文明の病弊
のなかで傷ついた純粋な魂の孤独なうめき声なんかあげるんだ。つまり
なんらかの大いなる弱みとか欠点とか劣等感を持っていてだな、それを
頑張って克服するんじゃなくって逆に虫眼鏡でオーバーに拡大してみせ
ればいい。しかもなるべくドギツク汚く大袈裟にだ。小説だけじゃないよ。
絵だってなんだってみんなそうなんだ。とにかく売りこむためには、そして
時代のお気に入りになるためには、ドギツく汚くてもなんでもいいから、
つまり刺激の絶対値さえ大きければなんでもいいんだ。
そしてそうなりゃもう誰だって、本当に美しいもの、花とかさ、そういったなに
か美しいものを見せるよりはズバリセックスとか汚いものとかをそのままど
うだとつきつける方が早いに決まってる。そしておれはね、そういういわば
絶対値競争にはもう全く自信がないんだよ。つまり資格がない、全然もと
もと資格がないんだ。みんなが言うことにゃいまや狂気の時代なんだそう
だよ。つまり知性じゃなく感性とかなんとかだ。まあおれには、どうして感性
やなんかが知性から切り離されて存在するのか全く分からないけれどね。
ちょっとでも知的であろうとすると、すなわちそれだけでもう感性やら芸術
性やらがないってことになるんだ。これじゃ狂気の時代になるのも当たり前
だ。つまり昭和元禄阿波踊りだ。そして踊らにゃ損々なんだ。でも、もうだ
めだ。評論家になってそんな時代を叩っきる気さえしないんだ。阿波踊り
のどまん中でモーツァルトを、いやワグナーをきかせたって、それがいい
ものだって言ってみたって、そんなのはそれこそナンセンスに決まってる
んだ。おれはもうせめてものことに何もかもきっぱりとあきらめるんだ。
せめてそんな阿波踊りの仲間には入らない。最後まで入らない。これが
おれの最後の誇りだ。おれのささやかな抵抗だ。そんなことやるくらいな
ら死んだ方がましなんだから。」

172 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:04:39 ID:JSBjWOYH0
昔、呉服屋の小僧さんに入った若者は、まず、もっとも高価な反物を触らせられると聞きました。
良いものを知れば、悪いものは自動的にわかるようになるからです。それを三年続ける。この精神です。
悪いものを見ていては、良いものの良さは、絶対にわかりません。
それは、食べ物でも人付き合いでもそうですから、すべからく上等といわれているものを見て、聴いて、触り、付き合うのです。
ぼくらの世代は、若者たちにこの”良いものだけを知れ”という原則を教えずに
"なんでもありなのだよ"とゴミにも民主主義的な平等の存在意義があると教えすぎた、という反省があります。

富野由悠季「映像の原則」

173 :ココ電球  _/::o・ν   ◆tIS/.aX84. :2007/12/04(火) 20:04:58 ID:S6nH1TQw0
ネットはTVや活字より進化が速い。

10年ぐらい前のことだが、慰安婦問題を議論していて気づいたけど
小林よしのりが二ヶ月かけて出した論法と同じものがネットだと1週間で出ていて、もっと先の議論に進んでいたことがあった。
小林よしのりがネット言論を目の敵にし始めたのはそのときからだ。
やつは商売人だから、商売敵が許せないだけだ。


174 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:05:25 ID:QgpGzMtU0
>>161
ハルヒとか?(w

日本の本屋の数>>>>文芸書の初版
だから、現実問題として文芸書の大部分はユーザの目に触れる機会すらないんだよねぇ〜
で、あらかじめネットの世界で出版前に告知をするケータイ小説って言うのは、それだけで大きなアドバンテージがある

175 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:05:50 ID:O/xSrkXAO
プロの世界は実力の世界だというけど
その業界が権威化したり保護産業になってくるとこれは当てはまらないな。
そういう業界じゃ実力よりコネクションが重要。

ネット社会へ移行する事によって、コネクションの優位性が激減したんだよ。

176 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:05:55 ID:3Zi+oJby0
大学でフランス文学の研究をしているおれとしては
ケータイ小説など糞、
と言いたいところだが、
やはり売れるものにはそれなりの理由があるはず。
一度読んでみるべきだろう、
が、全く読む気がしないのはなぜだろう。

177 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:05:59 ID:R6YBsM4X0
19世紀ロシア文学に比べたら
カフカとかジョイスだってケータイ小説と変わらないな

178 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:06:55 ID:g9OUf6ZU0
まあブックオフ行けば昭和30〜40年代に出版されたケース付きの「日本・世界文学選集」
みたいのが105円で買えるからなぁ。
オレも石川淳と高見順を一冊買ったことある。なかなか読み応えあったお。
もう「情報」として新奇なものしか新書を買うことはあるまい。

179 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:07:16 ID:F/wigwEI0
上質(笑)
純文学(笑)


売れない本は本じゃない
オナニーのためのティッシュペーパー



180 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:07:21 ID:RbFkryLx0
春樹の小説も、JKの小説も大して違わないだろw

181 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:07:30 ID:QgpGzMtU0
>>172
でも、正直、富野さんの小説は読みにくい……

182 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:07:38 ID:JO/k4GS50
>>172
初心者ほど良いものを使えというのは正しいわけだ

183 :こんにゃくエックス:2007/12/04(火) 20:07:51 ID:w2JWeEqY0
小説読むには体力がいるのだよ
馬鹿庶民にはわからんのだよ

少女小説コバルト誌で新人+レギュラーの
読んでたけど一番いいのは新人の一発目だね。
輝きが桁違い。レギュラーのはいいのはいいんだけど
長編で読まないとよさがわからない。

活字文化ルネッサンスと今言われるんだと
思うんだけど、拡大したら中身は薄まるよね。
生活かけて書いてない馬鹿ばっかり

俺が短編小説書いたらランキング一位ばっかり。
ネタ入れまくったらね。だから庶民は
四コマ漫画みたいなの求めてるんだよ。興ざめだわ、
なんか、、受け入れられるとね。

長編もいいもんだよ、交響曲みたいでさまざまな
角度から味わえる。いい物はいいから
シコシコかいてればいいんじゃないの

184 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:08:03 ID:ztr6Yi5IO
>>81
不思議なくらい腐るよなぁ(´・ω・`)

185 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:08:16 ID:IttMF30t0
ケータイ小説、もう売れどまりになってきてる。
出版社も二匹目のどじょう探して右往左往中。

186 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:08:43 ID:j30/+o350
日本はもうダメかもしれんなw

187 :ココ電球  _/::o・ν   ◆tIS/.aX84. :2007/12/04(火) 20:08:44 ID:S6nH1TQw0
活字だと月単位で行われる進化が ネットだと週単位で行われる。
こういうベストセラーが出るのは俺にはぜんぜん不思議ではない。

188 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:08:51 ID:3l4/FYqk0
そもそもまともな文学が売れると思う方が間違いだろ。
売上至上主義としてのプロに徹するなら文芸書なんて書くな。

文芸書なんて同人で書けばいい。


189 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:09:07 ID:0Mm9YN8nO
純文学だのなんだの言ってる奴に限ってハルヒはおKとかいいそうだな

190 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:09:14 ID:U3xinpif0
ここにカキコしてる方は携帯小説読んだことある?
携帯小説って文体や構成はともかく、内容がほとんど私小説なのよ
んで民放ドラマはヌルイ内容だから、携帯小説の薄っぺらくも生々しい内容に
本を読まない層は興奮しちゃう。ここから口コミ効果




191 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:10:44 ID:K3dyY1VI0
やったー携帯小説できたよー(^o^)ノ

 ───アタシの名前はアイ。心に傷を負った女子高生。モテカワスリムで恋愛体質の愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は援助交際をやってるミキ、学校にナイショで
キャバクラで働いてるユウカ。訳あって不良グループの一員になってるアキナ。
 友達がいてもやっぱり学校はタイクツ。今日もミキとちょっとしたことで口喧嘩になった。
女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
 「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいキャッチを軽くあしらう。
「カノジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
キャッチの男はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
 「すいません・・。」・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっとキャッチの男の顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
男はホストだった。連れていかれてホストは突然として逆上し、オノを振りあげるや、
吉田藤吉の頭をめった打ちにする。その恐ろしき光景にも、みな立ち上がる気力もなく、しばしぼう然。
のこる者は野菜の不足から、壊血病となりて歯という歯から血液したたるは、みな妖怪変化のすさまじき様相となる。
 
ああ、仏様よ

4月4日。三鬼船長は甲板上を低く飛びかすめる大鳥を、ヘビのごとき速さで手づかみにとらえる。
全員、人食いアリのごとくむらがり、羽をむしりとって、生きたままの大鳥をむさぼる。
血がしたたる生肉をくらうは、これほどの美味なるものはなしと心得たい。
これもみな、餓鬼畜生となせる業か。スイーツ(笑)


192 :こんにゃくエックス:2007/12/04(火) 20:11:04 ID:w2JWeEqY0
金儲けやる気になれないというのは
非常によくわかる、心情として。モチベーションとして。
そうじゃなく歴史に名をとか誰でも
思ったことはあるんだろうけど、簡単にはいかない。
三島由紀夫とか本物だったろうけど
狂った。
あんまり天才でもこんどは生きていけない。

本来、どうでもいい記号群である言葉を
出力しているうちに、言霊に心を奪われて
神経症になるというのが作家のはまる罠。
鬱とか多いんだよね、確か。
そうじゃなく、自分の書いた文章に心を奪われないで
こせこせ前だけを見て書くのがいいんだと思う。
そうじゃないと生きながら書けない。
しかしこれをやってると村上春樹みたいな
人間小説工場みたいになる。

193 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:11:19 ID:ERzxy82B0
>>160
君に罪は無いんだが、ご免よ。
アイルケが純文学として大プッシュされて以来、私は「純文学」が信じられなくなったんだ。
こんな人間もいると思ってくれないか。

194 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:11:45 ID:nje69DMr0
TBSカメラマンが路上喫煙禁止地区で堂々と喫煙
http://www.akibablog.net/archives/2007/12/tbs-smoking-071203.html
【マスコミ】路上喫煙禁止地区で喫煙。TBSのカメラマンでした…画像あり(アキバBlog)
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196698377/


195 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:12:33 ID:QgpGzMtU0
てか……「文芸書」が売れた時代なんて、ないよな
「文芸書の中ではそこそこ売れた」って本がジャンプ打ち切りコミックよりも売れてないんだから(w
はっきり言って、文芸書なんて再販制度がなくなったら全滅だよ

196 :ココ電球  _/::o・ν   ◆tIS/.aX84. :2007/12/04(火) 20:12:33 ID:S6nH1TQw0
言論雑誌が生き残るには、リアルタイムの掲示板議論と平行して雑誌を発行するのがよいだろう。
掲示板だけ見ても細かい事が判らないー>雑誌買う だ。
事実関係論議と本議論と批評の三つの掲示板に分けるのがよいだろう

197 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:13:03 ID:bXlNSXUA0
まあ、こういうので感動できる子はバカなんじゃなくて、ピュアなんだと考えようぜ。
普段、本や漫画を読まず、映画にも疎いような子達ばっかだから、
取り入れた物語の絶対量が足りなすぎるんだよ。目が肥えてないの。
俺達だって、昔は、今考えるとどうでもいいような話に心躍った
こともあるだろうよ。

そういう子達に、おまえらがお勧めのいい話を読ませてあげて、
いつの日か、おまえ、昔恋空読んで泣いてなかった?
って、からかってあげて、
「いやー。言わないで><」

っていう展開に持っていけばいいじゃない。

198 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:13:10 ID:SZ9Wd9fF0

ケイタイ小説が売れ、ミクソングがカラオケに入る -----

いかに、日本の会社が提供しているエンタインメントがクズ状態だったかよくわかる現象だな。

199 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:13:54 ID:3Zi+oJby0
>>198

ミクは問題ないだろ

200 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:14:23 ID:ewMsxFhf0


バカの

バカによる

バカのための

ケータイ小説(笑)



201 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:14:25 ID:md8Gy0hq0
★純情恋愛小説「北斗の恋」★
1 名前: 救世主羅王mtym7DS28.ehm.mesh.ad.jp 投稿日: 2001/03/14(水) 07:36
これは俺が実際に経験した体験談を元に書く
涙無しには語れない純情セブンティーン時代のお話です。
http://cheese.2ch.net/pure/kako/984/984522963.html

永井先生のケータイ小説が読めるのは2ちゃんだけ!

202 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:14:36 ID:o7RMTBlx0
だめだよ出版の人は印刷原理主義者だから。紙大好きだから。
離れられないから。





203 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:14:43 ID:e9flb2bA0
>>197
なにそのケータイ小説。

204 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:15:31 ID:CxvIENqq0
>>193
あれを純文学に入れるのが間違っている。
マスゴミが文学!とか言ったのを真に受けるのが
むしろ悪いと思う。

文学作品の代表例がアイルケって・・・

205 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:15:34 ID:IttMF30t0
>>197
タイで殺害された女性がブログにかいてた
「恋空を見て泣かない人は恋をしたことがない人」
という一文を思い出した

206 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:15:35 ID:qnaOEhWP0
セカチューでも泣けなかったしなぁ・・・・あれもひどい中二秒だったね

207 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:16:02 ID:QgpGzMtU0
「売れてる」と言っても2冊合わせて200万
ちなみにワンピの最新刊は1冊で200万以上売ってる

208 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:16:03 ID:0Mm9YN8nO
>>199
ミクが良くてケータイ小説が駄目な理由は?

209 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:16:23 ID:u5PCLDAK0
>>192
昔、小説なんて文学の猛毒にかかって
あの世とこの世を行ったり来たりするようなやつじゃないと書けないと言われたことあるよw

210 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:16:41 ID:plIuidxt0
ケータイ小説に太刀打ちできない文芸部門てのもなんだかね
出版会社は作家のPR方法を変えるべきなんじゃないのかな

211 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:16:44 ID:/IY8Yyz00
>>203
ワラタ

212 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:17:01 ID:btMLTveK0
バカでも読めるのがいい文じゃないの?
少し恋空を読んだがなかなかいいんじゃないかな?
ただもっと色々知識を蓄えてから書くべきだったと思うが

213 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:17:50 ID:lJ1J71RE0
ベストセラー棚の面子の薄っぺらさは今更騒ぎ立てることじゃない

「これぞまさに文芸」といえるような作品が仮に出版されたとして
日本人のうち果たして何割くらいがそれに金払うのかのほうが疑問だね

214 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:18:09 ID:T/35WVXv0
>>212
まあ、読みやすい解りやすい文章は、良い文章だわな。

215 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:18:16 ID:3Zi+oJby0
日本で文学の名にふさわしいのは埴谷の「死霊」と石川の「荒魂」くらい。

216 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:18:27 ID:cwicowlq0
>>文芸書が売れない中

そりゃ売れないよ。多すぎるからな。
ケータイ小説だって、売れてないものは全然だ。

217 :こんにゃくエックス:2007/12/04(火) 20:18:45 ID:w2JWeEqY0
俺もケータイ小説にはまってた。つーか藤本ひとみの
純恋愛小説ね。馬鹿だから。しかし若さなんだね。
そういうのに埋もれてたら反動で青木雄二に
はまった。しかしレイプ物には憧れなかったな。。
グロ画像に嵌るようなもんじゃないの、不健康だわ。
グロ画像に嵌ったことないし。しかしホラーっぽい
ものには嵌ったことはある。
極端なんだ馬鹿なガキは。自分を滅ぼすとこまで行く。
肉でも食ってんのかね?
レイプ物見る前にやらしい恋愛物で満足しとけ。
winnyで裏ビデオもろ出し凝視したら医学みたい。
でも、それっぽいレイプ物の文章頭の中で転がしてると
基地外になる。呪文っぽいのは怖いね。モロ出しを
見ろと言いたい。

218 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:18:48 ID:PPt9SBqx0
恋空の最初の方を読んでみたが

女にとっての携帯小説っていうのは
男にとってのエロ本のようなものではないかと思った

219 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:18:57 ID:ERzxy82B0
>>204
それまでは、純文学もマスコミも信じていたんだよ。
どっちの信頼も粉々になっちまった今、どちらも元には戻らない。

二つの陶器が割れて粉々になったあと、君は一方だけ復元する事が出来るかい?

220 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:19:09 ID:9Cb09IxU0
みんなすまん!!

俺はスイーツ(笑)とか恋空(笑)とか馬鹿にするより、一緒に馬鹿やって楽しむ方に回りたい。
携帯なんて正月に帰省する時しか使わないため最小のプランに設定していて、パケ死が怖いから携帯で見ることはないと思う。
電車ではDSがある。色は黒。残念ながらピザで、恐ろしいことにゲハの例のAAにそっくりだ。
しかし俺も一緒に、すっげーレイプされまくりとか、死にまくりとか、親父が実は息子だったとか、奇想天外なのを書きたいんだ。
むしろDS携帯ゲーム小説とか、そっちを出して欲しいぐらい。

ほんとにすまん!!
決しておまいらを裏切ったわけじゃない。
ちょっと空気が違った。それだけなんだ。卑下しているわけじゃない。

じゃあな。あばよっ。Do!

221 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:19:10 ID:QgpGzMtU0
>>207
補足
ワンピの200万は「初版のみ」、ね
「文芸書」と呼ばれる世界がどれだけ小さな世界か、理解できると言うもの……
しかし、このスレでケータイ小説を馬鹿にしている人が、みんな、文芸書を買ってたら
「文芸書のベストセラーがコミック1冊分」
って事にはならないと思うんだけど、どうしてなんだろうね?不思議不思議

222 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:19:21 ID:tsJLn1FP0
>>190
TVの代わりか、それなら理解できるな

223 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:19:22 ID:ztr6Yi5IO
>>172
ハゲの癖にいい事言うなぁ。

224 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:20:01 ID:199HEm6Z0
>>168
未開人の神話に対する認識の話を思い出した
矛盾や不可解な事柄もそれはそれとして意味が在るんだと勝手に了解して、そもそも疑問すら感じないって言う。

この思考を理解できないのは幸か不幸か・・・。

225 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:20:20 ID:ZXz2yVSNO
湘南の風とかいう奴らの、純恋歌とかいうのが売れてしまう時代だからね。

226 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:20:42 ID:kGxfiWdEO
ミステリーオタクのおれは、ケータイ小説をバカにできない

227 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:20:51 ID:o7RMTBlx0
>>172が誰だか知らんけど、俺は「ケッ」って思った。

228 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:22:26 ID:esvLNAiZ0
スターツ出版大勝利wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

229 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:22:31 ID:T/35WVXv0
>>226
ケータイ小説でもミステリーをやればいいのにな。

230 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:22:39 ID:a3OmtiUQ0
いまの時代びっしり書き込まれた小説なんて読む気しないもんな。
文章だけ見て描写を想像するなんてめんどくさい。
行間空きまくってるけーたい小説の方が読みやすいし売れるさ。

231 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:22:57 ID:Lzps07+Z0
>>172
つか、いいものに触れる機会がゼロになっちまったような……。

232 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:23:03 ID:ERzxy82B0
>>216
頑張って良いものをかけよ。後世の人間が
「ケータイ小説が文学と呼ばれるまでには、9Cb09IxU0の登場を待たねばならなかった」
と振り返るようなものをな。

233 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:23:03 ID:54U2aWhuO

いやだから女向け官能小説だろ?

234 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:23:38 ID:CxvIENqq0
>>219
マスゴミはおかしいけど、
その間違ったマスゴミがアイルケを純文学と言っただけで
あんなものは純文学じゃないな・・・
これで済むだろ。なんで両方とも復元できないとかになるのか・・・

陶器とは違って破片が混ざることもないんだし。
そもそも、それまでにちゃんとした本を読んで
ちゃんと理解していれば、「この本のどこが純文学だ?」で
済む話だろ。


235 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:24:14 ID:cr6Yju1P0
>>221
バカだな。そういう層がワンピを買っていると考えれば不思議はないだろ。

236 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:24:32 ID:B3C8/vmU0
ってゆーかー、文芸書書いてる先生方って、いっぱい売って儲けたくて書いてるわけ?
だったらニーズを考えなくっちゃw
違うなら堂々とわが道を行けば良いわけでww

237 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:24:55 ID:5YcJwRfQ0
まぁ一種のブームだからな
コレが数年続いたら本格的に日本の文学\(^o^)/オワタになるだろ
一流の作家が一流の作品を書いても売れないんだからな

238 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:25:42 ID:k8LC56vz0
>“素人”が書いた小説が次々とミリオンセラーになる現状は、
>出版界に大きな衝撃を与えている。

なにこの上から目線。
売れる小説、ろくに出せない業界の方が素人だろ。

239 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:27:11 ID:LANOCxQL0
>>233
>いやだから女向け官能小説だろ?
つ ハーレークイン文庫

そんなものは大昔からあるが、そう言う本も今は売れちゃいないだろ?

240 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:27:11 ID:T/35WVXv0
まあ、業界も硬直しているんだろうな。
リスクをおそれて守りに入ってる感がある。

241 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:28:02 ID:ivvebso20
ま、元ねたが面白いと思えるなら、読むほうにが満足したと思えれば
需要も供給もなりたつわな。

かならずしも万人にうけるとは、かぎらんけどな。

242 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:28:36 ID:654qvjQq0
意外と女が多いな

243 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:28:49 ID:QlnZoFfQO
小説は、質より量 byドイツ人

244 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:29:19 ID:QgpGzMtU0
>>237
大昔から
文芸書と呼ばれる物が売れてる時代なんて、1回も来たことがない

245 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:29:30 ID:cYI0LqiQ0
レイプ物だとかいう小説は読まない。

246 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:31:34 ID:ivvebso20
所詮暇つぶしの道具なわけよ。雑学や多少の知識を得ることがあっても

小説って、ただの娯楽のひとつにしかすぎんわけだし、。さほど高尚でもないわな。

247 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:32:55 ID:0Mm9YN8nO
ここで必死になってる奴が何なのか知らんが
ケータイ小説がまがい物なら一発野郎で終わりいずれ廃れるよw

248 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:33:53 ID:9Cb09IxU0
今初めてググったけど、小説全般であって、恋愛ものだけじゃないぞ。
まぁ郡を抜いて多いのは間違いないけど。
俺が好きなのはタイムパラドックスとかSFものだし、ミステリーだってあった。

例えばここ
http://novel.tagajo.tv/pc/


まぁ敵がいなくちゃ面白くないから。おまいらはスイーツ(笑)とか盛り上げてくれ。

249 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:34:19 ID:ztr6Yi5IO
>>235
まぁ子供は仕方なくない?

250 :こんにゃくエックス:2007/12/04(火) 20:34:36 ID:w2JWeEqY0
ここ10年は小説安くなったね急激に
15年前はブックオフなかったからね、
古本屋が浸透してきて
400円の単行本が三冊で100円とかだから今。
特に小説は安い。
図書館の検索も出来たし。
インターネッツが大きいね。
しかし総国民作家化だね、豚丼作った馬鹿も
いわゆるひとつのアーチストなわけだ。
インターネッツだから。
つまらん本が書籍の棚、一位になってるわ
チェックもしてない。
新刊がいちばんうさんくさい。今からは
漫画だね。漫画にはかなわないよ。
ジャンプみたいな媚た漫画じゃなくて
エッセイ的な。さくらももこっぽいの。
小説書くな、エッセイ漫画かけって、売れるよ。

251 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:34:41 ID:ihTDjig30
>>197
今の知的に下層の子は、物語に感動するってしないみたいですよ。
訓練が出来てないというか、仮想世界に遊ぶのが、すごく下手。

ヒーローやヒロインと自分を分離できない小学校の低学年くらいから、
自分を客観的に見ることができる中学年あたりの精神発達段階で、
言語的な刺激が足りないような気がします。

普通の今までの児童は、その時期に抽象的な思考や概念を、頭の
中の言語で操作出来るようになるのですが、例えば耳が聞こえな
かったり、帰国子女で、ネイティブな言語刺激が少なかったりすると、
その心理的な発達段階をクリア出来ないことがあります。
それは、その時期にしか発達できないらしい。

抽象思考を獲得できないと、自分の視点でしか物事の状況が理解
できないので、別の世界観、価値観への切り替えが、とても大変な
ようです。

252 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:35:25 ID:71QCud4M0
>>208
2chはキモオタばかりなのでスイーツ(笑)には異常に厳しくてアキバには異常に
やさしい。
どっちも日本の恥だけどねww

253 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:35:42 ID:jtgfVfFp0
スイーツ(笑)って、こうやって消費で経済に貢献してるし
キモオタの優越感を満たすのに一役買ってるし悪いこと無いじゃないかw

254 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:36:27 ID:8bvbs9F2O
トラウマンボーイの続きを早く読みたいのだが、どうにかしてくれぃ!

255 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:36:57 ID:BqbwJsDm0

日本破壊化工作の完成が近づいているんだろう

・日狂組による「世界にひとつだけの花」教育
・恋愛資本主義のプロパガンダによる女の消費豚化

その結果としての「若年層の痴呆化」

結果が「ケータイ小説」のベストセラー化




256 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:37:05 ID:cvm65NxuO
オヤーツ(笑)

257 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:37:14 ID:AUaMK/MH0
女子中高生(大爆笑)

258 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:37:47 ID:el8WerT/0
 ケータイ小説自体は陳腐でつまらないとは思うけれど、要は文芸書
の底辺拡大みたいなものでしょ。まともな活字メディアを読めない層の
ための文芸というか。ライトノベルだって最初はそんな流れだったし。
だから目くじら立てるほどのものでもないと思うんだけどね・・・

 『こんなの小説じゃねえよ』って騒ぐ人たちもなんだかなあ。
 ジョイスやクッツェーを原書でバリバリ読んでいる奴がいうならそりゃ
そうだと思うけどさw なんかヤンキーやDQN相手に知的レベルを競っ
ているようでさもしい。

259 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:38:12 ID:5WkNwNU80
娯楽の一種だしこれがきっかけとなって読書の習慣がつけば良いのでは
としか…まあ就職時の個人面接なんかで愛読書がケータイ小説とは言えないだろうしな。

260 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:38:22 ID:lJ1J71RE0
ここで文芸オワタとか言ってるやつの文脈では、まるで
「従来のまともな日本人の大多数は常に文芸書のみを
愛読し続けてきたのである」とでもいってるようだよな

文芸ってのは所詮マニア向けの分野なんだよ
常に一定量のマニアが生産し消費してる分野なので
ベストセラーにはランク入りしなくても当たり前

261 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:38:44 ID:d0wpSjxt0
ケータイ小説並のプロの小説家が多い証拠なんでは?


262 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:38:56 ID:T/35WVXv0
>>248
なるほど。
売れてるのが恋愛ものなだけで、他のジャンルもあるわけだな。

263 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:39:45 ID:ivvebso20
>>255
原油高騰もあるし、紙で出したからといって、必ずしも売れるわけじゃないしなぁ。

合理化を突き進めれば、プロの小説家も転向するともいいきれんけどな。

264 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:39:47 ID:e9flb2bA0
>>252
この話題と関係ないスイーツ(笑)がそんなに気にくわないの?

265 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:39:56 ID:8yK1bJH30
文芸(笑)

266 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:40:31 ID:ZXz2yVSNO
>>252
わかりやすいステレオタイプだな

267 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:40:45 ID:8dbpz8lS0
俺がオナニー大好きなのと同じように、スイーツ(笑)もケータイ小説(笑)が好きなのは仕方ないことなんだろう

268 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:41:43 ID:QlnZoFfQO
>>258
筒井康隆を原書で読みますが、何か?

269 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:43:29 ID:btMLTveK0
>>268
中江兆民を原書で読みますが、何か?

270 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:43:52 ID:WGKEuOxO0
文学小説もラノベもケータイ小説も全部ターゲット層が違う
つまり目指すところが違う
っ事でいいんじゃないか?
その中から興味のあるものを選んで読めばおk
どんな作品にでも一長一短はあるとオモ

そんな俺はラノベ派

271 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:43:58 ID:9Cb09IxU0
>>268
古事記を原書で読みますが、何か?

272 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:44:06 ID:ivvebso20
文学の基準ってのも、ちと怪しいもんだけどな。
100年たてば骨董品って言葉があるが、こういうスレ見ると、案外同じような代物かもしれないな。

273 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:44:06 ID:qBb3l93w0
じゃあオレは有栖川有栖を

274 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:45:30 ID:BqbwJsDm0

日本破壊化工作の結果
日本の子供痴呆化計画の成果





韓国1位 日本の学力後退
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1196760212/l50

275 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:45:45 ID:gKHXIFHr0
そりゃ、以前より本が売れなくなった、読まれなくなったと
言われてるけど、こないだ近所の図書館に行ったら
平日の昼間なのにやたら人が多かったよ
以前は閑散としてたのに、今は座って読書もする場所もないくらい
みずぼらしい格好をした人とか、新聞を頭に被って寝ている人も
多かったけどね

276 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:46:24 ID:MwBNEA0S0
そういえば、翻訳が悪いと読めたものじゃなくなるな。まぁ原書で読めればそれが一番なんだろうけど。
そこまで語学には堪能じゃないしなぁ。女王陛下のユリシーズ号は原書で読んでみたい。

敗北を慈しむイギリス人、劇的な光景を愛するドイツ人、散ることを慈しむ日本人。
戦記物にもお国柄がでてくるよね。

277 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:46:27 ID:ewMsxFhf0
ケターイ(笑)

278 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:46:40 ID:QgpGzMtU0
>>261
単純に文芸書は販路がすっごく狭い
大方の文芸書、それも大きな賞もとってない新人なんか、初版は「全国にある本屋の数」よりもずーっと少ない
日本全国1億人の読書家が存在していても、実際にはその半数以上の目に触れるチャンスすら大部分の文芸書には与えられていない
が、ケータイ小説は実際に書店に並ぶ前からネット上で宣伝し続けているようなもの
そりゃ、売れる数は全然違ってくるわな

279 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:46:57 ID:v8guy10q0
>>239

ハーレクインは、今も健在だよ。
でも、女性向け官能小説は、どういうわけか今はBLが担っている。
どう見ても男と女のベタ甘な恋愛ものなのに、わざわざ男×男にしてしまうことろが、
女性特有のファンタジーなんだろうか。

で、ケータイ小説が売れたのは、エロ路線に走った少女コミックとも似ている感じがする。
エロに走りすぎてロマンスを忘れた少女漫画を捨てて、ケータイに走ったんじゃないかな。
女は、どの世代もやっぱり「ロマンス」が好きなんだよ。
で、ちょっぴり刺激的でエッチでファンタジーで、最後は涙。
これは大昔から変わらない。
ケータイ小説を卒業するであろう女子中学生の受け皿として、大人が読んでもたえる
ロマンチック恋愛小説の土壌を今から作っておけばいいのに、出版社。

280 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:47:14 ID:kFX9yjvC0
出版界なんていい加減なもんだぜ。
出入り職人よろしく、同人誌なんかで目を付けたヤツを売り出して囲い込み、
仲間褒めで賞を取らせて販促する。そんなもん。


281 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:47:19 ID:RNyaqtac0
美嘉>>>>>>>>>>>>>>>>>夏目漱石

282 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:47:22 ID:8RGU3/fr0
ケータイ小説と近代アートには、同じ臭いを感じる。

283 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:47:33 ID:58GBgVpg0
>>271
あのくそ難しいぐにゃぐにゃした字がほんとに判別できるの?

284 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:47:42 ID:+G/irlen0
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1187560806/819
最近の学生はエロすぎ

285 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:47:49 ID:g9OUf6ZU0
>>251
横レスですまんけど、それポイント突いてる気がするわ。
昔、意外な売り上げ第一位だった作家に星新一がいたけど、以前20年振りに読み返してみて驚いたのが
意外なまでの文章のドライであることだった。
もうベルモット抜きのドライマティーニって感じ。
あれに中高生がハマった理由はプロットのことだけでは無かったとおもた。

つまり意外と深刻な話かもしれん・・・

286 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:48:02 ID:T/35WVXv0
>>275
まあ、この季節のみならず社会も寒いということだろうな。

287 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:49:28 ID:JSBjWOYH0
>>231
図書館行けばタダで名作読み放題だし、今は青空文庫なんてものもある。事前に色々な批評を辿り検討する事も出来る。
慣れてくれば自然と嗅覚が反応するようになるよ。

288 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:49:30 ID:CMTpJSV60
>>285

なんでもかんでも悪口を言うスターが自爆する話とかw

289 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:49:40 ID:GzBNQ2ft0
1位と3位を読んだ
ケータイ小説と名付ければ小学生の作文で金がとれるとは、
巧い商売考えたもんだと感心した

290 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:51:07 ID:cdcEIRwO0
男でこんなもん読んでる恥ずかしいのがいるのかw
キモすぎるだろ


291 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:51:38 ID:RNyaqtac0
星新一の「鍵」は泣いた
俺にとっては芥川の「蜜柑」に匹敵するほど良かった

292 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:51:46 ID:0fQuD7eC0
小説作家涙目www

293 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:52:03 ID:T/35WVXv0
まあ、1000万人が泣いたとかって本屋で平積みにされてりゃ、
目立ちもするし、話題の本はどんなものかと見るやつもいるんだろう。

294 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:52:37 ID:8yK1bJH30
そんなに泣きたいのか世の人は

295 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:53:00 ID:5gOVPsuqO
ケータイ小説>>>>>>>>山田悠介

296 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:53:04 ID:ivvebso20
>>285
星新一はいいね、老若男女問わず楽しめるSFだね。挿絵もすごく抽象的で、その時代をまったく
匂わさせないのも凄い。江戸時代の話を扱った「将軍の一日」でさえ、そういうところを感じさせないんだよねw

297 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:53:21 ID:vnDS2e7zO
>>268
ハイデガーを原書で読んで涙目ですが、何か?

298 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:54:29 ID:GzBNQ2ft0
>>272
まてまて
ロクに推敲すらしてない書き殴りの構想メモと、良し悪しは別として作品として一応体裁を整えているものとを比べるのは
あまりにも後者に失礼すぎる

299 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:55:01 ID:T/35WVXv0
>>291
汽車から蜜柑を投げる場面は良かったな。

300 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:55:03 ID:QlnZoFfQO
五年もすればスイーツどももミッシェルフーコーだのを読み始めんだよ。
ガタガタ騒ぐな。

301 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:55:18 ID:RNyaqtac0
星新一って、飛び級で東大に進学するくらい頭良かったからね

302 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:55:47 ID:J7FZcSyf0
でも、一般文芸だって結構昔から「電通化」してきたといわれてきているし、
本屋さん大賞だって、博報堂がバックについているし、
ブンガクだって、大昔からけっこうあざといことしてんじゃん。


303 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:55:50 ID:GzBNQ2ft0
正確には、1000万人が読まされて涙目かと


304 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:55:54 ID:IHdr/sfA0
読者層が全然違うんだから別のジャンルと考えた方が無難だな。

305 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:56:06 ID:8RGU3/fr0
>>293
それもあるけど、最近の携帯小説とか邦画は限りなくワンパターンでうんざり。
不治の病・死・動物・不幸な子供・意図しない別れ、どれか出せば
誰でも簡単に「泣かせる作品」が作れる。

306 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:56:29 ID:KQSdU/pt0
>>14
レスが一杯付いてる君に嫉妬した訳じゃないが、

IDがseXだ。

307 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:57:23 ID:tV4UvJuXO
日本人劣化の象徴的なできごと

308 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:58:00 ID:R6YBsM4X0
星新一って中学で卒業しないとヤバいだろw

309 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:58:03 ID:T/35WVXv0
>>305
まあ、どれも魅力的な素材ではあるけど、
要は工夫が足りんということなんだろうな。

310 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:58:04 ID:IttMF30t0
図書館、今すごいらしいよ。
本を買いたくない連中が(と言ってはいかんが)
BLマンガ入れろだの、このマンガの何巻が欲しいから入れろだの
何々という本が予約ばっかで借りられないからもっと仕入れろだの。

確かに税金払ってれば使う権利はあるかも知れんが、
お前の家の本棚じゃないんだってのも多いとか。
しかも借りたまま返さないってのもかなり多い。
司書が嘆いとった。

311 :Honaldo Maxell:2007/12/04(火) 20:59:09 ID:GdC1FFJV0
やらせの臭いがぷんぷんするな

312 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 20:59:12 ID:GzBNQ2ft0
>>300
BL小説として読まれてもなあ

313 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:00:40 ID:wxjrc05S0
商売人にちょいと聞きたいんだけど、
携帯小説は今後も力持ってくると思う?
一過性のものか?

314 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:00:50 ID:J7FZcSyf0
>>305

それって、格差社会が完成されつつある証拠じゃないのかな。
階級制度が厳しい社会ほど、下層は人情ものやお涙ちょうだいものに群がる。
酒やギャンブルと同じで、中毒性があるんだと思う。
世界的にみても、南米とかアメリカとかって、
なんのとりえもない女の子が王子(富豪)に見初められて結婚する、的なロマンス小説がバカみたにい売れているらしいし。

315 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:01:43 ID:oYGpaPbyO
ケータイ小説ならベタベタの中二病展開書いてもええんかな
なら私も書いてみようかなw

316 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:01:51 ID:JSBjWOYH0
>>305
「なにが悪い?ありがちってことは、皆が望むってことだ。誰もが求める夢のかたちなんだ。」
「そうじゃないわ。「誰でも思いつく」だけよ。ありふれた、古くさいお話よ。忘れられていくお話よ、そんなのは。
つまらない、新鮮味のない、鼻で笑われて読み飛ばされるお話よ。」

とあるエロゲより

317 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:02:01 ID:o7RMTBlx0
日本は1000年前から泣く話ばっかりなんだから
何を今更www 無理やり格差社会にくっつけるのは不自然過ぎ。

318 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:02:13 ID:lSIMKoth0
本を読むということが習慣になって、文学に触れるきっかけになれば・・・。

まぁ無理だろうな。

319 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:02:21 ID:1N4p1BZO0
編集者なんぞほっておけばいい。奴らのセンスなんてむしむし!!
音楽もそうだ。プロデューサーがしたり顔で音楽を勝手に語っていればいい!!
奴らなんてムシムシ!!

320 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:02:29 ID:QgpGzMtU0
>>310
しかし、ドッグイヤーのPC業界なのに、平気な顔して20世紀のPC本が並んでるってのもどうかと思った……<近所の図書館
思いつきでLinux入れて、「訳が解らないから図書館で本でも借りてこよう……」と思ったら、この状況
仕方ないから、そこから10分くらい行った所にある本屋で4000円もする本を買っちゃったよ
この本を買ってしまったせいで、引き返せなくなったよ、俺(w

321 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:03:05 ID:MZpJMm2h0
ttp://www.tohan.jp/tohan-news/06-12-05.html

去年の奴を見てもまあなんというか、いいんじゃないかw

322 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:03:08 ID:GzBNQ2ft0
>>313
一過性
ただし、次の一過性も用意されている

売れる大衆娯楽には昔から、中身のあるものと無いものの系譜があって、無いものの系譜に一つ加わっただけ


323 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:03:28 ID:QlnZoFfQO
はいはいデカダンデカダン

324 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:03:33 ID:IuVf10ud0
「女の子視点の小説」「女の子の欲望をかなえてくれる小説」が、いままで無かった
のが、読めるようになった、ということかな。
欲望は男にだけあるんじゃなくて、女の子のにも当然ある。


325 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:03:35 ID:IttMF30t0
>>320
そゆのはある意味、いいきっかけなんじゃないかw

326 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:04:56 ID:gKHXIFHr0
>>310
低所得者層が昼間のネット喫茶代わりに使ってるからな
こないだもホームレスと思しき高齢者が何人か高鼾かいて眠ってたw
司書が嘆くのは何も不返却ばかりでは無いと思う

327 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:05:49 ID:GzBNQ2ft0
>>315
中二病展開じゃ2chでウケるかもしれんが一般じ売れない
昼メロと月9ドラマの中間くらいにしないとスイーツ好きの人には売れません

328 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:05:59 ID:5SJzD1XX0
JPOPと初音ミク
みたいなもんか?

329 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:06:02 ID:RO3Ogtcw0
買っている人が不思議というか
ケータイで読めるのになぜ本を買う
のだろうか?


330 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:06:16 ID:IttMF30t0
>>313
業界ではもうケータイ小説は終わってる
マスコミが言うほど売れなくなっている。
書店もそろそろ在庫抱え始めて困ってるとのことw

331 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:06:18 ID:PPt9SBqx0
インディーズで売れてる音楽家がメジャーに出たら編曲されて人気が無くなるみたいに
小説も編集者に口出しされてつまらなくなってるんじゃないかと

332 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:06:52 ID:3SJqan9W0
>>317

いやいや、大昔からある涙ものとは違うよ、ここ最近の流行の感動ものは。
なんの技巧も工夫もなく、原材料をそのまま出している感じ。
これは、酔えればなんでもいいと質の悪いアルコールをがぶ飲みしているドランカーと似ている。
つまり、人としての何かが破壊されちゃってんだよ。

333 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:07:31 ID:wxjrc05S0
>>322
一過性という見解か。


334 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:07:32 ID:9+s0KEkH0
ケータイ小説もヒドイが、
渡辺淳一なんかが直木賞の選考委員にふんぞり返って居座ってるのも相当ヒドイよな。

335 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:08:18 ID:JO/k4GS50
>>310
平日に漫画コーナーに入り浸っている連中、マナーが悪い。
〜の作品はしばらく貸し出し禁止にしますって張り紙が一年前から出たままw


336 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:09:01 ID:T/35WVXv0
>>329
ケータイで読んでる層と、本を買って読んでる層とでは違うのかもしれんな。

337 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:09:10 ID:Uv9amiBb0
>>316
物書きのひとりごとみたいなの入ってるエロゲって結構あるね

338 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:09:38 ID:QgpGzMtU0
>>334
そーいえば、「子犬を殺しまくってました!」って自慢してた女も、直木賞か何かを取ってたんじゃなかったっけ?
後、日本人ノーベル文学賞を取ったおっさんは「アレ」だし

339 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:10:21 ID:RNyaqtac0
ドストエフスキーもトルストイも全部読んだが、夢野久作のドグラマグラだけはダメだわ
絶対途中放棄しちゃうぜ

340 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:10:21 ID:25xanvgf0
馬鹿でも20年かければ傑作小説が書ける

341 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:10:22 ID:GzBNQ2ft0
>>330
ピークは2年前だしな
多分この年末で死滅するだろうな

342 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:10:22 ID:RO3Ogtcw0
>>336
なるほど、そうかもしれん

343 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:10:33 ID:qBb3l93w0
>>329
一応加筆修正されてるっしょ。
あと携帯で小説を読むのは、慣れてない人間にはしんどい。

344 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:10:33 ID:58GBgVpg0
>>334
文壇によりつく人間にロクなのがいないのは昔から

345 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:10:46 ID:3SJqan9W0
>>322
>ただし、次の一過性も用意されている

その次世代一過性ってなに?

346 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:11:11 ID:JSBjWOYH0
>>337
ていうか「物語」が主題の物語

347 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:11:31 ID:sV/pgljh0
ピンポーンピンポーンピンピンピンピンピンポーン、
とベルが鳴ったので何でこんな時間にとおもいつつ
外に出てみたら、誰もいない。
なんだイタズラか、と家の中に入って、そろそろ寝るかと思った矢先、
首から上がニンジンの人間が居間でお茶を飲んでた。
これは夢か。それとも幻覚か。いや、ニンジンだ。そして、ニンゲンだ。
とりあえず、目を合わせないように台所に非難した。
自己防衛、、、なにか、武器になるものは・・・
テレビショッピングで買った皮剥き器発見。
これでツルンツルンにしてやるぜと意気込み、居間へ戻る。
すると、今度は猫の顔をした侍がお茶を飲んでた。
クソッ・・・さっきまでニンジンだったのに・・・猫には皮剥き器は効かない。
猫には、キャットフード、いやマタタビ、マタタビで撃退・・・撃退?
何がしたい?自分は何がしたい?マタタビで・・・・何を?
猫だから、マタタビ。で、何が解決する・・・何も解決しないじゃないか。
じゃあ、そもそもの目的、あの猫侍の撃退・・・撃退に有効なもの、
猫が苦手なもの・・・ネズミ?、いや、あれはネコ型ロボットじゃない、
猫は猫だが、ロボットじゃないくて侍だ。
じゃあ・・・、じゃ、もういい、もう何でも良い。考えるのがめんどくさくなった。
包丁。包丁で十分。切ってしまえばただの肉塊、猫だろうが犬だろうが関係ない。
包丁を持って、居間へ向かう。
切ってやる。切り刻んでやる。テレビショッピングの実演のように、
スパスパと切って、手際よく切って、大げさなリアクションを強要してやる。
居間へ入る。
そこには、猫侍の姿は無い。ニンジン人間もいない。
ただ、湯飲みがあるだけだった。
湯飲み・・・・・・・・湯飲み、あるのは湯飲み、英語に直すと、コップ・・・グラス?
とにかく日本語では湯飲み。英語なんて関係ない。ここは日本だ。そしてこれは湯のみだ。
どうすれば良い?包丁は効かない。湯のみは切れない。なすすべが無い。
絶体絶命じゃないか。ここで終わりか。
終わりだ。

348 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:11:34 ID:oYGpaPbyO
>>327
ハードルたけえwww
SFもどきならリアル中二の頃に書いたことあるんだけど月9は無理だわw

349 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:11:56 ID:0ScHCiB60
      :|       (__人__)    |: 腹イテー 勘弁してくれよw

350 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:12:11 ID:T/35WVXv0
>>340
まあ、小説に20年かけられるかどうか。
かけられるなら素養があるといってもいいのかも。

351 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:12:45 ID:Hl6u5BHz0
正直に聴きたいんだが何故
ラノベ=エロゲ>携帯小説なのかが分からない
ラノベ=エロゲ=携帯小説だろ?
ラノベ好きの奴らもそんなに変わらない事を自覚した方が良いぞ、かなり恥かしい。

352 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:13:01 ID:Y/sOMdjuO
痴呆の国だな

353 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:13:32 ID:2UxqKgkq0
文学と商売は別だろうにな

354 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:13:43 ID:qBb3l93w0
>>351
もちろんラノベもエロゲも携帯小説も一通り読んだうえでの発言だよな?

355 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:13:46 ID:JSBjWOYH0
>>339
スカラカ、チャカポコ、チャカポコ、チャカポコ、チャカポコ………

356 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:14:10 ID:QgpGzMtU0
>>351
俺は「文芸書」がそこよりも上だということが良く解らないけどな

357 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:14:15 ID:55PdFnTrO
>>305
そういうモチーフは感情移入しやすいし、そういうので泣きたい人が多いから絶対廃れない。

358 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:14:17 ID:ivvebso20
>>347
突拍子もなくて、面白かったけど、オチがほしいね。

359 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:14:39 ID:GzBNQ2ft0
>>345
一杯あるけどなんだろね
というか、もしそれがわかるなら、こんなとこで人に教えないで黙って一山当てるって

360 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:14:44 ID:RNyaqtac0
>>316
サガンの小説に、それにそっくりな会話のくだりがあったが・・・
>>351
ラノベも大半は編集者の推敲がなければ出版できないレベルというからな
エロゲは別に文章力など必要ないし。ご都合主義満載でもお涙頂戴的展開なら
ユーザーは満足する。まあケータイ小説と大差ないかもなw

361 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:15:41 ID:wxjrc05S0
>>305
でも、それがネタとして重要視されてる。
ものの見事に引っかかるんだよ。

362 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:15:41 ID:GzBNQ2ft0
>>348
あり得ないベタな展開を平気な顔して書くってのはある意味才能かもなw

363 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:16:11 ID:QDqO7lQf0
はいはい

森林資源の無駄遣い

364 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:16:19 ID:V8NRbXSg0
>>330
相変わらずマスゴミの捏造は酷いな
捏造禁止法案も流れちゃったし、益々大手を振って捏造報道しそう

365 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:16:31 ID:3wGdopLr0
>>354
ラノベ雑誌のファウストを頭からケツまで読んだ結果
読みやすさという点ではケータイ小説に軍配が上がった
内容は五十歩百歩

366 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:17:08 ID:JO/k4GS50
>>351
今のラノベ大好きな人は、一昔前のラノベに比べたら今のは…って知らないんじゃ?
極端な例だとハルヒマンセーの人達とか

367 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:17:33 ID:sV/pgljh0
今話題の麻疹の予防接種を受けに病院に行った。
感染したわけじゃない。念のため。
病院の待合室で寄生獣を読んでいたら、
ふと正面の水槽が目に入った。
水槽の中では4匹のエビのてんぷらが泳いでいた。
水槽を指でコツンと弾くとてんぷらは一斉に散らばった。
看護師さん(最近はこの呼び方でないと駄目らしい)によると、
このてんぷらは綺麗な水の中でしか住めないという。
1ヶ月に1回は水を入れ替えなければならないらしい。
「一匹いかがですか?」と勧められたが、
「さっき昼食を食べたばかりなのでいいです。」と断った。
看護師さんは「そうですか」と言ってどこかへ行った。
今のは失言だったかもしれない。
"食べて見ませんか?"という意味だったのか"飼ってみませんか?"という意味だったのか。
もし後者なら自分はとんでもない非常識人だと思われたかもしれない。
前者か、いや後者か。不毛な苦悩で頭を抱えているうちに、
さっきの看護師さんがプラ容器を持ってこちらにやってきた。
「3日くらいは持つので、夕飯にどうぞ。」
おぉ、やっぱり食用だったか!少し安心した。
容器を開けると中には金魚が入っていた。

368 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:17:49 ID:Uv9amiBb0
>>351
fateと恋空?のテキスト量でも比べてみようか

369 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:18:00 ID:IttMF30t0
>>359
次というかもう終わってる部類に入るものなら
動物ものが来てる。
ブログから本にするやつね
もちろんこれももう下火だが。

次の一過性は確かに模索中な部分がある。
売れるものを出した奴が勝ちなのは確か。

370 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:18:12 ID:Q+N404rs0
枕草子だの源氏物語だのも
VIPのまとめブログと同等のモノだよなぁ?

371 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:18:25 ID:yaV37jDu0
        / ̄ヽ、
      /  あ l /\
    ハ|   あ |/   ヽ
.   / |      |    ヽ  /|
     |   そ |     |/  |
     |   う  |         |
     ヽ  :  |         |
      \  ∧  /\  ∧ /__
        ∨ ヽ、/  ヽ/ |    /
      ∧/ ̄ ̄    ̄ ̄`|   /
    /ヽ|  ≡≡  / ≡≡ |-、/
    〈(^l.|         |    |^/
    ヽ '゛      〉     レ'
   \ `||    ___     /
   <. |\   `ー'   /
     ヽ|  \     /
   ,...-‐|    ` ー‐'l_
  /:.:.:.:.:.``丶、._   |_>、
  〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:.:ヽ
--/_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.〉`'ー-、_
    ̄丶、:__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_/     `'ー-、_
          ̄ ̄ ̄            `'ー-、_
           ●

372 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:18:39 ID:x/rfMgrc0
>>356

だよな。
文芸だって、今は、感動モノのバブルだよ。
とにかく、感動、涙、切ない青春もので、溢れている。
スポーツものが妙に多いのも最近の傾向。

373 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:18:50 ID:Y/sOMdjuO
まともに本を書いてると馬鹿をみるな。
こんな事続けてるとますます衰退していく。
いろんな意味でな。

374 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:18:52 ID:KcSlti9A0
>>351
ラノベもエロゲも編集が間に入って、推敲されてるだろ

携帯小説って、思いついた文章を打ち込んでるだけだろ
違うのか?

375 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:19:02 ID:IttMF30t0
>>371
要潤乙

376 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:19:49 ID:MluUcc7U0
来年には忘れられてるようなものを必死に分析しても仕方がない。

377 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:20:20 ID:RNyaqtac0
ドラクエの堀井雄二は文章力高いよ

378 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:20:32 ID:sX9hApuS0
>>366
昔あかほりさとるマンセーしてたような人はどうすれば良いんだ…。

379 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:20:38 ID:9Cb09IxU0
参戦しようと思って他の人のを見たけど、これは無理だわ。
ウンコの美味しさを伝えるぐらい難しい。

380 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:20:52 ID:T/35WVXv0
>>376
たしかにな。
来年は俺が流行を作ってやるぜぐらいの気概が欲しい。

381 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:21:20 ID:rfJ30Gan0
これに味を染めて

・厨くさい恋愛
・セックス
・暴力(レイプ)
・最後に死ぬ

を抑えた作品が出れば、
こんな現象も無くなるんじゃね?
まあ傾向として少女漫画のエロ傾向から、
こんな本が売れるような地盤が出来てた
気がするけど。

382 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:21:25 ID:T1UiDCNu0
>>351
Hゲ・・・官能
携帯・・・私
ラノベ・・・大衆
だな。あんまり変わらないよね。

383 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:21:59 ID:QgpGzMtU0
>>370
「枕草子はいけ好かないOLが自慢たらたに書いてる嫌味なコラムに過ぎない
源氏物語にいたっては現代語に直して書いたらコバルト文庫あたりから出てる恋愛小説。それも割とつまらない部類」
とは、高校古文の教師のお言葉
何がビックリって、それを言ったのは50過ぎたばあさんなんだよなぁ……
お前、コバルト文庫何て読んでるのかよ!


384 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:22:32 ID:G0aeB6BA0
>>334 芥川賞・直木賞の選考委員なんてヒドイもんだよ。

年間百万〜2百万貰って、一生養ってもらってるくせに
候補作品すら読んで来ないw 特に知事 

385 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:22:38 ID:zw9AYlPF0
> 「恋空」(スターツ出版)

スイーツ出版にガチで見えた

386 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:22:41 ID:5t4+elIKO
ホストとレイプと妊娠があれば、いいやつ?

387 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:22:41 ID:TkCTZqlz0
こういうのが流行る背景には
むかしのモームスとかあるんだろうな
凄い恥ずかしい歌詞ばかりじゃん?

388 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:23:55 ID:GzBNQ2ft0
>>356
エロゲ>文芸>携帯小説

気の利いた同人誌と文芸作品で違うのは、装幀と印刷製本にかかってる金くらいなもの

389 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:24:02 ID:ivvebso20
>>367
最初のほうが面白かったな。2番目のやつは、病院なのに食用の水槽がある時点で
読み間違えたと思って、上の行を見直したりしたから、あまり面白いと感じなかったな。

勢いで読ませようとして、オチを持ってきてると思うけど、引っかかって読みにくく感じて
最後の意外性を面白いとおもえなかったな、残念。

390 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:24:05 ID:rfJ30Gan0
>>381
抑えた→押さえた

>>351
携帯小説の文章は日本語にすらなってないからだよ。
官能小説は様々な比喩表現等によってエロスの世界が
繰り広げられる。テキストでムラムラさせるのは芸術と言っていい。

391 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:24:14 ID:QgpGzMtU0
>>378
じゃぁ、黄金拍車とトリガーマンを十数年待ちつづけてる人間の立ち位置は?

392 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:24:37 ID:sV/pgljh0
活版印刷が登場したばかりの時も、「最近、糞小説が氾濫しすぎ」と嘆いていたかもしれない。

393 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:25:08 ID:GzBNQ2ft0
>>380
再来年には忘れられちゃう物に気概をもってあたられてもなあ
商売人としての姿勢なら正しいけどさ

394 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:25:33 ID:RyKn7Rwp0
商業誌に対するフリーペーパーと同じだな。

たいして面白くもなく、読む気もしない小説書きが「直木賞」だの「芥川賞」だの
虚名でのぼせあがってるよりははるかにマシだろうよ。

395 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:25:38 ID:EMI0b55Z0
普段小説を読まない女の子が進んで読んだという功績はある。

396 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:26:20 ID:YN8Tf9hL0
一言で言えば、

小説でも何でも三行でおk

ってことだろうと思う。


→そうか次にはやるのは俳句だ!!!!1111

397 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:26:24 ID:T1UiDCNu0
>>383
高校教師レベルじゃ、そんな捉え方する人も出るかな。

398 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:26:46 ID:Y/sOMdjuO
読書離れの次に(優秀な)作家離れを狙ってどうする?w
テレビの視聴率主義しかり、内容のないものをみて内容のないやつが育つ国なっちゃったなあ。
唯一の資源をも安売りするとは、馬鹿な国だ。

399 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:26:51 ID:pa7k4ZLUO
いつまでも昭和と変わらないような腐りきった仕事や縁故採用続けてりゃ
技術革新である日突然こうなって当たり前

マスゴミは潰れたほうが社会のため

400 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:26:59 ID:awSx9Tos0
>>384
え!石原って候補作を読んでないの?
ほんとなの?

401 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:27:57 ID:GzBNQ2ft0
>>381
というか、そのあたりはマンガがやり尽くしちゃってるでしょ
マンガすら読解出来ない層に、マンガでやり尽くした事を読ませてるのがケータイ小説なんだから
これ以上かみ砕くと表現手段がなくなる

402 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:27:59 ID:58GBgVpg0
>>397
正しい捉え方をどうぞ

403 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:29:12 ID:s4uBkwBv0

シノプシスを入力するとケータイ小説を出力する「筆下ろしメグ」はまだか?

404 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:30:02 ID:4Pw17+DY0
最近の純文学でお勧めの作品があったら教えて下さい

405 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:30:29 ID:GzBNQ2ft0
>>396
いやいや、その展開なら連歌だろ

406 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:30:29 ID:x7JuqqW1O
>>316
新鮮味を気にするのはそれなりに物語を読んでる人間だけだろう
物語になれてる人間は少数派な上に、好みの差があるからそういう人を狙った場合は大ヒットしにくい
まぁ大ヒットは長続きしないからその内おさまるな

407 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:30:36 ID:rtIoP5br0
>>401
ケータイ小説ジェネレーターの中の人も大変だな

408 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:30:40 ID:T1UiDCNu0
>>368
あんなのって文芸以前の遊戯だろ。むかーし、
FF9で、ギルガメシュとかヤマトタケルとかロスタムとか
名前つけようとした記憶思い出したがあれと同列。

409 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:30:48 ID:W8+ei8Tk0
あんなもの小説ではないけどね
ケツの青いガキの日記だよ

410 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:30:53 ID:RNyaqtac0
候補作を読まないで有名なのは直木賞選考委員の渡辺淳一でしょ
失楽園とか書いてるやつ

宮部みゆきの「火車」が直木賞候補になった時、渡辺の火車に対する
評の余りの酷さは伝説。全然読んでないのがバレバレ

411 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:31:00 ID:QgpGzMtU0
>>398
今の時代、すでに「物語を作る」才能がある人間は漫画やゲームの業界に行くって
そっちの方が金になるんだから

412 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:31:11 ID:dpFEaMti0
携帯小説は叩くのにライトノベルは賞賛する

同族嫌悪か

413 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:31:47 ID:T/35WVXv0
>>409
日本人はわりと日記が好きらしい。

414 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:32:35 ID:JSBjWOYH0
これからは大説がメインストリームに踊りでる

415 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:32:46 ID:rfJ30Gan0
>>401
 ツンデレに萌えてるオタみたく、やり尽くしても、こういうのが好きなんじゃね。
恋空なんてどうみても流行したガッシ!ボカ!DEEP LOVEと世界の中心で愛を叫ぶ
を足して2で割ったような作品だし。 でも読んでる当人達はあまり気づいてなさそうだな。

ところでノンフィクションらしいが、作者レイプされたのか?

416 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:32:52 ID:q8f8sqiM0
チョイ前は、CDプレイヤーやMDプレイヤーで音楽聴くのが流行ってた
今は携帯で小説をちょい読みして、本になった分を読むのが流行ってる
ただそれだけの話

5年もすれば今の音楽業界みたく何しても爆発ヒットにならない、っていう状態になるさ


417 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:32:57 ID:wbKoAMXX0
akukinyouiseikaijo

418 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:32:58 ID:GzBNQ2ft0
>>404
遠藤周作より後ろは全部カス

419 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:33:10 ID:QgpGzMtU0
>>413
まあ、ネカマの書いたブログが大昔から読み継がれてきてるからね(w

420 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:33:22 ID:umyam3GTO
スイーツ(笑)栄えて国滅ぶだな。

421 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:33:38 ID:sX9hApuS0
ようやく清涼院流水の時代か?

422 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:33:49 ID:uq4yJk810
ケータイ小説売れているっていうけど、あれほど溢れている中の一部でしょう?売れているの。
それに、200万部のうち、実売はもっと下だろうし、
実際に買った人も、「クラスで流行っているから、とりあえず買ってみた」的なファッションの一環だろうから、
実際に読んでいるのは、もっと少なくて、10万部もいってないんじゃないかな。と適当なことを言ってみる。

423 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:34:00 ID:G0aeB6BA0
>>400 知事だけじゃないらしい、輝ちゃん?とかも
爺さん連中は「読め」ったって無理なんじゃないの?
詳しくは「文学賞メッタ切り」という本のパート2に書いてあるよ

424 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:34:38 ID:T1UiDCNu0
hゲやラノベではケータイを批判できんだろwいくらなんでも

425 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:35:13 ID:/O6nCvW60
出版社は売り上げを伸ばそうと文章の上手いやつや物語作りの上手いやつを発掘してきたが
実は消費者はそんなことどうでもよかったんだな

426 :ココ電球  _/::o・ν   ◆tIS/.aX84. :2007/12/04(火) 21:35:14 ID:S6nH1TQw0
ここにへたくそな小説張ってるやつ(笑い

じゃおれも

あるところにキムチ売りの少女がおりました。
冬の寒い夜、少女は街中で街行く人にキムチを売っていました。
「キムチはいかがですか」

夜になりました。
キムチは一個も売れません。
売れないと家に帰れないのです。
少女はキムチを食べました。
すると夜の闇に「ノーベル賞」が浮かび上がりました。
キムチの味が薄れるにしたがってノーベル賞が消えてしまいました。
少女はもう一度キムチを口にしました。
すると今度は「鉄道先進国」が浮かびました。

「宇宙大国」 「IT強国」 「自動車先進国」
少女はキムチを次から次に食べては 消えて行く幻を追いかけました。
どれも掴もうとすると消えてしまいます。


427 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:35:14 ID:qBb3l93w0
>>421
清涼院流水の時代はない

428 :ココ電球  _/::o・ν   ◆tIS/.aX84. :2007/12/04(火) 21:35:31 ID:yJbcT2PF0

少女は最後に一個だけ残ったキムチを口にすると、暗闇から死んだはずのお婆ちゃんが現れました。
やさしかったお婆ちゃん。「あ、おばあちゃんだ。おばあちゃーん」
少女はお婆ちゃんの懐に飛び込みました。
今度は消えませんでした。
「大変だったろうもう大丈夫だよ」そうお婆ちゃんは言って少女を抱きしめました。

朝になりました。
街の人は雪の中に倒れて死んでいる少女を見つけました。
体にはうっすらと雪が積もっていました。
「かわいそうに」「キムチを食べて暖をとろうとしたんだね」
街の人はそういって少女の死を悼みました。

死んだ少女の顔はかすかに笑っていたということです。

429 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:35:36 ID:T/35WVXv0
>>422
まあ、買っても読まないってのはあるかもな。
俺もそういうのある。

430 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:36:00 ID:CxvIENqq0
>>396
漢詩だと思う。

「あいつ七言律詩が得意なんだってよwww」
「だせぇwww五言絶句だろ常識的に考えて」

って会話になるとおもう。

431 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:36:24 ID:dpFEaMti0
>>415
脳内妄想+実体験ってことだろ

432 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:36:38 ID:JSBjWOYH0
>>424
まぁエロゲやラノベにも5%くらいはマトモな作品があるし。携小は知らんけど。

433 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:36:40 ID:MwBNEA0S0
>>418
吉村昭はカスじゃないだろ。

434 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:36:59 ID:qQMwqQCGO
>>394
確かに、最近は、それらの賞を貰うだけの、おもしろさやインパクトのある作品が無いよな。
とりあえず、どんぐりの背比べだけど、ちょっとマシor話題性のある奴にあげとこうみたいな風潮が・・・。
ウンコ作品に賞をあげるくらいなら、今年度は全賞該当者無し!くらいの勢いでやってほしいよな。
過去の偉人の作品の品位までもを落とさないで欲しい。

しかし、ここ数年は、作家も脚本家も本当に不作だよ。
ドラマとかみても、マンガから流用が多いし。
やれやれ。



435 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:37:19 ID:PPt9SBqx0
文章にすいては
普段携帯メールで使っている文体に近い形の文で小説を書く
というのがミソなのかな
慣れ親しんでるものに近い形のものだから売れてのかな
普段馴染んでないまっとうな文章には抵抗があるんでしょうね
それにまともな文章は携帯で読むには向かないという事もあるかもね

436 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:37:21 ID:Fc8tS6G/O
文学作品はオナニーだからな
自分では洒落た表現なのかもしれないが、はっきりいってクドい
難しく書くほど偉いとでも思ってるのか

今はストーリーで読ませる時代

437 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:38:02 ID:rfJ30Gan0
>>424
Hゲーはやったことないからわからんが、
少なくともラノベは日本語として読めるから。

とりあえずリアル鬼ごっこ、恋空、deeploveを
実際、読んでごらんよ。どれだけひどいか解るから。

438 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:38:10 ID:jxn1rrKv0
うちでは全然売れてないんだけど?
そこらへんの馬鹿が踊らされて買ってるだけじゃね?

衝撃もくそもないよ 売れりゃいいんだから

439 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:38:37 ID:qBb3l93w0
リアル鬼ごっこは自費だったから生じた悲劇(笑)じゃねーの?

440 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:39:15 ID:G0aeB6BA0
>>425 ちょっと違う、今は実力では受賞させない

文春のお偉いさんの息子とか、ゴーストよくがんばったで賞。
京都の出版社から三期連続で文学界新人賞あげたり、もうめちゃくちゃ。

441 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:39:35 ID:YN8Tf9hL0
>>404
書店の隅にある「文学」とか、そっち系の雑誌で好きなの探せばいいと思うよ

とりあえず言えるのは、近代以降数年の文学は純粋で、それ以前の文学は純粋じゃなかったのか
ってことかな

>>415
俺ならこうするな、って願望の積み重ねだからね、結局
エロゲも同じモチーフを繰り返し扱ってるけど、それでもなお無限のごとく
同じようなのが沸いてくるし

で、先が読めるようになってきたらそのジャンル終了はい次、なんてのは
もう400年前から変っておりません

442 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:39:46 ID:Y/sOMdjuO
>>436
何か大きな勘違いをしてる。
まあ、携帯小説がストーリーもクズなのは確かだが。


443 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:40:01 ID:GIt1/zm70
ケータイ小説が携帯サイト上で好評を得る
ここまではいいと思う
だがそれを書籍化するとなると話は別じゃないのかよ
せめて編集者が文章の更正なりなんなりするべきだろ

444 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:40:11 ID:sV/pgljh0
リアル鬼ごっこは、独特の文体を修正せずに
あのままの路線を極めていれば、今頃新しい分野を切り開いていたと思う。

445 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:41:05 ID:T/35WVXv0
>>435
そういえば、前にここと似たようなスレで、
ケータイ小説とは、友達から来る長いメール
のようなものではないかというレスがあって、
なるほどなと思った。

446 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:41:31 ID:xeq5JnSh0
>>438
そうなんだよ、俺も本屋でバイトしているけど、バカ売れしている実感がない。
親戚に中学生と高校生の女子がいるが、「うちのクラスでは読んでいる人はいない。もしかしたら、何人かは読んでるかもしれなんけど」
と言っていた。
もしかして、一部の地方だけでバカみたいに流行しているだけか、
情報操作なんじゃないかと疑っている。

447 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:41:35 ID:Mon9mrEK0
ようするにエンタとかに出てる使い捨て芸人と同じようなものって事か

448 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:41:44 ID:x7JuqqW1O
>>443
文章構成したら女子高生が買わなくなるぞ

449 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:41:52 ID:sX9hApuS0
リアル鬼ごっこの発想だけは恋空とかと比べると抜きん出ている。

450 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:42:44 ID:qQMwqQCGO
>>435
だとすると、この子達は、何のために九年間も義務教育で国語の授業受けてたんだろうねw

451 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:42:48 ID:JSBjWOYH0
お前らの感じている感覚は一種の精神疾患だ。直し方は俺が知っている。俺に任せろ。

452 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:42:59 ID:GIt1/zm70
リアル鬼ごっこは日本語翻訳版も出版して欲しいところですね

453 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:43:05 ID:GzBNQ2ft0
>>444
そういうシュール系は昔からあるわけで…

454 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:43:43 ID:uw/P6Wbw0
小説の面白さ 太宰治

小説と云うものは、本来、女子供の読むもので、
いわゆる利口な大人が目の色を変えて読み、
しかもその読後感を卓を叩いて論じ合うと云うような
性質のものではないのであります。
小説を読んで、襟(えり)を正しただの、頭を下げただのと云っている人は、
それが冗談ならばまた面白い話柄でもありましょうが、
事実そのような振舞いを致したならば、
それは狂人の仕草と申さなければなりますまい。
小説と云うものは、そのように情無いもので、
実は、婦女子をだませばそれで大成功。
その婦女子をだます手も、色々ありまして、
或(ある)いは謹厳を装い、或いは美貌をほのめかし、
あるいは名門の出だと偽り、或いはろくでもない学識を総ざらいにひけらかし、
或いは我が家の不幸を恥も外聞も無く発表し、
以て婦人のシンパシーを買わんとする意図明々白々なるにかかわらず、
評論家と云う馬鹿者がありまして、それを捧げ奉り、
また自分の飯の種にしているようですから、呆れるじゃありませんか。


455 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:43:51 ID:gqLkioG20
ラノベ市場があるから必要ないのかもしれんが
ケータイオタ小説サイトってビジネスになるんじゃない?
オタだってケータイで萌え系ラノベ読めたら読むだろう。

456 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:44:34 ID:SG+y6Fjy0
携帯小説とは、文庫本のことではないのか?

457 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:44:56 ID:KcSlti9A0
>>448>>443
校正だろ

携帯小説なんかよんでるゆとりが、正しいと思ってしまうぞ
気をつけろ

458 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:45:05 ID:JSBjWOYH0
>>455
オタは萌え萌えな挿絵がたくさん無いと読まないよ

459 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:45:12 ID:QgpGzMtU0
>>446
本屋さん目線で見れば、発行部数200万なんて「売れてる」うちに入らないって
初版いきなり200万ってコミックが毎月発行されてる世界で
今年1年で200万って本が「売れてる」とは感じる訳がないって

460 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:45:40 ID:CzD18aDQ0
>>368
エロゲなんて画がなければ、どこのシーンかもわからないよ
ほとんどセリフと主人公の心情だけだし
あれは小説と比較できるものじゃないでしょ
だからと言って携帯小説持ち上げてるわけじゃないが

461 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:45:42 ID:VJ4Zt3CB0
>>451
なんという感感俺俺
超先生のご冥福をお祈りします

462 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:45:43 ID:pJeQX4Ge0
小説
「後ろで大きな爆発音がした。俺は驚いて振り返った。」

ケータイ小説
「ドカーン!俺は振り返った。」

ラノベ
「背後から強烈な爆発音がしたので、俺はまためんどうなことになったなぁ、とか
そういや昼飯も食っていないなぁとか色々な思いを巡らせつつも振り返ることにしたのである。」

山田悠介
「後ろで大きな爆発音の音がした。俺はびっくりして驚いた。振り返った。」

佐藤藍子
「爆発すると思ったので振り返った」



463 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:45:47 ID:T/35WVXv0
>>454
なるほどなw

464 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:45:50 ID:T1UiDCNu0
絶対少年をアニメで見たけどかなり良かった。
桃華月憚をアニメで見たけど欠点多いが面白い。
ハルヒをアニメで見たけどなんかしょぼかった。
以上のサンプルからケータイ>>Hゲー>>ラノベ。

465 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:46:04 ID:BzgnujAD0
ラノベもエロゲもケータイ小説も、主人公モテすぎだろ。
んで、読んでるのは、そういう気分を味わってみたい
ブサイクでモテない奴らだろwwwwwww



466 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:46:38 ID:GzBNQ2ft0
>>447
あー、似てるねえ
芸人の質をもう1ランク落とすとぴったりかも

467 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:46:51 ID:rfJ30Gan0
>>455
萌えオタは萌え絵がないと納得できないんじゃね?
携帯に表示される小さくて画質の悪い絵に
萌えオタが納得するとは思えん。

468 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:47:08 ID:YR6cQXHf0
>>462
w 

469 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:47:37 ID:GIt1/zm70
>>457
すっ すいませんでした


ケータイ小説は「小説」じゃないよな
もっと誤解を生まない名前を考えるべきだ

470 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:47:47 ID:sV/pgljh0
>>454
「婦女子」と「腐女子」の二つの言葉がシンクロして時代を超えた共感がw

471 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:47:49 ID:/O6nCvW60
>>455
既にある
https://www.saidoku.com/Saidoku/Entrance.do
ゼロの使い魔も配信されております

472 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:48:14 ID:JSBjWOYH0
>>469
んじゃケータイ大説で

473 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:48:29 ID:VJ4Zt3CB0
>>455
読まんだろ
わざわざ見辛い携帯で読む意味がない

474 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:49:06 ID:Y/sOMdjuO
答え:小説すら読めない奴ら(驚く事に!!)に 、小説を読んだ気にさせてあげるのがケータイ小説。
つまり、読めない奴は読めないままであり、裾野は決して広がらない。

475 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:49:15 ID:T/35WVXv0
>>462
ラノベは締め切りに追われて文字数を水増ししてるようにしか思えんなw

476 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:49:25 ID:vnDS2e7zO
>>459
作品単価でいうとボロ儲けだがな。
それでも本屋自体もうからな(ry

477 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:49:37 ID:T1UiDCNu0
>>454
さすが太宰。面白いことを言うなw

478 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:49:43 ID:GCBDt5l9P
ケータイ小説は読んだことないが、所詮は娯楽なんだし、
文章が拙くても面白いテーマやストーリーを提供してくれるなら
それでいいんじゃね?
漫画家だって福本信行みたいな絵だけが下手な人もいるんだし

479 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:49:44 ID:2BorEY8o0
これでまたゴミが増えるのか……

480 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:50:14 ID:CxvIENqq0
>>462
ポルナレフ
「振り返ったら・・・爆発された!」

481 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:50:26 ID:dpFEaMti0
>>454
これを聞いた三島由紀夫はどう思うのだろうか

482 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:50:31 ID:YN8Tf9hL0
>>430
それ突き詰めていくと、種田山頭火や草野心平マンセーの時代が来そうな
気がしてくるな。来るわけないけど

>>436
三島由紀夫の潮騒とか読んでみろよ
ストーリーで読ませる(笑)とか主張してる作家が、ストーリーでは勝っていなければいけないはずの
「文学作品」に全然届いてないのがよく分かるから

ストーリーなんて書けて当たり前、それをいかに伝えるかが小説です
だいたいストーリーだけで売り物になるんだったら、媒体がいちいちゲームだのテレビだの映画だのに
分かれてる必要ないだろと
その媒体が得意とする表現方法で満足に伝えられないで、何がストーリー重視だよ( ´_ゝ`)pu


って某筋の人に言ってやりたいけどいえない今日この頃

483 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:50:34 ID:GzBNQ2ft0
>>454
狂人の中で一人だけ正常だった場合、どっちが狂人なのかという命題に
おさむくんは自殺で答えました

484 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:51:01 ID:xeq5JnSh0
>>447
エンタもそうだけど、俺は、
電波少年で持ち上げるだけ持ち上げて、無残に叩き落された使い捨て芸人のほうを思い出すな。
あれも、やらせにつぐやらせで、「感動」を闇雲に演出していた。

485 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:52:52 ID:JO/k4GS50
>>378
恥ずかしい過去は黒く塗りつぶしちゃいなさい。
聞かなかったことにしとくから

486 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:53:13 ID:JSBjWOYH0
>>454
「小説は、たかが商品ではないか。そして、商品に徹した魂のみが、また、小説は商品ではないと言いきることもできる。」
太宰の盟友・坂口安吾の言

487 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:53:18 ID:2CpSu1f10
出版界というか一部の小説家先生や取次ぎが慌ててるのかな?

488 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:53:20 ID:gqLkioG20
ケータイラノベ投稿サイトとかなら
なんちゃってラノベ作家が手軽に投稿して面白そうかと思ったが
そうか絵がないとオタは釣れないのか。

489 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:53:27 ID:rfJ30Gan0
>>484
サムシングエルスとかどうしたのかな。
素直に番組内で内定でた企業に就職すればよかったのに。
ま、当然、演出だとは思うけどね。

490 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:53:34 ID:YR6cQXHf0
売れるものが求められているものなんだろう。

夏目漱石とか川端康成もコンスタントに売れてるんだし
問題ない。

491 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:53:47 ID:Y/sOMdjuO
>>472
ケータイ笑説だろ。全然笑えないが。
>>478
残念ながら、ストーリーも駄目なんだよ……。
どこかで聞いたような話をさらに薄めるんだから……。

492 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:54:03 ID:UQt8ulqm0
韓国監督「ルール破ってない。ルールにウソのリストを作ってはいけないとは書いてない」
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1196613653/

【五輪野球】IBAF事務局長「日本を全面支持する」・・・韓国の先発変更おかしい 年明けにもルール改正へ★4[12/04]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1196764241/

493 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:54:21 ID:T1UiDCNu0
>>465
もてる家柄のよい美貌の勇者じゃないと書く価値がないだろ。
市民の勃興・喜劇の発達でだんだんそういうのは崩れるが、
未だにもてない奴なんて人間として見てない国もある。

494 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:54:42 ID:T/35WVXv0
>>488
なんちゃってイラストレーターにも投稿してもらうとかw

495 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:54:46 ID:L5mfLoFO0
高校生の妹が携帯小説の本読んだらしいが酷くつまらないとのことだった
妹がスイーツじゃなくて安心した

496 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:54:48 ID:QgpGzMtU0
>>490
表紙を某漫画家に書かせた途端、売上どーん!になった小説もあるけどな

497 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:54:56 ID:vnDS2e7zO
>>462
藤村某
「頭の中が叩かれた。はと振り向く」

佐藤麦茶
「破裂音が舞った。私の目がそこに向かった」


うーん、この二人はわかりやすいんだがいざ書くとなると難しい。


498 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:55:42 ID:/Ts9poZBO
今はおもしろい才能がマンガとラノベに流れてる
文芸が衰退衰退するのも頷けるわ

ケータイ小説?スイーツ(笑)

499 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:55:43 ID:wxjrc05S0
>>495
君の妹は、商売人にはだまされないだろうな。

500 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:55:56 ID:rfJ30Gan0
>>496
なんという人間失格。

501 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:56:10 ID:JSBjWOYH0
>>488
萌えオタが頭の中でキャラクター造形とか想像出来るわけないだろ。
ていうかラノベの文章自体そもそもそういう描写が殆ど無いけど。

502 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:56:31 ID:Cy8ZTo9K0
>>191

続きかけw
途中からバイオハザードの日記にしちゃいなYO

503 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:56:50 ID:Cw0n3ntH0
お約束ですが、

スイーツ(笑)

504 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:56:54 ID:QgpGzMtU0
>>495
「カップリングが女×男だから!」
だったりして

505 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:57:29 ID:aKR7HB1d0
>>475
良いんじゃないの?
ロシア文学も文字数で原稿料が決まったらしいし。

506 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:57:49 ID:58GBgVpg0
>>462
おしい
山田悠介の最後の一文がいまひとつ
「振り返りながら後ろを見た」とか欲しかった

507 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:58:20 ID:Uv9amiBb0
>>460
場面は文のみの媒体ならそのように補えばすむ話

fate出したのは客観的に量で比較できそうだと思ったから。fateは文学って言葉もあるし
fate終わらすのに分岐やらなんやらで20時間以上はかかった気がするし
でもひょっとしたら文量自体は案外少なかったりするのか?

508 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:58:39 ID:pnhVIdNXO
ゆとり教育で馬鹿が増えてケータイ小説とか単純で内容が無い糞つまらない作品しか理解出来ないんだよね。
仕方ない。これが今の日本。これからの日本だ。
ゆとり教育大成功だね。

509 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:59:00 ID:QgpGzMtU0
>>500
あれ、久米田が表紙に糸色望を書いてたら、絶対に買ったんだがな

510 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:59:32 ID:qQMwqQCGO
>>496
デスノートで殺されるから、それ以上は言わない方がいい。

あれ?誰か来たみたい、ちょっと見てくる。

511 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 21:59:38 ID:JSBjWOYH0
>>507
量で比較とか、まるで短編は文学では無いとでも言いたげだな。

512 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:00:25 ID:NTujbdYN0
でも、あれじゃないか?
ほら、一時期、「斬新」とか「今までにない新しい」小説がやたらと求められて、
で、へんてこな小説がざくざく出てきて、いくとろまでいっちゃって飽和状態になった。
その反動で、ベタな設定をさらに薄くしたしゃべり言葉のケータイ小説がうっかりヒットしてしまった、とか。

513 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:00:40 ID:2BorEY8o0
しかし、これじゃ馬鹿馬鹿しくて出版社が作家を育てる気をなくすんじゃねーの?

514 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:00:48 ID:sX9hApuS0
量で比較されたら乙一とか死んじゃう

515 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:01:12 ID:CxvIENqq0
>>497
突如、全てを切り裂かんばかりの爆音が私を支配し、
私はその方向へ振り向かざるを得なかった。

516 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:01:16 ID:T/35WVXv0
まあ、型通りだと退屈だし型から外れると意味不明だし、加減だわな。

517 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:01:22 ID:qBb3l93w0
乙一だってちゃんと暗黒童話とかちょっと長いやつも書いてます><

518 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:01:27 ID:OSsuQY4t0
中高時代なんてもう20年も前に過ごしたけど、そのころは
皆な赤川次郎とか新井素子とか氷室冴子とかばっかり読んでたよ。
そんな感じの一過性のもので、二十歳すぎたらたらさすがに
こういうのは読まなくなるんじゃないの。

しかしなあ、こういう本を1500円とか出して買う人がこんなにも
いるなんて、なんだか信じられないよ…


519 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:01:42 ID:hha5vMz30
メルヴィル 「白鯨」
プルースト 「失われた時を求めて」
ジョイス 「ユリシーズ」

この辺を読んでから文学を語ろうぜ

でも、ゆとりは変身や異邦人やグレート・ギュッツビーすら読んだことないだろうな


520 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:01:58 ID:T1UiDCNu0
>>507
また月厨か。ゲーム板だけで遊んでりゃいいものを

521 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:02:34 ID:ee8aFw5+O
まあ、面白いし、無料で読めるからな
ウケるのは分かる
2chみたいな感じだよな

522 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:02:53 ID:RRpI1dBu0
>>447
松本人志(笑)とかも大して変わらんだろ。

523 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:03:04 ID:JSBjWOYH0
乙一ってデビュー17歳だっけ?

524 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:03:32 ID:2BorEY8o0
GS美神の淀川ランプを思い出した……

525 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:03:33 ID:dpFEaMti0
>>520
もう放置しとくしかない
テキストの量とかw

526 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:03:36 ID:PhwmZBPA0
>>513
専業小説家は少なくなりそうね

527 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:03:55 ID:6wEf6wrh0
>>7 にどういうネタが仕込んであるのかを必死に解読してる俺はスイーツ(笑)脳

528 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:04:00 ID:aKR7HB1d0
>>508
そうか?
小説なぞドキュメンタリーの力に比べたら糞じゃん。

せいぜい楽しく暇つぶしできたら良かったな程度のもんでしょ。

529 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:04:34 ID:Mxf7mSvc0
売れるところに波長を合わせれば
作者の知性や語彙なんて関係ないって話じゃないの

530 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:04:47 ID:PcdGDcjS0
>>513
いや、すでに育てるということはやってないんじゃ?
放任主義で、たまたま売れた作家を残しているだけ。

531 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:05:00 ID:omdvFrU20
ようは流行りだからだろ
来年なったらほぼ鎮火だね。

532 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:05:10 ID:JSBjWOYH0
>>519
撲殺天使ドクロちゃんでカフカの変身ネタやってたな。下ネタだけど。

533 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:05:18 ID:m9IKzmaP0
みんなでリアルケータイ小説ごっこでもしようぜ

534 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:05:22 ID:umyam3GTO
よし、俺も一丁何ぞ物して一山当てたるか。
だがまず何をすれば良いやら?

535 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:05:34 ID:6gJPZ/KaO
そりゃ衝撃だろう。こんな糞本が売れるんだから。

純文学や大衆小説は爆発的に売れるって事は絶対に無いが、常に安定した売上が出ている。

来年、このケータイ小説を覚えてる奴がいるのか?

536 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:05:48 ID:JO/k4GS50
>>519
エレガントに暇を潰したい人間はそうはいませんよ?

537 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:05:53 ID:c1tR696x0
多くの人に受ける物が売れるのは当たり前なんだが
10年後も残る物かと言われると疑問に思うね

538 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:06:02 ID:hEKJhUwo0
ついに仏教 VS 神道 ガチ対決!!

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りすっしょ。。[] 投稿日:2007/12/04(火) 19:52:29.58 ID:c8I2g9bd0
巫女とか非処女ばっかじゃん、大嘘こいてんじゃねーよ糞神道

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りすっしょ。。[] 投稿日:2007/12/04(火) 19:55:43.28 ID:9XiI161E0
>>126
当方現役巫女ですが処女ですよ。
見た目も見苦しくない程度の自信はあります。
うpでもなんでもやってやりますよ。

口だけで死人に名前付けて金取るような宗教に難癖つけられる筋合いないですよ。


http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1196764705/

539 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:06:21 ID:J9Aevxdm0
エロゲーを文学というのはいいが
音楽CGなければやらないやつがほとんどだろ

ラノベとはまた印象が違うだろうし

540 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:06:34 ID:PhwmZBPA0
2ch発で似たようなのもあるんじゃねーの
ショートだけど

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?/洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?---過去ログ倉庫 投票所
http://syarecowa.moo.jp/

541 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:06:56 ID:T/35WVXv0
作家を育てるというのが、どういうことなのかよくわからんが、
たとえば、売れなくても売れなくてもその人の本を出し続ける、
というのであれば、出版社にとっても大変ではあるだろうな。

542 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:06:56 ID:Mon9mrEK0
なぜ川端康成の小説はあんなにつまんないのか

543 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:07:09 ID:dpFEaMti0
>>537
ケータイ小説で大作家誕生・・・ってなるわけねぇか

544 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:07:39 ID:2BorEY8o0
>>526
でも、考え方を変えてみると、メールの普及のおかげで活字人口は果てしなく増えたよな。

545 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:07:48 ID:sV/pgljh0
>>539
逆にガチガチの純文学に萌え絵をつければ、売れたりするのかな。

546 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:08:15 ID:jDUaMvfY0
あと何年もつかなあ。
ガングロって何年はやったっけ? 恥かしいでしょあれ。

547 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:08:31 ID:QgpGzMtU0
>>545
売れたよ、マジで

548 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:08:43 ID:JSBjWOYH0
>>545
世界名作劇場

549 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:08:43 ID:wxjrc05S0
>>529
そう、それはもう間違いないと思う。

>>518
これを客観的に見れないまま、卒業せずそのまま大人になっていく者が、
将来、商売人に搾取されていくって言われたことあるな。

550 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:08:46 ID:GCBDt5l9P
じゃ、俺も一丁ケータイ小説でも書くとするかな



「うわー、人が死んでる」
「犯人はお前だ」
「バレちゃった、めんごめんご」
「判決、死刑」
ぽっくり

551 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:09:32 ID:gqLkioG20
ケータイ小説を「ハルヒ」「らきすた」の京アニがアニメ化したらオタに人気でそうだし、
泣きゲーのシナリオをケータイのチェーンメールにしたら女子高校の間で話題になったりしそうだ。

そんな単純なもんじゃないだろうけど。

552 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:10:15 ID:Mxf7mSvc0
数年後にはラノベヲタが硬派気取って
「糞だ下劣だ中身がない」とかいってケータイ小説をこき下ろす姿が見れそうだよね

553 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:10:43 ID:2BorEY8o0
>>539
エロゲは総合芸術だから、どれか一個だけ抜き出しても作品は死ぬさ。
虚淵玄あたりですら、ノベライズするときは小説として書き直さなければならなかったんだから。

554 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:10:44 ID:dCi8+9j20
記者 「横綱はちゃんこ鍋が好きですか?キムチは食べないのですか?」

朝青龍「好きだ。キムチは食わんな。」

記者 「キムチは優秀な食べ物で体によく、食べれば食べるほど壮健になります。」

朝青龍「食べないと言っているだろうが。」

記者 「キムチはSARSも予防するし、たとえモンゴル人であろうとも食べなければならない。」

朝青龍「うるさい!キムチ野郎!」

記者 「日本での差別はひどかったでしょう?」

朝青龍「いや、別になかったっス。」

記者 「隠さなくてもいいですよ。どんな差別にあいましたか?」

朝青龍「いや、だから特になかったっス。」

記者 「"特に"ってことは、やっぱりあったんじゃないですか?! どんな差別でした!?」

朝青龍「だから、無えって言ってんだろ!このキムチ野郎!!」


555 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:11:09 ID:3EoDRxjC0
ゆとりがゆとりを支える構図か…

556 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:11:16 ID:T1UiDCNu0
>>542
川端面白いじゃん。今古都読んでるけど、とてもいいよ。

557 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:11:27 ID:PhwmZBPA0
>>547
デスノートの作者がカバーイラスト書いて売れたのがあったね

558 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:11:33 ID:0U9vfoQ6O
>>540
それもいいけど、やっぱ泣ける2ちゃんねるだな
何年か前に本買ったけど
いまだに読み返すことがある

559 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:11:53 ID:dpFEaMti0
まぁ、考えてみれば2chのログを書籍化しただけで映画・ドラマ化までされたんだからなぁ

560 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:12:00 ID:JUKN6s3z0
蒸れ蒸れ夜の殺人事件てなタイトルが思いついたオレのセンスは バッチグ

561 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:12:17 ID:1BRR+j180
>>545

つ源氏物語+いとうのいぢ


562 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:12:44 ID:6gJPZ/KaO
>>550
死ぬまでに望まない妊娠とリストカット、レイプとシャブ漬けになって、最後に自殺で行けば1000000000000部。

563 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:12:56 ID:/pvr/b+0O
出版社メルマガの作家の自著宣伝コメントが必死すぎて泣ける

564 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:12:57 ID:J9Aevxdm0
>>551
携帯小説にどうこういってるのってオタと正反対のスイーツだぞ
音楽なしのAIRをラノベで読んでも泣ける自信はないわ


565 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:13:33 ID:rfJ30Gan0
>>535
世界の中心で愛を叫ぶも上映後1年もたたずに忘れられてたような…。

566 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:13:38 ID:cBdwkt/vO
正直日本がどんどん崩壊してゆく…

567 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:13:51 ID:oMbVN3KS0
ケータイ小説ツクールとかもう実は出来てるだろ?
恋人、親友、ヤンキー、レイプ、流産、死、なんてワードを見繕ってポンっとエンタ押しゃジャーン出来上がり、みたいの。
ゲームなんで多少てにをはがおかしいのは勘弁な

568 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:13:54 ID:ee8aFw5+O
iランドやモバゲーでヒットしたのを本にすれば確実に儲かるからな
こういうのは拡大してくと思うぞ

現にモバゲーの小説なんか30万作品を超えてんだし、完全に一つの文化だろうね


569 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:14:32 ID:PhwmZBPA0
>>558
泣ける、怖い、あとは笑える方向かな
書籍か狙えるのでそんな集積してるとこあるかな

570 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:14:35 ID:Y/6BAmtV0
一番大事なのは名作を書くことではなく宣伝の力って事だろ

571 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:15:19 ID:T/35WVXv0
>>570
誰にも知られない本は存在しないのと同じだもんな。

572 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:15:40 ID:QgpGzMtU0
>>557
人間失格ね
実際問題、国内で毎日100種以上の本が出版されるこの国において、売れるか売れないかは、面白い面白くない以前に
「手に取ってもらえるかもらえない」のハードルが異様に高い

573 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:15:45 ID:2BorEY8o0
>>552
今がその状態だろう。
スレイヤーズなんかが売れまくったときの文学青年っつーのはこんな気持ちだったのかね。

574 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:16:09 ID:z5nVySREO
>>561
読んでみたいかも

575 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:16:10 ID:DRuZbAnM0
こないだ恋空とハルヒってやつ読んだが
まあ評判どおり両方ひどい

576 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:16:18 ID:/QGcKNcyO
所詮素人。

577 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:16:40 ID:J9Aevxdm0
携帯小説のカバーってちょっとオサレな感じなんだろうな
キラキラいれてて乙一みたいだと思ったよ

本屋の一番目立つとこに押し出されてりゃ

578 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:17:38 ID:gqLkioG20
>>565
セカチュー馬鹿にしてたけど、結局映画見に行って普通に感動して泣いたw

579 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:18:09 ID:k7Dwn+mM0
はーれくいんロマンスの携帯版でしょ。
はーれくいんが好きな人は、毎年出てくるし、好きな固定客がいるからね。

女の夢と希望でしょ。

580 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:18:18 ID:kOvCp3fQO
ブックオフ期待の新本世に憚る

581 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:18:55 ID:qBb3l93w0
>>573
それってどんどん程度が下がっていってるってことなんじゃw

582 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:19:07 ID:rp8+hv6U0
ただ単にライトノベルを文芸という枠に入れてないだけなんじゃね

583 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:19:17 ID:vnDS2e7zO
>>565
作家を火病にさせるのが得意な某作家のヒット作か。


584 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:19:18 ID:rfJ30Gan0
>>578
主人公の泣き顔がブサイクすぎて笑ったw
当然、ツレにマジ切れされたが。

585 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:19:19 ID:is7PJDW/0
恋空ってハンパ男にひっかかってムチャクチャ酷い目に遭って
それでも私は恋するの。みたいな自己陶酔小説でしょ。
てーかこんな女子高生いねーしw
普通じゃねーよ

586 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:19:23 ID:OSsuQY4t0
読み手に想像力が備わってないんだろうね。
違う世代、違う国、違う年代、とかになるとワケ分かんなくて
自分にとって「リアル」なものしか受け付けられないのかも。

人の気持ちや立場を思いやるにも想像力は必要だし
新しいものを考え作り出すのにも想像力は必要だし
いろんな小説を読んでいろいろ思い浮かべるのって、
そのためにも大切だと思うんだがな。

587 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:20:37 ID:PhwmZBPA0
ネットや携帯で何十万人が読んだとか
売り文句つけやすいし売りやすいわな

ただ掲載する所は月間ランクと殿堂入りシステムにしておかないと
古いのが上につかえて新しいのが読まれにくいかもね

588 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:21:47 ID:T/35WVXv0
>>585
筋を聞いてると、ドMな感じだな。

589 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:21:50 ID:DRuZbAnM0
まあ高校のころはまともな読書趣味なくてもいいんじゃないか?
やっぱ成長過程の時期だし馬鹿なほうが安心する。

大学のころ何読んでたかはおまいらにも聞きたいが

590 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:23:54 ID:6gJPZ/KaO
ライトノベルって何だかわからんな。
講談社ノベルス?がライトノベルなのか?

591 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:24:11 ID:qBb3l93w0
ライトノベルに明確な定義は無い。

592 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:24:58 ID:XkbcHM1n0
安物で作られたスイーツ(笑)女子高生には、スイーツ(笑)ケータイ小説しか理解出来ないだろうよ
外国人と日本人の感性が別なように、スイーツ(笑)はもう日本人じゃねーよ
ただ、あと数十年すればスイーツ(笑)が標準になるかもしれんが

593 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:25:05 ID:QgpGzMtU0
>>590
売れない作家(とそのファン)が売れてる作家を腐すために作った新語だと俺は思っている

594 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:25:23 ID:sV/pgljh0
>>590
ライトノベルは、右寄りな小説のこと。
天皇陛下を称える内容が延々と続く。

595 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:25:26 ID:cr4E/ThY0
ハヤカワでSF名作をあらかた

流行はわからん・・・

596 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:25:34 ID:ee8aFw5+O
恋空もなんだかんだで抜けるよな
無理矢理やられて、ガキができて、押されて流産して、また初恋の人と中出ししちゃう

馬鹿な女の物語として読んでも面白いだろ


597 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:25:44 ID:uw0+BP4G0
ライトノベル買ってるオタ連中もこれと大差ないな

598 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:25:45 ID:7/TcWa3e0
2段は売れない

599 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:25:47 ID:gT+Vqwrb0
ケータイ小説がゴミみたいな文章の羅列ってのは
携帯電話の画面に収めるためらしい。
1文が長いとダメとか、そら表現も限られるわ。
書籍にしたら空白だらけになるんじゃマイカ

600 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:26:17 ID:qBb3l93w0
>>599
事実空白だらけで700円返せと思ったぞ。

601 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:26:43 ID:J9Aevxdm0
>>590
ラノベの定義はあいまい
挿絵があるような感じの文庫本だろ

602 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:26:45 ID:sX9hApuS0
外国文学のあらすじ集とか面白いぞ。老人と海とかが10ページ位で纏められてるやつ。
人間の大地とか車輪の下とか有名な話をさっと読みたい人にお勧め

603 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:27:21 ID:9NL3zzto0
皇帝ペンギンのほうが感動するよな。
まー中高生の女の子は、いつの時代もこんなものじゃないの?
自分の手のとどかないものに憧れるとゆーことかな?ホストとかリスカとか
不治の病とか。ケータイ小説が純愛とは思わんけどね

604 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:27:49 ID:6o4QyZJ+0
イギリスでもサイバースペースの専門家が、アマチュアの勝手気ままな
制作物が、悪化が良貨を駆逐するように、全体の質の悪くするという指摘が。


素人は小船を作り
プロの職人集団はタイタニックを作った。

http://www.guardian.co.uk/technology/2007/jul/20/computingandthenet.book

605 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:27:56 ID:KcSlti9A0
今の高校生は羨ましいけどな
本名が奥田圭なんですがあだ名がブルーレットで困ってます
とか2chスレで毎日笑えるしさ
俺の高校時代は、ナイナイのANNぐらいしか面白いものなかったぜ

なんで、つまんねー携帯小説なんかで時間つぶすんだろうな


606 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:28:03 ID:58GBgVpg0
>>589
月刊宝島

607 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:28:36 ID:LndW4T1HO
上でもなく下でもなく
自分のレベルにあった小説が楽しいし、心に響くんでしょう

608 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:28:43 ID:PRLHUJ9W0
モバイルフォンとかネットワークとか
そんなもんが発達したらさぞサイバーパンクな未来になるだろうと思ったら
ミクシィとか携帯小説とか、猿みたいなもんが流行るんだもんな。
がっかりだよ

609 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:28:50 ID:QgpGzMtU0
>>589
一番読んでたのはTRPGのルールブック

610 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:28:56 ID:rCpu7ebT0
単純に読みづらいだろ。PCでもちょっと読みづらいと思うことあるのに
携帯で何万文字も読もう何て奴の気が知れん。

100%近視だろうな。

611 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:29:11 ID:qBb3l93w0
>>609
オレが居る。

612 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:29:18 ID:rfJ30Gan0
>>599
 それもだが、ハンドリングが利かないから、
それ故に、伏線なんて作るとどえらい事になる。
よって、伏線など作られない淡白な小説が
作られる事に…。

613 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:29:45 ID:cr6Yju1P0
>>258
よくわからんが、誰かメクジラたててるのか?
「信じられないとか」「あんなのクソ」とか、べつにメクジラ立ててるわけじゃなくて
単なる感想や煽りだろ。誰が本気で相手にしてるって言うんだ、こんなのw
代理店その他は吸い取る気満々かも知れないが。
良かったじゃないか、文字メディアにスポットが当たって、少しは潤ったし。
悪貨は良貨を駆逐するだろうが、職業小説家と違って2作目を書くやつはほとんどいないから
その心配も少ないし。世代どころか作家交代がバンバン進んで、文芸出版もウマーだし。

614 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:30:54 ID:P5Q2OrIkO
賢い人達一個だけ教えて下さい!
本になって売り出されたって事は携帯でもう読めないって事?
もしくは携帯の時点で有料だったって事?

615 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:31:03 ID:DRuZbAnM0
前述した俺が読んだラノベ(だよな)も文章が相当おかしかったぞ。
比喩だらけで学のあるフリしてるが
基礎レベルでおかしいので読んでて赤面する。

616 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:31:14 ID:gqLkioG20
結局、オタクや腐女子にとってラノベが文学の入り口であるように
女子中高生にとってはそれがケータイ小説だって事だよね。

あ、でもそのケータイ小説がベストセラーになってる現状が問題なのか…。

617 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:31:28 ID:QgpGzMtU0
>>611
TRPGからラヴクラフトにポロロッカしちゃいました……一瞬だけ

618 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:31:42 ID:8SlArVn80
ケータイ小説は物語にアクセントを加えるスパイスとしての「レイプ」とか「援交」とか「薬物」が前面に押し出されていて、
感情移入するのは泣ける要素のど真ん中にいる主人公。
ラノベはキャラの記号としての性格、「ツンデレ」や「萌え」とかが物質になって出てきたような登場人物がいて、
そいつらに囲まれている普通の主人公に感情移入できる。
って感じで極端な状況に置かれている物語という点で共通していて、ブっ飛んでるのが人であるか状況であるかの違いだと思ってるんだがなにか間違ってるかな?ちなみにラノベもケータイ小説も両方とも読んだことはない。

619 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:31:46 ID:YN8Tf9hL0
>>489
サムシングエルスはちゃんと仕事してるぞ
フルメタのOPでコーラス指導のところに名前が載ってた


さて何年前かな( ´ー`)y─┛~~~~

>>545
ttp://mits.isc.senshu-u.ac.jp/thb0457/html/sagoromo/index.html

古典+今風の絵


これで予算おりたんかな

620 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:31:46 ID:Mon9mrEK0
登場人物の名前がアイだの美香だの短いのはやっぱ打ちやすいからなんだろうね
いっそ無名でいいと思うんだが

>>602
ユリシーズなんかはあらすじだけだと一行で済みそうだな



621 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:33:04 ID:lqKeUS/f0
小説なんて遊びでしか読まないんだから何だっていいだろ。
純文学好きは自分がただのオタクだってことに気づいてないよな。


622 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:33:27 ID:554XjKAK0
>>553
エロゲっつうか、AVGのあの形式は確かに完成度が高いわ
物語のメディアとしては90年代からほとんど進歩してないのもわかる
ときどきシステム的に新機軸を打ち出すところがあっても、大して面白くないか
手間がかかりすぎてすぐやめてしまうからな

623 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:33:51 ID:rCpu7ebT0
>>621
オタクという意味ではより飛び抜けた存在だよなw確かにww

624 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:33:52 ID:OSsuQY4t0
>>616
文庫ならまだしも、1000円前後の単行本で
ここまで売れるというのが変なんじゃない?


625 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:34:35 ID:ihTDjig30
>>379
がんばれ。

偶然、本当にウンコの美味しさを伝えられる小説が出来るかもわからん。
小説で金を稼ぐのは、ネットの時代では、もう不可能だ。
だけど、ものを書く、表現しようってのは、その欲求は終わらない。
あなたが失敗しても、誰かがウンコの美味しさを伝えられるかもしれない。

参戦してもダメだと思い込むことは、出版詐欺に合う団塊の年寄りと同じ
行為の裏返しと思え。

626 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:35:50 ID:0v478Wyx0
アマチュア規模で、
携帯小説と「シェアード・ワールド」的な展開って相性がよさげな気がするが

こんなことをやってる所ってあったりする?

627 : :2007/12/04(火) 22:35:59 ID:uCp1asYP0
>>599
携帯画面に納めるために……ってのは良いんだよ。
俳句しかり、スーパーファミコンのROM容量しかり。
縛りは良い方向に働けば良作を生む。要は密度を濃縮する努力があればいいわけさ。
でもコイツら「どかーん」とか「がしゃーん」とかギャグのような擬音つかったり、
セリフ多用して楽する方向で文章書いてるからちっとも濃縮されないんだよ。

628 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:36:05 ID:sPPQJWIk0
>462>497 こういうの面白い、アメジョっぽいな

629 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:36:06 ID:vnDS2e7zO
>>589
メインだけに絞ると

高木貞治、 解析概論 岩波書店
伊藤清三、 ルベーグ積分入門 裳華房
伊藤清、 確率論 岩波書店
渡辺信三、 確率微分方程式 産業図書

くらい?
ルベーグ積分入門は数学素人でもわかりやすいのでオススメ。

630 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:36:41 ID:5EYokLrZ0
ケータイ小説は、たしかにくだらない。
しかしそれに負けるプロの作家も、その程度ってことだ。

631 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:37:12 ID:njl4Ps4u0
>>629
そういうのは普通読書とは言わない

632 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:37:44 ID:QgpGzMtU0
>>621
このレスでふと気がついた……
レクサスだとかBMWだとかに乗ってる連中が「軽四なんて車じゃねえ!」と言ってる構図と良く似てんじゃないんだろうか?

633 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:38:24 ID:rCpu7ebT0
>>462
ラノベつーよりハルヒだな、その比較は面白いけどw

634 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:38:27 ID:PfzxS96J0
話のネタに買うだけだろ。それがおもしろいかどうかは別。

635 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:38:49 ID:j7aZ+HcaO
スイーツ出版に見えてしまった俺はもう立派なスイーツ脳だな

636 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:38:56 ID:XkbcHM1n0
負けると言わないだろ
そもそもケータイ小説の読者層って、他の物を読まない新規層なんだから

637 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:39:13 ID:554XjKAK0
>>602
有名文学は、むしろ作者のキャラ紹介の方が重要と思う

638 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:39:27 ID:Y/sOMdjuO
>>630
残念ながら的外れ

639 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:39:46 ID:d42i0JVK0
職業作家は、みんな筆を折るべきだな。
必要ないって実証されたことに気付くべき。

640 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:40:10 ID:sX9hApuS0
>>626
昔、蓬莱学園というメールゲームが有ってだな…。それはそれは流行ったんだ

641 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:40:32 ID:Tw1lYMJ/O
「恋空」がいまだ売上一位の地元の本屋恥ずかしいすぎるw
スイーツ(笑)

642 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:41:08 ID:Ehnk1UtF0
>>462
ドカーンワロタ

643 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:41:25 ID:T1UiDCNu0
>>622
人形芝居を平面化したのものだから、
構造なら結構数100年の歴史があるよな。

644 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:41:25 ID:OSsuQY4t0
>>627
ああ、それあるよね。
昔のひらがなだらけのゲームでも、短い文で多くを伝えようと
すごく言葉が工夫してあるのがわかるものがあったりするよね。
あと言葉自体は平易なものでも、組み合わせ方ではっとする
表現が生まれたりもする。
なんでもかんでもドカーン!じゃ、ねえ。

645 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:41:34 ID:6SvR2KZKO
ケータイ小説を、素人が書いてるとは限らない。

646 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:41:35 ID:PPt9SBqx0
>>639
既存の読者が携帯小説に流れたわけじゃないから
まだしばらくは居てもいいだろ

647 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:42:41 ID:qBb3l93w0
人気ケータイ小説作家saoriさんはもう5冊も出してるわけですよ。

648 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:42:41 ID:5EYokLrZ0
>>638
しかし現実として、売上で負けてるわけだから。
「読者が馬鹿だから」では済まされんでしょ。

649 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:43:06 ID:awSx9Tos0
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアを買いにいったら表紙がえらいことになってた。
ケータイ小説が出回るだいぶ前のことだった。

650 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:43:08 ID:0v478Wyx0
そのうち出てきそうだな。

有名な文学作品を、携帯小説で多用されるような文体に直して出版w

651 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:43:47 ID:bSxl7mv60
文芸部門に入れるのは、間違い。

652 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:43:51 ID:gqLkioG20
2007年のCDの年間チャート(オリコン調べ)が4日発表され、アキバ系男性に
愛聴されているアニメ主題歌がベスト3を独占、ベスト10では5作がランクインした。
CDが売れない中、“声優”が歌うアニメ主題歌が次々とミリオンセラーになる現状は、
音楽業界に大きな衝撃を与えている。

なんか音楽業界も不況だし、こんな感じになりそうな気がする。

653 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:44:04 ID:lqKeUS/f0
小説オタがいう「文章がおかしい」っていう意味が分らないんだが。
もちろん恋空や鬼ごっこが叩かれるのは理解できるが、西尾維新みたいに表現凝ってるラノベ系の作家まで目くじら立てられてるの聞いてると「何が正しい文章なのか」まったく分らなくなる。
いま大学で日本語の講座もとっててテンスやらとりたて助詞やらを勉強してるが、小説オタはそういう文法的な話を必死に考えながら小説読んでるのか?

654 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:44:50 ID:OWLxsZ0s0
文明の衰退は衆愚からだよ。終わったな日本。

655 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:45:08 ID:d42i0JVK0
>>646
恥を知るなら居るべきではないが、片隅に存在することを許容はしてもいい、ってとこかな。

656 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:45:18 ID:SjPolWTk0
>>5
> この世の癌は話の長い奴と空気の読めない奴とあほ女

話の長い奴→女が多い
空気の読めない奴→女が多い
あほ女→まさに女

つまり女がこの世の癌って事だw


657 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:45:55 ID:vnDS2e7zO
>>631
伊藤清、確率論の基礎 岩波書店
じゃだめ?
読み物としても面白いんだけど。 確率過程がクライマックスという感じで。

658 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:45:57 ID:Ehnk1UtF0
>>652
でも、音楽はDL販売にシフトしてるし、
アニソンは、単にコレクション癖のあるアニオタを利用してるだけだからなあ。

659 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:45:59 ID:njl4Ps4u0
ケータイ小説とやらと普通の小説って違う種類のもんだと思うから、
別にそれらが売れたからって小説の質が下がった!ってのは
言いすぎだと思うけどね

660 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:46:52 ID:zqRaevn/0
>>629
ルベーグ積分とか言ってるのは団塊の世代みたいだなw

ちなみに、解析学なら、解析概論なんていう古い本じゃなくて、もっと新しい本を
読んだほうがためになると思う。
ルベーグ積分でゼロ集合とか言ってる数学の世界と、確率微分方程式というすごい工学的な本とが
つながらないね。


661 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:47:14 ID:YN8Tf9hL0
>>655
恥を知るのはこんなのが売れてる日本社会だろw
バランスを取るためにちゃんとした作家もいてくれないと困る

海外SF作家とかがまじめに社会問題に取り組んでたりするときに
「どかーん(笑)」じゃねえよな「どーかん(笑)」じゃ

662 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:47:22 ID:CxvIENqq0
>>631
山口厚 刑法総論 有斐閣

663 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:47:34 ID:ee8aFw5+O
ケータイ小説はSM調教師瞳みたいなもんだな
チープさと微妙なエロがマッチしてなかなか楽しい
リアル女子高生が書いてるとなると、興奮度200%upだしな

664 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:48:44 ID:LH249Z2X0
おいおいおまえら馬鹿にしすぎじゃないのか
そんなに悲惨な文なのか?と、ちょいと読んでみた

…………

スイーツ脳(笑)

665 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:48:53 ID:njl4Ps4u0
>>657
俺は文系だからよく分からないけど、
読み物的な面白さがあるなら読書と言えるかもね。

>>662
そういうのもあんま読書って言わないと思うんだよな。
専門書も書物には違いないだろうけど、研究って感じがする

666 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:49:21 ID:d42i0JVK0
>>661
ちゃんとした作家とやらは既に視界から消えつつあるわけで。
社会を変えるほどに影響を与えられなかったんだから、恥を知るのは作家のほう。

送り手っていうのは、そういうもの。
受け手の愚を嘆く送り手ほど恥ずかしいものはなく。

667 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:49:31 ID:QgpGzMtU0
>>648
文筆業が職業である以上、より多くの客を捕まえることのできる人間はそれを出来ない人間よりも勝っているって言うのは、受け入れざるを得ないな
「俺は俺が納得行くものを書き上げれば良いんだ」って言うのは、逆に「アマチュア」

668 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:49:41 ID:E7xuxAEm0
あれ?天才キモ康のケータイ小説は?

669 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:50:56 ID:CxvIENqq0
>>665
いや、多分、あっちの人もわかってやっていると思う・・・


次にはやるのは・・・連作小説なんてどうか?
Aさんが、物語を適当なところまで書く
それを受けて、全くの他人のBさんが続きを勝手に書く
その次はCさんが・・・Dさんが・・・

670 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:51:01 ID:qH/6cqIq0
あ〜ぁ・・・・・
もう日本の文芸もおしまいだな。
枕草子でも読むか・・・・

671 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:51:14 ID:awSx9Tos0
>>661
「まじめ」に取り組んじゃったのは、糞なんだなあ。

672 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:51:30 ID:Rnoxxet1O
>>668
伝染歌(笑)

673 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:51:34 ID:SjPolWTk0
女は恋愛とセックス中心でしか物事捉えられない

674 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:52:06 ID:sV/pgljh0
>>669
mixiのバトンを書籍化とか

675 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:52:26 ID:QgpGzMtU0
>>661
日本だってノーベル文学賞作家が社会問題にとりくんでるではないか!
沖縄自決問題とか、護憲運動とか!
ってのはかなり極論だが、現実問題、日本の分断の連中が社会問題に関わると、デンパ一直線だからなぁ〜

676 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:52:46 ID:qV2gYyfj0
>>669
リレー小説なんてどこぞの小説サイトでもいけばやっとるがな

677 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:53:45 ID:wxjrc05S0
>>673
なのに、したがる男は嫌われる。

678 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:54:47 ID:vnDS2e7zO
>>660
うーん、俺はオールドタイプで数学一本だしなー。

ぶっちゃけ数理ファイナンスに流れてもよかったんだが、何故か都市計画や生産マネジメントにたどり着いた変わり種というのはよく言われるw



最近ルベーグを理解せずに確率論に入るやつが多くてこまる(´・ω・`)

679 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:55:00 ID:pSaywl/80
世の中狂ってる

680 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:56:13 ID:6o4QyZJ+0
ネットが普及すれば商社はいらない、無くなるという意見があったが
結局、商社は無くなってないし。暫くはいろんなものが混じって
共存していくんだろ。

それと国民性として辞書マニアであるイギリス人からみると
ウィキペディアは相当質の悪い辞書らしいw

681 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:56:13 ID:554XjKAK0
>>675
偏見だけどさ、文芸とかに走る奴って政治の才能がないからそういう世界に行くんじゃないの?
だって政治のセンス(広義の政治ね)があったら現実の方が楽しいじゃん

682 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:57:11 ID:3QRegVB90
言葉は時代とともに変わるものだ。
正しい日本語など無い。

683 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:57:19 ID:YN8Tf9hL0
>>666
>社会を変えるほどに影響を与えられなかったんだから、恥を知るのは作家のほう
俺が勉強できないのは教え方の悪い教師のせいです、って言ってるようにしか聞こえんが


>>667
それは違う
一昔前の言葉で言えば、資本主義に組み込まれた芸術作品になんて見る価値はない

暮らして生けるかどうかは別としてな
画家とかもそうだけど、芸術家(笑)なんて大体は親の遺産食い潰してるんボンボンか、
生前は悲惨な生活おくってたようなのばっかりだし

684 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:57:33 ID:d42i0JVK0
>>680
日本人から見ても、相当に質の悪い辞書だぞw

ていうか、2ちゃんでさえ、ウィキペディアをソースとして引用したら笑われるじゃんよ。

685 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:59:35 ID:6o4QyZJ+0
>>684
だとすると、職業作家は無くならないし、恥を知る必要もないわな。

686 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 22:59:49 ID:d42i0JVK0
>>683
教師www まあ、出来の悪い教師って良い表現だwww
まあ、負け犬作家たちなんかは、そう言いそうだよなw
ぬれそぼってうつむいて、プライドだけは高くて、そして、滅んでいくw

687 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:00:01 ID:kpxej15F0
リアル鬼ごっこがベストセラーになるくらいだし

688 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:00:43 ID:rCpu7ebT0
独断と偏見だらけだけど俺のケータイ小説のイメージってこんな感じなんだよな
ttp://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date61674.jpg

(おまけ)ラノベ、エロゲ、アニメの俺のイメージ。
ラノベ
ttp://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date61675.jpg
エロゲ
ttp://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date61676.png
アニメ
ttp://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date61677.jpg

689 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:01:06 ID:6gJPZ/KaO
>>662
長谷部の憲法(新世社)とか法学教室の連載まとめた奴なら
「読み物」として面白いが、山口刑法で面白いってあるかw

690 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:01:47 ID:Y/sOMdjuO
>>636
同意。
>>648
決定的に購入層が違うから。
>>648とか>>667の比較の出来具合な奴らがちらほらいるが、情報量が不足してるんじゃないの?
普段本を読まない人が、比較する対象も少ないままに、大雑把な感想を述べてる感じ。

691 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:01:48 ID:vx/2bNMg0
本て売り上げ落ちてるだろ。

俺は20年前なら年間10万円分くらいは本を買ってたけど、
今年は一冊も買ってないもん。
本の売り上げは確実に落ちてるだろ。

692 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:01:55 ID:8SlArVn80
>>684
ものによると思うぞw
参考文献があるとか、ノートでソースだして議論してるとウィキペでもかなり信用できる。

ただ、要出典とか凍結中のとかをソースで持ってくるバカはどうにもならないけどね…

693 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:02:13 ID:d42i0JVK0
>>685
どうしてそう繋がるのかわからないので、説明してくれ。

品質と倫理意識と重要は全く別なわけだが、関連づける理由については、特に詳細に
説明を頼む。

694 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:03:00 ID:N3z4vtLJO
恋空読むくらいなら
エロゲやってたほうがいい

695 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:03:16 ID:QgpGzMtU0
>>683
「芸術」と言う物はさ、数学やら物理やらと違って検算や実験でその正さ、優位さを立証する事が出来ない訳でしょ?
となれば、その価値を図る指標はただ一つ
「支持してくれるファンの数」であり、その「ファンの数」を統計的にはじき出す術が「売上」ではないの?
それを「資本主義がどうとかこうとか」って言うのは、ファンを掴めない人間の言い訳に過ぎないと思うけどね

696 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:03:40 ID:qBb3l93w0
>>688
エロゲにソレを持ってくるかw

697 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:04:25 ID:U9d118sY0
白痴社会を突き進めばいいと思うよ

698 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:04:42 ID:d42i0JVK0
>>692
歴史とか人文を除けばね。
議論の有無に限らず、こっそり書き換えるバカ多数の分野は、論ずるに値しないほど酷いw

699 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:05:38 ID:CxvIENqq0
>>689
長谷部こそ、法律を離れた空論ばかり振り回してつまらん・・・
山口の無駄に緻密かつダイナミックな議論は読んでいて
絶頂すら覚える

700 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:06:02 ID:vnDS2e7zO
>>689
法律関係で一番面白かったのは判例六法だな。
「んなこと現実にあるんかw」てな感じで。

701 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:06:02 ID:KQyz9U+p0
>683
結構高名な作家が晩年に生活保護受けてもいいくらいのレベルになってたとかいう話を
聞いたことがある。
画家は生きてる時に金なしな暮らししてる人も多いな。ゴッホとかゴーギャンとか。

>667みたいな価値観だと、日本の農業とかアマチュアなのかもしれんな。


702 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:06:54 ID:RQptQlWOO
買った人間がファンとは限らない

703 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:07:43 ID:PPt9SBqx0
>>694
あなたにとってのエロゲが
女子高生にとっての携帯小説なのでは?

704 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:08:43 ID:YN8Tf9hL0
>>663
おま、ジーコサッカーの話をここでするなよ
思い出してコーヒーぶちまけたじゃないか

>>693
ソースの品質が権威の裏づけという物であるのなら、その権威とは何か

>>695
作品のよさ=支持してくれるファンの数までは許せるとしても、
ファンの数=売り上げじゃないだろ
売り上げなんて、ちょっと火をつけてやればいくらでも作り出せるのは、
ここにいる連中なら理解できるだろうに

705 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:08:52 ID:5CcdSIyv0
最上の物にして最低。
所詮娯楽は生まれた瞬間から便所の落書きだってことの現れじゃね?
出現しうる作品が出尽くして、何か新しい物を作っても結局何かの模倣か
組み合わせでしかない。
ならより安易で労力の少ない方を選ぶのはごく自然なことじゃないかな?

706 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:10:06 ID:WUpC6t4y0
海外の本はいいよ。
これからは翻訳書だよ
日本はレベルが低すぎる

707 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:10:07 ID:Jl/9ftz10
1位も2位も上下巻の大作か。よく携帯で読めるるもんだな。

708 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:11:14 ID:j/jVCDSw0
テレビでもプロが集まって作った番組はつまらなくて
素人がニコ動に投稿した動画は面白い
プロといえど何十万人何百万人の一般人のトップクラスにはかなわないってこと

709 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:11:59 ID:njl4Ps4u0
まぁプロとしてやってるからには、売り上げが重要な要素になるわな。
でもその作品そのものの芸術的価値として見て場合は、
売り上げみたいな誰の目にでも明らかな指標通りとは思えない。
例えばゴッホの絵は当時はボロクソに安かったけど、
当時においてもその絵の芸術的価値は確かに存在したわけで。

710 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:12:19 ID:6o4QyZJ+0
>>693
大筋で↓の本に同意するから。
The Cult of the Amateur
http://www.guardian.co.uk/technology/2007/jul/20/computingandthenet.books

ネットの専門家が書いたこの本はイギリスでも論議を呼んで、主にネット側の人たちから
脅迫まがいまで受けたそうだが、指摘は間違って無い。
だからといってここでネットがすべて悪だというつもりは無い。
共存していくのではないかと思うだけ。

711 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:12:22 ID:4Pw17+DY0
「恋空」ってホスラブのカキコが元ネタなんだってね
裏「電車男」みたいなもんかな

712 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:12:47 ID:Y/sOMdjuO
>>701
確かに。
ブックオフの100円コーナーに並ぶ確率も半端なく高いしなw

713 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:12:48 ID:6gJPZ/KaO
>>699
アレは空論だから面白い。山口刑法だと勉強って感じになっちまうな。
でも、そこが面白いのはわかった。
>>700
そういう判例は詳しい内容が知りたくなるw

714 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:13:27 ID:STa8Efma0
       :____:
     :/_ノ  ー、\:
   :/( ●) (●)。\:   恋空(笑)
  :/:::::: r(__人__) 、::::\:  恋人が死ぬ死ぬネタはもうあきたおw
  :|    { l/⌒ヽ    |:  こんなので感動出来る単純な馬鹿女がうらやましいおw
  :\   /   /   /:
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   恋人が死ぬなんて悲しいお 泣けるお・・・
  |     (__人__)    |   大切なものがなんなのか教えられたお・・・
  \     ` ⌒´     /    CLANNADは人生だお・・

715 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:13:27 ID:3QRegVB90
今、それなりに古典扱いされてる作品も
当時は「軽薄だ」といわれたと思う

716 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:13:39 ID:PPt9SBqx0
>>708
プロっていうのは商売でやってるって事で
優れているのがプロなわけではないって事か

717 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:14:26 ID:xANongEOO
なんか頭痛が痛い

718 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:14:35 ID:QgpGzMtU0
>>704
> 売り上げなんて、ちょっと火をつけてやればいくらでも作り出せるのは、
と、言うのも言い訳だと思うがね
「ちょっと火をつけてやればいくらでも作り出せる」のならば、どうして、君らの好きな作家さんの物語は誰も火をつけてくれないの?

719 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:14:46 ID:3VN/03Zo0
>>715
源氏物語だろ

720 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:14:57 ID:CxvIENqq0
>>713
空論だけなら井上達夫マヂオススメ!!
長谷部なんて目じゃないぜwww

721 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:15:36 ID:6o4QyZJ+0
>>711
そこで、
さて「電車男」はアマチュアによるものか、それともプロの集団によるものか、
となる訳だけどw さてさて。

722 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:15:44 ID:Y/sOMdjuO
>>715
それとケータイ小説を比較するのは無理がありすぎるw

723 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:17:52 ID:vnDS2e7zO
>>718
藤村某に火がついたら炎上するわけで……
いや、本当は知り合い(中学の後輩)てだけなんだけどさ。
やっぱりヤツは地下にいるからこそ光ると思う。
鳥籠とか戒なんて売れてほしくない。


724 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:18:29 ID:OWLxsZ0s0
そういやぁネットのお陰で屑みたいな文章に曝される機会が
増えたよね。陳腐で程度の低い文章が受け入れられるように
なった原因は俺等自身とも言えそう。

725 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:18:29 ID:d42i0JVK0
>>704
なんで信用を権利なんて言い換えて威を借りたがるのかわからんのだが、そういう
あさましい己の性根を恥じたらどうかな?w

726 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:20:44 ID:d42i0JVK0
>>710
説明する気があるのなら、和訳を頼むw
ここは日本の掲示板だ。

727 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:22:25 ID:sX9hApuS0
>>710
ここの文章にも出てくるけど、web2.0てホント曖昧だよな。

728 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:23:08 ID:554XjKAK0
>>695
それは評価期間をどの程度長くとるかという問題がでてくるぞ
ゴッホみたいに死後暴騰したりするから

芸術作品の価値は歴史的文脈に依存するので、評論家が「発掘」しないと価値が発生しないって面はある
古典芸術なんかは万人に価値がわかるわけではないので
国家やアカデミズムのような権威が保護したりするしな

729 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:24:04 ID:6gJPZ/KaO
>>720
法哲の教授みたいだけど、本のタイトルは何?


730 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:25:23 ID:KQyz9U+p0
>727
web2.0って「なんか知らんけど新しいかも」ってだけだろ。


731 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:27:00 ID:vx/2bNMg0
マスコミが若い女 イコール ギャルというキャンペーンを
し続けた結果がこれなんじゃないの?
結果、若い女は皆ギャルになってしまった。
頭も悪くなってしまった。

レイプされたけどしょーがねーわ。とりあえず産むわ。
みたいなのがこれからの日本のメンタリティになる。

732 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:27:04 ID:6o4QyZJ+0
>>726
ネットに国境は無いんだから、ここでその区切りを使うのはどうかと思うが。
それこそネットによるロボット翻訳の力を借りて、ジャーナリストによる
クリッティクの部分だけでも自分で読むがよろし。

733 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:27:43 ID:vnDS2e7zO
>>727
インターネットの新しい使い方という程度で定まったものでもないだろ。
いつだってweb2.0さ。


程度に考えてる。

734 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:27:44 ID:CxvIENqq0
>>729
まずは「法という企て」
続いて、「共生の作法」 「他者への自由」
余力があったら最近出た論文集・・・
名前は「公共性の法哲学(みたいなタイトル?)」
コレ!!!!

山口とか長谷部とか知っているから東大生かと思ったが
たっちゃん知らないなら違うのか・・・

735 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:28:12 ID:YN8Tf9hL0
>>718
あの巨匠の残した(笑)とか、○○監督渾身の一作(笑)とか、主演XX(笑)とか、
百万人が泣いた(当社リサーチ)(笑)とか、そういう例を見てきて何故分からんのよ
寒流ドラマだけで、この辺の枕詞は網羅できるぞ
あと、最近ので言えばミシュラングルメガイドとかも同類か
思考停止してる連中が多いから、ちょっと火をつければあっという間に延焼するんだよなこの国は

ちなみに、昔の小説が映画化しないのはもう燃えカスしか残ってないからだ
高校あたりで買わされる国語便覧とか読んでみれば分かるけど、
ほとんどの作品は'50〜'70あたりに映画化されてるしな
ここまで消費しつくされたら売れるわけがない

さて、次はどの名作(笑)が映像作品になるのかな

736 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:28:18 ID:d42i0JVK0
>>732
つまり、説明する気ないのね?w

737 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:28:37 ID:umyam3GTO
芸術は数かも知れんが、数は芸術ではないだろ。
売れるというのは総合的に見て売れる要素があるというだけであって
それのみを以て芸術的だなんだと評価することは出来ん。
ビニ弁やとんがりコーンみたいなもんかもしれん。

738 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:30:27 ID:7honhwv00
最近の傾向からしてみれば、プロの作品よりも素人が書いた小説が売上の
上位を占めるのなんて、衝撃でもなければ特に珍しいことでもないんだけどね。
お笑い芸人の書いた小説も、上位になるでしょ。それが悪いとは思わないけど。

吉本興業で何年も活躍してきた芸人よりも、素人が漫才やってウケるのと同じ。
比べるだけムダ。


739 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:30:58 ID:d42i0JVK0
いや、説明できない、というべきだったなw

740 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:31:07 ID:6o4QyZJ+0
>>727
むしろweb1.0とは何か、古いネットとは、今まで来たウォークスルーが何だったのか
と考えるには何かの足しになるんじゃないのかなと。

741 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:33:05 ID:d42i0JVK0
ロクに読めてもいないのに、読めた気分になって実は理解できてないから説明できないバカ
>6o4QyZJ+0

知ったかぶってる分、ひどく恥ずかしいw

742 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:36:46 ID:NOYyeiBy0
<100万部売れたリアル鬼ごっこの珍文章>

・ランニング状態で足を止めた
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1598728

743 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:36:57 ID:YN8Tf9hL0
>>741
自分が理解できない物は相手も理解できていないはずだと考える人間が、
何故芸術云々についてかたることが出来るのか

744 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:38:30 ID:6gJPZ/KaO
>>734
すまない…

久しぶりに学術書を読んでみようかな。

745 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:39:29 ID:d42i0JVK0
>>743
レス間違い?
芸術について語ってるやつのレス番号を目指して張り直すがよろし。

746 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:39:49 ID:CxvIENqq0
>>744
いや、勝手にこっちが勘違いしただけだ・・・

747 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:40:10 ID:lHB7Zq/IO
一方では自費出版の本が店頭に並んでないと怒り出す団塊以上世代もいるしww

ジーサン達のオナニー本なんて誰も興味無いって分かってないんだよなぁww

748 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:40:39 ID:KQyz9U+p0
>740
マクルーハン的にはインターネットの発生でエポックメーキングは終わってる。

印刷→ラジオ→テレビ→インターネット

SNSがweb2.0どうこうとか枝葉以下。単なるビジネス上のうたい文句だね。


749 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:42:25 ID:YN8Tf9hL0
>>745
間違ってないよ別に
横レスの連続だったからそれぞれの言いたいことがこんがらがってるぽいな
まぁ別にいいけど

750 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:44:13 ID:d42i0JVK0
>>749
間違っていないのなら、勘違いだな。
芸術について語っている人は別の人で、私は芸術については全く語っていないよ。

751 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:47:43 ID:rHe2EolNO
ケータイ小説ってだけで批判する奴、俺は◯◯って本読んでるんだぜと本名をさらして自慢する奴、
なんかくだらねー奴だなと思ってしまうわ
難しい本を読めば偉いんですか?
好きで好きでたまらないから読むなら分かる。でも知的ぶるために読む奴って人生損してるよな…

752 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:48:28 ID:N8ryg/3F0
そう
本なんか誰でもかける
つまり本はゴミ
これがわかった今本なんか買う香具師はいないw
2chのほうが情報としてもすぐれてるし
金出して本買う香具師はバカ


753 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:50:02 ID:qrNwgQ470

フィネガンズ・ウェイクを原書で読破したぜwwwwwwwwwwwww


ケータイショーセツ(笑)なんて喜んで読んでブンガク派きどっちゃた 恥ずかしいヴァカには読めないよなwwwwwww

754 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:52:09 ID:KvPq+oHJ0
ただの流行ってやつだろ
それの良し悪しは別問題で
ケータイ小説いまスゴイって宣伝する
だけでスイーツ(笑)は買うしそれに本来本なんて買わないケータイ小説
読んでる人間が手元に置いておきたいとかいちいちアプリ起動するの面倒
とかそういう理由でこの結果だろ
何いつもの電通のあれだ


755 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:52:25 ID:rHe2EolNO
俺が>>751で言ったのはまさに>>753みたいな奴なw

756 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:54:27 ID:EtfNBSJs0
携帯小説読んで感動したとか言ってる馬鹿はこれでも読め
http://www.aozora.gr.jp/cards/000156/files/1465_16805.html

757 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:54:49 ID:YN8Tf9hL0
>>750
>>639>>666付近から混線してる
だからって主張が変るわけでもないし忘れてください

>>755
どう見ても釣です本当にありがとうございました

>>754
禿げ動

758 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:56:02 ID:f+NLHRNx0
ケータイ小説って聞くと
恋空(笑)思い出して腹筋壊れそうになるwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

759 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:56:46 ID:d42i0JVK0
>>757
それは失礼をば。 確かに混線してる。
こちらも忘れます。

760 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:57:13 ID:vnDS2e7zO
>>726
その本を読んだ事ないから斜め読みすると

>The Cult of the Amateur is a broadside attack on Web 2.0,
>a term we may hastily define here as that growing sector of the internet
>which serves mainly as a platform for user-generated content,
>including sites such as MySpace, Facebook, Typepad, Blogger and YouTube.

あたりからさらっと読むとよさげ。



761 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:57:36 ID:jyQtWR2y0
携帯小説など小説と認めません以上。

同人小説もなあ…小説というかそれ単なるト書きだろというものばっかりで
まともな小説の体裁にすらなってないものがどれ程多いか。

762 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:59:16 ID:d42i0JVK0
>>760
補足ありがとう。
ついでに解説してくれると頼む。

763 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 23:59:57 ID:rHe2EolNO
>>757
いや、あんたみたいな人の事も言ってるんだよ

764 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:01:32 ID:U7CzK0R30
解説してくれるとありがたいので、頼む、だな。
なんか変な文章になった。ごめん。

765 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:02:00 ID:15Wo42To0
馬鹿なゆとりに文学を嗜めってのが土台無理
ユーザーに合わせるならユーザー本位になるのが基本だわな
推敲も何もないあやしい日本語でおkなわけですよw

766 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:02:04 ID:k1d24eI20
ここでなんでそんなに反発が出ているのかがわからないなあ。



767 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:03:23 ID:ZnTk6UrR0
フィネガンズウェイク読破したなら充分知的だ。
威張ってよか。俺なんて無理だ。人生やり直せても読破するなら
3周目以後だ。

768 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:03:44 ID:Igl3WJ+U0
売れてる=作品として上質

なんつー暴論
それじゃーオレンジレンジはすんばらしい歌手ですね

769 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:04:17 ID:XRH7z1IQ0
>>766
こういう誘蛾灯スレはいつもこの流れです
>>900近くなると100年近く前にタイムスリップしたかのような
濃い議論が交わされてたりする

770 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:04:50 ID:DGlpNSD90
フィネガンズ・ウェイクって有名な”奇書”だろ。あれは読むんじゃなくて解読するものだろ

771 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:06:10 ID:7lKLMALL0
>>762
ID:6o4QyZJ+0にあれだけメンチ切っといて実は興味津々なのかよ

772 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:06:23 ID:hSOHbQ5o0
まあ携帯小説から文豪が出てくる日を気長に待つとしよう

773 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:08:12 ID:k1d24eI20
>>769
なるほど

出版業界の中の人はともかく、
消費者側からはメディアが紙か携帯かってだけだと思うんだけどなあ・・・
敷居が書くほうも読むほうも下がっただけでさ

774 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:09:09 ID:oDxU5NC30
確かに「売れてるだからいいものだ」
とはいいにくいんだよねそれこそ、ジャニーズが同じCDをジャケット変えて
何枚も売ったり
オタクが同じCDをオリコンにランキングさせるためとか言って何枚も買う時代
だから売れてる=作品として上質
とは一概に言えないんだよな最近は
昔はわからないからなんともいえないけど


775 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:09:29 ID:9aQp4W430
>>758
言葉って陳腐化するの早いね。無駄に多すぎて必死感さえ漂う「w」
と相まって「(笑)」の部分に寒気がしてしまった。

776 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:10:11 ID:QdZO696k0
>755
おれの本棚には君の言う難しいのも並んでるが、同じところに恨ミシュラン(文庫じゃないやつ)もある
ぜ。どれも捨てられない。何年(もしくは何十年)も経ってから読む価値があるかどうかで残してる。
吉兆騒ぎで恨ミシュランがしばらくぶりに日の目を見たw


777 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:11:17 ID:lXObnaT3O
小説と呼ぶのもおこがましい位ひどい文章だからな>ケータイ小説
確かに文章は相手に伝わってナンボだとは思うが
中学生のブログじゃないんだから、せめて小説らしい文章を綴ってほしい

778 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:12:00 ID:fnnh8Clo0
俺は詠みもしないで周りの雰囲気だけで叩くのもあれだと思って途中まで読んだぜ
途中までは・・・・な

779 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:12:39 ID:U7CzK0R30
>>771
まあ、個人的な事情から言えば、古典読みで外国語は全くジャンル外だから、外国語の
要約と言うのは、興味あるものですよw

780 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:13:48 ID:oDxU5NC30
>>775
そりゃそうだ
言葉が陳腐かするの遅かったらまだ〜に候とか〜でござるとかいってるぞ
あれだってまだ140年くらいしかたってないんだから

781 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:13:56 ID:NZRAw63a0
売れるか売れないかって、作品の良し悪しに全く関係ないとは思わないけど、
せいぜい半分くらいしか関係しないだろ
作品の良し悪しは結局時間が判断するんだと思う
本当に良い作品だったら当時の読者が5人でも後世に残る
マルクスとかね

782 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:14:42 ID:U7CzK0R30
古典って言っても、艶本とか偽誌、地域史みたいな絶対に現代語訳が出なくて
人に言えないような本ばっかりだけどwww

783 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:14:49 ID:RT/yNGk20
億儲かりまっせぇ

784 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:16:06 ID:fnnh8Clo0
>>782
人に言えないと言うより人に言っても分からないだろう・・
つかそれは研究用だろ?趣味の読書とは違う気がするぞ

785 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:17:38 ID:U7CzK0R30
>>780
候とかは文語だけど、現代文語は口語に近いし。
当時の口語文読むと、今とさして変わらなくて面白いよ。

勝海舟の父親が自分のようにはなるなよって子孫のために書いた口語文の「夢酔独言」
なんかは、超お勧め。
「〜だぜ」とか連呼しまくり。

786 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:18:43 ID:XRH7z1IQ0
>>781
作品評価って難しいんだよな

上の方でも、枕草子なんて中身はOLの書いた悪口日記なんて評価が出てたけど、
成立した年代からすれば識字率、教養の高さ、そして何より作者が女性、
といった感じで評価するところ盛りだくさんだし、夏目漱石とかあのあたりも何が
評価されたかといえば口語表現とかそれに類するものだし

純粋に内容だけで評価するって、ほんとに難しい作業だと思い知らされるわ

787 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:19:18 ID:4Pj/DUw40
>>780
早漏は文書のみだぞw

788 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:19:35 ID:hKAZ4wtD0
>>662
刑法総論は哲学書、刑法各論はメニューリスト
というネタを聞いたことがある

789 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:19:47 ID:U7CzK0R30
>>784
研究じゃないって。普通に趣味で読む。
人間のアホらしさとか、ジョークセンスなんて、徒然草の昔から変わらんのだし。

790 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:21:05 ID:bFp6xyXQ0
日本の古典作品は面白いか面白くないかで読めばいいと思うよ。
別に読んでなきゃいけないような作品はないと思う。

791 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:21:10 ID:PDwHJMK1O
>>762
むちゃくちゃはしょっていうとThe Cult of the Amateurはweb2.0(みたいなもの)に対して疑問を投げかけるという感じかな?
素人がいくらYouTubeやWikipediaといったものを使っても世間(メディア)を一変させるようなもんでもない……か?
本を読まないと本当の意味での論旨はわからん。

792 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:22:22 ID:oDxU5NC30
>>785
>>787
そうだったんだ。今まで知らなかったよ
いや習ったかも知れないがもう何年も前だから完璧に忘れてた

793 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:24:28 ID:LirFp2OI0
低脳が読める本が今までなかっただけだろう

794 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:25:00 ID:pItrlio3O
本は図書館で読め!


問題です。
人をころしました。海に沈めようとします
ポリタンクに水を入れて 重くしてー
さて何個つければよい?




答え

795 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:25:09 ID:QdZO696k0
>773
> 消費者側からはメディアが紙か携帯かってだけだと思うんだけどなあ・・・
マジレスすると、媒体が何かってのは非常に大きいぞ。
印刷の発明で受け側が爆発的に広がったことで宗教革命の一因になってるんだ。


796 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:25:39 ID:GSStfGNx0
>>788
ん〜昔の刑法総論は、団藤時代とかは、人間とは・・・
みたいなことを書いてあったり、無駄に思弁的だったりで
哲学っぽかったけど、最近のは文系理論の最高峰を行くような
理論の撃ち合いに近い。
昔の刑法各論は非常に味気なかったけど最近は判例や学説の
蓄積があり非常に面白くなっている。

797 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:27:35 ID:WceJbTL+0
>>790
面白いかどうかで読むと、昔の作品はなあ・・・
ストーリーもプロットも、発表された当時は衝撃的だったのかもしれんが、
今じゃ目新しさなんて全くないし。


798 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:28:31 ID:Er1QlHVd0
変空のストーリーの破綻ぶりを見るとケータイ小説tは作者でさえ読み返すことはないんだろうなあ
電子媒体の場合、リンクでも張ってくれていない限り、前章の参照は面倒だ

799 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:28:34 ID:pU9HgI+S0

★大虐殺の嘘を許さない!★  集会のお知らせ

     「参戦勇士の語る『南京事件』の真実」

 ○日時  12月6日(木曜日) 午後六時(五時半開場)
 ○場所  九段会館大ホール
 ○会場分担金  1000円
 ○プログラム 映画「南京の真実」予告編。およびスライド上映。
        序論解説と概論  加瀬英明
        司会と解説    冨澤繁信、藤岡信勝
        本論(それぞれ、その現場にいた生存兵士の証言)
 ○主催 「南京事件の真実を検証する会」
      (加瀬英明会長、藤岡信勝事務局長、杉原誠四郎、
       東中野修道、宮崎正弘、花岡信昭、西村幸祐ほか)

このイベントはおそらく生存者としても最後に機会になるでしょう。
歴史への真実の証言をわれわれは聞いておく必要があります。
中国における反日記念館の不当な展示撤去等々を求める国民運動を、日本外交のトップに据えるキャンペーンが切って落とされる記念す
べき催しとなるでしょう。


800 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:28:40 ID:U7CzK0R30
>>791
ありがとう!
どうして>>695と言ったのかの説明としてその頁を貼ったのかはやっぱりわからないけど、
頁の内容がわかっただけで大いにありがたいです。
親切に感謝。

801 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:29:09 ID:pItrlio3O
答え




ポリタンクの水と海の水は比重が同じなので
重りにならない

かならず浮いてきてバレるのです 。肺が浮き袋の役割になりかならず浮く

802 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:31:56 ID:XRH7z1IQ0
>>797
面白いか面白くないかで読んだら、江戸時代作品は壊滅しかねないよな
今で言えば「今ありのまま起こったことを話すぜ」とか、「みんな、オラに単位を分けてくれ!!」みたいな
当時であれば誰でも知ってるようなパロディーも、現代人からしてみれば何が面白いのか
さっぱり分からない上に、元ネタがあるっていうことが分かってないと何がなんだか分からない
という二重苦を味わうことに(´・ω・`)


ただ、新鮮ではあるんだなこれが

803 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:31:57 ID:PGRGzCxN0
エロゲやラノベと一緒だっていうレスが必ずあるが、
エロゲはミスチルの主題歌で大々的に宣伝するような映画になったりしない。
これが大きな違いだ。

804 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:32:01 ID:GSStfGNx0
>>801
じゃあ、俺も問題

ここに5ガロンと3ガロンのペットボトルと水道がある
今、時限爆弾の装置があって、それを止めるには
4ガロンの水を乗せなくてはいけない


私の見ている映画は??

805 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:32:13 ID:Sd+ia/o1O
>>801
俺の腕の中で泣いてもいいんだぜ?

806 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:33:16 ID:Igl3WJ+U0
>>804
しぶとい奴第三弾

807 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:33:34 ID:hT1vvqRYO
【連載小説】女子高生×女子大生バトル「彼氏争奪戦」(笑)

808 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:33:35 ID:NbUjIFmH0
エロ小説だろ

809 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:33:39 ID:gPVxB/vC0
>>7
ケこ瞬まで読んだ

810 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:34:22 ID:eJOq9I4a0
尼書評

> 映画化などもされて大変な話題になっているようで、どんなものかなぁと本屋さんで手に取ってみたのですが、どうやら邦訳が出ていないようで残念です。
> このような話題作は一日でも早い邦訳を望みます。
> 日本語版が出たら、星5つかな。

禿ワロタww

811 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:34:41 ID:OO3ObUe4O
>>804
ダイハード3

812 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:35:30 ID:fnnh8Clo0
>>803
要は本来の価値以上に売れすぎてることへの反発だよなぁ
マスコミとかが総出で擁護して誰も批判しようとしないことが問題な気がする

それでも井筒なら・・井筒監督なら・・・

813 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:36:08 ID:Sd+ia/o1O
>>804
たとえ某面黒映画にかかる描写があったとしても、現在見ている映画が
それであるとは限らない、という引っかけ問題だな。
よって答えは行きゆきて神軍

814 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:36:33 ID:DIce/Q9iO
ニコニコの恋空(笑)は逸品。
オチ微妙だけどww

815 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:36:43 ID:g4AM5Qta0
60 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:38:04 ID:G0aeB6BA0
芥川賞・直木賞をやっている文芸春秋社が、公募でコネ・出来レース受賞をやってきた結果ですよ
この流れは不思議ではありません

今、文学界で何が起こっているのか
http://blog.livedoor.jp/bunnngaku/

816 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:37:01 ID:GfhzVQsY0
>>804
魔神ガロン

817 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:38:09 ID:oDxU5NC30
業界の人も新境地開拓でこれで今までと違う層にも本が売れるぜくらいにしか考えてないんじゃないか?


818 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:38:19 ID:kprST6f10
>>795

免罪符を買うと、神に対する罪が許されるとは聖書のどこにも記述がなかった、
ってことを一般大衆にばらした、って意味で、宗教改革の土台になったんだっけ。

で、確かに、政府広報だとか官公庁の御触が直接PDFで開示されたり、海外のニュースサイトの記事がまんま読めるようになって、
今まで新聞社だとかテレビ局だとか出版社がどれくらい大嘘つき続けてきたか、
ってのは明らかになったものの、そんなめんどくさい=読み手のレベルで理解度がまったく違う
ものを好んで読むのは、極少数ってことだよ。

ケータイ小説読んでるのって、土方とかナントカ工がエロ新聞やエロ雑誌読んでるのと一緒の程度だろ?
>>773は、そういうこと言いたかったんだと思う。


819 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:39:35 ID:m22uzEgyO
>>801
実際水を満杯にいれたポリタンクは海に沈むんだが

820 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:41:30 ID:PDwHJMK1O
>>817
本に限らず経営戦略としてそれは重要。
逆にそれを意図的に取り除くのは余計なフィルターをかけるのと同じ。

821 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:42:31 ID:XRH7z1IQ0
>>819
>>801は察するにケイタイ小説からの引用だと思うんだがどうだろうか

822 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:43:57 ID:RLfD9Jcc0
流れてきた…

ここでどうして怪文が理解されているのかを「不快な違和感」を用いて説明
A.端的に同意語を並べることで「とりあえず嫌な感じ」が感じられる為

プロットの段階ではこの程度でも特に問題は無い(ニュアンスは通じる)
だが、ここから清書・書き直しをしていく過程で表現力の欠如が現れる
特に「形容詞」
主な読者層は「やばい」「可愛い」「きもい」+「マジ」以外の形容詞を知らん
知ってたとしてもすぐに出てこないので、書いている時には怪文(同意語)が生まれ
読んでる方もニュアンスで受け取るので特に違和感を抱くことが無い

とりあえず言いたいことは、平成生まれの会話は聞いていて頭が痛い
普通の日常会話で普通に話せる人がいると天才に見える

823 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:44:22 ID:pP8y0C1J0
恋空読んだ事ない俺に、3行で説明してくれ。

824 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:45:10 ID:0vIq7Xy20
次は釣り小説

825 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:46:57 ID:uz4NpKnb0
電通が絡んで粗悪品がベストセラーになるなら理解し易いけど、これって
そういうのとは別なんでしょ?
不思議な現象ではある

826 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:47:49 ID:RLfD9Jcc0
肺の空気ある程度出せば人間沈むぜ?

プールに体の力を抜いてうつぶせに浮かび
そのまま少しずつ息を吐いていけば沈む
逆に、海でちょっと大きな波が来た時は
大きく息を吸ってから体を丸めていれば自然と浮く
どっちが上かわからなくなって溺れる事故減るよ

827 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:47:50 ID:GSStfGNx0
>>824
全部たて読み(小説なら横読みか・・・)すると
真のメッセージとかwww

828 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:49:52 ID:PDwHJMK1O
>>812
言い分は理解できるが、
>本来の価値
というのがものすごく怪しい。
本来の価値は言ってみれば形而上学的な存在で、それが実際に現れているかどうかはわからない。
わからないからこそ「本来の」という言葉がついてしまう(わかったならそれは「実際の」という言葉に変わる)。
このあたりにどことなく宗教めいた響きがある。
つまり本来の価値を信じるかどうかという点で単なる信念だとか信仰の話になってしまう気がする。

829 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:51:10 ID:AY9iCdto0
3ガロンの方に水を満たし5ガロンの方に注ぐ
しかる後もう一度3ガロンの方に水を満たし5ガロンの方がいっぱいになるまで注ぐ
すると3ガロンの方には1ガロンの水が残る
それから5ガロンの方に入っている水を全部捨てそこに3ガロンの方に入っている水を注ぐ
最後に3ガロンの方に水を満たしそれを5ガロンの方に注ぐ
すると5ガロンの方に合計4ガロンの水が入っていることとなる

ガロンガロンうるせえよ
6合升でも使え毛唐

830 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:51:41 ID:ZnTk6UrR0
Hゲームってさ、全然文芸じゃねーよ。
コミック&AVだろあれは。
少しはイタリアの映画でも見てエレガンスって奴を学べよ。

831 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:53:12 ID:sVCuA3Jp0
人に一番金を使わせるのは、恋

音楽でも何でも、作品として鑑賞されては
ひとつひとつの出来不出来で買ったり買わなかったり。

だが恋させてしまえば、たとえどんなにひどい作品だろうと
買わせることができる。

だから商売相手としては、恋に恋する女子高生が一番いい。
うまく彼女らの恋心をつかめば、次回作は
内容もわからないのに予約で売り切れなんてことまで
起きる

832 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:53:12 ID:OgPXJG3GO
一発屋の歌手や芸人みたいなもんでしょ
すぐ飽きられて廃れるよ

833 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:53:50 ID:oDxU5NC30
>>820
いや俺の言いたいのはここでこうやれケータイ小説が売れるのはおかしい
とかいうのはもう隅にでも置いといてこの層を固定客になりうるのかとかを考えたりしたほうが
面白いんじゃ?と思ったんだ
そんなどうせここの住人と価値観が全く違う別物なんだからここで考えてもしょうがない

834 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:54:21 ID:XRH7z1IQ0
>>827
それは1000年位前に「男もすなる日記というものを(ry」の人が通った道だ

から衣
きつつなれにし
つましあれば
はるばるきぬる
たびをしぞ思ふ

835 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:54:25 ID:/tW/nuzM0
古文書読破してwwwwwwww徳川埋蔵金発見したぜwww

ケータイショーセツ(笑)じゃ無理だろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

836 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:56:19 ID:uM+mfDTY0
>>823
大戦の最中、わずか数十名の舞台で帝国軍を壊滅寸前にまで追いつめた集団があった。
その名は、恋空隊。かろうじで戦争に勝利した帝国府は、彼らの力を恐れ、討伐に乗り出した。
今、本当の恋空を知る者は少ない・・・。

837 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:57:51 ID:U7CzK0R30
>>835
徳川16代将軍になるはずで幕府が滅んで16代宗家だけを継いだ徳川家達はゲイ。

これ、豆知識な。

838 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:58:24 ID:GSStfGNx0
>>834
なんか古文の時間にやった記憶があるぞwww
>>836
それなんてエースコンバット??

839 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:58:48 ID:1J9qkDAY0
ラノベが売れてるのとかと同じ話さ

840 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:59:00 ID:Ic60Ozi50
>>835
10年以上前にはテレビで掘ってたよな
結構好きで見てた

841 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 00:59:55 ID:U7CzK0R30
>>836
それ恋じゃなくて忍www

842 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:01:32 ID:4Pj/DUw40
>>828
文学の評価なんて多かれ少なかれ個人の主観が入ってるものだからね。
ある人が価値があると思っても、ある人にとっては単なるゴミにすぎない場合がある。
格差が大きくなった社会では、いっそう加速して行く現象なんじゃないかな
でもおれは認めないけどw


843 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:02:37 ID:v6+mzP4A0
売上で上位を占めたということはある程度幅広い支持を受けているのかな。


844 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:02:46 ID:XfoKXuj50
世に小説が多すぎると思う
人生本も

845 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:04:00 ID:Igl3WJ+U0
ラノベは少年漫画少女漫画と方向性は同じだから
売れるのは別に不思議でもなんでもないと思うよ

846 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:05:43 ID:PDwHJMK1O
>>836
忍ペンまん丸wwwwwwww

847 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:06:08 ID:ZnTk6UrR0
ラノベって1日で読めるものね。漫画みたいだ。
カラマーゾフは1年かかった。格が違う。

848 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:07:27 ID:GSStfGNx0
>>847
そうか?むしろカラマーゾフの方が面白くて
一気に読んでしまったりする。まあ、長いのと
もう一度、前の部分を読み返したりで
時間はかなりかかっているはずだけど。

849 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:09:56 ID:/tW/nuzM0

>>828 価値は経済用語だよwwwwwww その時点で価値倒錯してるwwwwwwwww


マクドナルドに価値はない 本来の価値以上に高い 買う奴はバカwww


異論は認めないwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

850 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:12:06 ID:hmeCRzdv0
>>848
おもしろいんだけどあの古臭い訳だけはイライラする
昭和中期の訳文風とでもいうのか、あの変な文体。

851 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:14:09 ID:KhFVO0bkO
ケータイ小説読んでるような奴らにはある程度の教養と読解力と想像力が必要なショートショートの魅力なんて理解できるまい

852 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:14:22 ID:GSStfGNx0
>>850
亀山訳は??

853 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:14:30 ID:1J9qkDAY0
漫画が売れるのと携帯小説が売れるのとも似た事情だと思うぜ

854 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:15:34 ID:U7CzK0R30
>>850
そういう人には昨年新訳された翻訳亀山版がお勧め。

855 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:17:05 ID:S7+C+DS/O
>>849

え?

学術的価値や芸術的価値
いろんな価値観というものが存在するのだが

856 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:17:51 ID:1J9qkDAY0
>>855
アホに釣られるな

857 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:19:20 ID:FpUVar4w0
     |\__/|      .|\__/|       |\__/|      |\__/|
   /▼▼▼ ヽ    /      ヽ    /:::::::::::::::::::::::ヽ   ./   彡彡ヽ
   | (●) (●)  |   | <●> <●> |   |::<●> <●>:::::|   | (●) (●)彡|
   |三 (_又_)三 |   |三 (_文_)三 |   |:::三(_又_)三:::::|   |三 (_文_)三 |
   \_ ^ _/    \_ ^ _/   .\_:: ^::_/   \_ ^ _/
  ♪  / ⊂ ) )) ♪♪  / ⊂ ) )) ♪♪  /:::⊂::::) )) ♪♪  / ⊂ ) ))
  ( ⊂(( ヽつ 〈    ( ⊂(( ヽつ 〈    ( ⊂(( ヽつ 〈     ( ⊂(( ヽつ 〈 
     (_)^ヽ__)      .(_)^ヽ__)       .(_)^ヽ__)      .(_)^ヽ__)
          ティンコ♪マンコ♪しょっこしょこ♪
            生できょどってギザキモス♪


858 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:19:22 ID:zs4P4ej10
ベストセラーなんてのは昔から映画原作と暴露本と決まってる。
文芸小説は元々から土俵に登っていない。

859 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:19:31 ID:L1hvGVW00
>>853
驚くことに漫画すら読まない奴が増えてきている。
もちろん他の本も読まない。

860 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:19:32 ID:yv9v5Vf/O
「ガッシボカ文学」の誕生である。

861 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:21:37 ID:nCW+76d40
興味本位で買って失望する奴が多いに一票

862 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:21:40 ID:BYRFwtst0
汁男優をテーマに誰かケータイ小説かいてくれ!

863 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:21:43 ID:XRH7z1IQ0
>>849
お前人生楽しんでるなwww

>>858

人類史において一番売れてるジャンルは恋愛本とエロ本です

864 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:22:16 ID:QdZO696k0
>855
それはもともと「売れる」とは一致しない概念だよね。

>812


865 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:22:58 ID:PDwHJMK1O
>>847
ふと、つまらない本ほど読むのに時間がかかるという言葉を思い出した。
結局、読書ってのは読書スタイルで決まるんだと思う。


866 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:24:15 ID:oDxU5NC30
>>859
漫画を読まないってじゃあ一体何を読んでいるんだ?
それがケータイ小説?

867 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:24:51 ID:ZnTk6UrR0
>>865
そんな与太った言葉後生大事にとっとくもんでねえ

868 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:25:22 ID:yv9v5Vf/O
ケータイ小説は売れても数ヶ月後にはブックオフに平積みされてるからなぁ。
あの光景見るとなんか物悲しいね。

869 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:26:30 ID:pkYrkElV0
>>868
それはケータイ小説に限らんのではw

870 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:26:51 ID:nCW+76d40
>>868
セカンドライフ関係の本が本屋の目立つ場所に山積みにされてるよりマシかと。

871 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:27:34 ID:IkumQRFxO
VIPPER撃沈ww

アマゾンのレビューで対抗しようが、バカ女はレビューなんぞ見ずに買う訳だよ

872 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:28:36 ID:oDxU5NC30
>>868
ベストセラーとかは数ヶ月もすればブックオフで105円だからな
しかも見る限り売れてない

873 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:33:55 ID:wGHm+yh80
携帯小説が売れてもいいんじゃない
ただ、他の書物の販売をなまけちゃダメだ
特に翻訳家は大事にしてくれ
あの職業が(専業でなくてもよいが)低レベル化すると非常に困る
個人的な楽しみとして


874 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:34:11 ID:PDwHJMK1O
>>867
つまりこういうこと。
面白い本は時間が余ればすぐに読むし、ずっと読み続ける。
しかし、つまらない本は時間があっても読もうとしないし、すぐに読むのをやめる。
小説は一回読み始めると読まなきゃいけないと思いこむから結局つまらない本を読むのには時間がかかってしまう。
分量に関係なく一冊読むのに一週間かかったら捨てるなんて言ってたな。

一方でどんな本であれ14回読み返すという人もいるが。

875 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:34:39 ID:/tW/nuzM0
>>855 だから、それは間違いなんだよ

価値って言う概念は、そもそも経済からきた言葉の経済用語で
そこを区別するのが哲学の入門といってもいいくらいの初歩

876 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:35:24 ID:oDxU5NC30
>>873
確かに翻訳レベルが羊たちの沈黙並みに下がったら目も当てれない
レクター博士の名前から誤訳じゃん

877 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:37:54 ID:S12VOdX00
>>803
エロゲーは寒流ドラマの原作になってますよw


878 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:39:05 ID:L1hvGVW00
>>866
TVでも見てるんじゃね。

879 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:39:55 ID:ZnTk6UrR0
冬ソナ騒ぎのとき聞いたけど、
記憶喪失以前と囲碁の恋人なんてくさるほどあるネタじゃん。
>>877

880 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:40:48 ID:wGHm+yh80
>>874
確かにw
読み方は人によるけどね
あきらめては読むを繰り返して読了するものでも良いものは良いし
状況も含めて人それぞれだな

881 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:41:15 ID:pgJUtKHOO
あんなスカスカな文章で大金稼げる風潮が嫌いだ

882 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:44:31 ID:lDxY4eh0O
日本人として何か恥ずかしい

883 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:45:13 ID:S12VOdX00
書いちゃったものが勝ちだろ。
すかすかでも本にするくらい書くのは大変だ。
美嘉だってへんな運動すれば
50年後にはノーベル賞貰えるかも知れんぞw

884 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:46:18 ID:wGHm+yh80
>>876
それは知らなかった
名詞を誤訳するようじゃ内容も・・・かな
まあ、日本語も拙い自分が言うのもなんだけど

885 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:46:20 ID:1J9qkDAY0
>>883
ソレハナイ

886 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:46:22 ID:/tW/nuzM0
そんなパクッちゃったものが勝ちだろ

みたいなどっかのような発想ではこの先生きのこれませんよ

887 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:46:56 ID:SJBs3p5A0
>>866
俺は漫画はあんまり読まない


888 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:47:46 ID:PDwHJMK1O
>>875
厳密には価値説だな。区別する必然性は全くないが。


ちなみに、微妙に>>849は正確性を欠いている。
正しくは使用価値にあたる。

889 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:49:36 ID:L1hvGVW00
アダムスさんのお話ですか?

890 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:50:19 ID:oDxU5NC30
>>884
ハニバル・レクターになっててハンニバルでは訳者と編集部の判断で一部表記
を変更したとなってる
ほかにもテーブルがテイブルとか

891 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:50:42 ID:zys7LzxD0
作家なんて誰でも最初は素人だろ?

892 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:51:07 ID:fxnbZv1PO
まさに白痴の国……
終わっちゃったね。

893 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:52:06 ID:5JeCc60D0
文学というのは耐久消費財だと思っていたが
コンビニ弁当に成り下がってしまったんだな。


894 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:52:13 ID:hZjsc19Q0
>>866
ブログを書いたり読んだりかなー
でも実際文章を書いて言い回しや文調に応じて推敲したり、長さを調整したりとか
そういうのを何年も続けてると、3行で済む出来事をとりあえずでラノベの短編くらいに水増ししたり、
奈須きのこの小説一冊分みたいな一日を3行にまとめられたりと
理系でも文系みたいなことやれるんだなーと体感できるよ。

895 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:54:30 ID:6iNY5mkgO
読んでみたけど、ファッション誌しか読めないような言語能力の人が読む小説だなぁと思った。
(特に批判する意図はない)

近々、中高生向けファッション誌で誰か小説連載するんだろうな。
それか、中高生向けファッション誌と連携したウェブ通販サイトかなんかで
「メルマガ登録すると○○先生の新作が読める!」とか。

ともかく、出版社にとってはラッキーだね。
安く使える、消費行動を起こしやすい人達に対して魅力があるコンテンツ製作者が出てきて。

896 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:57:32 ID:mY3i69BV0
みんなの意見を聴かせて貰ったがテキストの量が少ない事や文を推敲してない事が悪いのか?
空恋か恋空だっけか?俺は2chのコピペで概要位しか見てないけど映画になると言う事はそこそこのテキスト量なんだろ?
携帯小説は思い付きで書いてるって言ってる奴が居たけど、文章書いた事ある奴なら分かると思うんだが推敲してない殴り書きの小説でいくら女子高生でも感動する作品は作れないと思う。
正直今まで文学で底辺と言われて来たラノベとエロゲ勢が更に底辺の携帯小説を見つけ莫迦にする対象が出来て歓喜してる様にしか見えないのだが。
ラノベで読んだのはキノの旅、ブキーポップ辺りでエロゲはcross channel、AIR辺り携帯小説は見てないです。

897 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:58:29 ID:nGQpBxSP0
スイーツ出版?

898 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:58:54 ID:NEIKe3Ed0
別にケータイ小説みたいなのがあってもいいとは思うけどさ
最低限の下調べくらいはちゃんとやってほしいよ
「Deep Love」のエイズや「恋空」の癌関係とか

899 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:59:31 ID:1J9qkDAY0
>>896
歓喜というより暗澹として投げやりに笑ってる気が

900 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:02:13 ID:L1hvGVW00
>>896
ケータイ小説が全然全く売れてなかったら、どうにでもくたばればいいと思うが、

売れてしまっているのが不気味というか、嫌な感じがする。

901 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:03:32 ID:9aQp4W430
毎朝乗ってるバスで、低偏差値校の制服来たヤンキー風女子高生が
どっかの社長の書いた人生の成功本みたいなのよく読んでるんだが、
微笑ましくもなんかシュールだ。

902 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:03:49 ID:KQzcftD20
ケータイ小説は、不治の病とセクースとレイポとラブラブ適当に混ぜれば売れると何かで
聞いた希ガス。

恋空とか、登場人物なんにも考えてねーよ。
だからなんにも考えない層に受けが良いのかもしれん。

903 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:04:01 ID:XRH7z1IQ0
>>898に挙げられてるような、嘘リアリティが全て
読むほうも書くほうも知識量が足らないから嘘書かれても
ふーんと納得しちゃう、ゴルゴないしはコナン君現象

904 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:05:45 ID:oDxU5NC30
>>896
ケータイ小説が、底辺かどうかはまず置いといて、結局お前らもお前らが毛嫌いしてる
オタクと同じ狢の穴じゃねーかと思ってる

905 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:06:47 ID:/2D9O5Qg0
まあ読解力落ちてるから、こんなもんだろ

906 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:07:22 ID:wGHm+yh80
>>890
それは別にいいんじゃないかな?
とか思ったりした


907 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:11:17 ID:oDxU5NC30
>>906
いやそれだけでなくて、どうもこれは感覚的な話になるんだが
英文を直訳してなにか日本語の文としておかしいから意訳しました・
という中高の訳文感が全体から漂う
一度古本屋で立ち読みしてくれ。なんとなく判ると思うから

908 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:11:38 ID:mf8gps2z0
2ch覗くのといっしょで、ダメさ加減を見るのに買う人もいる。

909 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:12:52 ID:zcW3s5Aq0
豚の餌を喜んで食う人々

910 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:13:27 ID:BtfRwBnyO
なんで女は堕胎だの夜の世界だのに恋愛が絡んでくるのが好きなの?

911 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:14:07 ID:ZnTk6UrR0
ダメさ加減を見るのはダメの証拠だ。
ダメじゃない奴は中と上しか見ない。

912 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:17:19 ID:ta7oPsEh0
>>894
お前WEB漫画スレにいた奴だろ

913 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:19:15 ID:v2z443So0
新ジャンル:ケータイライトノベル

私はナツミ。施設を出てからはずっと一人暮らし。
お金がなくなったら適当な男の所に転がり込んで喧嘩して飛び出すまで寝泊まりする日々。
ある日変なキャッチの男から貰ったティッシュの電話に冗談半分で電話してみたら
ケータイからすっごい美少年が飛び出してきた。そいつはコウって名乗った。
コウは並行世界にある三大富豪の第壱Sweets王家の王子で、窮屈な生活に飽き飽きして
面白半分で宮殿地下にある次元の扉を開けてみたんだって。それでこっちの世界にきちゃった、ってワケ。

でも、コウが次元を湾曲させちゃったせいでこの世の因果律が崩れて二つの世界が融合し始めちゃってるんだって。
私は「それすごいじゃん。」って言うんだけど世界の融合ってのは二つの世界が一つになるんじゃなくて
宇宙が一つに融合して別の世界になっちゃうことなんだって。つまり平たく言えばこの世界が消えちゃう。
私の世界も、コウの世界も。そんなの絶対イヤ!

私は次元の扉を閉じるべく、二人でコウの世界に行くんだけど、そこには世界の崩壊をたくらむピースって集団が
戦闘用クジラ「グリーン」に乗って待ち構えていたの!コウは一人で勇敢に立ち向かうんだけどあっちは大勢だし
あっという間にやられちゃった。私はコウを助けるために自分の身を差し出したの。何人にも姦されて何時間たったのか
わからないほど滅茶苦茶に犯されちゃった。コウは意識が朦朧としながらもこっちに手を伸ばしてるの。
コウ、死んじゃ嫌!私離れたくないよ!私はコウのこと…

その時私の涙がまばゆい光を放ってグリーンとピースをやっつけちゃったの。
なんでも私はこの世界では天使の生まれ変わりだったんだって!

そして次元の扉を閉じることには成功したけど私は帰れなくなっちゃった。
でもあっちの世界には未練はない。それに、私の隣にはいつもコウがいるもの。

おわり

914 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:21:28 ID:U7CzK0R30
>>913
すごい! 携帯小説すぐる

915 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:21:55 ID:bKhCXf0XO
所詮世の中売れもの勝ち
どんな理屈をつけても売れないものは負け
これが資本主義

916 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:22:21 ID:PDwHJMK1O
>>907
数学の世界では海外の著作をもろ直訳して日本語として読めない本を作り、原書を買わせるという直訳商法というのがあります。


いっそ原書を買わせろと生協に文句を言う人もいる。

917 :南米院 ◆qZn4PpFR5Y :2007/12/05(水) 02:23:53 ID:zUqcYq3n0
物書きに素人も玄人もない。qqqqqqq
才能が有るやつはある。あとはチャンスやコネが
あるか無いかの違い。qqq

918 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:24:01 ID:BtfRwBnyO
出版界は何回衝撃受けりゃ気が済むの

919 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:25:12 ID:U7CzK0R30
南米院は、ホントこういう低俗なネタが好きやね

920 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:25:56 ID:m8afei3ZO
最初に携帯小説出したの誰?

921 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:27:16 ID:oDxU5NC30
>>918
映画の全米一位とか全米が泣いたと同じくらいじゃないの?

922 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:27:24 ID:eLaEsFsgO
日本オワタ

923 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:29:06 ID:PDwHJMK1O
>>918
全米は毎年泣いたり震撼したり大変なんだぜ?

924 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:30:07 ID:1kNWxgkA0
( ^ω^)「んじゃ次の恋空(笑)は何かちょっと見に行くお」
http://novel.mfpark.com/rank/monthly.php
(;^ω^)

925 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:33:04 ID:gjGgwQSs0
アニメっぽい表紙の本が売れるよりはずっと良いな。

926 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:33:33 ID:ta7oPsEh0
話題性とか、誇大広告の本がベストセラーとかになって、試しに読むとつまらないから、どんどん本を読まなくなるんだよな。悪循環。
本屋に行ってもどれが面白い本かわからないから、買おうと思わないよ。
最近は世界の日本人ジョーク集と隣りのクレーマーとか薄くて簡単に読める本だけど、面白かったよ。

927 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:34:21 ID:70v6K6w4O
初めて読んだがこりゃすごいわw
自費で電波作文を出版した山田某が霞んで見えるぜ

928 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:34:55 ID:/jxfENX6O
スターツ出版が、スイーツ出版に見えた

929 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:35:58 ID:62ih1tPC0
携帯小説でも魔法のらんどはとくに駄作の集まりだ
goccoに作品載せてるやつらはまだマシだよ
素人にはかわりないが・・・・
最近読んでみて面白かった作品
http://gocco.jp/pc/book.do?book_id=25705&ts=1196789664211&hash=bf5994
http://gocco.jp/b/aosa
http://gocco.jp/b/kimimotsu
http://gocco.jp/b/fu_droid
通学行き帰り1日で読めるくらいのがちょうどいい
素人が書いたもんをそんなに時間かけてまで読む気にはならないからな

930 :南米院 ◆qZn4PpFR5Y :2007/12/05(水) 02:35:59 ID:zUqcYq3n0
>>919
なに?これ低俗なの?qqqq


931 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:38:11 ID:Xy5+7YBG0
>>214
 そもそもわかりやすいことが良いことだとされるのが問題では?

932 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:39:26 ID:/tW/nuzM0
フランス書院
ハーレクイン
ケータイ小説(笑)

933 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:39:50 ID:U7CzK0R30
>>930
そらもう君と同じくらい低俗ですよ?w

934 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:39:57 ID:L1hvGVW00
解りやすい内容を解りやすく書いたところで屁みたいなもんだ。

935 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:40:51 ID:FzfqhDyV0
単なるブームでしょ。一過性の。
作家本人のブームじゃなくって、
ケータイ小説というジャンルのブーム。

2、3年後には、
そういえばケータイ小説ってあったよな。
で終わるって。

で10年もすれば、
ケータイ小説も椎名桜子状態だよ。

936 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:41:04 ID:cuKb1m140
>>932
それは文学価値順か?w

937 :南米院 ◆qZn4PpFR5Y :2007/12/05(水) 02:43:13 ID:zUqcYq3n0
>>933
たとえば?qqqqqqqq

938 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:43:57 ID:LQHiaTYp0
こんなもん間違っても書籍にするなよ。紙の無駄。

939 :南米院 ◆qZn4PpFR5Y :2007/12/05(水) 02:46:33 ID:zUqcYq3n0
今のゲーム音楽も100年もすれば
立派なクラシックの仲間入り。qqq

940 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:48:32 ID:U7CzK0R30
>>937
たとえばて、身に覚えあるくせにwww

941 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:50:45 ID:70v6K6w4O
これ読んでる層って活字が苦手な十代なんだろ?
こんな文法のとっちらかった読みにくい文章をよく読む気になるよな

読むという行為にこれほど苦痛を感じたのは初めてだわ…

942 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:56:36 ID:TPY66NA20
お前らが言ってるほど、マスゴミが騒いでるほど、
ケータイ小説は中身は無いんじゃないかと思うが。


面白くないっていう評価自体はスゲー多いみたいだがな。
一気に日を浴びてボロボロ崩れ落ちている気がスル。

943 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:59:35 ID:ta7oPsEh0
集団催眠みたいなもんやろ。
同年代が面白い。感動したって言ってれば、自分も感動しているはずだと思い込む。
ビタいち良いと思わなかったけど、スラダン面白いって言って読んでたし、尾崎も歌ってた過去のオレ。

944 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:59:47 ID:PDwHJMK1O
>>939
すぎやまこういちはクラシックオタクには人気があるがな。


945 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:00:49 ID:qGvcBYAg0
素直に疑問なんだけどさあ
ケータイ小説を叩いてる人って何がしたいわけ?

946 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:03:30 ID:ZnTk6UrR0
夕刻の四肢なんだろうよ。
決行親権に敲いてるんじゃないかな。

947 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:04:15 ID:AwqFw68r0
>>941
わかる。非常にわかる。
ネットが普及しだしてから、
金とって読ませる文章の中にもひどいのが散見してて文章を読むのが苦痛。

あと、ぅとかぁとかギャルってる文はもうダメ。
脳がイラッときて、本気で殺意を覚えそうになる。

948 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:09:02 ID:L1hvGVW00
リアル鬼ごっこみたいなイレギュラーな存在はあったが、
基本的に金を払って読む文章なら、最後までとは言わんが半分まで読むのは容易かった。

が、その常識は携帯小説には全く通用しない。
2Pというものがはるか彼方に感じる。

949 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:31:10 ID:SM5A9D9U0
カラマーゾフ読んでると、線引っ張りたくなる言葉がいっぱいある。
20歳だけど、もっと早く読んでおけばよかった。
ただ、新潮文庫版でも訳が現代的過ぎて19世紀ロシアな感じがしないお。

ケータイ小説には、そういう名言・警句や著者のテーマがない気がする。
上にもあるとおり、ストーリーだけ。感動だけで、感動から生命の価値とか純愛への発展がないというか。
そして、テーマのないメディアに接して育った若者が求めるのもストーリーだけなんだと思う。
>>251みたいにストーリーからテーマに想像を膨らませられない。
だから、死、レイプなんかの不幸が感動の符丁になってる。

950 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:32:21 ID:gATQlxBq0
>>935
だね。
平積みされれば買う奴はいるし
ブームとなると、買うのが勝ち組、買うのが流行に乗れている
というイメージがつく。それだけで商品は売れる。

実際に面白いかは別だ。

951 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:32:54 ID:70v6K6w4O
人それぞれの嗜好があるから内容はさて置き
商品として流通させる以上
最低限のクォリティーというものが必要だと思うんだが…

奇怪な文体を読者に解読して楽しんで貰うという趣旨ならそれもアリかもしれをけどね

952 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:35:09 ID:gATQlxBq0
>>949
何年も、何十年も生き残る作品と
一過性のものの違いだねぇ。しかしカラマーゾフの兄弟と比べちゃ可哀想だw
>>951
企画力の勝利だね。宣伝も含めて

953 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:38:37 ID:EmZWPG+rO
ベストセラーになった小説がすばらしいとは限らない。レイプだの恋愛だのいじめだののオンパレードのマンガみたいな小説が売れるのって情けない。


954 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:39:36 ID:L1hvGVW00
そいつぁ漫画を低俗なものと見ている証拠さ。
ケータイ小説の問題点の本質はそういうところにあるわけじゃない。

955 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:40:53 ID:8iRRMQZZO
小説
「後ろで大きな爆発音がした。俺は驚いて振り返った。」

ライトノベル
「背後から強烈な爆発音がしたので、俺はまためんどうなことになったなぁ、とか
そういや昼飯も食っていないなぁとか色々な思いを巡らせつつも振り返ることにしたのである。」

山田悠介
「後ろで大きな爆発音の音がした。俺はびっくりして驚いた。振り返った。」

ケータイ小説
「ドカーン!俺は振り返った。」

956 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:40:53 ID:zcW3s5Aq0
>>949
ドストは白痴とか悪霊とか貧しき人々とか他にも色々名作がありますぜ、へ、へ、へ!

957 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:44:14 ID:gATQlxBq0
>>955
ラノベ、ノベルゲームは文章や物語がキャラ本位だよね。

958 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:46:00 ID:n8EYN6tg0
>> 「恋空」(スターツ出版)

恋空(スイーツ笑)にみえた


959 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:48:01 ID:QDGcuJVS0
>>942
実はランキング調べてみると、
去年から恋空(IME辞書に固有名詞登録しちまったorz)は
ランクインしてるし(だから映画化されたわけだが)
去年だって劇団ひとりのやつや東京タワーだってあったわけで。

文藝専業(笑)ワナビ(笑)の苦労型の新人はここ数年脚光浴びてないでしょw
それに週間ランキング見てると、文芸書だってランクインしてるんだし。

いわゆる「一人勝ち状態」で浮遊層が沢山買ってるだけでしょ。

960 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:50:31 ID:+zPlXVVn0
正直、エロ小説とかもネットの素人モノの方が上手い方が多い。

いままで出版費用負担出来る奴とか、なんらかのコネで採用して貰えるような
奴だけがのさばってただけだろ。

これから音楽もバラエティもこういう素人下克上の時代が来る。

単に作りたいから作ったとか、注目されたいから作ったみたいな連中の方が
情熱の度合いが高いから仕事や金儲けの為だけに作ってるようなプロなんて駆逐されるぞ

961 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:51:37 ID:ZnTk6UrR0
白痴・悪霊は読んだな。面白いねあれ。


962 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:52:04 ID:L1hvGVW00
ネットに散らばる大量の石、そこから玉を見つけ出す苦労を考えたら普通に買う。

963 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:56:04 ID:v7Dn+5If0
でもさすがに小説はエンタメだし売れるもんが全てでしょ。
芸術とかじゃないし。質も関係無い。
ある意味で小説って分野は誰でも書けるし一番曖昧な表現手段
だと思う。読者がOKなら文法もくそも無いんだよ。


964 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:57:06 ID:gATQlxBq0
作品としてみるなら、売れるものが全てではない。
いろんな意味で、残るものが全てだ。

商品としてみるなら、売れるものが全てだ。

965 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:58:05 ID:+zPlXVVn0
>>962
良いものはネットですでに評価されてるから探すのなんて簡単だよ。

売られてる方が「よくまあこんな古くさいセンスで売ってるな・・・」みたいなのが
多すぎる。

ニコ動でもflash作品でも小説でも、評価システムで上位にあるのは
「確かに凄いよなこれ・・・」みたいなのばかり。

お笑いや文壇、歌謡の出来レースの賞とは違うんだよ。

966 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:00:09 ID:gATQlxBq0
ケータイ小説(笑)が売れたのは
「身近な感じがする」から。

つまり、もう普通の文章を読むというのは身近では無いんだね。

そもそも、考えるという行為が一部の人にとっては身近なことではなくなっている。
そのため彼らには、かめばかむほど味が・・・というタイプの小説はまずウケない。

967 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:02:10 ID:gATQlxBq0
>>965
ネット発作品も、
なぜかやたらとどっかの団体からプッシュされている
「やわらか戦車」なんかよりはるかに良い作品が山のようにあるな。

というかあれ、ぶっちゃけそんなに評価されるほどのものじゃねーだろ。

968 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:02:15 ID:v7Dn+5If0
小説って分野は数ある表現手段の中で一番芸術から遠いところに
ある分野に思えるけどなぁ。昔は芸術だった時代もあったらしいけど。
文学はとっくに滅びてるでしょ。一番芸術性が薄い分野だと思う。
芸術作品が生き残る隙間がまったくない分野。


969 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:02:38 ID:L1hvGVW00
まぁケータイ小説で書籍化されてるのはまさに評価された奴なんだけどな。

970 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:04:45 ID:5FNjiS0Z0
読む人のリテラシーが下がった結果

971 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:05:55 ID:gATQlxBq0
お祭り騒ぎしていて
本当はその騒ぎの中で踊っているのが楽しいだけなのに
お祭り自体がすばらしい内容だったかのように感じてしまうことは
往々にしてよくあることだ。

972 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:07:31 ID:fn+E5s8v0
携帯小説読む人がリア厨で
このスレ住人の僕達が厨2病
と考えると全て合点
ためして合点

973 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:08:24 ID:70v6K6w4O
>>963
そういう事なんだろうね

ただ1活字好きとして
この書き殴っただけの様な文章をそのまま出版するブームというのがものすごく気持ち悪いんだよな…

974 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:12:24 ID:fn+E5s8v0
物語を楽しむだけなら素人が書いた携帯なんちゃらでもいいし
ゲームでも漫画でもいいし。
文章を楽しむなら表現力が優れた作家さんの作品。
つまり携帯小説を読んでいる人達はお噺を楽しんでる。
いわゆる文学なるジャンルとは別の娯楽として成立している。
「携帯小説」て名前が間違ってるんじゃなかろかね。


975 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:12:36 ID:v7Dn+5If0
>>973
漫画ではH×Hの例があるし出版社もどうでもいいんだろうな。
体裁は。売れるものがすべて。すべて読者の意向に従うのみなん
だろう。売れちゃったら正義だもんな。
とにかく芸術では無いんだよ。小説って分野は。

976 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:12:42 ID:L1hvGVW00
というか、同じ値段で売るのは止めて欲しい。

活字量からしてもあの値段はないわ。

977 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:16:38 ID:5zUgT5trO
とりあえず読んでない奴は読んでからほざけよ。
読んでからボロクソに言え。

978 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:17:11 ID:ZnTk6UrR0
別に一読書好きがわざわざ商業主義の主張を振り回す必要ないじゃん。
オトナブリッコできしょいよ。誰でもそんなこと分かった上で質の話
してんのに、わざわざかしこぶって、売れることが正義とか、さも正論を
お前らに説いてやると言わんばっかりに語っちゃって。


979 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:17:44 ID:v7Dn+5If0
しかしよくケータイで小説なんて読めるなぁ。まずそこが凄い。
パソコンのかわりなんだろうな。今の十代には。
ネットもパケ放題が普通みたいだし。
で聞くとまずパソコン持って無い。

980 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:18:24 ID:fn+E5s8v0
ていうか
文学界って作家も出版者も何か頭堅い人多くて息苦しい。

981 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:20:09 ID:YfwkfF950
>>977
定価で買って読んだから書き込んでるんだよ!
わかるだろ、この気持ち?

982 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:20:14 ID:gATQlxBq0
>>978
ってか、今現在、作品の内容について批判したり
語っているわけだから
そこで売り上げ云々を持ち出すのはいささか話がずれているよね。

商品、商売の話をしているなら別でございますが。
ってか、さっきそう書いたんだけどね。なんだかねぇ

983 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:22:16 ID:a9kjJ8Tr0
>>955
それ、ケータイが一番いいやw

984 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:22:27 ID:3GbmMvl60
世界規模で見ると、ベストセラーは「聖書」。

力のある古典は、古今東西を問わず地味に且つ長く売れ続ける。

985 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:24:18 ID:gATQlxBq0
>>980
息苦しいって、それは君の単なるイメージでは?
実際に、その世界に入っていったのかい?
その書き方だと、知り合いでもいるのかい?

986 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:24:19 ID:fn+E5s8v0
普段言えないことを吐露したいとか
誰かに何かを伝えたい
そんな気持ちは誰にでもあんね。
伝えたいけど上手に伝えらる手法を持たない
伝える術がない
そんな人達とそれにシンパシー感じる人達で
ケータイ小説の市場は成立してるんじゃない?
そう考えると随分と健全な送り手と受けての関係が成立していて
いい市場やね。
ブログブームの変形とも思えるね。
まー俺は一回も読んだことないのに擁護してみるわけだけどね。

987 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:26:56 ID:fn+E5s8v0
>>985
実際には受けての方が堅いかもね。

988 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:27:36 ID:ZnTk6UrR0
>>986
それには全く同感だね。
文芸としての小説も擁護するけど、それだけじゃないもの。
ま、俺も一回も読んだことないけど。

989 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:32:07 ID:gATQlxBq0
つまり携帯小説は
作品と呼ぶよりは、一種のコミュニケーションや空間のような
ものだと考えたほうがわかりやすいわけだな。

盛り上がって面白かったスレッドを
参加できなかった人があとから読んでわくわくするのと同じことか。

990 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:34:05 ID:L1hvGVW00
書籍化さえしなければこんなに叩かれることは間違いなくなかったんだがな。

991 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:35:36 ID:fn+E5s8v0
何か知らんけど
今の文学界て
送り手受けてひっくめて
ラーメン業界とだぶる
理由はまったくわからないです。
もしわかるとしたら俺のおじいちゃんだけです。
なぜならおじいちゃんは

おやすみなさい。

992 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:37:12 ID:i1mkanye0
【調査】 “出版界、衝撃!” 素人の書いた「ケータイ小説」、ベスト3独占…07年ベストセラー文芸部門★3
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196794567/

993 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:38:56 ID:p64DbJL70
>>1
まず、ここ5年くらいで出版業界の商売のやり方が変わった。
平たく言うと、「良い物を出す」ではなく「売れる物を出す」になった。

具体的に言うと、今時の本屋で並んでるマンガ以外の文芸本、
〜賞とか有名人とかの以外全部、自費出版(共同出版)。
「本だしてる、スゴイ!」なんて団塊の妄想を相手に印刷屋商売をしている。
売れても売れなくても結果的に儲かる仕組みだからなw

もう今は一部の賞以外は未来の作家を発掘して育てて〜なんてやらない。
金持ちに妄想を抱かせて小銭ださせてる。だから質が落ちた。

携帯小説は数少ない企画物の1つ。でも流行り物。
日本の文学は終わってる。
海外で書くか、何十年後の復活を祈るか2択ですな。

994 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:44:48 ID:xMjGimwx0
「ケータイ小説版人間革命」
これ絶対に売れる!

995 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:47:25 ID:ZnTk6UrR0
おお構造改革って奴か、

996 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:48:43 ID:pdOIN3Pb0
>>993
>日本の文学は終わってる。

現在、日本文学の主流は漫画にあると思う。

997 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:57:03 ID:SQ8N7QAXO
ヨン様

998 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:09:57 ID:Igl3WJ+U0
文学賞なんかも若い女が書いてるって一点のみで大賞だもんね

999 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:10:51 ID:FMeS9G300
スイーツ出版ってなんだ

1000 :茨木シンフォニー(兵庫) ◆8f5aiXx9Mw :2007/12/05(水) 05:41:26 ID:Y3p1ro6Z0
スイーツ出版に見えた

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

258 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)