2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【教育】 「ゆとり教育の影響」 文科相が認める…日本の高校生、学力が全分野で後退。各国に抜かれる★2

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばく太☆φ ★:2007/12/05(水) 01:57:22 ID:???0
・経済協力開発機構(OECD)が昨年、57カ国・地域の15歳を対象に実施した「生徒の
 学習到達度調査」(PISA)で、日本の高校1年生は前回2003年調査(41カ国・地域)に比べ、
 読解力が14位から15位、数学的リテラシー(活用力)が6位から10位と後退したことが、
 4日分かった。科学的活用力も2位から6位になったことが既に判明しており、実施3分野
 すべてで順位が低下し、トップレベルの分野はなくなった。前回に続く高校生の学力低下
 傾向に、渡海紀三朗文部科学相は学習内容・時間を大幅に削減した現行の学習指導要領の
 影響を認めた。

 科学への興味、関心がOECD平均に比べて低いことも判明し、「理数離れ」の傾向も
 鮮明になった。

 数学は523点で平均よりは高いものの、11点落ち込み、トップとの差は16点から26点に
 拡大した。読解力は前回と同じ498点で平均レベル。下げ止まったものの、1位との差は
 45点から58点に広がった。
 科学は531点で上位グループだが、前回より17点低下。首位フィンランドとの差は1点
 未満から32点に広がった。
 数学は、生徒の得点を7段階に分けてみた場合、最上位層の「レベル6」の割合は8・2%から
 4・8%に急減した。成績下位層の得点を前回と比べると、全体では若干上昇し、底上げ傾向が
 みられたが、数学は上位層の得点が約22点下がった。

 無回答率が高いのも日本の特色で、読解力は平均13・5%(OECD平均9・9%)、数学
 11・9%(同11・5%)、科学7・8%(同7・0%)。最も高い、数学の人口ピラミッドに関する
 問題は49・4%(同39・3%)など特に記述問題に無回答が多かった。
 科学への興味、関心のアンケート調査では、日本はほとんどが最低レベルだった。(抜粋)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071204-00000946-san-soci

※元ニューススレ
・【調査】 日本の子供(15歳児)、読解力・数学応用力などで順位落とす…OECD発表、国際学習到達度調査
 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196760167/
※前:http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196767906/

2 : ◆Miffy6eLhg :2007/12/05(水) 01:57:35 ID:pEn4DLL60
3

3 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:57:43 ID:z5yj46sc0
<ヽ`∀´>ニダ

4 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:58:25 ID:R3FvFi/dO
死ねばく太

5 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:59:27 ID:zQW3x64a0
寺脇氏ね

6 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 01:59:44 ID:1Y4ZTtEzO
7じゃなかったらもう寝る

7 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:00:07 ID:lK789Skr0
ゆとりの俺おわたー(;´Д`)

8 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:00:33 ID:wCYFoSGxO
ドキッ! オカマだらけの小日本(笑)

9 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:00:42 ID:NnN9X1OO0
社会党(現民主党)が悪いんだけどな

10 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:02:50 ID:1zFRCG/z0
何年か前から学力低下なんて騒がれてたことだろ
30歳以下は全員できそこない
むしろゆとりよりも高度な教育受けたのにそれを活かせてない25歳以上はもっともクズだということになるw

11 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:04:19 ID:u5JFbAkU0
教師はゆとりのほうがいいさ。
自分たちが馬鹿だから、問題が簡単なほうがいい。
難しかったら、質問に答えられないでしょ。
馬脚を現したくないからね。
PTAに責められたくないからね。
ふふふふふふ。


12 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:07:36 ID:zfjhdwTq0
これテレビで見たけど日本より上の国って禄なの無かったような


13 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:08:40 ID:u/obq0s5O
文科省はなにがしたかったんだ?
いやまじで、ただただ呆れるばかり。国家に空白をもたらし、子供の可能性をすり減らし、なにがしたい?


14 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:15:04 ID:cG031Rhl0
まあゆとり教育実施に踏み切ったのは
今30代のオッサンらの世代が池沼だらけだったからな・・・

どっちもどっちじゃね?

15 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:15:11 ID:uosziIJI0
ワギャを作ったのミーちゃんだよ。各地の反乱を起こしたのもミーちゃん。
改造人間を作ったのも、ミーちゃん。ファティ−マを作るのに影で、暗躍したにも、ミーちゃん。遺伝子改造を起こし、人々をどん底に落としたのもミーちゃん。
L一族を作るのにも加担し、L一族の遺伝子改造を受け、改造を自分自身にしたのも、ミーちゃん。
あらゆる悪行をなし、現在、九州にいる。ワギャ(KORIAN)と繋がり、連絡を取っているのもミーちゃん。
現在報告終了。


16 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:15:46 ID:lmcFukFs0
最初からこうなると解っていたこと。

一度落ちるともう復活は厳しい

17 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:17:00 ID:hbOlmK9u0
学校だけが原因じゃないけどな

18 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:17:10 ID:mk4Q8MSd0
>>13
いや、だから社会党
社会党のオバチャンの思いつき
科学的根拠ないまま推し進められた
文部省は猛反対していたにもかかわらず…

19 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:19:30 ID:w83PuBS80
この世代は何をやってもゆとりだから、ゆとりの割りにはとか言われるのかw

20 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:20:06 ID:qaoTHXY70
関係者を訴えろ!

21 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:20:30 ID:scOn2hOl0
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/index28_2.pdf
とりあえず前回のテストの問題例。
ちなみに2006の問題は次の調査で同じ問題を使うため非公開。

とりあえず、このPISA調査は今までの詰め込み型のテスト問題とは違うタイプの問題だということを理解してくれ。
それと、各国の情勢によって夕入り不利がある問題もある。
たとえば、為替の問題が数学的リテラシーの問題で出てくるんだが、複数の通貨を使う機会が多い国の点数が
為替の問題だけ突出して良い点数を取っている、みたいな事態も出てきてる。

だから、早急にこの調査で「学力が下がっている」とは直ぐには分からない、ということだけは理解しといておくれ。

22 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:21:15 ID:3GE4ce050
当時の大臣、審議会委員長等、全員打ち首にしろよ
おかげで俺は、今でもパイは2ヶと思ってるんだぞ

23 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:21:18 ID:7xC7fOkPO
>>6
ぐんない
私も布団に入る

24 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:21:25 ID:JkgkBxys0
寺脇研の日本愚民化政策成功!!

25 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:22:26 ID:PmdQmgqA0
>>18
馬鹿だなw。自民党文教族のことでも調べてみろw

26 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:23:48 ID:YGm11byy0
ばぐ太さんありがと

27 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:23:50 ID:5ei1U5wQ0
寺脇はその後もすばらしい人生を送っているなんてみんな知らないよね。

28 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:24:36 ID:lqdbuhJw0
三国最高位にとどかぬ大学ゆとりともども恥を知れい

29 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:24:51 ID:wgmshLSlO
ヒント:ゆとりの親

30 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:27:11 ID:s4cibEwe0
>>21
つうか、この問題で間違う奴の気が知れない...


31 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:29:31 ID:akWHMv+/0
従姉妹から学校の話を時々聞かされていましたが、やはりという感じですね。

32 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:34:52 ID:F7DyY/NZO
今は責任転嫁するんじゃなくてどうすれば効率よく学力を挙げられるか考えていかないと日本は二十年後には三流国家になる
パチョンコもスイーツ(笑)も好きなブランド品も買え無くなる

33 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:34:59 ID:n8dPit4f0
責任とって明治時代のカリキュラム導入しろ。

34 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:35:27 ID:OFaqWdRE0
勉強よりスポーツとか音楽とかそっちのほうが夢中の人が多いからか?

35 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:36:23 ID:PmdQmgqA0
>>30
この問題で間違えるはずもない高級官僚、特に旧厚生省の連中の
やっていたことの方が遥かに信じられんがな。
多分、この問題を間違えた奴でもわかるような結論を、欲で血迷ったんだが。

36 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:39:44 ID:Gop/cZdp0
とりあえず、先生の数倍だな。愛国心、教えててもええよ。

37 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:40:02 ID:kZAL69/t0
理数離れが激しいのは、やっぱり受験での点数の稼ぎ方の勉強になってるのが大きいんじゃね

高校までの数学とか数学を嫌いにさせるためにやらせてるとしか思えん

38 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:40:15 ID:YGm11byy0
日教組の先生たちが週休二日が欲しかったんだよ
冬休み、春休み、夏休みもあるくせに

39 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:42:42 ID:NEK54yBL0
ゆとり教育のせいで間違いなく国力は落ちる。
これを推進したやつらは責任をとるべき。

40 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:45:18 ID:YGm11byy0
>>39
確か鳩山弟が当時の文部大臣だったような?

41 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:45:27 ID:ME4ETI4r0
で、ゆとりな僕達は実験失敗のクズというわけですね。

42 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:46:18 ID:n8dPit4f0
独学で勉強できるようになるための最低限の知識を9年かけて徹底的に詰め込むこと。
本一冊暗礁させてもいい。
昔の理不尽なやり方に戻せ。

43 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:49:04 ID:wokMi29LO
詰め込みがいいともおもわんが
ゆとりは解決策としてはお粗末だったな

44 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:49:10 ID:XUkTG5zdO
>>38
まとまった休みに対する世間の批判が多かったんで、休みの半分が研修らしい。もう支離滅裂。

45 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:49:51 ID:9bpoX7h+0
>>11
> 教師はゆとりのほうがいいさ。
> 自分たちが馬鹿だから、問題が簡単なほうがいい。
> 難しかったら、質問に答えられないでしょ。
> 馬脚を現したくないからね。
> PTAに責められたくないからね。
> ふふふふふふ。
>
そのPTA自体が「ゆとり」の初代だったりしてな(笑)
いわゆるモンスターペアレントって。

でもなぁ、要求こそ違え、モンスターっぷりは更に前から
あったんだからなぁ。

入社式に付いてくる母親、内定出ない理由を言えと暴れ込んでくる母親、
大学の入学オリエンテーションで、餓鬼に変わって壇上の教務課員に挙手で
質問する母親、いっぱいいたからなぁ。

平成に入る前から、母親だけは「モンスター化」の片鱗が現れてたんだし。

46 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:52:31 ID:9bpoX7h+0
>>21
その問題で言えば、別に大した難易度じゃない。

それから、おまえ自身のレスに関しては、内容の問題じゃないだろ。
想像力と応用力の問題だし。それを言うなら、米軍基地のある日本の
中学生は突出して英語の平均点が高い、と言うようなもんだ。


47 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:55:38 ID:XUkTG5zdO
>>45
でも実態としては、法・文・経商・経営・外語に入れなかった出来の悪い連中が教育学部に行くのは親の代からの常識。

そもそも教育学部が多すぎで過度に入りやすかった気がする。

48 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 02:57:43 ID:5THynQ9K0
で、ゆとり教育の旗振り役どもはこの莫大な損失に対してどう責任をとるんだ?

49 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:06:00 ID:zMhu2IuO0

日教組が原因

50 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:06:43 ID:YGm11byy0
>>44
研修はあるようだけどたいした日数ではないのでは?
うちの近所の先生は夏休みはほぼ毎日が休み

51 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:06:57 ID:5fvbsoxK0
学習到達度調査でトップのフィンランドがもっとゆとり教育なのが笑える

52 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:07:08 ID:sRwGMx+60
いつの時代も理解の早い子、遅い子の割合はそう変わらない。
ノーベル賞を受賞する天才も数があれば出る。
出生率と育て方の問題。
教育なくして日本の未来はない。
一番まずいと思うのは想像力が乏しいこと。
海外に工場作って高等技術を外国人に習得させたり、
広大な国土も油田もないのに子供の教科書3割削るなんて
正気の沙汰とは思えん。
「世界のみなさん、どうぞ日本を食い物にしてください」
と、いわんばかりだ。

53 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:09:34 ID:PmdQmgqA0
>>52
10年前の新聞記事。慶応の工学部の教授だったかな
「今の子供はモノを作らせようとすると何もできない」
だった。断片的知識はあっても、モノの作り方を知らない。

つまり、学力ってのは、あくまで道具の一種であって、それで完結するわけじゃない。
要はバランスの問題。

54 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:11:50 ID:PmdQmgqA0
スマン>>53の記事は、今の子供 じゃなくて 今の大学生 だ
謹んで訂正させていただく。

55 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:12:14 ID:+iGIough0
>>52
子供は苦しんでいる、子供は悩んでいる、なんて叫ぶ一部教育評論家がリードしている面もあるな。
連中が、ただのお花畑なのか、工作員なのか分からんが、震源地にいるのは工作員。

56 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:16:57 ID:lDJv4ORb0
つーか、大学進学率が高い今の時世に15歳の学力を測る意味がわからん。
最終到達点を測ればいい。

57 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:18:09 ID:37M4Nxr50
ゆとり教育って単に授業数が減ってるだけじゃないのか?
読解力とか活用力を低下させることに直結するんだろうか

58 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:19:17 ID:XUkTG5zdO
>>50
公務員の世界以上に、若手が働かされ年寄りが優遇される世界らしく。
若手は研修+強制的なクラブ顧問+管理資料の作成とかで忙しいらしい。
研修の声もかからず年功の力でクラブ顧問も引き受けず、パソコンも覚えようとしない年寄りが最強の職場とのこと。特に反抗的な奴は左うちわ。

一般教員と教頭との給与差があまりにも少ないのが問題かも?

59 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:21:13 ID:stPe0LQV0
失敗作扱いされる若い子達可哀想だろう…国が言う事か

60 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:25:57 ID:5fvbsoxK0
>>59
フィンランドに視察に行った議員どもはいったい何を見てきたのか
観光旅行か

61 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:32:19 ID:lxb39vqt0
他の人も言ってるけどゆとり教育そのものが悪いわけではない。フィンランドなんかでも
十代の子供の勉強時間そのものは日本に比べかなり少ない。大事なのは大事なことを適正
な年齢に効率よく教える事。中高での勉強時間を減らすなら大学からの勉強をもっと厳しく
すべき。そうでないと本当の「ゆとり」が生まれる。個人的には中高ではモラル・一般常識
をしっかり教えて、学ぶ事の楽しさを教えておけばいいと思う。

62 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:36:45 ID:fvQV+EQQ0
マトモな親は、これはいかんと
私立にやったり、と手を打つんだが
そしたら教育格差とか騒ぎ出して
何がなにやら。

63 : ◆Miffy6eLhg :2007/12/05(水) 03:36:50 ID:pEn4DLL60
>>61
> 大事なのは大事なことを

> そうでないと本当の「ゆとり」が生まれる

釣りですか?

64 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:37:30 ID:pOvkybNqO
ねらーやニコ厨がゆとりという言葉に過剰反応するのはなんで?

65 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:37:50 ID:o2jK/pcq0
当然。
しかも大学も、もはや希望者全員が余裕で入れちゃう時代だしな。
勉強する必要性がなくなってきてる。
まじ、簡単な漢字が読めない大学生いるしな。

66 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:40:02 ID:w+N5elpJP
馬鹿と鋏は使いよう。だけど、情緒不安定な人は使えない。
ゆとりよりも、情緒。


67 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:40:57 ID:xLqmsxUR0





ゆとり取り入れたのって朝鮮、中国からの犬がいたときだろ?






68 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:42:15 ID:PaZKG2ra0
そもそもゆとり教育って、 学力査定では計れない事を重視する為に
与えられたゆとりでしょ?

だから学力が低下するのは最初から折り込み済みなのでは・・・?
むしろ、 教育の現場が為すべき事は、 ゆとり教育がどのような
教育の多様性や可能性を生んだかを紹介する事だと思うし、

逆に、ゆとりの有効的な使い方に適応できない人達を啓蒙していく
事なのではないだろうか・・・・・?


69 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:50:20 ID:YGm11byy0
>>58
君が言っている事はゆとり教育の問題じゃなくて
単に教員社会内部の年功序列の問題

70 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:51:05 ID:yEv414LeO
悲観しても仕方ない
認めたからには変えるんだろうな?

教師をフィンランドに研修に行かせろよ

71 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:55:10 ID:HBBeaBBx0
情操教育強化したら理数弱るのは当たり前だ。
足りないなら補えばいいだけで、ゆとり叩くのはバカの単なる憂さ晴らしだろ。
何だって行き詰まればどうにかするしかないのだから、
取捨選択しながらいくらも模索すればいい。

>>42みたいのは自分の子供にやらせりゃいいだけ。
学校教育なんて平均的な学力を身につける場で、あとは家庭で教育しろ。
むしろ家庭での教育こそがゆとりの原因なんだよ。
お前らよく、DQNの子はDQNって言うだろ?

72 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:55:19 ID:UUxglnYT0
>>70
海外慰安旅行の口実を安易に与えちゃイカン!

73 :66:2007/12/05(水) 03:55:28 ID:w+N5elpJP
>>68
是非、おいらを啓蒙してほしい。
近々外人を採用するんだが、出来ることなら自国民だと思う。

でも、情緒不安定な香具師はいらねーぞ。


74 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:56:38 ID:erueG1/o0
ゆとり教育が、何らかのポジティヴなものを検証可能な形で産み出してるかな?
教育に「無限の可能性」なんかないよ。
天才を養成することなんか、もちろんできない。
独創性を養成することも、できない。

75 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:58:47 ID:eDgGy8I00

日本の教育はかつての日本軍が兵隊を作り上げるために体系化したものが多い。
ハンドボール投げは手榴弾、数学は弾道計算のため。
こういう教育は応用力や哲学が無い、機械みたいな事務人間しか作り出せない。

詰め込み教育と揶揄される原因はここで、
だからゆとり教育が始まったわけだが…
そもそもどんな人間を作りたくて、それには何が必要かという理念がかなりいい加減なまま始めてしまった。

その結果、基礎として詰め込まなければならないところも詰め込みだ!などといってバカが削って
漢字も書けない、分数も計算できない知恵遅れが出来上がった。

76 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 03:58:52 ID:77OAidkp0
全ては団塊の世代が悪い。

77 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:00:15 ID:YGm11byy0
>>68
ゆとり教育とは「落ちこぼれ」の問題を日教組によって
都合よく「平等教育」にすりかえられた側面がある
子供に優劣をつけるのは良くない、みんな平等でなければと
運動会では足の速い子は速い子同士、遅い子は遅い子同士走らせて
クラス代表選手によるリレーもなくなったね
つまり子供の競争力を殺ぐ結果に繋がった


78 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:01:21 ID:cyHOU3kIO
>>11
馬鹿教師を批判するのは結構なことだが、
ゆとりのほうがやりやすいってのは間違い。
時間数減で結果的にはカツカツになってる。

79 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:01:52 ID:PaZKG2ra0
ゆとり教育で空いた時間を、オヤジの会社に行って一緒に営業回りして
取引先に頭下げて回る練習でもしてくればいい。

そっちのがよっぽど教育になる。親の苦労も理解できる人間になるだろう。
円周率をいくら小数点以下何百桁覚えたって、人の苦労も判らん学力バカを
大量生産するだけだ。


80 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:07:44 ID:HBBeaBBx0
>>79
やるなら他人のオヤジの方が良い。
自分のオヤジが他人にぺこぺこしてるの見たら、どんな子でもその瞬間平静を失い記憶が飛ぶよ。

81 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:09:18 ID:OnrFGAJI0
>>79
円周率を12000桁覚えてる俺が来ましたよ。
まあ中高はしらないけど、大学のゆとりをフル活用して覚えました。
ぶっちゃけ中高がどんな過ごし方してても、社会人になる時点での
能力って大学4年間の過ごし方でほとんど決まるんだよね。

82 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:12:58 ID:+vVf0tQSO
>>81のようなアフォを生んだ日本の教育の罪は軽くない

83 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:13:08 ID:HBBeaBBx0
>>77
みんなが日教組のせいじゃない。
運動会のリレーとか、みんなが一等賞とか、
白組赤組青組黄組オレンジ組とかは保護者の苦情からだよ。
基本は保護者がバカだから子供もバカになってるだけ。
日教組のバカ教員も子の親だけどね。

84 :66:2007/12/05(水) 04:16:24 ID:w+N5elpJP
>>79
うわっ、68さんと同一人物とは思えない。
行き過ぎた営業活動は、おいらも反対だよ。

それとも、たまたま同一IPなのでしょうか?


85 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:16:30 ID:I6+EJ0hK0
だから、長じても過労死上等の社会に出るしか
ないんだから、勉強意欲なんざ湧くわけないっての。

86 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:16:57 ID:YGm11byy0
>>83
日教組とアホ親のエゴが一致してゆとりになったのかな?
そうじゃないだろ
ゆとり教育はPTAを無視していつのまにか決まってただろ
これも市民団体の賜物?w

87 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:20:14 ID:zk2al5Rv0
>>81
これはひどい

88 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:20:16 ID:OnrFGAJI0
>>82
単に趣味に熱中してただけなんだが、アフォと思うかもしれないな一般人には。
まぁ個人的にはいろんな物を得られたので満足はしてるけどね。


89 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:25:28 ID:0aTowcUr0
>>84
ニートの息子と、リストラされた父親が、同じ屋根の下で…

90 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:26:53 ID:HBBeaBBx0
>>86
無視して勝手にやった?寝言言うなよ
そもそもそれを許したのもバカ親連中だし、つまりみんななんだよ。
日教組のバカが自分の都合と勘違いで決めて、それを見抜けないバカ親も悪いが、
結局それを許した大人みんなでどうにかするしかないだろ。
つか責任なんて誰もとれないのだから、この問題で悪者探ししたって意味なんだよ。

91 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:27:27 ID:zk2al5Rv0
>>88
>ぶっちゃけ中高がどんな過ごし方してても、社会人になる時点での
能力って大学4年間の過ごし方でほとんど決まるんだよね。

それはまずない。

92 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:28:30 ID:Fag6bi2kO
寺脇研は国賊

93 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:31:28 ID:JjvyG1lr0
建前を大声で喚き、本音を見えなくして日本転覆をねらう政党、マスコミがあるかぎり先は暗い
見抜けるような国民でもないし

94 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:31:45 ID:YGm11byy0
>>90
国が決める事に対して国民は物が言えない
バカ親連中は皆な平等で助かった、嬉しいだったろうな
だが義務教育では平等でも社会に放り出されたら平等どころか
格差も偏見もある
それを見抜いて子供の教育を学校に頼らず塾に託した親が多かったのも事実

>つか責任なんて誰もとれないのだから、この問題で悪者探ししたって意味なんだよ。

ゆとり教育を決めた当時の文部省事務次官だろう

95 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:33:29 ID:QvwHWb9U0
>>78
カツカツになってるのは授業の時間配分で、犠牲になってるのは生徒の学力でねーの?
その言い方だと、教えるのが難しくなって苦労してるみたいに見えるが、
オレは授業数が減ってるのに苦労が多くなるわけ無いと思うけど、どういった理屈?

96 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:33:39 ID:GJI9Lq3aO
昔の高卒と今の大卒が同じくらいのレベルだなw

97 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:33:45 ID:nxs3WSEQ0
科学への興味、関心の無さは、ゆとり教育の弊害というよりも、受験教育の弊害だと思うがな。

文系に進学した方が楽でお得だという思考が蔓延しているからな。

98 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:34:34 ID:OnrFGAJI0
>>91
そうなの?下位大学はしらないけど、東大なんかは大体そうだよ。
入るまではみんなそれなりの学力があるけど出るまでには
ほとんどが一般人になってる。
高校まででどんだけ勉強してきて理III A判定連発してたような
人でも堕落しちゃった人はひどい。これが現実。

99 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:38:26 ID:HBBeaBBx0
>>94
平等って言葉を逆に教えたのは日教組の大罪だが、
官僚にだって責任はとれない。
まあ、辞めさせて憂さ晴らししたいけどねw

100 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:39:35 ID:ULmSVvcv0
ゆとり教育って学力ばかり追求するのも体に悪いし、みんなでまったり行きましょう
という目標を持って始まったんじゃなかったのか?
この結果はむしろゆとり教育の成果と評価されるべきだと思う。
まさか、授業時間減らしてカリキュラム減らして今までと同じ学力水準保てると
思ってたんじゃあるまいな。
セロじゃあるまいし、そんなの魔法でも使わない限り無理だろ。

101 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:39:37 ID:9hPDi4W40
日本はじまったな

102 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:40:09 ID:eDgGy8I00
文部科学省が作りたいのは、昔の中国の科挙みたいな暗記知識と作業力のガリ勉バカ。
ゆとり教育が作ったのは真性のバカ。

日本国民が今と未来に欲するもの

絶大なる論理的思考力 =国語、数学
演算力が活用する膨大なデータ =理科、社会
健全な精神と優れた芸術的感性 =美術、音楽、文学、哲学


今の教育はこれらがゴチャゴチャになってる。
特に言語能力を育成する筈の国語に小説を入れてしまい、感情と論理を区別できない女の腐ったようなバカだらけになった。
センター試験に文法を出題せず、古文漢文を出題するなど常軌を逸している。

芸術分野もひどい。
子供だからと低レベルなことばかりさせる。
人間の持つ芸術的感性は、子供の頃にどれだけ優れた芸術作品や風景に触れられるかで大きく左右される。
幼稚な歌を社会主義国家のようなキモい合唱させるべきではない。
モーツァルトを聞かせ、モネの絵でも見せた方がよっぽど子供の心に残る。



>>98
そら東大は進振りで大きく変わるんだから当たり前じゃ

103 :66:2007/12/05(水) 04:40:15 ID:w+N5elpJP
>>81,88
理工系のおいらですら3.1415926535789を切り上げて3.14159265358で使っています。
時代遅れのオフコンでもこれ以上入力できないし・・・理解できない。

>大学4年間の過ごし方でほとんど決まるんだよね
残念!アルゴリズムを極めるなら高卒の方が有利なんだ。
学歴社会・・・今となっては甘美な社会だったよね。


104 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:40:21 ID:Dqax2jCs0
まあ普通に国政の犠牲者だわな

105 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:41:02 ID:8zdglV4s0

そらそら始まった。日本社会の問題点=他人へ責任の転嫁

>>1 の記事の内容は、ともすれば裏に「子供たちの質は、低下をした」と
暗黙の内に「連想さす内容」だ。

悪いのは子供たちではなくて「大人の社会」だ。 ハッキリ言うと、国会だ。
政治だ。その政治を動かす=国会議員が一番悪い。その次には官僚だ。
★必要な事を考えずに「教育の根本を放置し続けていた」。だから、
 学校教育の「質が低下をした」・・・・更には、ルールを知らない親の出現を
 抑止できなかった。法律などの整備をしなかったので。だから学校に「訳の
 分からない事を突きつける親が多いという」。それでは、良い教師は育たないし、
 子供たちへの教育への「熱心さも失われる」。

★今の大人社会もそうだし、子供の社会も同じ。大人社会が「良い目標を子供たちに
 教えられないからだと思う」....その大人も「良い目標とは何か? を知らないでいる」。
 つまり、国家議員も、官僚も、一般の大人も、子供たちも、これから社会で
 「どんな目標を持ったら良いのか?」「良い刺激の有る社会を作るには、
 どの様な考えを持たなければ、いけないのか?」・・という国民全体の目標、
 そして考え方を、・・すでに日本人全体が見失っていると思う。

■だからこの問題の根本は、そんなに簡単ではない。大人の社会からの改善が必要だし、
 その改善には「国会議員が示す方向性が、絶対にいる」。それは、社会的ルール=
 法律の整備が必要だからである。
 ※子供たちの「学力が低下をしたから」・・・・ただ単に「授業時間数を増やす」
  という事では解決をしない問題と思う。

106 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:42:19 ID:YGm11byy0
>>99
>官僚にだって責任はとれない。

当たり前だろ
それが官僚、それが公務員



107 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:44:53 ID:JjvyG1lr0
日本人に向いてるのは理系、世界に通用する。
文系では外国人の発想について行けない。

108 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:45:06 ID:lxb39vqt0
さあ盛り上がって参りました!
複数のシリアス討論が行き交う場、歳も地位も関係なし。
これこそが2chの醍醐味ですね。、、、ごめん水差して。

109 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:46:21 ID:QvwHWb9U0
データが失敗を示してるのに精神が弱いからだと精神論を振りかざし、結果全滅してしまう

110 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:46:24 ID:cSXKHHah0
いや、私たちはぼやき合戦をしているだけだから。

111 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:48:42 ID:zk2al5Rv0
>>98
東大生は勉強が出来る子。
勉強が出来るだけでみんなから尊敬されていると勘違いして、
人間的に魅力的ではないヤツが多いってことでは。

やっぱり小学校、中学校、高校の教育が一番大事。
大学なんて仲間の馴れ合いだし、バイトにしたって責任感が伴うとは思えない。
っていうか大学意味ない。
っていうか大学行きたくない笑

112 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:50:45 ID:GW6CjI0m0
カリキュラムの内容が時代遅れなだけだろ。
数学理科は積み上げ式だから動かしようが無いけど、
古文漢文とか文系分野は不必要な教育が多すぎる。
ゆとりカリキュラムで無駄を削るなら、
文系の必修を減らすべきだった。


113 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:52:07 ID:e9IdQ24Q0
英語を小学校からやるのはやめてね^^
早くから始めれば良いってもんじゃないから。

114 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:52:26 ID:3mhWY9ziO
寺脇は外を歩けるの?
被害に遭った世代は寺脇をどう思ってるんだろう?


115 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:53:23 ID:0c5AQNEe0
>古文漢文とか文系分野は不必要な教育が多すぎる。
だよなあ。んなもん習わせるなら世界一使用人口の多い現代中国語(普通語)習わせた方がはるかに役立つよ。
歴史とか地理も中学までで基礎はできてるんだから高校以降は選択性にすればいい。


116 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:53:51 ID:ULmSVvcv0
>>114
悠々とテレビに出てるくらいだから大丈夫じゃないの。
そろそろ朝生で取り上げて欲しいな。

117 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:54:13 ID:e9IdQ24Q0
>>114
テレビに出まくりだし被害にあった世代は自分たちを被害者とは思ってない。
気づいた後に国に謝罪と賠償を求めそうなのがまさに完全週休二日以降ゆとり。

118 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:54:41 ID:YGm11byy0
>>112
>古文漢文とか文系分野は不必要な教育が多すぎる。

ゆとり教育って何を指すか知ってる?
義務教育だよ

119 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:54:42 ID:HBBeaBBx0
>>106
とらないのととれないのは違うけど、まあ結果が同じという時点であいつらの存在はおかしい

120 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:57:30 ID:zk2al5Rv0
文部科学大臣を藤原正彦にしようぜ。
この人なら日本の教育を変えてくれる。

121 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:57:39 ID:YGm11byy0
>>119
官僚や公務員は私服を肥やす為にどんな組織と繋がってるかわからないって事
この日本にも日本国や日本人が衰退すれば喜ぶ人間が多く存在してる

122 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:57:56 ID:8zdglV4s0

例えば、>>1 の「内容にある様に」→ ★科学への興味、関心のアンケート調査では、
日本はほとんどが最低レベルだった。(抜粋)....と有る。

今の社会は、機械的な物は「恵まれている」..例を挙げると、自動車、新幹線、飛行機、
便利な家電製品、テレビ、ゲーム機、PC、携帯電話、デジタルハイビジョン・・
その他色々な「機械製品」。

★その様な「環境の中に育った子供たち」....まだ何か?便利な物が欲しいと
 思うだろうか?....それは、思っていないと思う。現在の物で満足をしているはず。
 「科学の発達」により、★現在社会での「物質的な便利さ・・を手にいれた」。
 それは、「科学が発達したから、便利さが得られたもの」。

 だから、これから先に「子供たちが科学に興味を失えば」・・、世界のどこかの国が
 今よりも変わった「便利な物を発明・生産」をすれば、全て「輸入品」で
 手に入れる様になる。....その事は、日本の工業生産の質は低下をして、
 「国民生活の低下を意味している」。

 だから「科学への興味は」、これからの日本の「国民生活の質」にも
 影響を与える問題と思う。
■だから、国会議員、官僚は、広い視野で、大人も・子供も「興味の出る科学」への
 模索が必要だと思う。

 ------------------------------------------------------------------

123 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:58:38 ID:9Vj9YtzgO
ゆとり教育だけじゃないだろ、滝川高校をみてもわかるように、
勉強しなくても、素行が悪くても、野球とかアメフトしてりゃ
推薦で大学に行けるんだから、真面目に勉強するのあほらしくなるわな。
渡海じゃ滝川白濁ザーメン弁当事件解決出来なかった。
渡海じゃダメだな

124 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 04:59:31 ID:e9IdQ24Q0
寺脇が協力してる朝鮮学校エリート校はどうなってんの?
最近情報聞かないんだけど。

125 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:00:29 ID:y93wTDhQ0














普段は学歴社会に反対してるお前らがゆとり教育にも反対するって矛盾してるよな?w















126 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:01:33 ID:0xO/3PEv0
これで大学が今と同じ「遊び場」だったら最悪だな。
そもそも「ゆとり教育」ってのは、本当に必要な大学での
専門教育をしっかりやる、ってのが前提な筈なんで
大学生は受験勉強の十倍の勉強をしなくては卒業できない
アメリカ並のシステムにしてくれれば良いのだが。

127 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:02:23 ID:b2c2RhPYO

これ訴えたら勝てる?
十分な教育を受けれなかったって

128 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:02:49 ID:e9IdQ24Q0
>>126
初等中等と高等教育は別物って考えてる人が大学側に多いから無理じゃないかな。

129 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:03:10 ID:s0WX1km20
今から教育方針を変えるのはけっこうだけど、これまでゆとり教育受けたバカは、
バカのまま、なんの救済策もないまま放置されるのだな?w

130 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:04:04 ID:bt+4SUybO
学力より体力のほうがやばいらしいな

つーか、国をあげて出来損ないを作るプロジェクトは成功だね
悪いのはゆとりではなく、こんなプロジェクトをやった、やらせた大人達だがな

131 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:05:16 ID:8zdglV4s0
>>125
    その、たっぷりとスペースを取る理由は?

    そのたったの「一行の為に」それだけのスペースが要るものだろうか?
   ※それこそ、「ゆとり教育の弊害」かぁ???

    スペースに「意味を持たせるな」 >>125 のスペースには「何の意味も
    感じない」 伝えたい事での「文章に意味を持たせろ」。



132 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:06:50 ID:e9IdQ24Q0
>>131
ゆとり,非ゆとりに関係なく馬鹿は存在するんだぜ?

133 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:07:59 ID:2tQmjKwxO
ゆとりを進めた役人は全員死刑にしろ

134 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:08:09 ID:3Uwaa2CO0
まさにアメリカのあとを追っている感じ。
ゆとりといえども優秀な子供たちは確かに存在する。
でも一部。

>>126さんの言うように大学教育を充実させて優秀な人材の育成は必須。
一部の優秀な人がその他大勢を引っ張る感じ。
そうなるとアメリカ並みの格差社会の誕生ですな。

135 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:08:25 ID:daXX6302O
おちこぼれの世代。
要職や研究職からはこの世代は外す。

136 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:08:27 ID:JjvyG1lr0
日本人は騙し合いで勝利することを良しとしない
他人が喜んでくれたことで喜びを感じる
文系出身の世界に通用する成功者が極端に少ない理由だと思う

137 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:09:52 ID:0xO/3PEv0
>>128
それじゃあ単なる馬鹿量産システムだな。

俺は18歳までに不必要な詰め込みをして、進路の決定を迫る
今のやり方には大反対なんで、ゆとり教育にはある程度の
理解を持ってるんだが、それは「専門教育の入り口で、徹底的に鍛える。」
という前提があっての話だ。
受験勉強で生涯の精力を使い果たすのより、大学教育で死ぬような思いをした方が
よっぽど有益だからだ。

だから大学が教育方針を変えない、そして社会が学歴の意味を「最終学歴の成績」
という風に変えない以上、こんなゆとり教育なんて全く意味がない。

138 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:10:35 ID:Qz32562m0


世界的に日本は子供の学力にかなりの金使ってるはずなのにこの結果
いい加減自己主張だけ強い傲慢なアホガキの量産はヤメレ
即戦力として使える専門知識学ばして社会に貢献しろ



139 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:13:23 ID:ywoBDwPh0
お笑い馬鹿タレントが何億も稼ぎ、大学院生が就職できない世の中。
ふざけた社会だわ。勉強してられっかとなる。

140 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:13:50 ID:y93wTDhQ0














普段は学歴社会に反対してるお前らがゆとり教育にも反対するって矛盾してるよな?
















141 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:14:24 ID:rm1e0cjh0
まあ日本人は、敷かれたレールの上でしか生きられないような教育しか受けてこなかったのだから、
いきなり「ゆとり」に方向転換させようとしても無理。



142 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:15:43 ID:Rdinz0DaO
664: :2007/06/14(木) 12:12:34 ID:73CvTLDY0
日教組には帰化した在日が多いって書き込みをどこかで見たことあるけど、
もし本当なら、どうみても日本破壊工作じゃん。
ちゃんと実態を調査してほしい。

666: :2007/06/14(木) 12:25:41 ID:NJmHp2Fb0
>>664
日教組の中にはチュチェ思想研究会がある。

日本教職員チュチェ思想研究会 総連中央を訪問
ttp://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2006/01/0601j0912-00002.htm

138: :2007/06/13(水) 17:53:35 ID:RLW20RXe
今、日本の歴史教科書には、百済にペクチェとフリガナがつけられているんだよね。
当時の百済人が、自分の国を現代朝鮮語で読んでいたのかと……。
半島に対する古代日本の影響力は完全スルーで、日本は弱小未開な野蛮国。
先進的な文化教師が半島からの渡来民だと。
江南との交流もスルー。
まるで韓国の教科書だよ。

204: :2007/06/14(木) 08:26:57 ID:pjucUHAZ
現在のコリアンは
百済を滅ぼした新羅の末裔だろ。

152::2007/06/13(水) 18:04:07 ID:RLW20RXe
捏造古代史が、文部省の検定を通ってしまうのも謎。

【韓国】小学校の教科書、自民族の優秀性を過度に強調。特に「日本人は文化的に劣等」と一貫して記述 [08/21]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1187774895/

国連人種差別撤廃委員会(CERD)が、韓国を最悪レベルの人種差別国家と認定。改善事項勧告[08/24]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1188134563/

143 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:16:03 ID:A3ckC1jp0
団塊の世代とジュリ穴世代のアホぶりは世に知れた通り
そしてゆとり世代 その子供

これじゃ日本が良くなるのはいつの日か・・・

144 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:17:11 ID:H+ySx8XF0
で、自分達のゆとりを確保しようとゆとりを必死で推進した日教組は
なんかコメントだしてるのか?日教組は責任とるのか?

145 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:17:18 ID:/26JxQp50
長期的な視野で国力を低下させた国賊はなんか責任とったの?

146 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:17:44 ID:8zdglV4s0
>>138
その→ 「学力にお金を使っているはず」は、政府の事? 親の事?

    経済力のある親だったら当然使っている。
   ※しかし、政府が使っている「お金は」、世界でも最低グループに
    入る位の位置だったのでは?....その様に記憶をしているが。

   ※間違いだったら、誰かが「訂正」をして欲しい。


147 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:18:28 ID:ULmSVvcv0
>>139
じゃあお笑い馬鹿タレント目指せよ。

148 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:18:33 ID:e9IdQ24Q0
>>137
入学後に徹底して鍛えられる下地ができていれば良いけど,下地ができてない人間が大学入学後が
人間として成長の頂点にあるかは疑問。今の受験勉強ですら不足って言われてるわけだし。

ただ大学の価値はもっと上がるべきだと思う。アメリカの様にというなら。
社会人入試も会社からの逃げ場ではなくて確実に攻めの方向に向くなら良いと思う。

149 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:18:57 ID:YGm11byy0
>>144
週休二日が土曜日半ドンになりそうになったら
断固反対するだけだろ

150 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:19:55 ID:Qz32562m0
>>139
そりゃ肩書きだけじゃ使い物にならんしな
お前が馬鹿してるお笑いタレントの方がまだ頭の回転良くて使える
良い子の諸君、手遅れになるまえにもう少し専門知識を学べ

151 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:20:00 ID:JjvyG1lr0
思ってた以上に発展したものだから、油断がゆとりという形で生じた
取り戻せるかどうか分からないが、再度頑張るしかない




152 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:20:06 ID:2jb5idWa0
 


国家公認のバカ世代キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
 



153 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:22:04 ID:acAIRGnKQ
>>125
みんな、「自分だけはバカの一群とは違う存在」と思ってますからwww

154 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:22:34 ID:H+ySx8XF0
寺子屋制度で世界最高の識字率70%を誇った江戸時代
基礎教育が定着し世界最高の文学作品を送った明治大正時代
高度教育で世界最高の科学技術力を誇った昭和時代
日教組によるアホ増産体制で成果が出すぎた平成時代(;´Д`)

155 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:23:07 ID:8zdglV4s0

■ 悪い言い方になるが、国会議員こそ、「おちこぼれのグループの集まり」
  かも?知れない。

  なぜなら、この近年、日本の現状を見てみれば分かる。
  「日本社会の崩壊」というシナリオを書ける位の「乱れ」
  「崩壊の予兆」さえも感じさせている。

  ※つまりは、「現代社会の おちこぼれ」が、国を動かしている
   からではないだろうか??

 -------------------------------------------------------------

156 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:23:29 ID:eDgGy8I00
>>140
単純な頭でいいな。
学歴社会とゆとり教育社会が正反対だから、片方に反対なら片方は賛成のはず・・・というね。


これは計り方の問題だね。
テスト重視とゆとり教育というのは 「詰め込むか詰め込まないか」 という上で両端に来るだけだ。

つまり
詰め込みに反対する人=詰め込まない教育に賛成する人 というのは正しいが
詰め込まない教育に賛成する人=思考力を重視する人  じゃあないんだ

例えば
思考力を重視する人は、詰め込みにも詰め込まない教育にも反対
つまり学歴社会もゆとり社会も反対ということになる


157 :66:2007/12/05(水) 05:24:50 ID:w+N5elpJP
アメリカは州毎に制度が違うし、全州がゆとりのハズレくじを引くわけないし。
一国一制度の弊害を感じました。

ところで、ゆとりの良いところを知りたいのですが、
だれか、誘導お願いします。


158 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:26:04 ID:/26JxQp50
>>139
お笑い馬鹿タレントとはいっても、星の数ほどライバルがいてほとんどが泣かず飛ばずで淘汰される世界で
曲がりなりにも売れたってのは少なくともその世界で生きていくのに必要な才能を持っているということなんだよ
とっさに面白いこといえる才能かもしれないし、偉い人に気に入られる資質かもしれないし、他の何かかもしれない。

テレビに映っているお笑いタレントは お笑いタレントのピラミッドの本当に頂点の方にいるということを忘れてはいけない。
売れないタレントは本当に社会の底辺のような生活を送っている。

大学院生も同じ。研究所の研究員になって潤沢な資金をもって日本の未来につながるような成果をあげる人もいれば、
就職先もなくただ無駄に20台半ばを過ごした挙句に民間企業で年下の部下に使われる人もいる。それだけの話。
別の山を登ろうとしている人と単純な比較はできない

159 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:26:38 ID:Qz32562m0
>>146
その一部を除かなくても世界的に見れば
日本の大学通ってる時点で結構な散財
使う方向を間違えたマヌケの象徴

160 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:26:54 ID:iOsL3hzW0
おまいら、資本主義社会には2種類の人間しかいない。
資本家(支配する側の人間)か労働者(支配される側の人間)。
労働者っーのは、一流企業社員とか大学教授とか検事とか財務省官僚のように、支配者から給料貰って生活してる連中。
開業医や弁護士のような自営業も当然労働者。
雇われ社長も立派な労働者(会社を支配してるわけではない。支配してるのは大株主)。
で、資本主義社会での勝者は、資本家。
労働者は、資本家に支配され搾取されるだけの惨めな存在。
学歴っーのは、資本家が労働者を選別するための1つの指標(資本家には学歴は必要ない)。
「エリート」っー言葉は、あくまでも「労働者の中での」優秀な奴を指す(資本家をエリートとは呼ばない)。
おまいらは、資本家に雇ってもらいたいが為に、一生懸命勉強して、一流大学に入ったんだろ。
おまいらも、早いとこ資本家にならないと、一生労働者のままで人生が終わるぞwwww。


161 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:27:05 ID:0xO/3PEv0
>>148
現状では上のレベルの高校生は非常に素晴らしい基礎力を
持っているが、真ん中以下のレベルになると、ついてゆけずに
急激に学力崩壊が起きるのが問題だと思うんだよ。
それをある程度緩和して、「全く理解できてない層」というのを
減らして、上のレベル用の内容は大学の教養課程に繰り越そう、
というのが「ゆとり教育」の方針だと思ってたんだよね。
高校で学業を終える人達は、そこで学ぶ事が本当に大事なので、
そういう層を「全く理解できてない落ちこぼれ」としない、ってのは
高校教育のあり方としては正しい。
ただしこれは、大学での教育が受験勉強並にハードになって、
そこでの競争が激しくなったら、という前提の話。そうでなくては
大学教育の意味が崩壊する。

162 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:27:06 ID:YGm11byy0
ゆとり教育というのは落ちこぼれの救済

いくら義務教育で平等という名のもとにゆとり教育をしても
社会に投げ出されれば平等なんていう文字は無い

163 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:27:27 ID:9qk0CdsWO
バカが増えるとやりにくいんだよなぁ…
奴らセックスのことしか考えないから

164 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:27:29 ID:AbGPu3yG0
まぁ、寺脇とバカソネが導入したんだろコレw

165 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:27:39 ID:s0WX1km20
まあ結局、ほとんどの人間は強制的に鍛えられなければダメだということだよ。
自由に、自主的になんでもOKと放置すれば、楽なほうにしかいかない。それではダメなんだよ。

166 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:27:47 ID:acAIRGnKQ
アメリカに行ってた帰国子女の甥が、科学と工学の知識がすごいんだよ。

おまえら、どうしてか解るか?

10分後に答えを書くわ。当てられたら、おまえらは筋がいい。

外れたら、おまえらも教育を語るには分析力のないバカの一味ってことになるが。

167 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:28:44 ID:JjvyG1lr0
これから国を背負ってゆくべき人間に、ゆとり教育
この国には凄い規模の油田でもあるのかな?


168 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:29:16 ID:Q3c7RjJj0
小中高特に小学校の教員には、良質な人格者教育者を厳選して厚遇を持って
採用すべき。給与も並みの公務員よりも高くして、土曜も授業するかわりに
その分基本給も高くせよ。
民度の維持に重要なのは
小学校、その次が中学校、そうして高校だ。
小中は特に義務教育という建前がある以上、
選別がないからダメな生徒や学生を拒絶できないのだから
そういうのも含めて全部面倒を見なければならないから大変だし、
低学年でつまづけば、それは後は不良品になってしまうのが
ほぼ確実なわけだから、とにかく最初をしっかり立て直すのが
日本の教育向上の為には大事なのだ。
工業製品なら、不良品は潰して廃棄すればよいが、日本国民として
生まれてきた以上は、廃棄などは出来ないのだから、使い物に
なる最低の水準の学力を持てるように保証しなければならんし、
最低の水準を高めれば、全体が向上する。

小泉改革路線だと、なんでも自己責任といったが、所詮国が不良
国民を抱えたら、国民全体に負担がかかってくるんだ。

169 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:29:50 ID:0daCxemX0
ヘキサゴンの木下さんみたいな子がもっと増えるんだろう。
あれを見てマジ笑いしていられるうちはいいが。

170 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:30:04 ID:25Qvb6fH0
>>160
今さらマルクス主義の講釈か。
よっぽど嬉しかったんだな、
黴の生えた屁理屈を知って。

171 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:30:28 ID:bdOa9GrIO
とにかく、この上は、学校はあてにできないので、独学で学力を挽回する制度をつくれ。
教師は休むことばかり考えて、働かないぞ。


172 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:31:14 ID:bZNA5xzV0

2004年4月15日早朝、一部全国紙のウェブサイトに、
高遠菜穂子さんらイラクで拘束された三人の日本人人質の住所が掲載された。
約一時間後に削除されたが、
この記事をコピーしたと思われるものがインターネット掲示板などに大量に書き込まれる事態になった。
大半は削除されたが、現在も一部は掲載されたままになっている。
以下のリンク先はその一例。

http://amezo.nych.info/32/a6f66e1d3b3d79d6ee9c9344fa6e9196/166



173 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:31:50 ID:0xO/3PEv0
>>166
このスレでも何回も指摘されてるのに読めないのか?
お前のように分析力の無い、バカの一味の解答なんて要らないよ。

174 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:31:57 ID:eDgGy8I00
>>168
昔の日本は頭のいい人がそれを生かす職場って少なくてね。
だからいい人が先生やってくれてたの。
今みたいに産業界が人材を必要とするとどうしても質は下がる。

175 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:32:01 ID:27uOwsj8O
>>166
ワッフルワッフル

176 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:32:09 ID:iOsL3hzW0
>>170
ぎゃははははははははははははは。
そういうおまいは、労働者!
惨めな存在だな。
ひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ。
おまいも、早いとこ資本家にならないと、一生労働者のままで人生が終わるぞ。

177 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:32:31 ID:e9IdQ24Q0
>>161
高等教育側が初等・中等の延長?なめんな!って態度だから大学入試は公立高校入試ではなく
私立小学,中学,高校入試に近い感じなんだよね。ついてこれない人間は必要なしってのが
大学にいる人間の考えだから。誰でも大学にいけるようになったのが間違いなんだろうね。
アメリカみたいにコミュニティカレッジみたいなのがあれば良いんだろうけど。
あれはあれで夜間レベルでしかないけど。

178 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:32:43 ID:8zdglV4s0
>>154

☆☆☆....... ※ ☆が3つ♪♪

的を得ていると言うか、正論だ♪ ....政府、政治家、教育者の「ふ抜け」が、
今の社会、大人の社会、子供の社会を作り出した。

>>154 の言う様に、過去の人は「エライ!」....教育は基本である事を
    知っていたに違いない。

    今の政治家、官僚の多くは→ 金、金が「基本と思っている」のかも
    知れない。


179 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:33:35 ID:JjvyG1lr0
社会に出てから、知識を身につけるやり方を容認してる国なのに
終身雇用制を否定しようとしてる
誰も自分の首を絞めるようなことはしない

180 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:33:59 ID:xdJO7hzY0
とりあえず教育に失敗したゆとり世代ってゆーのは全部収容所に入れて焼いてしまおうよ

181 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:35:30 ID:Qz32562m0


本来膨大な情報源を利用できるはずのインターネットが
日本ではマイナスなるゆとり的利用となってるまずこれが大問題



182 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:37:08 ID:lL05GAtk0
>>157
>アメリカは州毎に制度が違うし

州どころかカウンティー、またその中でも地区別、そして学校別でいろいろ違う。
だからアメリカでは良い学校を持つ地区に子供の教育に熱心な(まあお金持ちだ)親がわざわざ引っ越す。
さらにその上にはもっとお金持ちの子息が通うボーディングスクールといのがある。
またアメリカにも確かに教育省はあるが、教科書を選定したり内容を定めたりなんてことは一切しない。
一国一制度どころか、アメリカではそんな制度をお上が作らない。
これは教育だけでなくビジネスにもいえることなのだが、必要が生じて省や庁をアメリカも作るが、
最初にそれがありその業界を束ねようとする日本とは考え方が異なる。

183 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:37:20 ID:bdOa9GrIO
>>168
日教組が「教師も労働者」と言って、待遇改善を叫んでこんなことになった。
待遇改善すればするほど教師は働かなくなり、「総合学習」の時間も、どうしていいかわからない無能者ばかりになった。

社会人10年やったものから、他薦でえらんでは?

184 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:38:00 ID:YGm11byy0
ゆとり教育って勉強ができない子供の救済であって
デキの悪い方に天秤を寄せただけじゃないか
普通レベル以上の学力を持つ子供にとってはマイナス以外の何者でもない

185 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:38:07 ID:ZXwOVXuN0
おねだり長女
http://m1aya.tblog.jp/images/071128_moriya.jpg


186 :66:2007/12/05(水) 05:38:41 ID:w+N5elpJP
>>167
在野に下った技術者が沢山いる。
辛い話だが、彼等は技術畑に戻って来ないのです。


187 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:42:51 ID:e9IdQ24Q0
>>184
できない子供の救済ではなく,できない側に合わせたらできない子が増えただけに
なっちゃったよwって感じじゃない?

188 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:43:22 ID:Qz32562m0


はい、ゆとり的なインターネットの利用
・2ちゃんねる
・ニコニコ動画
・ネットゲーム
・エロゲ、エロサイト
・SNS、mixi
まさに本末転倒
まだ2ちゃんやmixiは使い方によれば良い学習の場にはなる

189 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:44:27 ID:bdOa9GrIO
「ゆとり教育」のA級戦犯寺脇研と日教組を朝生に引きずりだして、総括させる。
ついては、番組にその旨メールしる。

190 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:45:27 ID:YGm11byy0
>>187
そ、それは当然の成り行きだと思うが・・・

191 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:46:08 ID:Vej5fPlF0
はいはい。そこでこんな素敵なイベントを2つ紹介。みんなどっかに貼って宣伝してね。

●南京陥落70年国民の集い 参戦勇士が語る南京事件の真実!

12月6日(木) 5時30分開場 6時30分開会
九段会館ホール(東京メトロ九段下駅から1分)
会場分担金:1000円
 ≪ プログラム ≫
 主催者挨拶: 会長/加瀬英明
 序論(プロローグ): 解説/冨澤繁信
 1.南京への道(上海戦) 
 2.南京事件の基本的性質 
 本論(勇士達の証言):司会・インタビュアー/藤岡信勝
 1. 雨花台の激戦   2.南京入城  
 3.兵士達の見た南京城内(安全地帯以外)
 4.安全地帯の模様  5.南京事件の個人別意見
  *映画「南京の真実」の予告編を上映します。

主催:南京事件の真実を検証する会  
会長:加瀬英明 事務局長:藤岡信勝  顧問:すぎやまこういち
監事:富澤繁信 茂木弘道
委員:阿羅健一 上杉千年 小林太巖 杉原誠四郎 高池勝彦  高山正之 
東中野修道 溝口郁夫 宮崎正弘
特別専門委員:西村幸祐 花岡信昭 藤田裕行
http://www.tsukurukai.com/nanking/tudoi.html

●映画 南京の真実 第一部『七人の「死刑囚」』完成試写会のご案内
日時:平成19年12月14日(金)開演18時30分(開場18時)
 場所:九段会館
株式会社チャンネル桜エンタテインメント
映画「南京の真実」製作委員会
http://www.nankinnoshinjitsu.com/blog/2007/11/post_8.html

192 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:47:16 ID:0xO/3PEv0
>>187
そう。
出来る子の救済が大学で行われ、それが社会でちゃんと評価されて、初めて
意味を成すのが「ゆとり教育」。それが無いなら、単なるバカ製造機。
まずは大学が教育方針を変え、社会が「学歴」という言葉の意味を本来の
「最終学位取得時の成績」という風に変えれば、これは機能する。
それまでは成功する訳が無い。

193 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:47:48 ID:JjvyG1lr0
>在野に下った技術者が沢山いる。
馬鹿な後輩に嫌気がさしても、シナには行かないでね

194 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:49:06 ID:8zdglV4s0

■これは、「子供たちの学力が・・・ 」と言う問題も大切だけれども、
 国会議員の「資質的テスト」..「議員的な学力が有るのか??」の、
 「調査テスト」が必要の様に感じる。

 あれだけの数の国会議員がいて、日本は「悪い方向へ向かうばかりだ」。
 「日本を治める学力の無いものが、多く紛れ込んでいる」のに、違いない。



195 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:50:35 ID:v94Hr7Vd0
しかし誰も責任は問われません(笑)

196 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:51:19 ID:JjvyG1lr0
>あれだけの数の国会議員がいて、日本は「悪い方向へ向かうばかりだ」。
> 「日本を治める学力の無いものが、多く紛れ込んでいる」のに、違いない。

まず、テロリスト炙り出しが必要

197 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:51:57 ID:8zdglV4s0
>>193
..........悪いが、笑ってしまった。....しかし、それは言えるし、正論だ。


198 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:52:37 ID:YGm11byy0
>>192
>出来る子の救済が大学で行われ、

いや、ゆとりで全体的に学力が低下してるから意味ない

199 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:53:29 ID:e9IdQ24Q0
京都の職業なんちゃら館も赤字終了したしな。
この役人どもの責任回避の腕前は異常。


200 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:55:02 ID:8mgehRQM0
>>103
高卒でガロア体とかフーリエ展開とかちゃんと理解できるかな

201 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:55:46 ID:Qz32562m0
中卒→高卒→大卒
ゆとり教育を学べば学ぶほど
サボり癖の付いた人間になってると思わない?

202 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:56:43 ID:NbHEvqBa0
できの悪い奴の勉強負担を減らすために単元を削除したのがゆとり教育。
その結果、教師にも緊張感がなくなり、全体的に指導が甘くなってしまった。
一番損をしているのは、教えればできるようになる「優秀な生徒」。
このレベルの生徒が勉強は簡単だと錯覚し、努力しないようになってしまったのは痛い。
これは国家的に重大な損失である。
今後の対策は、できる奴とできない奴に分類する教育の「区別化」をはかることだ。
優秀な層には小学校から古典や漢文なども教えてあげればいい。
優秀な子は教えれば教えるほど吸収してくれる。

英語よりも古典の素養を身につけさせた方が将来のためになる。
英語は母国語がしっかりしてから教えればいい。

さらに理系科目も充実させろ。今の中学校の数学・理科は易しすぎる。
昔の指導要領にもどすべき。
だいたい2次方程式を教えて、解の公式は高校まで教えないなんておかしい。
もっと教育界に緊張感をもたらすような改革をしろ。



203 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:57:33 ID:DFYgaXks0
>>192
出来る子かどうか知らんが大学側は大変だよ…。
教えること多すぎて授業が進まないw
先生がおそるおそる「〜は知ってますよね?小学生の時、習いませんでした?」って聞きながら授業してるw

204 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:58:24 ID:e9IdQ24Q0
>>201
入試で実力がなく受験科目が足りない人間が今できる最大限のことをしようと
するから当然の結果じゃないか。2教科入試とか面接,小論だけとか。アフォかと。

205 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 05:59:56 ID:5szLU6YoO
読解力は韓国が1位なのか

206 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:00:01 ID:oCqjHXuc0
自然科学(数学、理科)の科目ばっかりを特にカリキュラムを省いて時間を削れば
こうなるのは分かり切っていたこと
これから日本を支えていく金融やハイテクなどの担い手を潰す政策だな
これを推し進めた人たちは確信犯だろうけどな

207 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:00:04 ID:YGm11byy0
>>202
すごく的確に書いているし文章力あるんだけど

>できの悪い奴の勉強負担を減らすために単元を削除したのがゆとり教育。
>その結果、教師にも緊張感がなくなり、全体的に指導が甘くなってしまった。

何でこういう事になったのかも教えてくれ


208 :無職ひきさん ◆8.xouHeEsE :2007/12/05(水) 06:01:09 ID:u+TkLiCp0
別にいきなり英語でもいいよ。国語・漢語からでもいいし、どっちも学ぶ価値があるのだから
どっちが先でもいい。

209 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:02:48 ID:hPx4oSEy0
>>202
優秀な人間は、心の安定を持てる環境にいる奴。

家族が崩壊してるのに、勉強できる奴なんておまへん

210 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:03:41 ID:e9IdQ24Q0
>>208
子供のころから英語ってこと?

211 :30代後半:2007/12/05(水) 06:03:49 ID:HD2dsEmh0
おいらの世代ですら
「学部の3-4年でやるべきことを修士でやってる」
と言われたのに…。

212 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:04:19 ID:y67YFrNh0
日本なんて海外に売れる資源がなんにもなく、頭だけで経済を支えているのに、
その頭を鍛える教育を止めちゃったらどうすんのよ。
今のような文明的な生活を止める事なんて出来ないんだから、必死に勉強して
アイデア出して、他国よりイイモノを作るしかないんだって。

213 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:06:28 ID:JjvyG1lr0
共働きで、監視する親のいない子供が、努力する訳がない

214 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:07:24 ID:YGm11byy0
>>212
ゆとり教育で穴が開いた部分を上の世代が支えるしかないだろうね
日本から技術がなくなったらオシマイだ

215 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:07:32 ID:Qz32562m0
>>212
日本にはゆとり層の支持が高いニコニコがあるじゃん(笑)

216 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:09:07 ID:kjWDeD540
アメリカは基礎を学ばせ、次は自ら活用方法を考えさせる教育を行うんだな。

本物のビジネスリーダーは肝心要の時に最高の力を発揮する人間。
日本はこういう人間を作らなかったんだよ。

217 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:09:42 ID:ywoBDwPh0
>>212
そういう意味で、日本はもう終わってるね。
個人的に金儲けできるかが進路選択の基準に成り下がってる。
豊かさに慣れすぎたんだよ。

218 :無職ひきさん ◆8.xouHeEsE :2007/12/05(水) 06:10:50 ID:u+TkLiCp0
>>210
実際に子供の頃から英語を勉強して、いい大学に入ってる奴は多い。
いい大学に入らない限りは深い内容は学べないのだから、大学受験に有利な英語を学ぶことはいいことだ。
昔の日本人の知識階級の倅は幼少時に四書五経を素読させて勉学の素養をみにつけさせたが、それは現在でも効果はあるだろう。
だから基礎的な素養を身につける事に関しては
現代日本語でも古語でも漢文でも英語でもなんら問題ない。

219 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:11:29 ID:JjvyG1lr0
>本物のビジネスリーダーは肝心要の時に最高の力を発揮する人間。
物作りの現場にはたくさんいたんだがね

220 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:12:23 ID:HD2dsEmh0
>>212
確かに。

「ゆとり世代かわいそう」で済む問題じゃないよな。
間接的に他の世代(国民)にも影響する。

イメージだと国際競争のあらゆる分野で
従来4勝3敗3分だったのが3勝4敗3分になる感じかな。

成績上位層の顕著な下げがなくても
こういう日々の競争を支える中位層が重要な感じ。

221 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:13:50 ID:0xO/3PEv0
>>203
そいうい大学の教育方針こそ最初に変える必要があるんだよ。

アメリカの高校生は、かなり優秀な奴でも、日本の高校二年生ぐらいの
基礎学力だと思う。かなり優秀な生徒でだよ。
平均的にはかなり悲惨な生徒でも「修学の意思」があれば、基本的には
授業に出れるから、いちいち生徒のレベルの聞いてたら終了だ。
だから強烈な詰め込み教育を問答無用でやる。
「学校で教えてくれなかった」なんて言い訳は聞かない。
知らなかったら、次の授業の予習で図書館で徹夜で調べる。これが原則。
先生達には生徒自殺、発狂時の対応マニュアルが配られ、定期的に
カウンセリングも行われ、そして生徒を極限まで勉強で追い込む。

で、これが「ゆとり教育」必要な「救済」なんだよ。
だから、大学三年の専門選択時には、アメリカの中堅大学の学生は
日本の一流大学の学生の学力を上回ってる。
卒業時にはもっと決定的で、高等学問を履修する大学院では決定的な
差が付いているのは知ってると思う。

現実には難しい事は承知だけど、大学が生徒に「知ってますよね」と
聞いてるようでは駄目だよ。今の高校生が大学受験の為ならどんどん
課外で塾に行く変わりに、大学生を課外に図書館に釘付けにするような
教育が先に来ないと。

222 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:14:29 ID:e9IdQ24Q0
>>218
それは子供に金をかけている家庭の子供は良い大学に行っているも含まれるから
根拠としては薄いね。日本で子供のころから英語を勉強してもあまり意味はないよ。
だから何語を身に付けても同じではなく身近にある国語をやるのが負担がなくて
良いんだよ。

223 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:14:32 ID:YGm11byy0
>>218
その英語なんだが・・・
日本人の欧米への留学生は減ってしまって
今では韓国に大幅に負けている

224 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:15:26 ID:Qz32562m0


ゆとり教育→馬鹿量産→貧困層拡大→少子化拡大→日本オワタ

世代交代した馬鹿が朝鮮人に完全利用され操られる日は近い



225 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:15:38 ID:8zdglV4s0

■今、この様にして考えてみると、元・安部首相は、「日本の危機感を強く
 感じていた」のだろうと思った。 だから、「美しい日本」に戻す事を
 目標に置いたのだろう。....顔にも「緊張感があった」。

 在任期間、1年間くらい?で、13もの「法律を作ったらしい」。
 それだけ「利害での攻撃に遭い、体調不良により退陣になったのだろう」と・・。
 ※今、思うとおしい。 「危機感を持って政治を行うのと、危機感をどうしても
  体質的に感じられない者が、政治を行うのとでは、的を得た方向への
  視線は持てない」。

  これからでも、「危機感を感じて、視線を正す」=政治家、官僚が
  増えてくれれば良いが。

※余談的だが、元・防衛省の事務次官。あれこそが「危機感の無い人間が、
 防衛の仕事をしていた恐ろしさ」だ。....無期か? 無人島への島流し・・でも
 良いくらいだ。


226 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:17:25 ID:zmdjsh9HO
外国は基本的に日本を弱体化することしか考えてないしなぁ
人権とか、ゆとり(もっと休め)とか、グローバル化とか、いちいち真に受けて採用してたら国が滅ぶ

「外国ではこうしてます」系の論調で丸め込まれたアホ学者多すぎ

227 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:17:49 ID:JjvyG1lr0
製品品質の安定は天才、秀才が支えてるのではない
一般国民のレベル
過去の品質がダントツだったから今は目立って悪くなってないが
このままだとチョンに抜かれるのも近い。

228 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:18:45 ID:ChHZl6kg0
ゆとり教育の「ゆとり」は教師のゆとりのことだろ

229 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:19:10 ID:NbHEvqBa0
>>207

202です。
教える単元を減らすとなぜ教える側になぜ緊張感がなくなるかといいますと、
教師の授業準備が楽になるのも一つです。
適切な例かどうかよくわかりませんが、簡単に言えば
センター試験レベルの受験指導と東大や京大などの受験指導とでは、教師の緊張感が違いますよね。
ゆとり教育のお陰で、教師の教材準備・授業準備が楽になりました。これは事実です。
その結果、全員ではありませんが、教える意気込みが低下した教師も多くなりました。
若い教師は勉強しなくなりました。そういうことです。


230 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:19:14 ID:YGm11byy0
>>225
コピペだろうが
あえて言うなら今更悔やんでも・・><

231 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:19:35 ID:wtQvBL4V0
ゆとり教育を推進した官僚、学者を北朝鮮に永久追放汁!!!

232 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:20:47 ID:X8q/MQoZ0
>>203
アメリカの大学生がよく勉強するのは、
1、日本よりはるかに学歴社会だから。
  (おおまかに言うと、収入は大卒は高卒の2倍だし、博士号所持者は大卒の2倍)

2、勝負が大学院(職業大学院)で、大学院の入学には大学の成績が決めてとなるから。

つまり、日本は18歳勝負なのに対して、アメリカは22歳勝負だから。

233 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:21:13 ID:JjvyG1lr0
>>231
マスコミはどうするの?

234 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:21:48 ID:GpUr6Uwj0
>>215
ニコニコって異時同一性が味わえるからね、寂しいんだよ彼らは

>>221
学生の獲得に必死な今の時代の大学じゃ、なかなか難しそうだ・・

235 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:22:25 ID:HD2dsEmh0
>製品品質の安定は天才、秀才が支えてるのではない
>一般国民のレベル

納得。

「INFOBAR2、実は欠陥品」とmixiに書き込みした派遣社員、「事実無根で、冗談のつもり」と謝罪…三洋が説明
shttp://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196764387/l50

236 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:23:49 ID:CPfVt12dO
現場の教師は官僚の作成した指導要領とかに振り回されてるだけだよ。
ゆとりが失敗なら、その責任の所在をまずはっきりさせろ。
ゆとりを推進した文科省の役人が、「やっぱり失敗だったから元に戻します」
って、そんな簡単に教育の方針転換が出来るってむちゃくちゃだろ。


237 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:25:00 ID:DFYgaXks0
つか、どんだけ国民のレベルが高かろうが優秀な人材は一握りで良いんだよね。
一握りの天才と大多数の真面目な人間…これだけでいい。
昔の日本は「大多数」が真面目だったから高クオリティを保ててた。

大多数のレベルを上げる為に大金使うのは無駄なんだよ…はっきり言って。大学には秀才しか入れないように敷居を高くしろ。要らない大学潰しまくって高卒者増やせ

238 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:26:23 ID:E1XWJkth0
前スレの9hlsL0V50に同意

メディア全般で、詰め込むか、 ゆとるか、の二元論になりすぎ。
こういうところからも日本人の考える力って衰えてるんだなぁと思える

239 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:28:00 ID:YGm11byy0
>>229
レスありがとう
要するに「ゆとり」とは教師と言う教え屋さんの我侭が作り出したものなんですね
言いたくはないですが、民間企業に比べれば子供に合わせた休みの多さだけで
羨ましいもんですよ
その上に週休二日制ですからね〜(^_^;)
週休二日と夏休みやらの休みの多さに批判があって研修会とやらが微妙に増えたそうですが
そんなまやかしで国民は納得しませんよ
教師というのはそもそも聖職であるべき

240 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:29:09 ID:WNYIhd5Z0
ゆとり教育って、単純に勉強を減らすんじゃなく、詰め込み教育では出来なかった部分を
時間のゆとりを有効に使って学ぼうっていう路線じゃなかったっけ?

241 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:30:50 ID:iOsL3hzW0
>>232
お国柄もあるんじゃね。
アメリカでは、優秀な学生は社会的な成功を目指す。つまり、ビル・ゲイツやジョージ・ソロスやサージ・ブリン、ラリー・ページのように資本家になることを目指す。
日本では、優秀な学生でも、キャリア官僚や一流企業社員や弁護士などを目指す。キャリア官僚も一流企業社員も弁護士も所詮労働者!(弁護士は自営業)。つまり、日本人って、労働者のTOPを目標にしてんだよな。


242 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:30:55 ID:JjvyG1lr0
教師って尊敬の対象だったのが、近所に住んでると、今は引いてしまう。

243 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:31:38 ID:Qz32562m0
・高校受験の為の塾などの経費
・高校の入学金及び授業料&生活費
・大学受験の為の塾などの経費
・大学の入学金及び授業料&生活費

1人馬鹿を製造するのにいくら使ってんだか・・・
これで就職先決まらなかったり
即仕事やめてニートにでもなられたら邪魔以外の何者でもない

244 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:31:56 ID:zk2al5Rv0
なぜ日本は文系社会なんだ?
工業国なのに理系社会にならないからこんなことが起こるんだろ
理系はなぜ遊んでる文系に全ての面で待遇が悪いんだろう

245 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:31:58 ID:E1XWJkth0
>>240
教師の質が低いから、それが間違った悪い方向に進んでしまったんだろな

246 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:32:39 ID:GpUr6Uwj0
>>238
あーなんか分かる、白黒はっきりしないと思考できない人増えたよね。自分もだけどw
不確実性みたいなのが分かってもらえない

247 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:32:41 ID:HD2dsEmh0
>240
教える内容も減ってる。

教授法が進化しても(多少)宝の持ち腐れだな。

248 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:33:38 ID:bTi8HvqZO
 "オトナ"の方々は、責任持って推進派を追及してください。一人残らず。国政調査も、今回ばかりは骨抜き手抜きをしてはならない。
 俺らの世代がゆとりゆとりとバカにされるのは、実力からみても仕方がない。覆水盆に返らずだから、今更どうしようもない。
 ただ、大好きな日本が他国の後塵を拝するのは気に入らない。政策の転換期を逃してはならない。
 このまま馬鹿をつくっていたら、簡単に扇られて、オウムみたいなカルトと大争乱を起こしかねない。宗教戦争を繰り返してる民族を馬鹿に出来なくなるぞ。

249 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:33:43 ID:YGm11byy0
>>244
え?
文系より理系のほうが就職は有利なんだけどな

250 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:33:51 ID:kjWDeD540
苦しく難しい決断になると
投げちまってそれを他人に委ねる。自分で決めない。
そうやって流され流され生きてきた。
その弱さがこの土壇場で出た.....。
この結果は言うなら必然。これまでの人生のツケ....!
救われない....こんなバカ.........。

こんな馬鹿が大量生産されたわけだ。

>>219
今はリテラシーの低い人間ばかりが増え過ぎて、肝心要の時に済し崩し的に崩れていく人多過ぎ。

251 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:33:58 ID:0xO/3PEv0
>>234
大学も社会に間違った部分で評価されてるからね、
日本が「学歴」の意味を変えて「最終学位取得時の成績」
と出来れば。と思うが、やはりその為には大学が
それに足る教育をせねば、、、という堂々巡りだよね。

アメリカの大学だって定員割れぐらい日常的にあるが、
簡単に単位が取れるという評判が立つほうがダメージが
大きいからな、そういう方向に行かない。

何度も言うけど、俺は「ゆとり教育」ってのはこの辺の改革が
先立たなければ、やっても害悪だと思う。

252 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:34:05 ID:l/1wPOC80
>>239
ここにもいたか。
時間さえかければいいなんて言うお馬鹿が。
民間企業が狂っているのにそれにあわせるのか。いくら働いても仕事の効率が悪いのは日本の特徴。


253 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:34:08 ID:oCqjHXuc0
>>232
アメリカはホワイトカラーとブルーカラーが明確に分かれてるから
学生は必死に勉強するよな

254 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:34:54 ID:DFYgaXks0
>>243
そうなんだよ。教育には国の補助もかなり入ってるから社会全体からみれば莫大な損失なんだよね…大卒ニートは。


255 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:35:10 ID:89WZWRe/0
自民のアホ政策は日本の経済、生活、教育とあらゆる部分を壊滅させるなw


256 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:36:24 ID:8zdglV4s0
>>230....が、余計な事を書いたから、考えていた事を、うっかり忘れる所だった。

■記事には、「読解力」も悪いランクだった。
 「読解力」=「理解力」だ。
 つまり、勉強にしても、人との話し合いに置いても、
 また、仕事面でも。....そして、国際社会の中に置いても、他の国の言う事を
 「理解できない事が増えて行く」という事になる。

 それでは、利害損得で進む「国際社会」。これからは「資源問題」「防衛問題」
 「国際協調」などの中で、日本は、誤解や、疑心暗鬼を持ったり、相手国に与える
 と言う事になる。....それは、日本にとつても、国民にとっても重大な問題に
 なって来る。

※「読解力=理解力」は、学力にも影響するが、社会での対人関係、仕事、
 国際社会でも、大変必要なものと思う。....政治、教育者は、もっと危機感を
 持つべきだ。


257 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:36:45 ID:aqO2/gJgO
>>1
一度積み上げたトランプタワーを再度積み上げるのに、どれほどの時間と労力がかかるのか?

258 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:36:49 ID:FsZUdGzl0
>>18
これがゆとり脳というやつか

259 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:37:08 ID:JjvyG1lr0
>>244
戦後、現場は中卒、事務営業は高卒、大卒だったからじゃないかな

260 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:37:08 ID:n/H809kH0
> 自民のアホ政策

一握りのエリート(笑)の政策らしいよ

261 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:37:15 ID:HD2dsEmh0
>244
じゃ 理系も「象牙の塔」を出て無駄な出世競争に参入し
政財界メディアを牛耳ればいいだけ。

実質 文系もホントの研究層は「象牙の塔」から出ていないが。

262 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:39:23 ID:CPfVt12dO
>>239
>要するに「ゆとり」とは教師という教え屋さんの我が儘が作り出したもの

いやいや全然違うだろw何言ってんだお前は。
>>229の話はゆとりの結果教師の仕事は楽になっただろ?

何でそれが教師の我が儘で作り出されたもの
になるんだよ。
そもそも教師が指導要領や臨教審、中教審、教育改革国民会議なんかそこまで影響力があると思ってんのか?
臨教審等の答申がどうやって出されるか、それを元にどのように指導要領等が改正されるのか勉強してから出直してこいよ。

263 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:39:38 ID:q0eCcDNp0
競争やめて学力低下
考えなずに、官能三昧の生活
素晴らしい成果じゃないか。
埃をもて、ゆとり世代

264 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:39:46 ID:zk2al5Rv0
>渡海紀三朗文部科学相は「科学的活用力が前回2位から6位になったことは残念。
しかし、上位グループなので、そんなに落ち込まなくてもいい」と話した。
理科学習への関心・意欲が他国よりも低いことには、「政策の中でより理科教育の充実が必要だと感じている」と述べ、
次期学習指導要領改定で理数教育の授業時間を増やしていく必要性を指摘した。

落ち込めよ。文部科学相がこれじゃあ日本も終わるな

265 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:41:05 ID:DFYgaXks0
社会ではどうか知らんが学問では文系/理系と分けるのは良くない。
色んなこと学んで、学んだこと同士を連結させた思考をしなければ、真の理解にはならない。

266 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:41:47 ID:5H4RHJIkO
ていうかアメリカの順位がめちゃめちゃ下がってね?

267 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:42:14 ID:898uUVFpO
文科省・町村志ね
韓国に笑われることするな

268 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:42:20 ID:uhX265do0
ゆとり世代は日本の不良債権

269 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:43:06 ID:L2TW/SQn0
そんな事は、ゆとり教育が決まる前から世論でもマスコミでも
懸念を示していた事です。今頃気づいてどうするのでしょうか。
こんな事すら結果を読めない人間が政治家として日本をよく出来るのだろうか?



270 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:43:12 ID:3dA5aVOv0
>>264
学力より、愛国心が大事だってさw
食えなくても心が高貴だから幸せってやつか


271 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:43:20 ID:N+BupicL0
フィンランドの成功例が有名なように、
日本の大失敗も世界の記憶に刻まれる。
悪例として教育現場のテキストに載るだろう。
フィンランドと対比されて。
不名誉なことだ。

272 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:44:21 ID:lL05GAtk0
>>241>>253
アメリカに長く住むものだけども、
今月号の日系ビジネス(アメリカでも購読可能ね)に特集されて
そして俺自身の友人にも居るのだが、
最近アメリカのエリートの中にはNPOで働く人が増えている。
つまり、金持ちになる!!という価値観に疑問を持つ人が増えている。
もちろんNPOにもいろいろあるが、まさにそれだけを職業とする人達のことね。
俺はアメリカを全面的に肯定などしないが、ここら辺は流石アメリカ・・と思うところ。
または贅沢病かもしれないが。
それと比較して日本のNPOの何と・・いやNPOにも立派な気概を持つものは多いだろう、
だから日本国民に言わせて貰うが、
アメリカと比較して何と・・いつまでも地位や学歴や収入で人を評価する者が多いことかと。
東大→NPOに就職する奴なんて居るのかね?
日系ビジネスによると今ではハーバードの10%、バークレーの12%が
5万ドルほどの収入しか得られないNPOに就職してるとか。
彼等の意識が、一流の一流足る所以の一つだと思うよ。


273 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:45:19 ID:TOZiywKA0
>>271
ありえるなあソレは

274 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:46:31 ID:K82SQ6K9O
学力低下してもニートにならなければいいよ

275 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:46:39 ID:JjvyG1lr0
>>265
学問ほど分業が顕著な所は少ない思うんだが

276 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:47:17 ID:C7ogjarr0
左右が逆だと海外派兵でしたよ?

277 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:47:30 ID:Q3c7RjJj0
日本の大学生は、特に文系私立大学生はバイトに明け暮れている。
実に人生の無駄な使い方だ。借金してでも良い学歴成績を得て、
後の収入や地位を高めて借金を返すほうが合理的だといえる。

ヘマした銀行を救済するために、あれほどの税金をしかも
低金利政策をとってまでやっている片方で、国の学習支援
や教育への予算は国際的に見ても国の経済レベルからすれば
諸外国に劣ると言える。特に大学などの高等教育。

278 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:47:49 ID:zk2al5Rv0
今の高校の教科書には複素数がないもんなぁ
やっぱ高校までは詰め込み学習でいいよ。


279 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:48:30 ID:YGm11byy0
>>252
>時間さえかければいいなんて言うお馬鹿が。

意味不明、却下

280 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:48:40 ID:oCqjHXuc0
>>265
理系は専門以外に割ける時間は少ないから今のままで仕方がないけど
文系は基本的な科学の知識は必要だよね

281 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:48:43 ID:0ek0UUqj0
http://bestzemi.best-kai.jp/category/1186135.html

282 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:48:53 ID:6c65X1WlO
>>265
激しく賛同だな

そういう授業を展開してるのはもはや一部の国立高校や都立高校くらいで、大概の私立高校や都立高校は受験対策に明け暮れているみたいだね

283 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:49:17 ID:UAzNP3Gx0
あー
これでゆとりはお荷物だと科学的に証明されたわけだ


かわいそうに・・・
あの時代に生まれなくてよかったわ

284 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:49:33 ID:89WZWRe/0
科学への興味が最低ランクってのは納得させられるな。
テレビつけるといい加減にしろってくらい霊だの
すぴり茶るだかなんだかだの心霊捜査だのキチガイ番組
ばかりやってる品。かぐやが月に到達したり
日本も製造に関わっているボーイング787が完成したり。昔は
こういう大きな科学イベントがあると民放でも必ず関連番組
をやってたけど今は本当に馬鹿番組垂れ流ししかない。

285 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:50:28 ID:kjWDeD540
>>265
分けたがる時点でおかしい。
多様性が無い証拠だね。

全ての元凶はこういう所にあるような気がして仕方が無いんだな

286 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:51:30 ID:YGm11byy0
>>277
あのね、ここで問われているのは小学校、中学校の子供が受ける義務教育の事であって
大学じゃないんだよ。勿論小中高高校を経てから大学に進学するんだけどさ
大学に辿り着くまでの学力が問題なわけ

287 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:51:41 ID:KKbbg6raO
あたりめーだろwwww
ゆとり政府バッカじゃないの(^∀^;)

288 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:51:55 ID:AfqmYNVg0
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)〜          .|  世の中は「オタク」だらけになってしまいますよ!
  | ∪< ∵∵   3 ∵> ムッキー!    <  野球好きな人を「野球オタク」なんて言わないでしょう?
  \        ⌒ ノ______    |  それと同じです。私は断じて「オタク」ではありません。
    \_____/ |   | ̄ ̄\ \   |  そもそも私は車・バイク趣味が高じて、ガンダムに
___/      \   |   |    | ̄ ̄|....|  興味を持ったわけですから「オタク」ではありません。
|:::::::/  \___   \|   |    |__|....|  ガンダムシリーズ以外のアニメも見たことありません。
|:::::::| \____|⊃⊂|__|__/ /   |  「アニメオタク」なあなたと一緒にしないでください!
|:::::/        | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕   \________________________

289 :無職ひきさん ◆8.xouHeEsE :2007/12/05(水) 06:52:35 ID:u+TkLiCp0
>>250はカイジ読みすぎ

290 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:52:37 ID:sSeSouMe0
>>278
複素数の基本は消えていない
虚数 i は習う
複素数平面はなくなったが、代わりに一次変換が復活した

291 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:52:42 ID:E1XWJkth0
>>265
文系理系なんてバカみたいな分け方してるのって日本ぐらいじゃないか?

「おれ理科わからんから文系」「わたし数字とか苦手だから文系」

って理由で安易に文系に傾く原因でもあるな。
文系と呼ばれる学問って一見すると知識覚えるだけで簡単そうに見えるから。



292 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:53:36 ID:LiKyQorBO
今頃気付いたか諸悪の根源

293 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:54:41 ID:bu0UpKEh0
受験地獄詰め込み教育批判でゆとり教育導入→学力低下
耐震強度偽装問題で建築基準法改正→建築着工数激減で日本経済下降線
投信の押し売り問題で金商法→客からは批判殺到、投信売れ行き激減で貯蓄から投資への掛け声倒れ

全部、おまいら国民が望んだ結果だろ・・・・・・

294 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:55:10 ID:uTndTVvcO
>>284
その通りだな。むしろ、ネットに触れてる方が科学に興味持ちやすいな。物によっては才能の無駄遣いで紹介してくれたりするもん

295 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:55:48 ID:0xO/3PEv0
>>285
ただそういう区分けをしない高校教育は、結構「ゆとり教育」に近い
内容になるんだよ。
それはつまり、ちゃんと大学でレベルの高い教育をビシバシ叩き込む、
というのが大前提になった上での改革。

俺はそういうゆとり教育は支持するんだよな。
科学系の選択は、実際にその教授の授業を受けられるようになってから
決めさせてあげたいし、医者や弁護士は大学の学士号取得後に
進路選択してもらいたい。
だけど、今の大学教育では「ゆとり教育」の行く先は教育機会の剥奪
以外の何者でもない。これじゃだめだ。

296 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:55:50 ID:YGm11byy0
理系でも微分積分も危ない奴もいるし文系でも大丈夫な奴いるしねw

297 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:56:41 ID:a/30fVn20
円周率は、おおよそ3

298 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:57:50 ID:bu0UpKEh0
愚民には愚策が似つかわしい

299 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:57:59 ID:E1XWJkth0
http://sankei.jp.msn.com/life/education/071204/edc0712041823002-n2.htm
>科学への興味、関心のアンケート調査では、日本はほとんどが最低レベルだった。
>「科学に関するテレビを見る」8%(同21%)、
>「科学に関する雑誌や新聞の記事を読む」8%(同20%)、
>「科学を話題にしているインターネットを見る」5%(同13%)で、
>いずれも最下位となるなど、日本の高校生の社会への無関心ぶりが表れた。



日本のテレビに出来ること


・バラエティ番組の規制
・芸人の追放
・くだらない内輪ネタの禁止
・民法でも科学教育番組枠を制定
・とりあえず「たけしの万物創世記」を再放送




300 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:58:16 ID:oCqjHXuc0
まあ科学は時間削られて実験や実習が減ってるから教科書を丸暗記だと
マニュアルを読んでるみたいでつまらんわな

301 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 06:59:45 ID:kjWDeD540
現代哲学を学ばせないとな

302 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:00:26 ID:yHQOSjS8O
受験向けの勉強しかしないから応用力が足りないんだよな。

303 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:00:47 ID:fSM5lGWV0
複素数平面無しで複素方程式理解するって逆に難しいように思う

304 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:00:51 ID:JjvyG1lr0
NHK は気に入らないが、プロジェクトXは良作だった

305 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:03:48 ID:YkRRhd9n0
ゆとり認定

306 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:05:38 ID:ltl+wGh3O
オワタ人民共和国だな

307 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:05:47 ID:JjvyG1lr0
現実のすばらしい物を見ても、映画等で慣れてしまって、感動しなくなってるんじゃないかな

308 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:06:04 ID:YGm11byy0
>>302
え?「ゆとり教育」は義務教育なので公立では受験勉強はありませんけど

309 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:07:02 ID:ysMqjSp90
マカオって頭いいのか

310 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:07:25 ID:7jm7tjdr0
ゆとり関係のウィキぺディアざっと見たら「ゆとりは悪くない!」「日本の学力は落ちていない!」って強弁したがる奴が暗躍しているな

311 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:07:54 ID:wx37F6Yc0
PISAって私立も参加してるのか???

312 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:08:07 ID:WuyYULwN0
順位が下がったのは他の国と比較した学力であって
絶対的な学力低下とはイコールではなんだが
文科省の無能役人も2ちゃんねらーも
ゆとり以下の馬鹿ばっかりだな

313 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:08:08 ID:C7ogjarr0
肯定してるじゃん。

314 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:08:57 ID:sp3Jbr0dO
日教組はもちろん悪いが、製造業の立場で言うとろくな報道しないで高給貰い過ぎている糞マスゴミや裏で支える糞電通等が理数系離れに加担している。T大工学部出て芸NO人になる奴もいる現状からして、もっと製造業の優秀な技術者を優遇しないといけないな。

315 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:09:55 ID:OgIO8ohL0
>>312
はいはいゆとり乙

同じ大学卒でも20年前と今では雲泥の差、勉強しろ

316 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:10:08 ID:YGm11byy0
>>312
平均すれば確実に落ちているんだよ
そりゃ金持ちの子供は金持ちしか通えない塾に行くからな
子供の間でも格差は広がっているんだよ

317 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:10:15 ID:RzwLDYWA0
ゆとり教育の成果は
援交で金儲けをする女が増えた事
離婚女が増えた事
精神的な馬鹿が増えた事
美しい国日本が出来た事(政治家談)

318 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:10:18 ID:qcMFkffhO
だんだんDQNが増えていく

319 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:10:54 ID:8zdglV4s0
>>309
.........オカマ と、ハッキリ書け。 読む人に理解をし易い様に書く事も
      大切だ。

320 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:11:16 ID:ltl+wGh3O
負け組に頼り過ぎてる社会だからこうなる

321 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:12:28 ID:7jm7tjdr0
まあゆとりも詰め込みだの受験地獄だのさんざ叩かれたおかげなんだけどな
お役人にも言い分はあるだろうて

だがもう間違い認めるべきだ。
屁理屈ならべて「ゆとりは悪くない」って言ってる奴なんなんだ?
あらゆるデータに学力低下が歴然としてる
頭悪い国民に未来は無い

322 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:12:31 ID:WuyYULwN0
>>316
そういう事を言いたいんじゃなくて
学力低下の根拠としてOECDの調査を持ち出すのは
無理があるって事だよ

323 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:13:22 ID:S5Ooqq2d0
ゆとり教育のせいにするのは間違い。日本よりはるかに
ゆとり教育なフィンランドがトップレベルなのは教育の
質が高いからだ。もちろん予算も出してる。

324 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:13:31 ID:yHQOSjS8O
ニュースでも言ってたが、他国では
「自分の生活に役立てる為」
に勉強するってのが多いらしい。だから実生活に沿った形で身に付ける。

一方の日本は
「将来使わないかもしれないけど受験の為」
に勉強してる感じだから、理論は突き詰めても実生活には直接には結び付かない。
だから応用しようとも思ってないから、変に頭が働かないヤツになりがち。

オレが思うに
「知識は力なり」
って言葉は良くないと思うんだ。知識だけ有っても使えないんじゃ意味無いし。

知識を使う“知恵”こそが本当の意味で力なんだよなぁ。

だから日本人の応用する為の“知恵不足”が、今回の結果に繋がったんだろうな。



325 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:13:37 ID:JjvyG1lr0
>>314
製造は賃金の安い途上国で作るんだから杯は少なくなるわな
国内に工場作る企業も少しずつ増えてきてるが


326 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:14:42 ID:kjWDeD540
>>310
村社会の人達が編集してるから

327 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:15:26 ID:T0PEh7250
国民を馬鹿にして金吸い上げる機械にすればいいだけから
問題ないだろ?

変に知恵付けられたら困るもんな。これからますます。

328 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:16:47 ID:AT8yGkq60
朝鮮人の傀儡である国賊寺脇とその家族に対し
徹底的かつ断固たる国民的制裁の鉄槌を下せ!

329 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:17:01 ID:wx37F6Yc0
教育課程の上限を撤廃すればいいんだよ

330 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:17:18 ID:+xkeHOyo0
社会党が政権にいたときに始まったんだよな。


331 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:18:16 ID:YGm11byy0
>>322
無理な理由は?

332 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:18:22 ID:tybx2MXF0
ゆとりもあるんだろうけど少子化で競走がなくなったのもでかいよな

333 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:19:11 ID:mP+v4+8z0
>>324
いや、お前の言うことこそがゆとり教育の目指したものだろ>知識じゃなくて知恵を身に付けるとかいう漠然とした文系発想

個性がどうとか応用力がどうとかは大学行ってからでいいんだよ
小中学校のうちからそんな高度なことをやらせようとしたって無理に決まってるだろ

集中力や論理的思考力、もっと単純に堪え性だったり、
バッシングされがちだが英単語の詰め込みだったり、全部役に立てようと思えば役に立つし、大事なものだよ

334 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:19:14 ID:oCqjHXuc0
>>322
同じ問題やらせて解けないんだから学力は確実に落ちてるだろ
この調査じゃ学力低下しているかどうかが分からないって意見には同意するけど

335 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:19:33 ID:+xkeHOyo0
>>326
あそこは左翼の巣。




336 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:19:44 ID:s+mXxCuEO
頭いい奴が声のデカい奴に負けるこんな日本ではロクな物など創れる訳が無い

337 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:19:59 ID:Eq70cvAs0
>>317
ゆとりで余暇時間のたっぷり増えた教師が時間を持て余して
わいせつ犯罪に精を出したのか、検挙された教師もずいぶん
増えた気がする。これもゆとり教育の成果。

338 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:20:17 ID:7jm7tjdr0
ゆとり擁護派もなかなか踏ん張ってるがもはやこの勝負見えたわ〜っ
点を見よ! 見えるはずだあの死兆星が!

339 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:20:29 ID:9l2WsyLH0
つかOECDってなんだ
どうやって学力を調べたんだ????

340 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:21:24 ID:YGm11byy0
>>330
社会党か
村山政権だったな
土井たかこが「山は動いた」と言ってた時だっけ

341 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:21:34 ID:/yWtOhdzO
ゆとり教育だって外圧だろ。優秀な日本人が生まれないように
そもそも本質的に独立心や集中力が高いコーカソイドに対し
モンゴロイドは集中力をつけさせるには訓練が必要
それは幼児期。物心がつく前にしなければならない。
学校に行き出してからでは遅いのだよ。
家のテレビを消して、ケータイやパソコンも電子ゲームも消して
ジグソーパズルやブロック遊びを親が一緒に遊んでやること
親が側に居るという子供が精神的に安心している中で、
頭と手とを同時に動かしながら集中力を付けさせる。
1歳くらいから4歳くらいの間にやるべき
先ずはその辺りから始めるべきだ。


342 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:22:05 ID:66k7Ym7K0
もし、ゆとり教育のせいじゃなかったら
どうするつもりなんだろう
漠然とした、生活態度の低下によるものとかほざくんだろうな


343 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:22:27 ID:4FA40P5R0
学習意欲の問題を無視しても意味がない
学習意欲があればゆとりがあるほうがむしろいい

344 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:23:03 ID:+xkeHOyo0
>>333
>英単語の詰め込み

英単語は5000語ぐらい覚えないと何の役にも立たない。

本を読むどころか、ちょっとした会話すら出来ない。

345 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:23:09 ID:bJ2PfhU40
ゆとり教育考えた奴って団塊だろ。ゆとりより馬鹿ってことじゃん。

346 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:24:14 ID:YGm11byy0
>>345
団塊というより日本転覆してほしい勢力じゃね?

347 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:24:53 ID:AcLjMAuUO
>>323
フィンランドはゆとり教育なんかしてません
学校間の競争は日本と較べものにならないくらい激しい。

348 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:25:18 ID:+xkeHOyo0
世界中で学力を落とす政策を取る国って聞いた事がない。
日本を滅ぼすためにやったとしか思えない。
まあそういう勢力が政治についていたんだけれども…


349 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:25:37 ID:wx37F6Yc0
>>341
小・中学受験する親は、その姿勢が高校にはいるまで続く
公立と私立でどんだけ差が出てるかテストしてみてほしい

350 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:25:39 ID:h4twoccm0
ゆとり教育は、正しい。
学校週5日制が諸悪の根源だ。
学校週6日制に戻せば、学力は復活する。


351 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:27:01 ID:CV+VaAUxO
誰か東大生・卒の人いる?

352 :電動キムチ ◆QkRJTXcpFI :2007/12/05(水) 07:27:13 ID:fV8F1xl9O
日教組は責任とれ

353 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:27:34 ID:nfq83yNj0
つか国が意図してエリートとバカの二極化構造を作ろうとしたら
思いのほかバカが増えすぎてこりゃやべえ、ってことになった、
というだけじゃねえの

354 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:27:41 ID:66k7Ym7K0
>>344
おまえ英語ぜんぜん話せないだろ
中学生程度の学習でも日常会話なら余裕だが

355 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:29:12 ID:Kw00J46z0
>>345
起源は中曽根政権の頃だと思う。
旗振り役は今は70代くらいか?

356 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:29:27 ID:YGm11byy0
>>348
そういう報道が一切なされない虚しさよ。。。
日本人はこのまま負け組みになるのかなぁ

357 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:29:55 ID:s+mXxCuEO
子供なんて厳しくしつけて当たり前だろ
大人が何責任放棄してるんだよ
文科省は大変な事をしてしまったようだ


358 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:29:57 ID:UV3rPSxv0
日本人には愚民化のゆとり教育を実施した寺脇研は、
自分が理事の在日学校では詰め込みのエリート教育を実施。

TBSの常連、寺脇研の日本崩壊政策、日本人劣化が徐々に現れてきています。


359 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:30:34 ID:+xkeHOyo0
>>354
英会話ってどのレベルのこといってるの?
片言で向こうが気を使ってくれてやっと通じるレベルか?

スィーツな会話なら3000語ぐらいで済むが、ちょっと知的な会話も出来ないよ?

ちなみに小学生でも読んでるハリーポッターは2万語レベル。


360 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:30:49 ID:B/+XvJ6AO
日本は高等教育が行き届いているから、全16-18歳平均学力≒高校生の学力だが、
他国は高等教育を受けられるのはある程度の階級以上。
総じて高校生の学力>全16-18歳平均学力になるんじゃね?

361 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:31:09 ID:kjWDeD540
>>333
詰め込みの前に会話もさせろ。

せめて押尾学くらいの会話が出来るようにな
ANNで通訳やったりしてたからな

362 :ガムはリカルデント:2007/12/05(水) 07:31:45 ID:SnCjSDcw0
>>353
エリート教育ってどこかでやってるの?

363 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:31:50 ID:7BkfIC/l0
>科学への興味、関心のアンケート調査では、日本はほとんどが最低レベルだった

科学立国ニッポン(笑)
まあここでゆとりを馬鹿にしてる詰め込み教育のおじさんたちも
科学に全然興味ないけどね

364 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:33:22 ID:s+mXxCuEO
暗記教育やめてレイトン教授やれや

365 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:33:30 ID:0xO/3PEv0
>>347
俺もそう思う。
北欧の高校生には会ったことが無いが、
大学生以上だと、非常に厳しく学問を科されてる
と感じる事が多い。ゆとりでも、大学卒業は
至難の業、とかそういう感じなんじゃないか?

366 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:33:58 ID:WuyYULwN0
>>360
答案用氏に名前が書ければ入れるレベルの学校が
海外にもあればそういう理ことになるね

367 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:34:06 ID:JjvyG1lr0
>>339
無作為に選んだ高校生5000人だったと思う
他国は知らない

368 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:34:32 ID:L0FUOzqX0
フィンランドみたいにゆとりでありながら学力がつくような授業にしろ
詰め込み教育なんか非効率的な事やるな

369 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:34:48 ID:7jm7tjdr0
>フィンランドがトップレベルなのは

おそらくフィンランドにも内幕にいろいろ過酷な状況や軋みがあると推察する
フィンランドはゆとりで成功した!なんて奴
上っ面だけしか見ず天国みたいに思ってるんだろ
この前も高校で落ちこぼれ君の銃乱射とかあっただろ

370 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:34:52 ID:YGm11byy0
>>365
欧米の大学はだいたい「行きは良い良い帰りは怖い」だよ

371 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:35:28 ID:Tmi6fQa7O
愚民化政策の成果が出てよかったね、金持ち東大卒エリートさん

372 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:36:11 ID:0xO/3PEv0
>>366
だから、そういう大学は沢山あるんだって。
だけど「解答用紙に名前が書ければ卒業できる学校があるのは、日本ぐらい。」
ここを問題にしなきゃ。それが問題の根本なんだから。

373 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:36:45 ID:NcxOQLltO
内容削減を考慮に入れろと。
今の教科書じゃどうあがいてもトップにはなれん。

374 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:37:02 ID:s+mXxCuEO
馬鹿な芸能人が技術者より豊かなこんな日本でロクな物など創れる訳が無い


375 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:38:01 ID:y67YFrNh0
>>284
スピリチュアルとかはマジで問題だな。
特に女はああいうのが好きだからなぁ。
日本のような重化学工業が経済を経済を引っ張る国は、
女も科学に強くあって欲しいよ。

オウムのテロがあってからしばらくは超能力とか占いとかを、
TVも自粛していたんだが…最近は完全に解禁状態だな。
どこぞのアンケートではゆとりのガキは「人は死んでも生き返る」と
思ってる奴が決して少なくないらしい。


376 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:38:05 ID:7jm7tjdr0
そういやしばらく前のニュースにあったマンガ教科書ってあれどうなったのか
ちょっと気になるな

377 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:38:07 ID:C7ogjarr0
いいじゃん。猿のようにオナニーしてりゃw

何が悪いのw

378 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:38:32 ID:oCqjHXuc0
>>346
左翼の一部は能力差や競争を敵視してたから
あと官僚や政治家、マスコミなどが自分たちの子弟をエリート層として富を独占したいと
思ったのかもね
全体的に下がったら国が傾くのにね

379 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:38:44 ID:wx37F6Yc0
>>369
あれ?
フィンランドって教員のレベルが高いつーか・・・
教員になるのが大変って聞いたことあるんだが、空耳だったかな・・・

日本は簡単に教員になれるから・・・それはそれで問題だろw

380 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:39:05 ID:YGm11byy0
>>371
こういう工作員って日本人じゃないよね
何で故郷に帰らないんだろう?
新井なんか立派な日本人になっているのにね
何か問題あるんだろ

381 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:39:28 ID:m7LO0DL90
ゆとり推進派はもはや国賊級だな

382 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:40:09 ID:AcLjMAuUO
しかし、なんで日本ではフィンランドがゆとり教育を実施しているなんて大嘘がまかり通っているのだろう
どこが発信源なの?

383 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:40:15 ID:yBqPuNHL0
本当にゆとり教育の影響なのかしっかりと検証して欲しいところ
アホが大学行って2世3世が搾取する社会に嫌気が差した、ってのもあると思うぞ
結果が出ない勉強なんて誰もやりたくないからね

384 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:40:26 ID:Cpb3evkTO
今からでいいからハタチ以上は軍団みたいな勉強団体作って二、三年詰め込みさせれば?
学生は6時間土曜ありにして強制。
親は文句言えない。違反したら親が勉強に行かなくてはいけない。
英語じゃなくて国語算数理科社会重視

385 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:40:27 ID:5ujgezAI0
高校生の時、オレの成績は中の下だったが
さいきんのクソガキが軒並みバカに見える

この感覚に間違いは無かったということか


386 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:41:06 ID:1S9M0cpkO
まさに扇動だな
たしかに政策のミスだがゆとり教育自体の問題じゃない
かつての教育レベルを維持してゆとりを与える事を怠っただけ
よくもこれだけミスリードできるものだ

だいたい採点が自己の利益に直結しないテストを真剣に受けている訳が無い

387 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:41:13 ID:kjWDeD540
抽象的思考こそが物事の本質を捉える。
幾ら多様化しても対応出来るから

>>370
それで良いじゃないか

入り口を広く取っても良い、その代わり出口を極端に狭くしろと。

388 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:41:27 ID:JjvyG1lr0
国賊予備軍の生活を、税金で保証してるんだから笑ってしまう国

389 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:41:49 ID:+xkeHOyo0
>>382
日教組あたりじゃないの?
主体思想信奉者がトップだったあの組織。
デマはお得意。


390 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:41:53 ID:YGm11byy0
>>375
スピリチュアルとか知らないが、幽霊は見たことある
ああ、あの世の世界ってあるんだな〜って思った

391 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:42:07 ID:DFYgaXks0
>>368
日本の子供はあんまり積極的じゃないからね…。
一方通行の授業しか出来ないから、結局詰め込み式が一番効率良いんだよ。
この辺がゆとりが失敗した原因のように思える。

まぁ、出来る子は知的好奇心満たす為に勝手に色んな本読んで賢くなっていくってのは万国共通だと思うけど。


392 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:42:08 ID:zYAwxdHL0
お笑い芸人なんかのステータスが
高い国だし仕方ないべ。

393 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:42:14 ID:RkeaiTB80
貧乏国民は公立コースで低知能・低偏差値(学歴じゃないよ)・低所得者コース
官僚・政治家・金持ちは私立附属コースで高知能・高偏差値(学歴じゃないよ)・高所得者コース

公立教員ですら、我が子を私立にやるんだからね。
公務員家庭は私立禁止にするべき。それくらいやらないと
文科省は本気にならないよ。

394 :とさか:2007/12/05(水) 07:42:58 ID:hVwLvVcn0
俺はそれでもゆとり支持だ。

395 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:43:26 ID:bE9/50ZeO
楽にとれるのは教員免許だろ。
採用されるのは難しいよ

396 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:43:33 ID:4bWb5gjoO
全員が100点取れる教育とか言ってるけど、そうなったら勉強しないのは当たり前だろ

397 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:43:37 ID:IwprNPce0
社会へのアウトプット、企業が求める人材が変わらないからな

398 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:43:39 ID:NJcmYK0k0
エロの知識・関心は世界一や

399 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:43:40 ID:E1XWJkth0
>>382
まずあなたのいう「ゆとり教育」の定義って?
フィンランドが日本よりゆとりって言ってる人は
日本よりも授業時間数が少ないっていう意味で言ってるだけじゃないの。

400 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:44:17 ID:ZWbqn2L80
もう日本オワッタナwwwww
当分トップレベルには入れない。
資源も食料も福祉も教育もありませんwwwww

401 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:44:22 ID:66k7Ym7K0
>>378
推進者は中曽根、三浦のあたりだったと思うけどw

402 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:44:31 ID:RkeaiTB80
>>396
当初は、全員が100点取れるようにしっかり授業が行われると思ったが
実は全員が100点取れるようにレベルを下げたってのが、もうね('A`)

403 :ガムはリカルデント:2007/12/05(水) 07:44:43 ID:SnCjSDcw0
>>394
なぜ?

404 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:45:02 ID:YGm11byy0
>>378
左翼だけならいいが右派にもいるし
つうか左と右が

405 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:45:11 ID:m7LO0DL90
【研究】 チンパンジーの子供、大学生9人に勝つ…瞬間記憶力で
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196733029/

406 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:45:42 ID:5ujgezAI0
全員が桃太郎の教育をしてるから
みんな自己中なラオウみたいなガキばかりになっちまった
言うこと立派でも自力で何とかできないと親や国のせいにしてばかり

もうううんざりだね

407 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:45:59 ID:wx37F6Yc0
>>395
枠が減ったからなw
つかさ、
「先生、算数得意じゃないから○○先生にきいてごらん」
っていう小学校の先生が平気でで存在している不思議

408 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:46:10 ID:0ek0UUqj0
NHKスペシャルで、科学や歴史をあつかったものって
内容がいいと、スポーツや社会事件と同様に視聴率もよく
民放のドラマやバラエティ並み
いずれ、下がるんだろうな。

http://www.nhk.or.jp/archives/nhk-special/rated/high_rated.html

地上波にこだわる必要はないとは言え
社会が下降気味になるとするなら悲しい。

409 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:46:13 ID:y67YFrNh0
>>391
確かフィンランドの子供の授業って、「出来る子は先に進ませ」「出来ない子は
先生がしっかり付き合ってできるまで教える」だっけか?

こういうのって子供とはいえ「国民性」みたいなものがでるのかねぇ。
向き不向きが。

しかしどちらかというと先生の質に問題があるようにも思えるが。

410 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:46:26 ID:U3DQnhy30
ゆとり教育は、文部省による実験だったんだよ。
授業時間を減らしたら生徒の知能がどの程度低下するのか実験したかった。

このたび十分な成果を得たので元に戻した。
ゆとり世代は文部省のモルモットだったと言えよう。

411 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:46:53 ID:NW7I6nJoO
>>382
ゆとりと言うか、以前から時間は少なかったらしい。
ただ、フィンランドでは国自体が学力に対して、相当な金を投じて力を注いでいる。
日本と比べる以前の問題かも?
日本も真似てみる事が多いけど、大抵中途半端だし。

412 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:47:10 ID:V8qQiOgB0
ビートたけしが、雑誌かラジヲで愚民化云々言ったのは、
かなり前だぜ

政治家は、支配される方のレベルが低い方がいいってさ

413 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:47:32 ID:YGm11byy0
>>400
日本が終われば日本で生活している在日のお前らも終わりだ
イザとなれば帰国できるだろうが辛い日々を送る事になるだろう

414 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:47:35 ID:O29/GGwcO
受験を終えた高3に試験やっても結果は同じだったかな?
どう思う?

415 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:48:36 ID:AcLjMAuUO
>>399
ただそれだけのことなのですか!
なんだそりゃ
向こうの教育内容はそれこそ日本と較べものにならないくらい高度なのにネ

416 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:48:42 ID:n9FyARNO0
>>411
日本が真似したら、
また財政赤字が膨らみますよww

417 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:48:52 ID:y67YFrNh0
>>412
しかし支配する民が完全に溶解してしまったら、支配層だってまともな生活
できんだろ、と。それこそラピュタ状態。

418 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:49:13 ID:wx37F6Yc0
>>414
多分同じ
今年の中1から削除された単元がいくらか戻ってきたから
来年も多分・・・

419 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:49:23 ID:m7LO0DL90
     ,,wwww,,
    ;ミ~    \
    :ミ       |
    ミ  -=   =-|
    rミ <・>  <・>|
    {6〈     |  〉
   ヾ| `┬ ^┘イ|
.    \ | -==-|/
    /|\_/
   /  |\/|\
  |   「,只|  |

420 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:49:35 ID:+xkeHOyo0
フィンランドは、ようするに授業時間減らす代わりに、補習時間(個人授業)がおおいんだろ?
今のゆとり教育は単に授業時間を減らしただけ。

どこが同じなんだ?


421 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:49:43 ID:S5Ooqq2d0
フィンランドは教育に賭ける予算も多いからね。
だいたい楽しく自分から勉強するようにし向ける
のはさすがだと思った。

422 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:49:47 ID:lL05GAtk0
俺が思うに、
知識とかゆとりを持つとかそういう事の前に日本の社会が必要なことは、
実際の社会で、この2chのように人々が(もちろん他人と、席が隣同士になったくらいでいい)
コミュニケーションを持つことだと思う。
もし日本社会に何か欠陥があるとすれば、この人間の繋がりの希薄さだろう。
その冷めた社会に知識やゆとりを持たせても、それが生かされるのは運良く(もちろん自分の力ででも)
良きコミュニティーも持った者だけに限られる。
まさにそれを持たない者達が多く集まるのが2chだが・・

423 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:50:00 ID:eG3oGyw50
ゆとりの学力は異常

424 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:50:05 ID:8zdglV4s0

■言われている問題が、いつ修正できるかが問題では?

 ただ時間を増やせば良い・・だけでは、学問への興味を失った風潮は
 直らない。....社会が「科学や、良い放送番組、その他の良い意識誘導」の
 テレビ番組なども作ろうとする意識に向かわなければ、問題の修正はできない
 と思う。....やはりテレビの影響は凄いところがある。
 ★そのテレビの「力を利用すれば、子供も、大人も、社会も・・」、科学や、
  色々な役立つ知識に興味を持って来る。....そんな「国家戦略」が
  必要に思う。

★勿論、これからの教える内容の吟味は必要。....ただ時間の割り振りだけを
 討論しても無意味だ。....教える内容。 方向性=勉強をする意義までも、
 教える側は考える必要があると思う。....受験の為たけではなく、将来・この知識が
 仕事に役に立つとか、国際関係の中での会話、知識に必要だとか、日本の
 科学知識や技術の発展に役立つ・・とかを教える必要があると思う。

 教える側、親たちが、「勉強をする必要性の定義」を知る必要があると思う。
 今は、日本全体が「勉強とは、なに?」と、迷っているのでは・ないだろうか?


425 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:50:06 ID:742dvg2CO
円周率=3(笑)

426 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:50:13 ID:YGm11byy0
フィンランドなんかどうでもいい

427 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:50:42 ID:7BkfIC/l0
勉強してないんだからテストの結果が悪くて当たり前じゃん
もっと別の能力鍛えるためのゆとりだったんだろ
それなのにゆとりにしてテストの結果が悪かったからゆとりは駄目だったってなんだそりゃ
なにがしたいんだよw

428 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:51:07 ID:RkeaiTB80
>>412
>政治家は、支配される方のレベルが低い方がいいってさ

それは道理だけど、過ぎれば国力低下に繋がって
国が滅ぶだろうに・・・・既にその序章が始まってる

429 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:51:11 ID:q3gBtbDr0
ゆとり教育じゃなく文科相が無能だということを認めないと何も変わらんよ。

430 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:51:38 ID:yBqPuNHL0
本当にゆとり以下の単純な思考の奴らばかりでうんざりだ、日本の国民性もここまで落ちたか

一番の問題は学力が収入や生活に結びつかない社会構造であって、ゆとり教育はそこまで攻められるべき物じゃない
結局お前らは経団連のてのひらで踊ってるだけだってことだ

431 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:52:21 ID:mGTzimSZO
ゆとり教育+モンスターペアレント(?)=DQN
という法則が我輩のなかで確立された!

432 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:52:25 ID:wx37F6Yc0
>>420
理解度の違いをよくわかってるから補習が多いんだよ
授業やりっぱなしじゃなくてちゃんと解決させる時間を補習でやるか、
帰宅後、子供にお任せにするかの違いなんじゃね?

433 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:53:21 ID:n/H809kH0
国が滅んで何か問題なの?

434 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:53:36 ID:tRNL2pOa0
授業でやってることは家でもできる
自主的に勉強する連中には授業への出席なんて負担でしかない

435 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:53:43 ID:ogJsAao/0
また詰め込みに戻るんだろw

436 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:53:59 ID:yHQOSjS8O
>>333
実生活に沿ったことすりゃいいんだよ。
小中学生の頃から大人と同じ行動するわけないだろ?

早くから応用する癖をつけないと意味無いんだよ。

小中学生時代には確かに知識は必要だが、そのことだけを学ぶから
受験に沿った知識詰め込み勉強が正しいとか勘違いするんだよ。

ゆとり世代の親に、受験馬鹿な親が居なかったと思うか?
逆に「塾に行かせて知識を増やさなくちゃ」とか言う親が居たぞ。

受験の体質はゆとり世代でも変わってない。
だから、ゆとり云々じゃないんだよ。



437 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:54:03 ID:0ek0UUqj0
>>427
せめて「学力は下がりましたが いじめ問題は少なくなりました」とかならいいのに。

撲滅は無理としても、組織(学校や行政)による隠蔽がヒドいからな。

438 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:54:04 ID:m7LO0DL90
>>431
むしろ
ゆとり+2ch=mGTzimSZO

439 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:54:18 ID:KYatbF9pO
ゆとり世代は少しの努力で同世代からは抜き出れるな。うらやましい世代だ。

440 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:54:26 ID:742dvg2CO
まあ、思春期にゆとりがあったら考えることは
セックスのことだろ
そんなこともわからなかったのか
バカだな

441 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:54:34 ID:UV3rPSxv0
フィンランドでは、小学生が読まされる本の数が半端じゃなく多い。
読解力が重視されている。


442 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:54:36 ID:y67YFrNh0
>>420
>>421

やはり一番の差は「教員の質」なんじゃないか。
教師を育てる段階から金と時間をつぎ込み、教師としての自覚や教育の重要性を
もっと根本的にたたき込み、その上で給料や勤務時間なんかの面で厚遇してやる
必要もある。

思えば、俺のガキの頃は、なんだかんだ言って良い先生が多かったよ。
先生は怖かったしぶたれもしたが、愛を感じたし尊敬できた。
授業も面白かったしな。今のガキの不幸は良い先生が少なくなったこと
なのかもしれん。

443 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:55:24 ID:ZWbqn2L80
フィンランドみたいな極寒の国と簡単に比べるなってw
あそこはちょっとでも気を抜いたら社会が崩壊してしまう危機と常に戦ってるんだから。
そりゃー将来の蓄えに対する執着心は並大抵ではない。

日本のように温帯で、その辺のバナナとか食ってる国とは基本的に違うぞ。
社会システムに関しては日本なんて比べ物にならないくらいに敏感だ。

444 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:55:25 ID:L0FUOzqX0
ゆとりが問題じゃなくて教科書のレベルが低すぎるんじゃない?あと教え方とか
授業時間増やしてレベルの低い事教えても時間の無駄だし非効率的だろ

445 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:55:32 ID:YGm11byy0
>>433
>国が滅んで何か問題なの?

お前は自国に帰れるからいいよなw

446 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:56:07 ID:s1CRxO+10
わかっててやったんだから 大成功! ってスレタイに入れとけよ

447 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:57:05 ID:WBGqamJRO
詰め込みってのはスポーツで言う基本練習だろ、
それを手薄にしてんだから、落ちて当たり前。


448 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:57:15 ID:gMQBVFlQ0

【政治と金】 文化庁でも贈収賄疑惑
http://ex23.2ch.net/test/read.cgi/ghard/1196752464/
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1196745900/

449 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:57:19 ID:kjWDeD540
日本人の大半ってファイナンシャルリテラシーが世界の七不思議と言えるくらい驚異的に低いけど
大丈夫なのかねえ。
既に中国やロシアにまで完璧に抜き去られている。

450 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:57:53 ID:+xkeHOyo0
一時期本気で米国移住を考えたが食い物のまずさで断念した。w
もう日本だめだわ。

451 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:58:13 ID:V8qQiOgB0
>>417
サンクス

>ラピュタ
何?

452 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:58:18 ID:UAzNP3Gx0
>>444
じゃあ時間を増やして質も上げればいいじゃない

453 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:58:22 ID:JjvyG1lr0
政治、マスコミ、教育
どれほどのテロリストが入りこんでるんだろー

454 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:58:32 ID:YGm11byy0
京大の皮膚細胞から臓器・・これが日本人最後の偉業になりませんように

455 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:58:46 ID:Vi7mE6RGO
ゆとり教育やめたところで、
あんたらみたいになっても困るしなw
どっちもどっちでしょ
それより犯罪者の刑罰をもっと
厳しくして、
いらない人間に税金使わず、どんどんデリートしろ

456 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:58:51 ID:VOXytbnMO
それで細木数子や江原啓之を信じてるわけだろ?

457 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:59:19 ID:wx37F6Yc0
>>444
>ゆとりが問題じゃなくて教科書のレベルが低すぎるんじゃない?

全部とは言わないが・・・
大方の私立は検定教科書は使わない
公立でも中高一貫校も検定教科書は使わない
ちなみに高2までに数VCがほぼ終了する


458 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:59:30 ID:yHQOSjS8O
>>333
あと、そもそも学校は
ゆとり教育でも“知恵”を学ばせるようなことはしてない。
知識詰め込みをした緩和したけど知恵すらも教えられなかったから
何にしても失敗でしかなかった。



459 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:59:47 ID:C7ogjarr0
僕が来年の夏欲しいのはバナナじゃなくて、
それをさす割り箸とラップと冷凍庫。

460 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:59:53 ID:+xkeHOyo0
>>451
天空の城ラピュタのことと思われ。
ガリバー旅行記のことじゃないだろうね。


461 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 07:59:56 ID:+Y+VCa10O
で、ゆとり教育を推進して国益を損ねた屑は謝罪しないの?

462 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:00:05 ID:0WuHiv7N0
左翼の愚民化の結果だな。あとは中国人と在日に政権を渡すのみ。

463 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:00:28 ID:ZWbqn2L80
日本の学力は実質学習塾によって支えられているんだから、
この際学習塾を学校にして、学校は友達と遊ぶ場所にすれば全て解決する。
これしかない。

464 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:00:52 ID:E1XWJkth0
>フィンランドが経済協力開発機構(OECD)の国際学習到達度調査で世界のトップに立った秘密に
>特別補助授業がある。2003年調査の「読解力」で見ると、3段階の到達度のうち最も成績の悪い
>集団が、日本はOECD加盟国平均と同じ19%。フィンランドではわずか6%で、参加国・地域の中で最少だった。
>「教育というボートに乗った子どもは一人たりとも落とせない」
>フィンランドの教育関係者から、しばしばこうした言葉を聞かされた。

少し古い記事だけど、これを読む限り、フィンランドは習熟度別に教えて落ちこぼれも救ってるから
平均点が底上げされるんじゃないかね。好成績を残すってのは結局そういうこと。
落ちこぼれが少ないってだけでフィンランド人が全員秀才とかそういうことではないよね。

授業時間数が少ないのもこの補習時間分が入ってないから、、なのかな?

日本で習熟度別学習って言うと、差別だとか子供の心を傷つけるとかおかしなことを言うやつらが
沸いてくるから実現出来そうにないね。安部たんが辞めたのは日本にとって大きな損失だったな。




465 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:00:59 ID:s+mXxCuEO
円周率=3!

あははははは あははははは

466 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:01:09 ID:N+BupicL0
今後、世界中の教師の卵が学ぶだろう。
フィンランドの成功と、日本の失敗を。

467 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:01:27 ID:/+Wrh2U40
>>461
国外から勲章くらいもらえるんだろうな。

468 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:02:01 ID:Mgy1RmDf0
円周率は3でいいよ
3.14なんてややこしいことさせられるから数学は嫌いになった

469 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:02:08 ID:YGm11byy0
>>456
幽霊は見たから信じるけど細木や江原は笑っちゃうね

>>463
学校のフォローは塾がしてくれるが塾に通えない層の子供が可哀想

470 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:03:11 ID:UAzNP3Gx0
>>463
だなー

でも今の30人クラスとかかわいそう。
30人のうち同性は15人。
これで遊べと言われてアブレ者を出すなという方が無理だよな

50人クラスの時代はよかった。

471 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:03:42 ID:XUkTG5zd0
ゆとり教育を推奨した先生たちの一人が今回のテスト↓の言い訳として
「ゆとり教育を徹底しなかったから今回のような影響がでている・・・・」
とズームインで釈明してたけどこれって在りか?

472 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:03:54 ID:EE1RiJAOO
ゆとり世代は就職が楽で良いですね〜
馬鹿でも簡単に就職できて最高ですね〜

473 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:04:50 ID:YGm11byy0
>>472
ゆとり世代の大卒はまだ世の中にでてきてませんよ

474 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:05:06 ID:ZWbqn2L80
>>468
3でもπでもどっちでもいいよ。
実社会では3で概算するのが普通だし。

475 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:05:21 ID:V8qQiOgB0
>>460

スレ違いだけど、ハヤオ作品知らないもんで、よくわからん!


476 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:05:21 ID:HI+9kDOsO
資源も無い、土地も狭い、少子高齢化、国力を支えるものが技術しかないこの国が、その技術の土台となる次世代の学力とその育成を放棄してたんだねw

477 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:05:23 ID:E1XWJkth0
>>468
3.14159265*
という数字の不可思議さに面白みを感じて数学が好きになった俺涙目

478 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:05:28 ID:/CkQzOmP0
理解度の違いって有るじゃん。
先生の話を一発で理解する子と、100回繰り返してもまだ分からない子と。

どちらにも同じ内容を教えることに無駄があると思うんだ。

479 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:05:34 ID:s+mXxCuEO
円周率=π
実はこれでいいのだよ
簡単さでは変わらんが数学の面白さは伝えてくれる


480 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:05:35 ID:/+Wrh2U40
おいおい。企業がゆとり使うわけないだろ。
不況になればゆとりはすぐ処分されるよ。
氷河期より酷い問題になる。氷河期とちがって本物の馬鹿だから
派遣にもならないし社会問題になるぞ。

481 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:05:57 ID:jf7dpiG80
本質は週休2日を学校に導入する為の大義名分に
寺脇のゆとり教育が利用されただけの話。

本末転倒した奴らがこれを口実に更なる
ゆとり教育が暴走に走った。


482 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:06:25 ID:wx37F6Yc0
>>464
>日本で習熟度別学習って言うと、差別だとか子供の心を傷つけるとかおかしなことを言うやつらが
沸いてくるから実現出来そうにないね。

ちなみに近所の小学校じゃ・・・
習熟度別授業のクラス分けは自己申告制
塾のクラスがそっくり移行しみんな熟睡、
残りはなれあい非受験クラスで授業崩壊w

483 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:06:34 ID:nfq83yNj0
バカを作ろうとしたらバカができた。この世代なら死ぬまで薄給の
派遣でコキつかってもろくに文句も言えない。適当に韓国や中国の
悪事の噂でも流しとけばそっちばっかに目が行くから、もう経団連や
政府はやりたいようにやれる。大成功!っていう状況じゃないんすかね、今。

484 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:07:17 ID:tRNL2pOa0
学校の授業は西洋の古典を使った討論制にして午前中で終わらせればいい
まともな奴は家や塾で自主的に勉強するし、コミュニケーションの場を設けることでいじめも減る

485 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:07:45 ID:3gX08aHA0
理系は就職しても給料安いから、なるだけ無駄。

486 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:08:11 ID:YGm11byy0

ゆとり(大卒)が社会人になるのは2009年のはず

487 :464:2007/12/05(水) 08:08:16 ID:E1XWJkth0
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/20050324us41.htm
ソースはりわすれた

488 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:08:52 ID:yBqPuNHL0
>>480
だからあああ、馬鹿だろうがなんだろうがいいんだよ
頭で仕事する正社員なんてホンの一握りなんだから・・・・・・

489 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:09:03 ID:AuKApy0J0
>>349
それより大都市圏の官僚や教員など公務員の子供の
私立附属小・中受験率や在籍率を知りたいね。

特に首都圏在住の文科省や教員の子供の何割が
私立に通っているか

490 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:09:10 ID:s+mXxCuEO
なんか世界中に騙されて日本だけが馬鹿になったようだ


491 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:09:20 ID:y67YFrNh0
日本の今までの教育の一番の問題点は

「 人 は 皆 平 等 で 、 同 じ 力 を 持 っ て い る 」

としたことにあるんだろうと思われる。
実際は「そうでない」のに、だ。

戦後の詰め込み教育は、出来ない子を出さないために、ただただひたすら
詰め込むだけの教育だった。まぁどんな馬鹿でもギュウギュウに詰め込んでやれば
少しは入る。そしてその間、出来る子はひたすら眠たい授業に付き合うだけだ。

そうではなく、世の中には勉強の得意な子と不得意な子がいるのは、もうどうしようも
ない事実なのだから、その差をしっかり認めてやって、出来る子には先に進めて
やり、出来ない子にはしっかりわかるまで丁寧な教育を施してやるのが、
もっとも合理的な教育なんじゃないか。

しかし、この教育を行うには、教員の質(技術面でも精神面でも丁寧さが必要)と
親の理解が重要。そして勉強だけが全てじゃないし、勉強と言ってもいろんな勉強が
あるということを子供に教えていかなければならないだろう。

492 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:09:36 ID:j9KRO5Oy0


                          |~|
                          | .ヽ
                         ノ  \    _
                       |ヽ_/    \_//
                     √_  ._     __.(
                      ) (.ヽ´\  ./   ̄
                      ⌒_   .\/
                     .ノし~|
                     |   |
                     <   ヽ                         アヒャヒャヒャヒャ!
                     /    |                         ブレイクブレイク!
                     /    /                             ∧_∧ φ
                    /   _(         ・゚・(´Д`;)。・゚・          ヽ(@∀@-)ノ
                 ,,-,/ ;〜⌒);;〜⌒);;〜⌒)〜 ノ( ノ)日本が…日本が…    (   )
          〜⌒;;⌒;;;(⌒ぐももももももも……〜⌒)  く し                <  <
    ギャハハハハハハ(⌒;;⌒;;〜⌒;;⌒;;〜⌒;;⌒;;⌒;;〜⌒;;⌒;;〜⌒;;〜⌒)
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ハライテ-ニダ    イキデキネーアル  フォフォフォ
   (-@∀@) < 日本解体ついに成功  ∧_∧          /中\           モウ カンベン
.  ( つ ⊂ )  \_______   <`∀´  >、       ,, ( `ハ´ ) ,,       シテクダサイ
   .)  ) )   ○   ∧_∧ ワハハハ  ,, へ,, へ⊂),       _(     )_      ∧_∧ ○,
  (__)_)  ⊂ ´⌒つ@∀@)つφ   <_<__)_丿        し ̄ ̄し     ⊂(@∀@⊂ ⌒ヽ



493 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:09:47 ID:DFYgaXks0
>>480
それはオレも心配してる。

494 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:10:01 ID:/+Wrh2U40
>>488
筆記体もしらねーんだよ?日本語の読み書き会話もあやしい
奴も増えてる。バイトにもならないよ。

495 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:10:04 ID:bGWEAI7N0
今の高校生が真のゆとり世代ってことでいいのかな?
彼らが社会に出始める4年後以降は日本社会は混沌としそうだね。

496 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:10:27 ID:5sZ4Nc0p0
ニートが企業の雇用方針を語っても説得力ないぞ。
どんなにバカばかりの時代だろうと、ニートが一般人より上に見られることはないからな。

497 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:10:38 ID:8zdglV4s0
また、こうも言えるのでは?

「学問」=文系、理工系・・だけの「知識を求めるもの」としているのでは?
「学問」=問いを、学ぶ。 つまり、何かを知ろうとすれば、なぜ?
どうしてその様になる。 答えは?....の様に、多くの「問い=疑問」が
出てくる。....問い=疑問と言うものは、人が生きている間は、いつも
多くの疑問=問いが出て来る。....そして、その問いを解決して、学んで行く。
そして、また次の疑問の問いの「答え」を学んで行く。
その様に人は、いつも「問いと答えを求められて、生きて行く」。

つまり「学問」とは、一生続けなければイケナイもの。
だから「学問の奥深さまでも、教え」、人生での幅広さまでも
「学問から得られる事」を教えるべきではないだろうか?

★ただ、知識だけを詰め込んで、「学力が上がった」として喜んでも
 おられないのではナイだろうか?
 なぜ?なら、学校教育者の「性犯罪事件の多さ」「公務員の性犯罪
 事件の多さ」「社会保険庁」「厚生省」「防衛省」・・それらを見ても
 高学歴だけが、良いのでは無い事が分かる。
 ただ単に勉強での単位が良い者だけが、優れているのではない。

★だから、ただ知識的な詰め込みだけでは、本当の「学問」とは言えないと思う。
 その意味で、「問いを学ぶ。 疑問を学ぶ」という方向性や、
 意識が必要なのでは、ないだろうか?


498 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:10:46 ID:E1XWJkth0
>>491
「がんばれば何でも出来る」「夢はいつか(笑)叶う」も加えてくれ




499 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:10:47 ID:YGm11byy0
>>480
高卒のゆとりならすでに社会にでてきてるけど
大学生もいるよ

500 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:10:56 ID:L0FUOzqX0
塾の授業を学校でやればいいんだよ

501 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:11:03 ID:wx37F6Yc0
>>478
教えなければならない項目は変わらないから、最初は一つの授業でいいんだよ
理解度の違いで幾つかの層にわかれる
その階層別に教え方を変えれば解決する

塾のクラス分けなんてこんなもんだw

502 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:11:21 ID:moSaBW8q0
国賊寺脇で確定か

503 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:12:09 ID:/+Wrh2U40
>>493
やっかいなのは氷河期と違ってゆとりは簡単に仕事をやめる
だろうってことだよ。
受験も就職でも苦労してないからなあ。その後行き場があるのかどうか。

504 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:12:26 ID:9hjLBZA40
難しいことを教えなくなった分、基礎をみっちり叩き込む教育をすれば良かったのに、ただ遊ぶ時間を増やしただけだもんな。

505 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:12:29 ID:Eq70cvAs0
>>483
国民に最低限の知能があればこれだけ悪政をやれば不満が爆発して投票行動に
現れて変革が起きるんだがやっぱり日本人って元々馬鹿なのかなと思う。
一応参院選では究極の腐敗政党が大敗したけど次は分からんしな。

506 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:13:00 ID:AuKApy0J0
>>490
英米がゆとり転じてスパルタ教育に方針変更を表明したにも関わらず
日本はせっかく準備を進めたからとゆとりを推進したわけで
騙されたのとは違うよ。官僚が怠けただけ

507 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:13:33 ID:krHiZLnd0
>>474
>実社会では3で概算するのが普通だし。
そんな実社会てどこですか?
記憶してなくても、関数電卓で10桁出るだろw


508 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:14:07 ID:zLJiI5NV0
女が馬鹿になると国が滅びます


509 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:14:56 ID:tRNL2pOa0
>>505
それこそ丸暗記だけの教育の成果だろ
自分で最後まで考えることを放棄してしまう

510 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:15:15 ID:AuKApy0J0
>>508
バカは困るが女に学歴や学問は要らないってのは
ある意味、正しいと思うね。

511 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:15:28 ID:E1XWJkth0
>>508
国が滅んでるから女が馬鹿になったんだろ

512 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:15:44 ID:Za71f3aE0
俺は、教師の質が低いだけだと思う。

授業を増やしても変わらないよ。

十年後も今のままだよ。


513 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:15:53 ID:y67YFrNh0
>>501
問題は、それが国語も数学も一緒にはできないってことだろうな。
国語は得意でも数学は苦手って奴もいれば、その反対もいる。
科目ごとに、習熟度別クラス分けをする丁寧さを学校側に求めるべきかどうか。
それが良いのかどうかも、少しは議論になるだろうな。

まぁ結局はそうしたほうがいいと、個人的には思うが。

514 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:15:58 ID:YGm11byy0
>>506
お前は1からレスを読めよ
ゆとりは日教組の先生のわがまま

515 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:16:12 ID:MbVASUMV0
就職氷河期の頃に大学生だった頃がピークで、以降ゆとり化が進行したな。

516 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:16:25 ID:wx37F6Yc0
478
>中学受験者 最多に…首都圏では6人に1人
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20070201ur21.htm

もうね、高校受験しなくて良いからって理由はすでにない

>20年前の1987年の7・9%から16・9%へと倍増した。
少子化なのにこれってさ・・・


517 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:16:52 ID:GMeAMxEg0
>>471
結果が落ち込む一方だからねぇ 言い訳にならないかもね。

よく「子供たちだけで解決させる」授業をやるけど
あれ、時間食うからもっと授業時数増やさないと…参観してて進まないのではがゆいw

518 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:17:11 ID:9hjLBZA40
優劣の法則を教えなくなったせいで、遺伝の本質を理解できなくなった。
イオンを教えなくなったせいで、洗剤の成分表示を見ても理解できないヤツが増えた。


519 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:17:29 ID:ZWbqn2L80
>>507
ん?なんか変??
どのくらいの大きさになるかなっての想像しながら会議したりするときとか大体3で暗算するけど。
わざわざ関数電卓使ったりとかしてるの?
そんな会社もあるんだな。

520 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:17:41 ID:E1XWJkth0
教育・先生板で
今一番議論が行われてるスレが
「中学で上級生に敬語を使わせるのは差別だ」
「教師はイコール変態猥褻なのか」
だもんな

そりゃ教師おわっとるわな

521 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:18:55 ID:0xO/3PEv0
>>498
それは教育とは何の関係もないし、本当の事だろ。
がんばれば出来る事は、予想している事よりはるかに多い。
ってのは俺が人生で学んだ大事な事なんだがな。

高校程度までの初等教育で努力の尊さを教えるのは
大事なことだ。実際あのレベルだったら、時間さえかければ
誰でも出来る。出来ない奴は、人より時間を掛けるのが
悔しくて、最初から投げちまってるだけだ。

522 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:18:56 ID:bGWEAI7N0
>>514
1から全部読むのは疲れるので日教組がどんなわがままいいやがったのか要約して教えてください

523 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:19:20 ID:kjWDeD540
この国はアスペルガー症候群の奴が大量発生しているからなあ。
どうするよ

524 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:19:36 ID:sGJJpovLO
考えない人間を量産すれば国がコントロールし易いから、
ゆとり教育を推進しました。


525 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:19:38 ID:GMeAMxEg0
>>481
まさか平日の余裕がなくなるとは思ってなかったっぽい
教師が多忙で心身の健康損なってる

526 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:19:48 ID:JjvyG1lr0
3しか習ってないんだから、状況による使い分けなんて出来ない

527 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:19:50 ID:YGm11byy0
>>510
女も賢い嫁を貰わないとバカ女なら一生マズイ飯を食わされるぞ
頭の良い女は安い食材でも料理に工夫がある
当然ながらメシもうまい

528 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:20:16 ID:E1XWJkth0
>>519
そりゃ会議とかではそうだろうけど

暗算で建築物とか設計されたら
たまりません ><

529 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:20:33 ID:9hjLBZA40
>>516
私立中学受験する理由としては、私立はDQNが少ないっていうのも大きいけどな。
子供はともかく、少なくとも親がDQNである確立は低い。

もちろん、滝川のようなケースがあるから、私立だって安全というわけではないが。

530 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:21:20 ID:lLjqGPoB0
>>514
日教組がワガママ言おうが文科省がゆとりを止めたと言えば済んだこと
大元の責任は文科省の官僚だよ。

531 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:21:38 ID:vQU6wLIu0
ゆとりのみなさん。君らがバカにされるのは寺脇研のせいです。
彼は君らにゆとり教育をおっかぶせて現在本人は在チョンのエリートを育てる学校の理事長をしております。

繰り返します 寺 脇 研 のせいです。

532 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:22:12 ID:L0FUOzqX0
学校での勉強より塾での2~3時間の方が全然身に付くからな
ゆとりと言うより教え方の問題だろ

533 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:22:15 ID:wx37F6Yc0
>>513
ん?
>科目ごとに、習熟度別クラス分けをする丁寧さを学校側に求めるべきかどうか

生徒数は変わらないんだから・・・
1学期の結果を見て、2学期から各クラスを分割して
各層を集めてHRクラスと同じクラス数に編成すれば教員の数も同じで良い
てかさ、
公立の場合はそれ以前の問題が・・・

534 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:22:27 ID:krHiZLnd0
>>519
会議で3で暗算するのか?
PCとかOHP、ホワイトボードでプレゼンテーションするのが普通だろw


535 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:22:45 ID:ZWbqn2L80
>>528
3で概算するというのは大体の大きさを想像するということ。
それを概算という。

>暗算で建築物とか設計されたら
>たまりません ><

お前みたいなゆとりのことが問題なんだよ!!!wwwwwwwwwwww

536 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:22:56 ID:742dvg2CO
一方、少女雑誌にはフェラチ○のやり方が、図解つきで掲載されていた

日本\(^O^)/

537 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:23:03 ID:8mgehRQM0
>>468
少数点の入った掛算ができない奴ばかりになる気がする

538 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:24:06 ID:S8gP3AsTO
ゆとり教育って新自由主義に移行するため格差を作るための教育方針じゃなかったのか?今まで通りの授業している学校もあれば、高校なのに小学校並の授業してるとこもあるし

539 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:24:18 ID:GMeAMxEg0
>>532
塾は勉強だけでいいけど学校は集団生活を教える場でもあるから

540 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:24:32 ID:y67YFrNh0
>>521

>>498は俺の長文(>>491)をくさしたかっただけだと思うから、真面目に
相手するなって。俺の言いたい本質の部分も理解できてない奴なんだし。

ちなみに>>521の内容には同意するぜ。昔の先生は、授業の合間合間に
人生とか夢とかそういったことについても語ってくれたし、そういった
先生を素直に尊敬も出来たもんだがなぁ。

541 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:25:05 ID:nxbjvm9LO
>>522
長期休暇は当然として、土曜日も休みにしろ。

542 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:25:08 ID:TCFujgYHO
ゆとりだけ週休二日廃止にしろ

543 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:25:37 ID:9hjLBZA40
円周率を3で計算させたら、
「いちいち3.14をかけるのが面倒だから、分配法則を利用して、先に足し算してから最後に掛け算をする」
という工夫が生まれてこなくなる。

544 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:25:40 ID:evDKhmjl0
文科省は今更何を言ってんだ?
まさか本気で授業時間を減らしたら生徒の学力が上がると信じてたわけじゃないだろw

545 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:26:10 ID:YGm11byy0
今の高校1年生は円周率3で教わってるよ

546 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:26:34 ID:Ze9yISLvO
小6がゆとり前の4、5年生の勉強しているという事実
そして解けない

547 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:26:39 ID:Sb9VSG14O
フィンランドの場合、少人数学級&大学院で高度な研修を受けた質の高い教員を揃えているから。
詰め込み教育とは方向性が違った、徹底的な量より質の教育システム。
ゆとりの場合、量も質も落としただけなので、ああなる。
日本がフィンランド方式を選択するなら、教員を大幅に増やし、かつ無能な教員を解雇、優秀な者に総入れ替えしなければならない。
とりあえず、授業そっちのけで政治運動しているようなのは、全部解雇で当然。
出来ないなら、詰め込みにもどすしかない。

548 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:26:54 ID:/+Wrh2U40
そのうち地球は平面とか教えるんじゃないかw

549 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:26:58 ID:742dvg2CO
会社ではエクセルとか使うからな計算能力は不要

550 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:27:04 ID:8zdglV4s0
>>523
それは違うのでは?  KY(※空気の読めない)の者が増えていると
言うべきでは??

551 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:27:11 ID:V8qQiOgB0
>>508
もともと、お金と逝け麺しかきょうみないみたいだし…

552 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:27:15 ID:krHiZLnd0
>>535
お前の会社の会議に出る奴は、ゆとり以下のバカしかいないのか?
資料を作成しないのか?
何を作ってる企業なのかな?

553 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:27:42 ID:9hjLBZA40
女子高生のスカートが異常に短くなったのはゆとり教育が始まってからだよな。
学校が生徒に「決まり」をきちんと守らせることが出来なくなったことも、ゆとりと関係あるのかな?


554 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:28:26 ID:E1XWJkth0
>>521
ある程度は頑張ればなんとかなるんだろうけど、
大人がむやみやたらに何でも叶うよと煽るのはよくないと思った。

不細工が頑張ってキムタクになれるとも
精神障害児が頑張って総理大臣になれるとは思えない。

最近のガキって、そういう煽りの影響+テレビの影響で
アイドル・芸能人・有名人等やたら花形の職業になりたがる奴が多くない?

その、向き不向きをもっと考慮してもいいんじゃないかなと思った。

555 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:28:48 ID:jT71rs2U0
ゆとりチョーガンガレ

556 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:28:52 ID:JjvyG1lr0
時計の針が一周したら何度ですか?
12度

ワロタ

557 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:29:13 ID:esCPcZsX0
>昔の先生は、授業の合間合間に人生とか夢とかそういったことについても
>語ってくれたし、

郁文館のドキュメントで、先生が理事長に今は何の授業だって怒られてたな。

558 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:29:40 ID:PoNYVGXB0
官僚様による愚民化政策の失敗

559 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:30:09 ID:krHiZLnd0
>>549
エクセル辺りでOKなら、レベル低いね。

560 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:30:25 ID:2kp52Z4A0
今の中学3年生あたりなど目も当てられない惨状ですよ
自分でものを考える能力が非常に弱い
彼らの責任ではなく大人のエゴによるものなのだと考えると強い憤りを感じます

561 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:30:48 ID:9hjLBZA40
歴史も酷いぞ。日本とアメリカが戦争したことすら知らない小6とか、奈良時代の次は江戸時代なんて平気で答える中3が、ゴロゴロいる。

562 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:31:17 ID:z+VkiTEz0
少々学校の授業数変えたところでそんなもん関係ない。

本人意欲とバカ親の問題。

そういう構造を作り出しているのは
政治家や糞官僚、公務員などのデタラメぶり。
どうせやっても報われないという空気。

563 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:31:34 ID:kjWDeD540
>>550
色んな病気の合併症みたいな感じで

564 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:31:34 ID:wx37F6Yc0
>>529
私立も階層が分化してるw
今年は合格最低点を引き上げたり、足止まり考慮の合格者を減らしてる学校が出てきた
一方で・・・
はじき出された生徒を全部引き取ろうとする学校も出現
そりゃもうね、授業料免除とか推薦校の公開とか午後受験とかで涙目で必死

あのさ、2月1日にとある学校に金髪・豪華刺繍入り革ジャン・ミニスカ・ウエスタンブーツの
ママが大挙していく光景に遭遇した
中受界オワタ・・・の気分だったwww

565 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:31:55 ID:ZWbqn2L80
>>552
>お前の会社の会議に出る奴は、ゆとり以下のバカしかいないのか?

そう思うならそれでいいんじゃないの?
わざわざ関数電卓持ってきたり、暗算で建物作ってる人がいると思ってる人がいることに驚きました。

566 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:31:58 ID:+FXkqfSo0
そもそも、ゆとり教育は学力偏向、学歴重視の社会を是正して真の豊かな社会を築く社会構成員を養育するための思想だったはずだ。
その精神がテストによる学力低下という表面だけの減少で否定されるなど笑止。












本当の恐怖はこれからだよw


567 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:32:17 ID:joLnQ4tm0
国策としちゃ、15歳元服制度が最強なんだよ

高校までをぎゅっと圧縮、15歳までに詰め込み、さっさと社会人に。
大学は、本気でそれ以上勉強したい奴が自分で稼いで行く処に。

生物としてやりたい盛りに、ある程度稼いで社会人してるから、
自然と子供生まれて少子化対策。
若くして社会に出るから、失敗してもやり直しが容易。
チャレンジがあるから、国としても活気が出るとな。

ついでに若い奴の自立時期だけ減税してやれば完璧だよw
流通しない小金を溜め込んだ多数のご老人方に負担増して、
国力を支える後進を育てつつ、経済活動に貢献してていただく方が有効でつ。

568 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:33:17 ID:ogJsAao/0
>>561
ゆとり全開だな

569 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:33:48 ID:yBqPuNHL0
もう、本気でクーデター考えるべきかもわからんね

570 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:33:59 ID:8SAzs0ry0
>>37
数学って嫌いになるためにあるんじゃないの?


571 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:34:37 ID:wUtWCkQD0
文部科学省はこういう結果を込みでゆとり教育やったんだろ。日本人がまぬけになってもいいから貧乏になってもいいから楽になろうよという
政策だったんだよ。それはそれでいいと思う。日本は世界の真ん中ぐらいの
豊かさと科学技術力でいい。

572 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:35:11 ID:n/H809kH0
数学ってタダのパズルじゃん。テトリスと同じだよ

573 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:35:16 ID:YGm11byy0
>>568
ゆとりはまだ大学生

574 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:35:32 ID:9hjLBZA40
>>564
新自由主義とやらで、手段を選ばないやり方で金持ちになったDQNがたくさんいるからな。
そういう連中の出来の悪いガキどもを金で受け入れる私立が増えているのも確かだな。

575 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:36:05 ID:DFYgaXks0
>>503
伸び伸び育って挫折を知らなそうだからな…。自信過剰っぽいしw
中年リストラなんかされたらショックでそのまま一生引きこもりそう。

576 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:36:53 ID:s+mXxCuEO
3 と 3.14 では 六角形と円 の 差があるのだがそれを同じと教える教育のどこが素晴らしいのだよ


577 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:37:11 ID:yBqPuNHL0
>>571
いや、本当にそういう思想でやったのなら好感も持てるけど
実態は、官僚の子供となると幼稚園からずっと私立だからなあ・・・・・・

578 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:37:39 ID:E1XWJkth0
>>565
井の中の蛙大海を知らず

自分のとこの会社の会議でやってる概算を
「実社会では3で概算するのが普通」と言ってのけるとは

579 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:39:09 ID:n/H809kH0
アホ草。
円周率なんて皆50桁ぐらいは普通暗記するだろ、言われなくても

580 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:39:27 ID:AuKApy0J0
>>564
高受を止める一貫校が話題になったが
附属小がある私立は中受も廃止になりそうな話だねww

581 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:39:27 ID:/yWtOhdzO
ジブンの国をすてたスポーツプレヤーはコクミンテキヒーロー
風俗ジョウはまるでアイドルのようにグラビアです
マチの中ではショーフのカッコしたジョシコーセー、プロじゃないのにブロウジョブ、オーマイガッ
ブラックとかブルーアイなら、パッチリね
ちょとミュージシャンやダンサーみたくしたら、カタコト日本ゴで女はイレグイ
あぁなんてファンタジーワールド
このまんま、そのまんま、おバカな国でいてくれ

582 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:39:28 ID:C7ogjarr0
目配る事は重要。

高級から通そう?

583 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:39:36 ID:0xO/3PEv0
>>554
人より長い時間掛けねば理解出来ない事を恥と思ったり、嫉妬したりする
事を最初に覚え、努力さえしないで一生人を批判して過ごすのより
よっぽどマシだ。
そして少なくとも初等教育のレベルでは、努力すれば何でも出来るのは本当だ。
そういうレベルの事しか教えてないんだから。
嘘だと思うなら今日から三倍の時間勉強して、成績が上がるがどうか試して
みればよい。
ニセのゆとり教育バカってのは、そこで「どうせ努力しても駄目なんだから。」
とか「人より沢山の時間で同じ事しか理解出来ないのは、差別だ。平等じゃない。」
なんて戯言を吐く奴だと思う。

長い時間掛けなきゃ分からん場合は、長い時間掛ければ良いだけなのだ。
それを支える集中力と努力が、基本的には尊い部分なのだ。

584 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:39:43 ID:krHiZLnd0
>>565
お前、本物のバカかw
日本語の文意は理解出来るのか?
会議でプレゼンテーションの資料を用意するのは当り前だろ。
何で会議の最中にパイは3だと暗算する必要があるのか、理由判らんわw

585 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:39:51 ID:tvn5O1Hd0
>>1
これは酷いw
2000年以降の学力低下は半端じゃないねw
落ちるとは思ってたがこれほど急激に落ちるとは。
知力・精神力・体力・人間性全てが劣化してるからな〜。
日本が途上国に後退する日も近いね。
え?生活水準は途上国に近付いて来た?
さすが中曽根・小泉・寺脇だねw
マクロ政策=国政が与える影響の大きさを如実に物語ってる。
つうかこんなもん分析の必要も今後の対策を雁首揃えて考える必要なんて無いんだよね。
良かった頃に戻せばイイだけ。
授業時間や内容をね。
指導要領や教科書も当時の物に戻せば良いだけ。
実に簡単明瞭だ罠。
で、教師の権威が落ちて言う事を聞かなくなってるんだから
現場教師の権限を強化しろよ。
言う事聞かん奴や妨害する生徒や親は学校から排除出来る権限を与えろよ。
権威を取り戻してスパルタ復活これしかない。
徴兵制が無い替わりに学校教育や部活ではスパルタを認めるっつうのが戦後の方針だったはず。
徴兵制復活させるよりはマシでしょ。

586 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:39:55 ID:BhnxjS4b0
今41〜42歳の親がいたらゆとり影響初代親。
このころから学習指導要綱で授業内容が削られだしたはず。

587 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:40:49 ID:wx37F6Yc0
Rを多用した部屋のクロスの張り替えには
π=3で見積もりだしてくださいねw

588 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:41:26 ID:ix0UHaaYO
問題はカリキュラムじゃねーだろ
傷つけたらかわいそう
できなても評価されるシステム
オンリーワン
義務のない権利
挫折させない
お膳立て
真ん中よりやや下レベルにあわせた授業レベル

589 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:42:07 ID:ie4DYgOgO
>>584
きっと資料にある円グラフの面積を求めるからだよ

590 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:42:41 ID:+xWe/m2L0
ゆとりは低脳とか、ゆとり世代は失敗作とか言うのはかまわんが
今の小6の問題も解けない香具師は逝ってよし。

---
787 名無しさん@八周年 2007/12/05(水) 00:40:53 ID:OsCkA5Yx0
つーか・・・ここに居る人達は
小学生の時、既にやってた問題とかじゃないの?
この間、息子(小6)の塾の問題見てびっくらこいたw
凄い難しいのな・・・

1)Aから連続する3個の整数の積を計算したところ、一の位から0が連続して
ちょうど3個並びました。Aにあてはまる最も小さい整数はいくつですか。

思考停止だわ・・・・
---

おれちょっと逝って来る…orz

591 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:42:42 ID:YGm11byy0
>>586
俺が1985年産まれで小学校に入学したんだが
この年にゆとりが決まったらしい
次年度から実施じゃないのか?

592 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:42:43 ID:pmTu6QeEO
つーか日本人がバカなのは、最終的に大学で勉強しないからだろ。

アメリカに余裕で学力抜かれるんだから。

593 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:43:06 ID:SV7OX1Va0
ゆとりって結局社会主義教育なんだよな。おまけに教師も楽になれるし。
まさに日教組のイデオロギーそのもの。反吐が出る。

594 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:43:08 ID:8bIkeaMHO
ゆとり教育を猛烈に政府に推進した教授は、
いま朝鮮人学校の特別顧問です。

595 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:43:16 ID:kjWDeD540
>>561
そのうち、奈良時代の前は弥生時代なんて言いだしそう

596 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:43:32 ID:y5QIObG0O
韓国>>>>>>日本

597 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:43:33 ID:C7ogjarr0
仁義ある食い込みwググッw

598 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:43:48 ID:9hjLBZA40
東西南北が分からないヤツや、日周運動が地球の自転によって起きるということが理解できない中学生も少なからずいる。
天動説を信じているなんて、先進国に住む子供とはとても思えん。

これは、学校の教育だけでなく、親にも責任がある。

599 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:44:43 ID:E1XWJkth0
>>583
俺も高校で教える内容程度までなら努力でカバーできると思ってるよ

たしかに「努力しても無駄」は言い過ぎだね。
けど「努力すればなんでも叶う」も言い過ぎだと思う

600 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:45:31 ID:gnGOGNXK0
ゆとり あまりにもかわいそうじゃね?

601 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:45:35 ID:8zdglV4s0

まあ、一番悪いのは「政治家」だ。 能力が無いのに国会議員に
収まっているところが悪い。

中国の「三国志」....国取り物語の時代。 劉備玄徳も「国を狙っていた
武将の一人。..信頼をしていた部下=馬謖(バショク)
ある作戦で、玄徳の言い伝えを無視して作戦は失敗。多くの部下を失った。
大きな信頼をしていた部下だったが、国を治めようとする者は、自ら
志は変える事は出来ないとして、馬謖(バショク)を処刑をした。他の
重臣も泣いという。そして、こんな言葉が生まれた=
「劉備玄徳、泣いて馬謖(バショク)を切る」。

国を治める者=幾ら信頼の厚い部下といえども、法を破り、多くの
部下の命を失わせた事は、許せない。・・という事を示した「志」だった。

★日本の政治。 なあなあの関係。 防衛省の元・事務次官。
 元・農水省の自殺した松岡大臣、社会保険庁でも、厚生省でも、
 大犯罪に値をする所業。....なあなあで首を切らない。

★これでは、国は「乱れて当然」なのかも知れない。


602 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:46:09 ID:wx37F6Yc0
>>580
中学から入ってくる子は、英語が追いつけない
幾つかの私立の附属小学校じゃ小6で英検4・3級は普通
他の教科も多分そうで・・・
底辺私立中なら11月からのやっつけ勉強で合格できるよwww

603 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:46:12 ID:YGm11byy0
でも、ある意味「ゆとり教育」っていうのは貧乏人の秀才を
蹴落としできるんだよね
その分、競争がゆるやかになる

604 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:46:24 ID:JjvyG1lr0
四季がどうして出来るのか知ってたらオタク扱い

605 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:48:16 ID:YGm11byy0
貧乏な家庭の子は塾にいけない子もいるし
塾に行ってもしょーもない塾だしねw

606 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:48:58 ID:ZWbqn2L80
>>578
なんでそんなに粘着してくるのかわからないけど、
そもそも書類を用意して話をする段階では決まった値が出てくるのが普通だと思うんだけど??
会議がどうのこうのって、なんでそんなに拘ってるの?
別に普通に3で暗算してますよ?

>「実社会では3で概算するのが普通」と言ってのけるとは

はい。言ってのけます。普通です。

607 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:49:24 ID:NWRcjZDpO
確かにゆとりは恐ろしいよ
俺も2ちゃんにくる前は
日本がアメリカと戦争したって知らなかったし
アフリカが一つの国だと思ってた(´・ω・`)

608 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:49:30 ID:s+mXxCuEO
江戸時代が戦国時代だと思っているゆとり世代


609 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:49:34 ID:n6bKMjGK0
上の世代から近頃の若い奴は・・・と馬鹿にされるのはどの世代でも共通だが
ゆとりに限っては下の世代からもおもいっきり馬鹿にされそうでかわいそう

610 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:49:50 ID:tvn5O1Hd0
15歳っつうと学習する基礎を覚えるのに大事な小学生時代をゆとりで駄目にした世代だ罠。
考える力を養うどころか考える事をスポイルしてるじゃねえかw
第一必要な知識や考え方が頭に入って無いのに応用が利くわけねえんだよ。
空っぽの脳みそフル回転しても何にも出て来ないでしょ。
これだけ悲惨な結果が出てるのにまだしつこく詭弁を弄して擁護する馬鹿が居るのがな〜。
マスゴミや寺脇なんてその筆頭だが。
確信犯的売国奴だと思うけどw
とっとと授業時間や内容をイイ時に戻せよ。
子供なんて放って置けば遊ぶに決まってる。
楽な方に流れるに決まってる。
小学生時代から勤勉さや努力する事の大切さを教えないでどうする。
学ぶ姿勢からして出来てねえだろうに。
出来の悪い奴に合わせてるとこうなる。
出来の悪い奴は特殊学級で別に教えればイイんだよ。
何で社会は過酷な生存競争を要求される新自由主義に舵を切ったのに
教育では以前より酷い共産主義になるんだよ。
特にゴリゴリの新自由主義者の中曽根が提唱し小泉が導入を決めたってのが理解に苦しむ。
学校教育から厳しい競争させてスパルタで鍛えてりゃ引き篭もりなんて無くなるわい。

611 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:50:04 ID:DFYgaXks0
理科離れは外で遊ばなくなったのが原因と思うよ。
ああいうのって「自然」に興味持つのがきっかけだから。砂山から水流したり泥水ドリンク作ったり…。
田舎の子の方が理系の成績良いって聞いたことある。

612 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:50:06 ID:9hjLBZA40
>>605
確かに塾も月謝の額による授業の質の格差が激しい。

613 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:50:18 ID:tQaovISe0
>>25
確か報道特集で見たんだと思ったけど、村山政権の時に
それまで対立していた文部省と日教組の和解が行われ
後者の要求を受け入れる形でゆとり教育がスタートした筈。

614 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:50:28 ID:E1XWJkth0
>>606
そうですか。よかったですね。

615 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:50:51 ID:6JXL2wsWO
>>583時間をかけるっていい言葉だなあと思う。何でも短縮短縮で、では余剰時間を有意義に使えているかというと違う。勉強や運動に励めば虐めなんかする余裕はないし。

616 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:51:34 ID:YGm11byy0
>>612
月謝の高い塾はそれなりの講師を集めて
よそより高い給料を払わなくては成らない

617 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:51:50 ID:n/H809kH0
> 特にゴリゴリの新自由主義者の中曽根が提唱し小泉が導入を決めたってのが理解に苦しむ。

団塊JrのIQはユダヤ人より高いとか調子に乗ってたから
アメさんに目付けられたんだねw

618 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:52:00 ID:8+I92eIc0

教育を子供の自発性にまかせようとした『児童中心主義』に、かなり問題があるんじゃないの?

自発性を子供に求めようとしても、知識や経験の無い子供には無理な話だよ。
こういう教育の動きは、第二次ベビーブームの世代から少しずつあったけどね・・・

ゆとり教育が原因じゃない。自発性を求めようとした「教育の流れ」自体に問題がある。


619 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:52:11 ID:q+V4+2quO
もう、こいつらは遺伝子レベルで何かが違う気がする。


620 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:52:11 ID:EB38JoMn0
ゆとり教育を推進し日本人の学力を低下させたのは、中曽根臨教審と臨教審に関わった保守系人脈。
自称保守(実態は新自由主義者)による格差拡大・階級固定化が、ゆとり教育の目的。
バカウヨの皆さん何か反論は?

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/01254/contents/738.htm
>「戦後教育の総決算」を掲げた中曽根首相(当時)は84年、首相直属の臨時教育審議会を
>発足させた。「ゆとり教育」に代表される今の教育施策・改革の源流をたどると必ず臨教審に行き着く。
>そのことを意識した中曽根氏も、インタビューで「ゆとり教育」の正しさを強調した。
>学力低下など問題の原因は教師の「質」や運営方法などに求めている。
>だが、中曽根氏は臨教審を「失敗だった」と総括する。

http://www.asyura2.com/0411/senkyo7/msg/301.html
↑中曽根臨教審に曾野綾子、 瀬島龍三
臨教審に影響を与えた「世界を考える京都座会」に山本七平、渡部昇一といった
保守系人脈が関わっている。

http://math-sci.hp.infoseek.co.jp/QuadEq.html
曾野綾子「私は2次方程式もろくにできないけれども、65歳になる今日まで全然不自由しなかった」
この発言から1年2ヶ月ほどたった98年の6月に教課審の審議のまとめが出され、
2次方程式の解の公式は中学数学から姿を消すことになった。

http://homepage2.nifty.com/sansihiroba/sub32.htm
三浦朱門 「そんなことは最初から分かっている。むしろ学力を低下させるためにやっているんだ」
「今まで落ちこぼれのために限りある予算とか教員を手間暇かけすぎて、エリートが育たなかった」
「ゆとり教育というのはただできない奴をほったらかしにして、できる奴だけ育てるエリート教育なんだけど、
そういうふうにいうと今の世の中抵抗が多いから、ただ回りくどく言っただけだ」
「エリートは100人に1人でいい。非才、無才はただ実直な精神だけを養ってくれればいいんだ。」

621 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:52:21 ID:h9743stwO
ゆとり世代ド真ん中の彼女と話してて、鹿鳴館を知らないという事実に愕然とした。
やはり、ゆとり教育は悪だと思った2007年末。

622 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:52:44 ID:ZWbqn2L80
>>614
やっと理解したようだな。

623 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:52:55 ID:bAA8Pu34O
>>604
それは周りがバカ過ぎるw


624 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:53:17 ID:TuZDppUe0
2ちゃんねるやってる時点で脳みそゆとりっぽいけどな

625 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:53:23 ID:wx37F6Yc0
>>612
派遣が可能になったからねw

626 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:53:26 ID:8mgehRQM0
>>590
暗算で124

627 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:53:45 ID:X3IIiRvd0
>>618
そうそう、自分で考えさせる、とかね。
地頭ができてない奴は自分で考えることもできない。
今のゆとりができるのは、考えてるふり、なんだよね。

628 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:54:14 ID:yBqPuNHL0
>>590

A=124

で合ってる?まあこんなの出来てもオレがフリーターなことは変わらないが

629 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:54:20 ID:9hjLBZA40
北欧のバイキングと聞いて、北欧料理食べ放題だと思っているバカもたくさんいるな。それもいい大人が。

630 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:54:24 ID:N23zSS3s0
>>605
塾に行くのは必須だが、行かせれば賢くなるのかといえばそれはNO!
塾が提供する問題をいかに効率よく消化するかに学力が左右される。
しかも本当に賢くなりたければスーパーエリートが集まる集団塾。
親が教えることも可能だが、そいつらだって塾の公開や問題集を利用しないとやっていけないわけで。
まあ、濃い学力を子供に与えたいのなら金はいる。
金もかけずに得るものは少ないよ。
資本もないのにどうやって儲けるの?ということだな。

631 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:54:28 ID:YM6LQMoUO
ゆとりちゃん大活躍☆応援メールお待ちしてま〜すv

ttp://blog.livedoor.jp/tamakivvvstory/

632 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:54:49 ID:8zdglV4s0
>>601
....に関係した、学校関係の事件では、ある学校で事件を起こしても、
しらない顔をして「その事件を起こした教師を転勤さすらしい」。

そんな事件記事が過去に多く出ていた。今でも転勤だけで「穏便処理」をする
事件はあるはずだ。....そんな「穏便処理」を思いつく教育者は、教育者
ではない。....犯罪者の一味だ。 だから学校が乱れる一因と思う。

※「いじめ問題」で生徒が自殺をしても、「いじめ」では無いと隠す教師。
 問題を隠そうとする教育委員会組織。....そんな組織が、良い教育を
 教えられるはずがない。


633 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:54:59 ID:GKSMwekF0
インターネットや携帯電話が影響してると思う
正直18歳以下には必要ない
法律で規制すべき

634 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:55:07 ID:BPuTSDE70
>>618
ちんけな日本語だな。
詭弁のガイドラインに出てきそうな悪文だな。
官僚の答弁みたいだな。リアルでは失笑を買うだけ。

635 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:55:07 ID:LbdKZm/AO
>>614
なんだもう終りか。ひさしぶりに馬鹿が来たと思ったのに

636 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:55:19 ID:YGm11byy0
>>621
お前の彼女何歳?

637 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:55:31 ID:EB38JoMn0
ゆとり教育を進めたのは「諸君」「正論」御用達の糞ウヨ夫婦なんだが。

バカウヨの皆さん何か反論は?

曽野綾子 (元・中曽根臨教審委員、元・教育改革国民会議委員)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%BD%E9%87%8E%E7%B6%BE%E5%AD%90
中学教科書において必修とされていた「二次方程式の解の公式」を、
作家である自分が 「二次方程式を解かなくても生きてこられた。」
「二次方程式などは社会へ出て何の役にも立たないので、このようなものは追放すべきだ」と言った。
(これを根拠に夫の三浦朱門(後の文化庁長官)が教育課程審議会で削除を主張し、
現行中学課程で「二次方程式の解の公式」は必修の事項ではなくなった。)
以上の解の公式削除発言に関して、
西村和雄編『学力低下が国を滅ぼす』中で岡部恒治から反論の声があがっている。

三浦朱門 (元・文化庁長官、曽野綾子の夫)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E6%9C%B1%E9%96%80
2000年7月、ジャーナリストの斎藤貴男に、新自由主義的な発想から「ゆとり教育」の本旨は
“100人に2〜3人でもいい、必ずいる筈”のエリートを見つけ伸ばす為の「選民教育」である事を明言
(「出来ん者は出来んままで結構、エリート以外は実直な精神だけ持っててくれればいい」
「限りなくできない非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです」
「魚屋の息子が官僚になるようなことがあれば不幸になる」など)、物議を醸す。[1]
教育課程審議会においてゆとり教育について
「私は今まで数学が私の人生に役立ったことは無く、大多数の国民もそうだろう。」と発言。
ゆとり教育を推進する当時の文部事務次官の意向に沿った発言を行ない、以後のゆとり教育を加速させた。
彼らはその後の理科系大学生の著しい学力低下の責任を全く表明していない。

638 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:55:43 ID:d9rLH3MVO
>>609
だな。上より下を気にしないとなw

639 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:55:57 ID:s+mXxCuEO
ゆとりなんかやってるからいじめが横行するんだ
毎日勉強意外の事に気が回らない位に集中してればいじめてる隙さえ無い


640 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:56:38 ID:ccBWFe4p0

全開の2003年こそゆとり全盛期なのに、そっちのほうが順位高かったってこれいかに?
 

641 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:57:12 ID:N23zSS3s0
>>639
確かに子供に暇与えすぎだな。
ほんと公立のアホな親子とゆとり教員は世の中の害

642 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:57:29 ID:yBqPuNHL0
>>621
鹿鳴館なんて試験で重要なものなのか?
オタク向けのエセ歴史モノのイメージしかないぞ

643 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:58:05 ID:wnPus8i60
ユトリスト寺脇の日本愚民化計画成功か。
幾らウォンを貰ったのかな?

644 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:58:40 ID:YGm11byy0
>>630
連立方手式なんか小学校の3年生でやってますよ
鶴亀算であり鶴亀算じゃないんだな
君が実態を知らないだけよ


645 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:59:17 ID:9hjLBZA40
>>623
いやいや、本当に分かっていない中学生が多いよ。
公転と自転の違いも理解できないし、地軸が傾いていることも知らない。


646 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:59:21 ID:wx37F6Yc0
>>637
>「二次方程式の解の公式」は必修の事項ではなくなった

同時に分母の有理化もやらなくなったから、中学の平方根の問題集の解答がへんてこなことに・・・w


647 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:59:31 ID:2kp52Z4A0
ゆとり教育なんて名前はいいが実の所教職員の労働時間短縮が目的で
日本の学生が応用問題に弱いのも
記述式テストやレポート式の授業は設問や採点が面倒だから教師が嫌がるのが原因なんだろ。w

648 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 08:59:46 ID:yBqPuNHL0
>>639
んなことはないよ。
早々にドロップアウトした馬鹿ガキが優等生をいじめ殺すようになるよ
実際、受験戦争時代にそんな事件がゴロゴロあった

649 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:00:31 ID:DHKxh1JY0
>>639
もともとはイジメなど学生の非常識化を解消するためだったような。
勉強ばかりを詰め込むのではなく、家庭で人間的育成をする時間が必要ということ
でゆとり教育が始まったはず。

650 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:00:34 ID:1bN0Kq3+O
何やっても変わらない!!

651 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:00:38 ID:E1XWJkth0
この先若いやつらの問題は何でも
「ゆとりだから」で片づけられそうで怖いな。




652 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:01:16 ID:YGm11byy0
これだけははっきりしてる
ゆとり導入で日本人の学力が下がった
何か?

653 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:01:46 ID:742dvg2CO
下請けの平社員でも円周率が理解できてるのが日本の強みだとか言ってたな

654 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:02:25 ID:H46b57IW0
徴兵制でも徴農制でも良いからしっかりやってくれ


655 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:02:28 ID:9hjLBZA40
>>649
家庭に教育能力がなくなっていることを承知の上でやったとしたら、文部科学省の役人は相当なワルだな。

656 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:03:14 ID:kjWDeD540
俺みたいに最後は自助努力が全てという世界で生きてる人間から見たら
ゆとりの言ってる事の大半は戯言に思えて仕方がないんだな。

657 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:03:31 ID:yBqPuNHL0
純粋に学力で学校を割り振れば意識も高まると思うんだけどな
実際は金や住居の問題があるからなあ
高等学校の学生寮ってのはいつごろからなくなったの?

658 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:03:35 ID:7H50EMzi0
国に「おまえらは失敗作だ」って言われたらさすがに引くな

659 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:04:06 ID:Yeacec9w0
誇らしいゆとり教育...
とりあえずこどもが馬鹿になったのね

660 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:04:10 ID:wx37F6Yc0
>>655
寺脇って全寮制のガッコだったんだよな
きっとおうちが恋しかったんだよw

661 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:04:44 ID:L0FUOzqX0
フィンランドみたいに量より質を目指してほしい

662 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:04:45 ID:YGm11byy0
>>656
ここにゆとりの10代がいるとでも思ってるのか

663 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:05:02 ID:JjvyG1lr0
秀才、天才はどこの国にもいる
外国人が驚くのは国民の平均レベルの高さ

遠い過去の事でした

664 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:05:28 ID:Qd4F9Vfv0

競争しなければ落ち続けるだけのいい例だな

665 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:05:31 ID:9hjLBZA40
>>659
教師もバカになったというか、ヘンタイが増えた。


666 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:05:39 ID:5E77cn/F0
実は競争力が落ちているのは子供だけではない↓

ニューズウィーク「何故アップルは日本で生まれなかったか」
http://www.newsweek.com/id/73236
低迷する学力、出る杭を打つ社会:東大の科学者「中村教授みたいな人はいらない」
世界的ヒットが出ない日本の電化製品、低迷する日本の企業価値、鈍重で時代遅れの経営

667 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:05:53 ID:DCeUAP+KO
>>632
一事が万事。
イジメ問題は今まで数人しか被害と認めていなかったが、蓋を開けたら数万人。
これが役人の仕事で公務員は自分たちの労働問題をゆとり教育としてやらかした結果だな。

人材をを教育できる能力の無い大人社会が、ゆとり世代を批判できる立場じゃないわな。

668 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:06:17 ID:yBqPuNHL0
>>653
下請けの平社員どころかホームレスでも理解できるよ

日本衰退の原因は学力の問題以外のところにあると思うけど

669 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:07:32 ID:Af0nvwOAO
ゆとり教育って、何らかの壮大な実験だったの?

670 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:07:42 ID:5sZ4Nc0p0
医歯薬系は別とすれば、日本は理系のエリートに対する待遇が悪すぎる。
また、理系に対して一般人が持つ印象も決して好印象ばかりではない。
オタク扱いされて気持ち悪がられることすらある。
他人から良く思われることこそ勝ちだと思っている人が増えている時代、
それなのにそんな状況。
これじゃあ理数系に興味を持つ人が少ないのは当たり前。
ゆとり教育云々以前の問題。
最近は高校生でもその辺結構シビアだからな。
ネットも普及しているし、ごまかすことも不可能だろう。
ただ、この調査に一喜一憂する必要性はないとも思うけどな。
アメリカやイギリス、そういった受けられる教育に親の所得・地位等で
大きな格差のある国は大抵こういった調査では低評価。
だがしかし、それが即国力の低下には繋がっていない。
現実問題、国の将来に影響を与えるのは一握りの勝ち組のみだからな。
高等教育機関や企業さえしっかりしていれば、問題はないはず。
逆に、ブルーカラーの従事者がバカばっかりになったところで、
それほどの悪影響はないだろうしな。
また、それ以前に、そもそも進学校の生徒はこういうの参加していない可能性もあるな。
それならば、公立優位の国=高ランク、私立にエリートが流出する国=低ランク
になって当たり前。

671 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:07:52 ID:742dvg2CO
>>658
失敗作っていわれたのかあ
ワロス

672 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:07:56 ID:C7ogjarr0
ほうかいw

673 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:08:03 ID:kjWDeD540
>>662
前スレを少し見てた時にそう感じたのさ。

674 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:08:14 ID:YGm11byy0
>>668
教師が君が代歌わないで座ったままだとね
そりゃあ教育現場も荒れるわな

675 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:08:23 ID:2kp52Z4A0
そもそもゆとり教育と詰め込み教育を相反する物と考え無くてもいいだろ
授業時間を増やせばゆとりを持って学力を向上できるだろ。w
授業時間を減らしたい為のゆとり教育じゃ本末転倒だろ。ww

676 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:08:38 ID:0hcqpgBP0
右翼日本人を論破してやる!! 日本列島は日本人だけの物じゃない!!
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195138234/l50
右翼日本人を論破してやる!! 日本列島は日本人だけの物じゃない!!
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195138234/l50
右翼日本人を論破してやる!! 日本列島は日本人だけの物じゃない!!
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195138234/l50

右翼日本人を論破してやる!! 日本列島は日本人だけの物じゃない!!
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195138234/l50
右翼日本人を論破してやる!! 日本列島は日本人だけの物じゃない!!
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195138234/l50


右翼日本人を論破してやる!! 日本列島は日本人だけの物じゃない!!
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195138234/l50
右翼日本人を論破してやる!! 日本列島は日本人だけの物じゃない!!
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195138234/l50
右翼日本人を論破してやる!! 日本列島は日本人だけの物じゃない!!
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195138234/l50

右翼日本人を論破してやる!! 日本列島は日本人だけの物じゃない!!
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195138234/l50
右翼日本人を論破してやる!! 日本列島は日本人だけの物じゃない!!
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195138234/l50






677 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:08:56 ID:tvn5O1Hd0
答えは実に簡単明瞭。
良かった頃に戻せ。
教育も経済もこれに尽きる罠。
教科書も指導要領も授業時間もゆとり以前に戻せって事だ罠。
出来ればもっと以前に戻したい。
米国の圧力があるから経済システムを元に戻す(某改革を逆行させる)のは難しいが
教育に関しては米国の圧力なんて無いんでしょw?
まさか無いよねw?
いや、導入したのが米の忠実な傀儡である中曽根と小泉だからそう思っちゃうw
で、それを利用したのが反日左翼の文科寺脇とその上司なんだろ?
ったく右も左も売国だらけだこの国はw

678 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:08:59 ID:DHKxh1JY0
>>655
当時は家庭教育を信じていたみたいよ。
幅広い人達との交流を積極的に持たせて社会性を育てたり、自然と触れあったりす
ることで情操教育を行ったり、そういう余暇の使い方を奨励していた。


679 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:09:25 ID:/diJduHI0
ゆとり教育を進めた文部科学省の役人が真のゆとり

680 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:09:35 ID:Uvb6HConO
アホすぎる日本人は世界から見放され中国人、韓国人がアジアの重臣になりそうだな

681 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:10:02 ID:Qd4F9Vfv0
どうせ土日休みなら5時まで授業でも問題ないよな

682 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:10:17 ID:YGm11byy0
>>673
前スレは知らないけど「ゆとり」の世代って3,14が3の世代なので
高校生じゃないか?

683 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:10:33 ID:YbOAfub30
受験制度改革をしないと
ゆとり教育を戻しても一緒

684 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:10:35 ID:nCMhSJSOO
40年後の日本
職場にて


オマエら「本当にゆとりは使えねえな!役に立たないからあっちいけ」

ゆとり 「はぁ〜?死ねよ老害!てかケータイ小説ちょー面白い♪♪」

非ゆとり「ちょwww先輩ゆとり世代なんすかww…どーりで…」

685 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:10:49 ID:BjIeT0Z0O
知識重視教育にもどせや 俺の頃はホクシンやら偏差値で争ってたぜ

686 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:10:53 ID:1bN0Kq3+O
80年代前から不良いただろ。少年法改正される前だら今よりヤバイ事件があったハズだし?少年法で闇に消えてる事件があるハズ
今のマスコミに今の少年達はネタにされてるだけだろ…!?

687 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:10:55 ID:dGlO5aY+O
国がもっと教育に金かけないと滅ぶよ日本

688 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:11:07 ID:6feRLO6/0
ゆとり教育は学力の向上を意図したものではない。
学力がどーしたというんだ?
比較することになんの意味がある?
煽られてはならない。

689 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:11:13 ID:hF1q/vHI0
>>678
地域社会が崩壊して久しい時代にねぇ・・・w

690 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:12:09 ID:hF1q/vHI0
>>687
同意
これは時代も国も問わず人類の共通事項だよね。

691 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:12:22 ID:IkDKRkZm0
なんで世界一の科学技術のあるアメリカが入ってないの?
なんでフィンランドや韓国は科学技術が進んでないの?
なんで世界一の科学技術のあるアメリカが入ってないの?
なんでフィンランドや韓国は科学技術が進んでないの?
なんで世界一の科学技術のあるアメリカが入ってないの?
なんでフィンランドや韓国は科学技術が進んでないの?

ゆとり教育は悪いと思うが、点数が取れるからって科学技術が優れているとでも思っているのか?

692 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:12:51 ID:E1XWJkth0
>>670
だな。
けど日本は初等教育も高等教育もダメになりつつあるとw

693 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:12:59 ID:IfsZJTT10
安倍つぶしたから、もう駄目だろうな。せっかく
教育にてこ入れしてくれる首相がでたのに。


694 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:13:18 ID:ccBWFe4p0
>>682
3,14が3の記述は92年の教科書からだよ


695 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:13:28 ID:YGm11byy0
>>686
不良なんか昔からいるがな
村の住人を一晩で十数人殺害した事件なんてのもあった
むしろ今の問題は泥棒の手口が荒っぽいことに困惑してるんじゃね?

696 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:13:44 ID:Qd4F9Vfv0
>>688
人間は煽られないと怠けるから

697 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:13:47 ID:DCeUAP+KO
>>668
まったくだ。

これからは政治家も役人もゆとり世代以上に五感のマヒした連中が中枢に入り込むからな。

異常な連中を食い止めようとすれば前科者になるしかないだろ。

698 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:13:59 ID:kjWDeD540
家庭教育と言うけど社会性の無い人間が親になったケースが多いと思うんだがな。
親を教育する所から始めないと駄目だな。

この国だめぽだな

>>682
それっぽいね。

699 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:14:02 ID:Uvb6HConO
>>691
このテスト受けてるのはまだ高校生だぞw

700 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:14:30 ID:yJATQxcn0
今の若者は団塊世代の日本崩壊プロジェクトの被害者

一生馬鹿のまま生きなければならん「ゆとり世代」が可哀想


701 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:15:14 ID:yBqPuNHL0
ホームレスが新聞を読み
フリーターが四季報を読み
サラリーマンが写真週刊誌を読み
議員が漫画を読む

不思議な国、日本

702 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:15:17 ID:2kp52Z4A0
アメリカやイギリスはエリートが国を支えるって考え方だからな
日本の発想とは全く違うだろ。ww

703 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:15:19 ID:L0FUOzqX0
職業右翼の工作がうざいな

704 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:15:20 ID:E1XWJkth0
>>691
フィンランドだって昔から成績良かったわけじゃないw

705 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:15:41 ID:PQSSiYKC0
身長186センチ
趣味マリンスポーツ全般
V6岡田似
早稲田大学医学部の俺が通りますよ 

706 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:15:43 ID:BWCNPpaN0
>>621
俺の場合は松尾芭蕉は知ってたが、代表的な句をいくつか言ったら聞いたことないってさ・・

707 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:15:53 ID:5sZ4Nc0p0
円周率3ってのは都市伝説だったと思うが。

708 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:15:57 ID:oCDHyKz2O
>>699
結果が出るまで今暫くお待ち下さいってかw

709 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:16:00 ID:0z7Zv90kO
>>590
5分ほど考え込んだorz
今日帰りに算数ドリルでも買って帰るわ
一応工学部出てるのに情けねえ…

710 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:16:28 ID:ccBWFe4p0
いまだにゆとり世代の10代は円周率3.14が3で教えられてる!って思ってるんだな

711 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:17:16 ID:/CkQzOmP0
核家族化&共働きで、親も暇がないのに、どうやって家庭教育をしろと…。
躾から勉強まで管理してくれる「全寮制最強」ってことになりそう。

712 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:17:42 ID:8mgehRQM0
ゆとりは国から損害賠償とれるのかな

713 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:17:46 ID:9hjLBZA40
>>678
推奨しただけで、指導や強制力をもたせなかったせいで、浮いた時間が遊びに回されてバカが量産されたってことか。

714 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:17:47 ID:DFYgaXks0
10年後の2ちゃんねるはゆとりばっかりになってるんだろうな…。


715 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:17:49 ID:wx37F6Yc0
>>621
ゆとり世代ど真ん中の女の子は銀魂に熱中
新撰組にはやけに詳しいが・・・登場人物の名前がorz

716 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:17:51 ID:hF1q/vHI0
>>691
>なんで世界一の科学技術のあるアメリカが入ってないの?

アメリカは充実したスカラシップをエサに世界中から優秀な頭脳を集めているから
科学技術とかは優秀だが、アメリカ国民自体が優秀なわけじゃない。

717 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:18:00 ID:YGm11byy0
>>694
俺の妹は高校1年だけど3で習ったと言ってる
そっかー

>>703
職業右翼って?
右翼なんか今の日本にいないよ
いるのは似非右翼だけ
彼らは韓国や北朝鮮国籍の人たち


718 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:18:00 ID:L0FUOzqX0
2chってバイアスかかり過ぎ

719 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:18:03 ID:akWHMv+/0
>>469
従姉妹が母子家庭なのですが、当時、すぐにゆとり教育はマズイと判断、
塾などの習い事に通わせたそうですが、資金に限界があるから大変だったそうです。

720 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:18:04 ID:IkDKRkZm0
>>699
だから、何年も前から10位以内にすら入っていないアメリカがいまだに学問でトップで、
何年も前から10位以内に入ってるフィンランドや韓国がいまだに首脳会議にすら入れないのは何でなの?

所詮高校生のテストの結果だろ。

721 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:18:20 ID:yBqPuNHL0
>>705
親が金持ちでうらやましい


としか思わない
これが日本の問題点だろうね

722 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:18:44 ID:yJATQxcn0
>>711
昔の方が親は忙しかったよ
子供が勉強しなくなったのは先生の立場が弱くなったから

723 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:18:49 ID:jE6paVWz0
>>691
アメリカの科学技術が進んでいるのは留学生のため

残念ながらその留学生は日本人ではなく、主に中国人だがな

724 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:19:21 ID:QUFnjsC30
重要なトピックの一つではあるとは思うが
各紙で一斉に社説に載せるほどの事なのか?

725 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:19:48 ID:+z/EPrxb0
>>21
レーシングカーを知らない国の人には不利な問題だな。

726 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:19:51 ID:9hjLBZA40
>>706
俳句といえば、陰暦というものを全く知らない中学生が多いから、季語を理解させるのが難しい。
五月雨を春の季語だと思ったり、七夕を夏の季語だと思ったり。

727 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:19:59 ID:O7TRd0OL0
>>723
インド人は?

728 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:20:06 ID:YGm11byy0
>>707
2ちゃん伝説じゃない?
俺の妹は円周率3で教わった高校1年生

729 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:20:14 ID:37M4Nxr50
>>720
アメリカは世界中から人材集めてるからじゃないか?
留学生もたくさん受け入れてるし

じゃあ日本の科学技術はどうなのかと言われてもよく分からないが

730 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:20:21 ID:JjvyG1lr0
>>717
習ったことを記憶してるだけまし

731 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:20:39 ID:oCDHyKz2O
>>717
小5からゆとり教育かな?となると旧課程時代に円周率を習っているはずだが。

732 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:20:45 ID:DCeUAP+KO
>>691
先進国が軒並み下がってるって事は学力の低下ではなく、偏りがデカいってだけの結果だよ。

733 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:21:01 ID:BjIeT0Z0O
簡単に大学入れる今ってどーしたものか。。 オワタな

734 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:21:03 ID:gMwi5ZfW0
かつて日本の教育改革を担当したGHQの役人は、こう豪語したそうだ。
「日本の教育を変えて、今後は天才が出ないようにします」

戦後、彼らが押しつけてきた教育プログラムの要点は、次のようなものである。

第一に、白人の対する徹底的な劣等感を植え付けること。
第二に、アメリカは素晴らしい国だと信じ込ませること。
第三に、自分独自の意見を作らせないこと。
第四に、討論や議論を学ばないこと。
第五に、受身のパーソナリティを作ること。
第六に、一生懸命勤勉に仕事させること。
第七に、目立つ人の足を引っ張ること。

これらは、イギリスの植民地だったインドで実践された教育方針そのままだ。
要するに、上からの命令に疑問を持たず、与えれた課題だけを勤勉にこなす“しもべ”を
作る教育である。
      暴かれた[闇の支配者]の正体 P.128〜129 ベンジャミン・フルフォード 著

在日米国大使館経済担当公使 ジェームス・P・ズムワルトの言葉
「米国が設計する世界秩序に、金銭面から日本政府は協力せよ。さらに軍事的協力に
おいても、日本政府は今後強化せよ。そうした世界秩序の構築は、日本の経済システム
そのものを変容させるが、その変容は米国資本に役立つものでなければならない。
そのためにはまず、金融面での改革を行い、それをさらに徹底させよ」
                   「姿なき占領」 本山 美彦 著 P145より

【マスコミに代わり】年次改革要望書を読み解くスレ5
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1196401244/
NTTの解体,三角合併,共済潰しetc.

日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく
日本国政府への米国政府要望書2007 年10 月18 日(仮訳)
http://japan.usembassy.gov/pdfs/wwwfj-20071018-regref.pdf

735 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:21:17 ID:O7TRd0OL0
>>721
日本人なら
>>705のつっこみどころは早稲田大学医学部じゃ?

736 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:21:22 ID:gwWfq9Yn0
やっぱり、学生に週休二日を適用すべきじゃなかったんだよ
これは労働者に対するものでね

737 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:21:38 ID:2kp52Z4A0
>>691
その代わりアメリカやイギリスにはエリートを育成できる大学があるからな
日本人でエリートなんてありえないだろ。ww

738 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:21:57 ID:yBqPuNHL0
>>729
なるほど見えてきたな・・・・・・


ゆとり教育は移民大量受入政策の一環だったんだ!!!

739 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:22:03 ID:4x8JttAs0
上で英語の話があったが、知ってる単語の
1/3が使える単語。
つまり、3000語知ってても、使える単語は1000語。カタコト英語でも不自由なレベルだよ。
単語暗記は英語の基本。


740 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:22:05 ID:0RwxESr4O
うわあw

ついに国が認めたのかよw
一生バカ世代扱いされるな
ゆとり世代は

741 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:22:42 ID:etB5A4690
自分で勉強する子は、空いた時間を、自分の好きな勉強するかもしれないけれど
たいていの子は遊ぶだろう、親が教育熱心なら塾行かせる

問題は教師が、テストで良い点取れる教え方する
高校は大学の予備校
中学は高校の予備校と、勉強に興味持たせて、子供自身が面白いと思うような教え方しないと
応用は効かない、使えない人間になる

ネットの脱出ゲームにしても、すぐ答えサイト探して解くようじゃ、ゲームする資格ないだろうな
勉強も、点数取る為の丸暗記じゃつまらないよ
良い教師の給料上げてでも良いから、
小学3年までは、挨拶と人間関係の構築と、社会の仕組み、善悪の判断と
言葉と数字ぐらいで、生きる為の基礎&勉強の大切さを教える
教育番組のビデオ見ながら、教師が補足説明した方が興味を持つだろうね
ノート取らす事は大事、ワープロはアホになる
作文、卒論は自筆で、ワープロ不可が基本かな

742 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:22:46 ID:X3IIiRvd0
>>737
「エリート」って日本にもいるよ。
ただ、ゆとりのせいで、「エリート」の質も下がってきてるけどな。
上も下も能力が下がるという最悪の事態に陥っている。

743 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:23:11 ID:YbOAfub30
ゆとり教育のせいにして根本的な問題から
目をそらせようとしてるとしか思えないんだがな

744 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:23:47 ID:2kp52Z4A0
>>742
イギリスやアメリカのエリートは日本人の言うエリートとは違うんだよ。w

745 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:24:25 ID:i1MrGyemO
社会人にゆとりがない

746 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:24:29 ID:wx37F6Yc0
>>741
教員を能力主義の年俸制にしないと・・・w

747 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:24:44 ID:UUzt1CgP0
>>737
イギリスやアメリカは、英語というのが強みだね。
日本は英語を学ぶより、日本語をもっと世界に普及させるべき

外国人に日本語は難しいと言うが、その日本語を解するほど
優秀な頭脳じゃなきゃ、留学生として受け入れるに価しないんだから
丁度良いはずだ。

748 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:24:55 ID:8mgehRQM0
3.14で習ったけど計算は3でするって事でしょ?
pi=3で教える訳ないじゃん

749 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:25:09 ID:X3IIiRvd0
>>744
違うわけねーだろw
自分で行って実際に「エリート」を見てみりゃわかる。

750 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:25:17 ID:yBqPuNHL0
>>21>>734

しかしなんで政府発表の書類は全部pdf形式なのか
見難くてしょうがない

751 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:25:30 ID:nCMhSJSOO
仮に教育にテコ入れして非常に優秀な非ゆとり世代を量産したら
ゆとり世代はオマエら世代と非ゆとり世代とのサンドイッチになるのか…

そうなると企業もゆとり世代は採用せず優秀な非ゆとり世代を採用するようになるのか?
これってゆとり死亡フラグじゃね?
深刻なゆとり就職難民が発生したりして…

752 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:25:35 ID:JjvyG1lr0
国を売るような選挙結果が出るんだから、暗い


753 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:25:57 ID:oCDHyKz2O
>>744
ギフテッド教育?
日本も憲法に「その能力に応じて平等に教育を受ける権利」を持つって言っているのに「平等」教育だから変な話だよな。

754 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:25:58 ID:yJATQxcn0
>>749
エリートの定義ってなんね?

755 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:26:01 ID:UUzt1CgP0
>>744
禿げ同
>>742だけじゃないが日本人は真のエリートがどんなもんか知らないのが
日本の最大の欠点だろうね。

756 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:26:04 ID:DHKxh1JY0
>>711
単に子供の学習時間を削減しただけでは成功するはずのないプロジェクトだったん
だよな。社会全体が取り組めば効果は出たのかもしれんが。

757 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:26:15 ID:L0FUOzqX0
ゆとりなくすより2ch潰した方が社会のためになるよ

758 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:26:17 ID:YGm11byy0
>>731
旧課程なんて知らんがな
とにかく高一の妹は円周率は3ろいってる

759 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:26:57 ID:IkDKRkZm0
>>754
人のために死ねること。

760 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:27:32 ID:UUzt1CgP0
>>759
西欧式エリートに、それは無い。

761 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:28:13 ID:X3IIiRvd0
>>760
大体西欧式エリートって何だよw?


762 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:28:47 ID:4x8JttAs0
人類史上初のバカ量産教育の実験台にされたゆとり世代は国に補償を要求するんだなww


763 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:29:36 ID:oCDHyKz2O
>>758
> 旧課程なんて知らんがな
知らん訳無かろうもん、おどれが受けて来た教育じゃろうに。


764 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:29:37 ID:Uvb6HConO
>>757
とりあえずVIPからだな
あれはゆとりの固まりみたいなもんだし

765 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:29:48 ID:Z0C8OTOq0
>>529

   受験勉強がんばってきたヤツ多い = DQNじゃないヤツ多い

ってのは成り立たないぞw
むしろ若いのにストレス溜めてるのが多いから、キレたらヤバイな。



766 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:29:50 ID:+z/EPrxb0
>>748
なんでもいいけど、pi=3.14だと信じてる方が問題。

767 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:29:58 ID:OTkXS7HjO
名古屋大学医学部医学科
http://ex23.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1196366291/

768 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:30:10 ID:YGm11byy0
>>762
ゆとりにしてほしいなんて頼んでないし、ふざけるな!

769 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:30:11 ID:ccBWFe4p0
>>714
3で計算してもいい場合がある、だな
実際は問題によって3を使わせる場合、3.14を使わせる場合両方あると聞いた

しかもこれは92年からだから20代も多くはこの授業一度は受けてるはず

770 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:30:16 ID:yJATQxcn0
>>759
「人」って曖昧な表現だな。
おれだって肉親のためなら犠牲になる覚悟はあるよ。
まあ「国民」のためとかならエリートっぽいが。


771 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:30:15 ID:1bN0Kq3+O
>>686だか
>>695
そうだな今の犯罪は1000円ぐらいで平気で人を殺すからなw
今も昔も何も変わってない気がするが?
いつの時代の大人達は自分達の失敗を弱い人間に責任を押し付けるだよなぁ〜
今の子ども達は被害者だと俺は思う。

772 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:30:31 ID:E1XWJkth0
エリートと言えば銭湯民族サイヤ人のベ○ータ様



773 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:30:42 ID:2Dss4Ug/0
どう考えても学力下がるに決まってるだろ
学生が完全週休2日制なんていらねーんだよボケ

774 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:31:20 ID:0RwxESr4O
>>751
少子化だからいまは雇うしかない

そして数年後
ゆとり上司の下で働かなければならない未来の子供たちがいる
不憫だ

775 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:31:27 ID:i0yyr6QMO
日本の大人ってなんか教育下手だね。
いろんな意味で下手。

776 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:31:28 ID:8+I92eIc0
>>761
イギリスやアメリカの有名大学は、一部の高額所得者のものだろ。
イギリスの有名校自体、昔の貴族のための学校だったんだからね。。。

ヨーロッパのエリートは、昔の「王族や貴族」を指すんだよ。
家柄が重要な意味をもつ西洋社会では、当たり前のこと。

777 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:31:33 ID:wx37F6Yc0
>>758
1991年4月以降生まれの高1は5年生の時にπ=3.14と習ってるはず
この子達が6年の時の5年生からπ=3になった
だから、おまえの妹の先生が
「来年から3だから3でいいや」的にπ=3で教えたんじゃね?

778 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:32:08 ID:a4ntBkAH0
ゆとりゆとりってバカにしてるけどそもそもそんなお前らは中高時代真面目に勉強してたの?

779 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:32:22 ID:UUzt1CgP0
>>761
日本人は国際社会とか世界とか言う時、アメリカをメインに考えるが
先進国の大半が西ヨーロッパだと言う事を忘れている。
そしてアメリカでもトップを牛耳るのは西ヨーロッパ系白人だ。
つまり日本は西ヨーロッパを念頭に国際社会を考えるべきなんだよ。
エリートとはつまりNoblesse Obligeに決まっているだろ

780 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:32:35 ID:jJbVGSSe0
国が全面的に衰退していっているんだから
別に驚くようなことではないよな

781 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:32:40 ID:IkDKRkZm0
>>760
むしろ西洋式エリートなら、全然間違ってない。そう思うのは単に無知なだけ。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88

782 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:32:58 ID:tvn5O1Hd0
要するにとっとと30年前の水準に戻せって事だ罠w
新車市場も30年前の水準に逆戻りした事だしw
受験戦争も復活させた方がイイ罠。
あの程度の事に耐えられんようじゃもっと過酷な社会に出たらもっと耐えられんぞ。
とは言っても少子化でそれは難しいかもな。
貧困化と少子化で大学行く人口は激減してるし。
大学も補助金削減や独法化で経営重視にならざるをえんし・・・orz
これまで日本がやって来た改革は改悪、弱体化に過ぎなかったって事だな。
これからは政治家・官僚・マスゴミ・御用学者は日本人の敵だと認識した方がイイかもね。
日本人はお人好しだからお上は日本人の味方だと言う認識があったが改める必要がある罠。

783 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:33:14 ID:4oWbcsYq0
>>760
元の意味はそうだよ。
「(神に)選ばれし人」
だから。
神に選抜され、他者(信者)のために命を投げ打って尽くす人。

だからエリートには、ノブリスオブリージがついて回る。

784 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:33:24 ID:+z/EPrxb0
>>777
π=3.14などと無責任なことを教えたやつが居るのか?
π≒3.14だろ


785 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:33:36 ID:X3IIiRvd0
>>776
論点がずれてる上に時代錯誤。
実際今アメリカで「エリート」っぽい人たちは
移民とかその子弟がかなり多いよ。

786 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:33:47 ID:Uvb6HConO
>>777
そもそもπの意味が分かってないだろ、それ(笑)

787 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:33:50 ID:yJATQxcn0
>>779
そこまで書いたらNoblesse Obligeについて日本語で丁寧に教えないといかんよ



788 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:34:23 ID:wx37F6Yc0
>>784
ゴメw
その記号どやって出すのかわからんwww

789 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:34:32 ID:UUzt1CgP0
>>787
言えることは
私学助成金なるものを許す日本には無縁の物だね。

790 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:34:39 ID:oCDHyKz2O
>>776
海外の大学進学率を知らずによくそこまで戯けた事をぬかせるな。
近頃のゆとりは奨学金も知らんのか。

791 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:34:44 ID:4x8JttAs0
ゆとり教育って格差教育なんだよな。
経済力=学力
の公式が確実になった。
親の年収で学力が決まる

792 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:34:46 ID:yBqPuNHL0
だからあ、学力なんて大した問題じゃないよ

どうしても「ゆとり=国力の衰退」に結び付けたい奴らがいるみたいだな・・・

793 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:34:47 ID:9VUGqCLw0
ノブリスうんぬんは理想論だけどなあ

794 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:34:47 ID:YGm11byy0
>>777
今度聞いてみる
π=3.14で習ったのかって・・
今は学校に行っているのでいない

795 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:34:52 ID:ccBWFe4p0
>>777
教師の裁量によるところも大きいだろうが
教科書への円周率3表記は92年からだと言ってるだろ

マスコミがキャンペーン張り出したのが2002年のこと
そのキャンペーンを鵜呑みにした教師が逆に「円周率は3と教える」と信じ込んでしまったケースはあるかもね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E5%91%A8%E7%8E%87%E3%81%AF3

796 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:35:27 ID:8mgehRQM0
>>766
死んじて無いよ

超越性の証明も出来るよ(><)

797 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:36:13 ID:BhnxjS4b0
>>792
じゃ、「停滞」・・・・いややっぱり「衰退」だろ。

798 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:36:17 ID:T2+KF/Jr0
ゆとり教育のせいじゃないでしょ。
また、データも無しにいい加減なこと書いてまあ。
結局物事の因果関係を全く示してないんだよ、文部科学省の役人って。

799 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:36:20 ID:nCMhSJSOO
>>774
確かに不憫だwww

だが待って欲しい!
ゆとり世代にも少なからず能力の高い者たちもいるのでは?

800 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:36:32 ID:4oWbcsYq0
>>779
エリートは人。
Noblesse Obligeはその責任、責務。
イコールで結べるものじゃないよ。

801 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:37:37 ID:yJATQxcn0
>>788
あなたに「キングオブゆとり」の称号を与えよう('A`)y─┛~~




802 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:37:47 ID:cCY0L34s0
まあまあ、これも国策なんだから、ゆとりを持って生きようよ ( ^ω^) v

803 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:37:47 ID:n+01bK970
日本弱体化が会社こぞっての至上命令のTBSのコメンテータに
抜擢されたのが、寺脇研、もちろん、これは論功行賞だ。こいつが
文科省に居られない雰囲気作ったのも安倍内閣だが、ほんとに死んだ子
の歳を数えるようだが、おしい内閣を潰したわ。

804 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:38:17 ID:YGm11byy0
しかし「ゆとり教育」なんて大変な事をしでかしてくれたな
文部省は・・・

805 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:38:25 ID:UUzt1CgP0
>>776
>イギリスの有名校自体、昔の貴族のための学校だったんだからね。。。

パブリックスクールの多くはジェントリーが作った物だったと思うが

806 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:38:37 ID:1bN0Kq3+O
>>775
わかるよ。
学校で子ども達に教科書で教えるのは簡単だけど…
学校卒業後の子ども達には何も教えない。
まぁ〜オトナは悪い遊びは教えてくれるケドなぁw

807 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:38:48 ID:IkDKRkZm0
>>779
『高貴な振る舞い』って意味分かってないだろ?
イギリスじゃ王室の人間が学校を卒業したら、まず軍隊に入る理由もわかってないだろ?
民衆のために最前線で戦えることが『高貴な振る舞い』。
貴族は民衆のために尽くす義務があるからそうなるんだよ。

808 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:38:55 ID:fCmQryK80
しかしゆとり教育からの脱却は本当進んでるのか?

809 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:38:58 ID:wx37F6Yc0
>>795
いやだから・・・
家の子は高校1年
うちの子の小学校じゃそうだったんだw

「どうせ3で教えるようになるから3でいいよ」とか
「台形の公式は覚えなくて良い」とか
理科も削除される天体とか循環あたりの単元を間引いてた

施行される前から実行する先生が続出w


810 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:39:10 ID:d83YA12B0
フィンランドには受験も塾もない。おまけに夏休みは日本の2倍らしい。
「分数ができない大学生」などの共著がある、慶応大の戸瀬信之教授(数学)はこう言った。
「15歳の春にほぼ全員に入学試験を課すのは日本や韓国くらいだ。
応用力とはいえ、数学や科学は基礎知識があるほうが有利だから、日韓が上位に来るのは当然のこと」


811 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:39:39 ID:FYUsdxE00
寺脇、今すぐ腹切って責任取れ

812 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:39:40 ID:E1XWJkth0
この間中学生が町中にある「ゆとりを持とう」という標語の防犯関連の看板を
指さして「ゆとりだってw ゲラ」と馬鹿にしていた。

ゆとりという言葉を濫用しすぎ。
諸悪の原因を「ゆとり」の一言で逃げるのはよくない

813 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:40:33 ID:yBqPuNHL0
>>797
いやいや学力と学歴や収入が全く比例してないのが問題だろ
地方を見ればはっきりわかるけど
底辺高校で赤点ギリギリの馬鹿が大学行く裏で、進学校のトップクラスなのにネカフェ難民の奴がゴロゴロいる

814 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:40:43 ID:T2+KF/Jr0
>>804
それまでそんな大層な教育してたのか?
おまえが馬鹿なのはゆとり教育のせいか?違うだろ、生まれつきだろ。

815 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:41:10 ID:UUzt1CgP0
>>807
王族や貴族のボランティアなどは一般人のそれとは
まったくの別物だよ。
軍隊に入るのもほとんどポーズだけだろ

816 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:41:33 ID:YGm11byy0
フィンランド厨うぜええ
国は何百国あると思っているんだ

817 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:42:15 ID:+z/EPrxb0
>>813
博士の就職先が無い。
大学新卒は売り手市場。

氷河期はどこまで行っても氷河期
ゆとりは就職活動もゆとりwwww

818 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:42:19 ID:n+01bK970
>>782
まさにその通り、かつての日本は、あらゆる教育に関することでは
常に一番だった、ほんとうに常に、だ。もう、議論してヒマはない。
かつてはうまくいってたんだから、とりあえず、全部前に戻した
方がいい。ここ30年ぐらい変えてきたことは、ことごとく日本弱体化
計画にそったこと、男女なんたらも、教育も、人権だの、福祉だの、
み〜んな。もともとそんなこといちいちオカミがいわなくとも世界一
うまくやってたのが日本国民。

819 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:42:53 ID:yJATQxcn0
>>775
敗戦で自分たちの価値観を全否定された大人が
当時の子供(団塊世代)を教育できなかったんだろ

その子供が成長して作ったのが今の教育制度だし、
もう何世代にもわたって価値観を喪失した教育が続いてしまったと

820 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:42:59 ID:2Dss4Ug/0
平日なのに昼で終わりとか普通にあるもんな
進学校の人間には信じられない光景だったぜ

821 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:43:09 ID:d83YA12B0
高校生の学力より、大学生の学力低下のほうが俺は気になってしょうがない。
大学生の科学知識では日本はアメリカに完敗らしい。

↓中村修二教授談
ttp://ckido8.yz.yamagata-u.ac.jp/j/essay/essay010110.html
>みなさんもご存知のように中村教授は日亜化学で青色発光ダイオードを開発され、
>最近、カリフォルニア大学の教授として異動された、あの中村さんである。
>コラムのタイトルが、「日本はまず教育改革を-大学生のレベル米に完敗-」と手厳しい。
>・大学生の知識レベルでは日本が完敗
> 大学生の学部レベルではあまり変わらないんじゃないでしょうかねえ。
>日本では高校で埋め込んで、大学で遊んでアメリカに追いつかれるという構図で、
>追い抜かされるのが大学院レベルですね。
> 特に、最近では文部科学省がゆとり教育とか言って、中高で教科数を減らしたり、
>内容を低下させたりで高校が中学化し、大学が高校化し始めているわけです。
>ですから、これまで学部レベルでは日米同等であった学力レベルが、
>ここでアメリカに抜かれるということになりかねませんよね。


822 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:43:09 ID:BBmPf8SI0
元々日本人ってのは劣等民族だよ
中国民族や韓民族のほうが遺伝子的にも優秀なの

823 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:43:10 ID:IkDKRkZm0
って言うか、日本でOECDのテスト受けてるやつって日本の中でも成績の良いエリートなんだがね。
ゆとり、ゆとりって批判しているやつより学校の成績ってはるかに良いはずだよ。


824 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:43:48 ID:6oYee6uFO
日教組の日本弱体化計画の成功。
中国韓国に献上する用意は整ったな。

825 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:43:54 ID:1bN0Kq3+O
>>778
60年代なんか学生闘争なんかで自由か革命なんか言って騒いで居た奴等が革命もしないで今当時の大人達の言葉を今真似してるだけなんだ!!

826 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:44:19 ID:6feRLO6/0
ゆとり教育の目的は学力重視から総合的な人間力の育成にウェイトをおいた
ことに意義があるんだから,学力がどーこー騒ぐべきではない。
学力の向上なんてのは途上国の課題だ。中国とかインドとかにでもまかせて
おけばよい

827 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:44:19 ID:oCDHyKz2O
>>816
およそ200

828 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:44:57 ID:YGm11byy0
>>814
ゆとりに関しての話だけどお前はどう評価してる?
俺は教師じゃないが馬鹿でもないつもり


最後に

安倍ちゃーーーん!

829 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:44:59 ID:L0FUOzqX0
youtubeにエロ画像あげまくってる奴らがゆとり批判なんて笑えるね

830 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:45:02 ID:wx37F6Yc0
>>823
>日本でOECDのテスト受けてるやつって日本の中でも成績の良いエリートなんだがね

前レスに無作為ってあったが違うのか?
ちゅかさ、どういう層が受けてるの???
暴露頼む!

831 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:45:29 ID:yBqPuNHL0
>>817
博士は自業自得の気もするが・・・
そこそこ勉強が出来るのに大学行きたいけど行けない奴はどうにかしてやるべきだな
まあ、今の商業主義の大学じゃ無理だろうけどな

832 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:45:37 ID:iwa749Wm0
これもチョンの工作だったんだろうな。
例えば公務員の国籍条項撤廃の推進派でも、
優秀な人材は国籍に拘らず登用すべきだとか、
そう言う発想で推進してたからな。
これからそう言う論理で、詰りチョン>日本人と言う発想で、
公職の不法占拠や外国人参政権を正当化する積りなんだろう。

833 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:45:43 ID:Tmi6fQa7O
韓国にズタボロ
嫌韓厨涙目w

834 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:46:01 ID:+z/EPrxb0
>>826
それなら読解力が低下するはずないんだけどなー。
一番上昇してしかるべきですぜ。


835 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:46:52 ID:XZYVIOel0
寺脇は何かコメントした?

836 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:47:06 ID:n+01bK970
>>810
人口数百万の国と一億三千万の国を単純比較するのは馬鹿。
市町村でできることが、国でできるわけではないといっしょ。
「豊かさ」とか、一人あたりのGDPとかみても、小国が上に
行くことはよくある。いくらでも小回り効くし、その存立する
国土とかによって大きく影響する。億単位の国となると、国の
なかにあらゆる条件、カオスをかかえる。その中で一定の水準
を保つのはフィンランドなんかとは全く別の手法をとらざるを
得ない。日本は、億単位の国としては、かつては、とんでもなく
うまく行っていた。が、寺脇とか、馬鹿サヨ、それに乗せられた
馬鹿政治家のおかげで、日本の良さをどんどん切り捨ててきたの
が実態だよ。

837 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:47:09 ID:FYUsdxE00
>>826
で、その人間力とやらの育成はどうなったのかね?

838 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:47:37 ID:YGm11byy0
>>833
韓国が勝って良かったな
はよカエレ!
そんなに嫌いな国に住んでどうする気だよ
馬鹿じゃねーの?

839 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:47:51 ID:5ZJHmUH30
これだけの失政を文科省の課長一人のせいにして

政権与党の責任を一切認めないウヨの頭の中こそゆとりだなwwww

840 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:47:57 ID:yJATQxcn0
>>826
なるほどな、実際、平均的学力より
どれだけ各分野の天才が生まれるか、
どれだけ国家を担う人材が生まれるかの方が大事かもな


841 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:48:44 ID:E1XWJkth0
その韓国では一足先に受験がなくなりそうなんだろ?
次の大統領選で。

そこまで踏み切れるかわからんが。

842 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:48:45 ID:/8xbnONGO
別に一番じゃなくても良いだろうに…

日本人は目標に向かって努力している時にこそ、
神憑り的な力を発揮するんだぞ。

二位か三位がベストポジション。



843 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:49:02 ID:nCMhSJSOO
オマエらに聞きたい!!!!!

仮にオマエらが教育のトップに携わる者だったら
具体的解決策として何を、どのような理由で導入する?

844 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:49:07 ID:5sZ4Nc0p0
で、これには進学校の生徒参加してるの?

845 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:49:30 ID:X3IIiRvd0
>>840
典型的なゆとり思考だねw。
一握りの天才が国を動かすなんて、このグローバル時代にあり得ないし、
特に日本では歴史的にもあり得ない

846 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:49:46 ID:yBqPuNHL0
>>840
東大法学部の中でも国家を担える人材が一人でもいるんでしょうか?不安でなりません・・・

847 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:50:01 ID:L0FUOzqX0
糞右翼の単細胞的な考えにはうんざりだ

848 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:50:35 ID:9VUGqCLw0
一握りの天才が動かせる分野って
科学の世界でも意外と少ないんだよな…

849 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:51:05 ID:37M4Nxr50
そもそも何で詰め込みを止めて読解力が低下するんだ?

850 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:51:13 ID:YGm11byy0
>>847
右翼だの左翼だの何を基準にいってるの?w

851 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:51:14 ID:n+01bK970
>>826
その総合的なとかが一番劣ってるだろうが、昨今のガキは。
いつまでも日本弱体化工作できると思うなよ。

852 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:51:51 ID:E1XWJkth0
>>842
残念ながらそのベストポジションにいないのが痛いな

853 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:51:57 ID:ccBWFe4p0
>>846
法学部には入らないだろうけど、各国の天才が集う
国際数学オリンピックの順位はたしか年々上がってるはず

854 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:52:04 ID:zqg+/iml0
会議で30代の管理者が文書を読むと笑っちゃう。
漢字を、適当に読みとばしてケロッとしてる。

855 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:52:07 ID:JLSsgRvl0
>>843

まず国立を含む大学の再編だな。国際競争に勝つ人材を作るために。
偏差値60以下の大学は原則廃止・統合して国立学校特別会計や私学助成を
圧縮する。その浮いたカネで研究とかに重点配分を行う。

856 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:52:11 ID:Q/h6lNNy0
まあゆとりならこんなもんだろ。別に驚くにはあたらない。
前後の世代が尻拭いしてやりゃいいだろイケヌマ世代の。

団塊〜バブルとゆとりのクズ共は日本人離れしてるからな。
このゴミ処理こそ神が日本に与えた試練。

857 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:52:17 ID:yJATQxcn0
>>845
>一握りの天才が国を動かすなんて

実際に国家を動かすのは一握りだと思うけどな
そこに有能な人材が集まるかが問題であって

858 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:52:21 ID:fCmQryK80
ゆとり世代はますます卑屈な奴が増えるだろうな大丈夫なのかしら・・・

859 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:52:24 ID:8mgehRQM0
>>840
その方針なら大学全入とかいらないんだよね
むしろ働ける様になった人は一般人は高校卒業したらサッサと働いた方がいい

860 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:52:26 ID:83+MrWho0
文部科学相がゆとりを認めやがったなんて事だ

861 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:52:39 ID:1bN0Kq3+O
>>825
教育もう終わってるから!!

862 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:52:57 ID:d83YA12B0
実際の日本の学力低下はもっと深刻です。
OECDなどの学力調査に参加した人の成績を、学校単位で得点別に並べてみると、
日本では、真ん中あたりに固まっていて分布して、どの学校も成績は変わりません。
一方、アメリカやドイツは非常に点数の低いところからちょっと高い方まで、
バラバラに分布している。何故か? アメリカにしてもドイツにしても、教育というのは
地方自治体がやるんです。貧乏な町は学校も貧乏です。お金持ちの州や町は、先生の給料を
うんと出すから、成績がいいのです。日本では文部省が半分給料を出していますし、
学習指導要領がありますから、沖縄から北海道まで、どこの学校でもほとんど平均的な
教育を行っているわけです。だから日本は未だに平均が高いんです。


863 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:53:10 ID:bqoZ8qSaO
どうすんだよ、あのできそこない世代の始末は…

864 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:53:15 ID:yBqPuNHL0
>>843
私立大学を潰す
経営者育成に力を入れる

865 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:53:35 ID:9VUGqCLw0
>>857
国を動かすのは人気投票(笑)

866 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:53:36 ID:X3IIiRvd0
>>857
それはね、空想小説の世界。
国家なんて、そんなにカンタンにうごかんよ。
まずは日本の近代史の勉強からやり直してみたらどうだろうか?

867 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:54:07 ID:Tmi6fQa7O
負け惜しみばかり。
日本の教育と学習の結果は最底辺です。
ホントにカムサハムニダw

868 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:54:26 ID:yJATQxcn0
>>859
それが本来の姿だと思うよ
くだらない大学生活を過ごすより技術を身につけたほうがいい
けど、日本社会がそうなってないのが問題なんだろうけど

869 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:54:42 ID:ZQMbQ1j+O
天才ってのは思いもよらない発想ができるから天才
最も、天才は思いもよらない発想ができるが
思いもよらない発想ができるからといって天才だ、という訳でもないけど
運営なら天才よりも秀才。何かあった時や、ブレイクスルーしたい時は天才がいるけど

870 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:54:55 ID:FYUsdxE00
>>849
自分でものを考えられないし、一定の知識もないから。
ここでもいるだろ?逆切れする教えて君が。
何を使って、どうやって調べたら良いかまで懇切丁寧に教えないと駄目らしい。
いや、教えられてもしたくないらしい


871 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:55:07 ID:Q/h6lNNy0
>>866
どこのゆとりかしらんけど、日本の近代史なんて
まさに一握りの人材が国家を動かしてたって好例が
あるだけのパートじゃねえかよ。

お前馬鹿じゃねえのか?w

872 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:55:10 ID:YGm11byy0
>>864
私大を潰して何になる?
お前が毎週楽しみに見ているNARUTOなんか私大の底辺出身

873 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:55:15 ID:MSXCTt+/0
自分より馬鹿そうなのを見つけた時の
お前らの食いつきっぷりはすさまじいな。

874 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:55:29 ID:JLSsgRvl0
>>864

私学は偏差値60以上は存続させればいい。問題はそれ以下のクソ大学。


875 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:55:36 ID:wx37F6Yc0
>>843
いつでもだれでも買えるように
検定教科書・準拠問題集を書店に置く

876 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:55:38 ID:T2+KF/Jr0
>>828
なに言ってるかわからん。
もっと読書して作文しろ。

877 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:55:42 ID:saB28aqq0
寺脇を斬首にしろ


878 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:56:02 ID:/+Wrh2U40
>>863
もいっかい小学校から。。。がベストだが無理だろうな〜

879 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:56:25 ID:L0FUOzqX0
2chねらーなんかゆとり以上に糞だからゆとりなくすより2chなくしたほうがいいよ

880 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:56:31 ID:tKhQhkly0
>>857
最近のその「一握り」が世襲制なんですけど。
広い範囲から募った一握りの方々ならいいのにね

881 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:56:31 ID:d83YA12B0
「分数ができない大学生」などの共著がある、慶応大の戸瀬信之教授(数学)はこう言った。
「15歳の春にほぼ全員に入学試験を課すのは日本や韓国くらいだ。
応用力とはいえ、数学や科学は基礎知識があるほうが有利だから、日韓が上位に来るのは当然のこと」


882 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:56:33 ID:X3IIiRvd0
>>871
ゆとりだなあ。
日本の戦後復興は一握りの天才が成し遂げたとでも?
空想小説の読み過ぎだよw。
現実とかっこいい空想を混同してはいかん。

883 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:56:35 ID:yJATQxcn0
>>866
何をもって簡単と言ってるのかわからんな
いつの時代も国家の意思を決定するのは少数だろう
意思決定する人材と実行する人材とは別だと思うよ

884 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:56:37 ID:XZYVIOel0
寺脇は何かコメントした?

885 :N2:2007/12/05(水) 09:56:43 ID:CE7Gi8zB0
その前にきょーいくは翔が興前でよし

886 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:57:08 ID:KhXXOYbo0
>>323
ゆとり世代のあほか? フィンランドは学校で主要科目しかやらないぞ。
体育の授業はないし、部活もない。 >>399さん、騙されるな!

887 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:57:12 ID:zRmKc+ck0
ゆとり教育を進めた役人どもは全員売国奴

888 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:57:17 ID:CqwR2z1/O
>>863
だよね。ゆとり前の世代とゆとり廃止後の世代に挟まれて、
その両方から馬鹿にされてお荷物扱い。
ある意味団塊並みに害悪世代かも、ゆとりは。

889 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:57:25 ID:2Kg/nU+C0
寺脇研大勝利!
日本\(^o^)/オワタ

890 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:57:58 ID:tvn5O1Hd0
これだけ悲惨な結果が出てるにも関わらず
マスゴミ始め推進派が詭弁や甘言を弄して擁護するんだよね。
生粋の売国奴なのか馬鹿なのか知らんが。
奴らは必ず「個性重視」か「詰め込み」かの二者択一に持って行こうとするが
論点をずらしてるだけなんだよね。
そんなトリックに引っ掛かる国民も国民なんだが。
甘言にだまされ易いんだな。
それこそ放って置けば個性や考える力どころか日本人の長所や美徳が
何もかも無くなっちまうわい。
奴らは日本の破壊工作員と思った方がイイ。
70年代くらいから彼らの声がでかくなって来たが彼らの言う通りにして
日本が良くなったなんて事は一度もない。
むしろ悪くなる一方だ。
ただ奴らは詭弁や甘言や論点ずらしが非常にうまい。
だから国民は騙される。
分野は違うが竹中平蔵なんてその典型だ罠。
もっともゆとり教育と新自由主義は密接な関係があるんだが。
最初にバウチャー制度を唱えたのが新自由主義の重鎮フリードマンだっけか?
もっともバウチャー制度とフィンランドのゆとり教育とは全く違うんだが。

891 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:58:06 ID:/CkQzOmP0
>>884
「在日コリアンのためのエリート校」の理事だかなんだかに収まってるっていうのが答えじゃね?

892 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:58:28 ID:Q/h6lNNy0
>>882
あのな、戦後復興ってお前のゆとり脳だと近代史にカテゴライズされるのか?
お前馬鹿すぎて話になんねえよ。どこの低学歴クソババァだか知らんけど、
お前ごときが他人見下すのは百万年早いぞ。

893 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:58:34 ID:nCMhSJSOO
>>855
マーチ以下切り捨てかwww

そうなると合格のハードルが高くなって
受験戦争が激化するなww

確かに大学の廃止統合でスリム化させてくのは
少子化のご時世理想的だな

894 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:58:35 ID:FYUsdxE00
>>872
もっと言えば、美大にいけずに底辺大学の美術部だっけか?
とは言え、あんなに酷い支離滅裂な内容でも、馬鹿に受ければ大儲け。

895 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:58:35 ID:YGm11byy0
>>876
お前はボンクラか?
ゆとりは生まれつきと言ったお前に対してちゃんと質問してるぞ

896 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:58:45 ID:JNEmQM/m0
ゆとり対策はまず漢字の削減だな。
不憫なんてむずかしいかんじをさくげんしないと。
しょうらいてきにはかんじはいし。

897 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:58:46 ID:E1XWJkth0
2ちゃんを見ても議論の仕方をちゃんと教わってないってことがわかるよな。
俺もだが。

英語系の掲示板によく書き込むけど、建設的な議論が多くて煽り合いが少ないよ。
匿名制の掲示板がほとんどないのも要因だろうけど

898 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:58:47 ID:RkGncnKdO
馬鹿を増やしてどうするつもりだ?

899 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:59:21 ID:i/abVa0i0
確か武士社会ってのは日本の二割くらいだったんだよな?
徳川家あわせても。もっと少ない?

900 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:59:22 ID:ec8lQqzX0

寺脇を処刑しろよwww



901 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:59:25 ID:yBqPuNHL0
>>872
NARUTOって漫画の?
別に楽しみにしてないけど別に大学なんぞ行かなくても描いてるだろ

902 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:59:34 ID:742dvg2CO
たから日本はエリート教育よりも、町工場の作業員でも円周率とかがわかるのが強さだったと・・・



903 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 09:59:48 ID:pKBLyHPa0
はっけよーい。ゆとったー!ゆとったー!

904 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:00:03 ID:RRfWA2LS0
>>857
> >一握りの天才が国を動かすなんて
> 実際に国家を動かすのは一握りだと思うけどな
> そこに有能な人材が集まるかが問題であって

能力に関係なく、常に傲慢な人間が動かすものだよ。

905 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:00:04 ID:IgJU0DFK0
今月号の文芸春秋に藤原正彦先生がいい文章書いてる。

経済通の皮かぶった守銭奴売国奴と団塊世代とゆとり世代は必読。

906 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:00:18 ID:fmm0pCOw0
>>51 >>368 >>409 >>411 >>464 >>547 >>810
フィンランドでは、義務教育の9年間一定基準に達していないとふしぶしで入学を1年遅らしたり、
基礎学力がついていない子供は1年間学校に留年したりする
ようするにゆとってるとオチこぼれて無駄に学校にいるようなシステム
それならつめこんで上に強制的にあげたほうが貧乏人にはいいとは思うが…

907 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:00:20 ID:5ZJHmUH30
>>843
高校卒業認定試験を導入
留学生を大規制して、少数厚遇政策に転換

それにより超底辺大学は全滅


中学・小学校から段階的に単科・科目別の教育バウチャー制度を導入。
施設は現状の公教育のもの使用。
公教育の基幹部分を教育情報センター化。
自由競争と公教育地域教育を両立させる。

908 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:00:30 ID:zRmKc+ck0
寺脇研 って朝ズバに出てるよね

909 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:00:37 ID:YGm11byy0
>>894
むむむ・・・NARUTOを馬鹿にするか

ならば最後の大御所を出すぞ
北条司だ!

910 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:00:54 ID:yJATQxcn0
>>880
政治の世界では世襲が一番の問題だよね
これこそが教育で解決する必要があると思うよ
へんなマネー教育なんかより
政治に自分の意見を持って参加することを小学生の時から教えた方がいい


911 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:01:05 ID:2muuvFBc0
どんな理想主義で物事を進めても、それを運用する現場に適材がいければ、
理想が高いほど負のベクトルに振れる勢いは激しくなる。

その典型例だな>ゆとり

912 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:01:09 ID:8mgehRQM0
>>896
漢字を廃止したら韓国になってしまう

913 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:01:24 ID:JNEmQM/m0
もうゆとりせだいがしゃかいにでたんだからしょうがないじゃないか?
ひらがなだとよみにくいけどw


914 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:02:18 ID:X3IIiRvd0
>>892
一体何をキレてるんだろう?
ゆとりって知識が薄いのに、自分では考えている振りをして、
言い返せなくなるとそうやって逆ギレ。
「学ぶ」ということの意味さえわかってないんだろうな。

915 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:02:41 ID:83+MrWho0
文部科学相がとうとうゆとりを認めちまったな
若い奴らカワイソすぎるだろ

916 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:02:45 ID:CVUzBKKv0
国際数学オリンピック順位2007

1 ロシア
2 中国
3 韓国
4 ベトナム
5 アメリカ
6 日本、ウクライナ
8 北朝鮮
9 台湾、ブルガリア


917 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:02:51 ID:/CkQzOmP0
あー、これから大変だ。
「ゆとり世代」の人材が使えなかったら、なんでも寺脇のせいにされる。

918 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:02:53 ID:YNU+f8dV0
ゆとり教育を持ち上げたマスコミ。
嘘をつかない性善説の日本人は、日本人を貶めるマスコミの情報操作に騙されやすい。


919 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:02:56 ID:6feRLO6/0
「ゆとり教育」というネーミングが誤解を生んでるな。
「人間力教育」とでもすべきだったな。
日本は脱競争宣言をすべきだ

920 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:02:58 ID:d83YA12B0
1991年に35歳の人の学力テストをしたら日本は参加20カ国中19位だったそうですから。
文部科学省が2002年に社会人の科学知識を調査したら同じ順位になった。
日本は子供の科学知識では今でも世界のトップだ。だが社会人を調査すると
順位が低いのは、これは日本の教育が受験目的だからだとする意見も多い。
だから受験戦争が終わって社会に出たら、綺麗に忘れているわけです。

「(社会に出て)学校で学んだことを一切忘れてしまった時に、まだ残っているもの、
それこそ教育だ」(アインシュタイン)


921 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:03:01 ID:wQePmPPf0
だがこれから先生になっていくのがゆとり世代という現実。

922 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:03:12 ID:xDt2l4N70
もういいよ、教養がない馬鹿な子でもいい。
人に迷惑掛けない素直なゆとりをつくれ>文科
素直な子なら、多少馬鹿でも一緒に仕事してても疲れないし、仕事も覚えるから。

923 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:03:37 ID:T2+KF/Jr0
>>895
馬鹿が生まれつきだって言ってんだ、馬鹿。
なにお前のうのうと生きてんだ?馬鹿のくせに。
頼むから日本の足引っ張るな、馬鹿。
どうせ自民信者だろ?馬鹿。

924 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:03:48 ID:DHKxh1JY0
>>843
家庭教育が行えるように労働環境の改善、整備を要請。
エリート養成のための特別クラスを設定、小中高、それぞれにおける積極的な情報
交換の実現。

意欲と実績の伴った生徒は特別クラスに入れて育成、労働者すべてが高等学力を持つ
必要はないのだから、情緒教育や道徳教育などを家庭において行い社会の健全化向上
を計る。

俺にはこれぐらいしか思い付かんw

925 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:03:51 ID:yBqPuNHL0
>>909
いまどき専門学校卒のCGアーティストの方がカッコいい絵描くよ
あいつらは別に学校なんぞ行かなくても絵描いてるから関係ないよ
ただ学校も行かずに無職で絵描いてると体裁が悪いってだけで

926 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:03:53 ID:wx37F6Yc0
>>908
NHKにも時々出てるw

つかさ、寺脇といいエビジョンいるといい
再チャレンジ成功してるよな?

927 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:04:04 ID:5ZJHmUH30
>>906
教育費の助成がないことを前提にしてもしかたない



あとなんでみんな寺脇一人のせいにすんの?
あんなのただのスポークスマンだし、なんの政治的後ろ盾が無かったと思ってんの?

それに寺脇の考えはもっと予算付けて、
自由学習の時間に、「つめこみ」以外の教育を充実させる予定だったんだが。
アメリカの質疑型の教育とかを想定してた。

928 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:04:09 ID:saB28aqq0
就職氷河期もゆとりの失敗も
全部団塊のバカどものイカレタ発想と行為が原因


929 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:04:11 ID:FYUsdxE00
>>909
流石に北条司の来歴までは知らんw

930 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:04:19 ID:oCDHyKz2O
>>907
国立中高一貫校によるギフテッド教育も進めてくれ。1%の天才を拾いあげてくれ。

931 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:04:26 ID:KDZ583XzO
三国人なんて言って蔑視してた連中に平均的な学力で負けてるこの現実を
見つめ直さなきゃ日本は滅びるんじゃないの?

932 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:04:33 ID:i/abVa0i0
戦後復興も下は齷齪働いただけで
上がこそこそ工作してたからできたんよ
民衆の優秀さも必要だけどお上はそれ以上に優秀でなくてはな

933 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:05:18 ID:CVUzBKKv0
>>916

ちなみにフィンランドは61位

934 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:05:41 ID:RTDNsZ+f0
教師なんて三流大の落ちこぼれだからな


935 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:05:55 ID:yBqPuNHL0
>>924
こういうエリート思想が日本をダメにした、んだと思う

自分が努力したから偉くなったんだ!と思い込んでる官僚に多いタイプ

936 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:06:08 ID:wDj2R7tD0
ゆとり世代は、国家への永遠の負債だと言われるんだろうな。

937 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:06:21 ID:8mgehRQM0
日本は資源が無いんだから人が頑張らなきゃ

938 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:06:34 ID:L0FUOzqX0
2chに議論なんて皆無です

939 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:06:41 ID:5sZ4Nc0p0
そもそもこの時間にこの問題語っても説得力ないよな。
どうせ負け組みばっかりなんだろ? 今ここ見てるの。
俺もそうだから他人のことを馬鹿には出来ないが。

>>914
それってゆとりというよりは2ちゃんねらー・ニートの特徴じゃないのか?
プライドが無駄に高い人や自意識過剰な人が多いからな。


940 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:06:45 ID:i/abVa0i0
>>931
蔑視じゃなくて警戒してんだよ
戦後の犯罪史嫁

941 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:06:51 ID:+YkNmHPd0
授業日数足りなくなって実験ができなくなりゃ、
普通のヤツは理科なんて好きになる要素がねえよ。

942 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:06:53 ID:fmm0pCOw0
>>927
就職する年数が遅くなるのだから貧乏にンは年金も助成、退職金も助成だのしてゆく気??

943 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:06:56 ID:0hde6gOc0
>>839
ざっと50年以上、今のニッポンは自由民主党が
作ったと言っても過言ではないのに。
その結果を受け入れられない小泉信者w

944 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:07:13 ID:C7ogjarr0
ちょっと言っておくけど、馬鹿にしすぎ。相当名誉毀損だよ?
こっちも相当我慢してるんだよ?

許されませんよ。いい加減にしてくれるかな。

945 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:07:23 ID:d83YA12B0
>>933
そりゃフィンランドは人口が少ないから。

946 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:07:34 ID:fCmQryK80
馬鹿が増えてもいいんだよ賢い連中の足を引っ張らなければ
馬鹿なんだから人様に迷惑だけはかけないって自覚すればそれでいいんだよ

947 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:07:36 ID:PsiSILNU0
一番興味深いのは、この順位がどう見てもその国力と
全然連動していないことだな。

948 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:07:36 ID:wx37F6Yc0
>>927
・・・有馬がなんでゆとり教育に賛成したか・・・不思議だw

949 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:07:38 ID:JLSsgRvl0
>>943

それ小沢一郎とかの田中派でしょ?

950 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:08:07 ID:UvOY524xO
感受性豊かな若者が増えたって事?


951 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:08:28 ID:G/XovnEiO
馬鹿馬鹿しいな
こんな全高校生を対象にしていないものに一喜一憂か

952 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:08:38 ID:XZYVIOel0
感受性豊かと言うよりは,過敏な子が増えたんじゃないかな

953 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:08:43 ID:saB28aqq0
>>919
そうかそうかw

954 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:08:58 ID:YGm11byy0
NARUTOの岸本斉史も大御所の北条司も私大がなければ
この世に存在しえないアニメだったかもしれない
大学が帝大中心で慶應、早稲田なのはわかるが、地方の人間は行けない。。

955 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:08:58 ID:2rvUsSww0
ゆとり効果の失敗作は早めに焼却しておかないと、後の災いになるよ

956 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:09:06 ID:YNU+f8dV0
在日学校で詰め込み教育を実施する寺脇は、日本人に実施したゆとり教育で、日本人の学力が低下してさぞ満足している事だろう。

957 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:09:26 ID:wqme8u1h0
>>1
思惑通りじゃん。www

最初っから馬鹿増産して実直な精神だけ養ってくれりゃ良いとかホンネ暴露してたしな。w

一部のエリートだけつくって

つまり二極化した格差社会をつくるための布石として、
これからの時代を担う子供たちの教育を利用してやった。まさに極悪非道な政府の教育なんだよねこれ。

ハードラックとダンスっちまった世代はかわいそうだね。
親が賢けりゃ回避できたのにね。残念

958 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:09:38 ID:XPq1rkIh0
まぁこれでわかったろ。
ガキは甘やかすとつけあがるってこった

959 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:09:39 ID:FYUsdxE00
>>946
自覚できないから馬鹿なんだよ。
そのくせ異常に自意識だけは過剰だから手に負えん

960 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:10:03 ID:5ZJHmUH30
エリート主義は、発展途上国やらで
少ない教育資本を有効理由する場合には必要だけど


極端なエリート主義は経済や国を逼塞状態にするぞ

国が計画経済する場合や、官僚主導の金融政策やる時代じゃないしな。
教育に関しても国の計画教育が失敗すれば、大変なことになる。
変化の多い時代の人材供給には適していない。

961 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:11:24 ID:Kf+O8oUE0
寺脇氏ね
こいつのせいで広島だけではなく日本中がダメになったといっても過言ではないな

962 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:11:34 ID:UWboi0Aq0
必死に弁解してるゆとり世代ワロス

963 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:11:57 ID:T2+KF/Jr0
教育なんてどうでもいいよ。何したって良くも悪くもならないんだから。
それより、今の30前後が被ってる(主に経済的な)不利を誰か責任取れ。

ゆとりを問題にするなら、今の30代後半の奴が相当やばい。馬鹿だと
いうだけなら大した問題ではないけど、人格がまずい。
あいつら国を滅ぼす。

964 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:12:11 ID:DHKxh1JY0
>>935
むしろ逆のつもりで書いたんだけどな?
全員がエリートを目指すよりも、適した人材に適した教育を行って育てればいい。
早期にエリートとそれ以外を区分することで、それ以外の大多数は無意味にエリート
を目指すこともなく、自分に合った仕事や好きな仕事といったものに目を向けていく
んじゃないかと。

965 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:12:16 ID:+YkNmHPd0
あれ?このスレのヤツらってゆとり世代は生まれつきバカだと思ってんの?
そうじゃなかったら普通の人間ならゆとり世代を見下せないよ?

966 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:12:25 ID:L0FUOzqX0
ゆとり批判してる奴らの言動のが最悪だな

967 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:12:27 ID:N91/vTwm0
英米仏独とかランキング入ってないじゃん、

968 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:12:35 ID:DYknyy980
ゆとりを推進した奴って今どっかの教授らしいね
責任取らせた方が良くね?

969 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:12:44 ID:Ht5epZ+/0


たった7年で1位から15位まで後退


共産主義者の日教組による馬鹿大量生産大成功www




970 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:12:47 ID:YGm11byy0
>>960
元々政治三流、経済一流と言われた国だ
だが経済が危ない

971 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:12:56 ID:ds0GkZls0
DSの学習ソフトで最近俺は学力がアップしている。

972 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:12:56 ID:saB28aqq0
管理教育、詰め込み教育で育ったが
やっぱ教育とはそもそも詰め込みが必要なんだよな
小中なんて特に
自由な発想とか議論なんて高等教育で訓練すればいい
寺脇式教育法の失敗で良く分かった


973 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:12:58 ID:Zsyb15mx0
理系(笑)
体の代わりに頭を使う土木作業員みたいなもんだろw

974 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:13:01 ID:5sZ4Nc0p0
>>962
この時間に書き込みができる時点でそいつはゆとり世代では無いだろ。
もしそうであるのだとすれば、世代云々以前に終わっている奴だ。

975 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:13:36 ID:wqme8u1h0
>>964
それがゆとり教育じゃん。

976 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:13:54 ID:i/abVa0i0
これ覚えてるけど森元がかなり押してたよな
何でここまでと思ってたが

977 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:14:12 ID:BPuTSDE70
>>960
エリート教育のことなど誰もいってない。
このスレはゆとり馬鹿の問題

極端なエリート主義?
お受験のことなら、あれはエリート主義でも何でもない。
一般的には幼児期に子供の感受性をすり減らして、中学高校では馬鹿になるだけ。

すくなくとも、国は極端なエリート主義などとっていない。
その間逆だ。

978 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:14:16 ID:YNU+f8dV0
日本が欧米の植民地にされなかったのは、江戸時代に読み書き出来る人材を育成していたから。
当時、日本ほど識字率の高かった国はない。


979 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:14:22 ID:aNFaLe6F0
点がとれる暗記式、マニュアル式の教育やってきたつけだろ。
知識詰め込むだけで応用きかない人間ばっかじゃん。

980 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:14:23 ID:KDZ583XzO
個人の幸福だけ追求して勉学に励む日本人が世界に国家の名を轟かせようと
日々精進する中国や韓国の人にかなうわけがないよ

981 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:14:24 ID:Kf+O8oUE0
寺脇は偉そうにゆとりの必要性を説いた本まで出版してたな
どこぞの次官と一緒で塾業界から多額の金銭の授受があったかどうかは定かではないけど
少なくとも印税は返還汁!


982 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:14:58 ID:saB28aqq0
TBSのコメンテーターに出るヤツって碌なやついねえな
まあ、マトモなやつなんて出たくないだろうしw


983 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:16:08 ID:X3IIiRvd0
>>977
別に感受性をすり減らしたとも思わないけどね。
日本のクリエーターの多くは受験戦争をくぐり抜けてきたわけだし。
逆に、豊富な知識と思考力がクリエイティブマインドを育てたって
こともあると思う。
ゆとり世代の子供が昔の子供より感受性豊かとも思えないし。

984 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:16:16 ID:B1l6pFdC0
将軍様日本人を骨抜きにする我々の戦略は着々と実行されつつあります    日教組

985 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:16:37 ID:5ZJHmUH30
>>977
あー
俺はエリート教育に関する人のレスにレスしたんだ

986 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:16:48 ID:DHKxh1JY0
>>975
俺はゆとり教育のすべてが間違っているとは思ってないよ。
問題は社会全体として取り組めなかったことだと思ってる。

987 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:16:55 ID:YGm11byy0
>>972
そういうこと!
小学校はまず集団生活の規律に慣れること
中学校は規律の重要性を知りながら勉学とクラブに
汗すること

988 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:17:13 ID:5sZ4Nc0p0
>>977
誰も言ってないってことも無いけどな。
検索かけると結構引っかかる。

989 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:17:34 ID:T2+KF/Jr0
>>983
>日本のクリエーターの多くは受験戦争をくぐり抜けてきたわけだし。

おまえ、何適当なこと言ってんだ。それ根拠ねえだろ。

990 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:18:03 ID:Ht5epZ+/0
>>983
お家でゲームする位しかない子供が感受性上がるわけないしな
寧ろそれ以外能が無いんじゃね?

991 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:18:04 ID:yUJVbf+y0
「ゆとり教育」推進した文部省の糞役人。、今度大阪にできる朝鮮学校の幹部になるらしいな。
もともと在日だったのかもしれん

992 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:18:32 ID:X3IIiRvd0
>>989
根拠ないって、実際そうじゃんw。


993 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:19:04 ID:BPuTSDE70
>>979
点がとれる暗記式、マニュアル式の教育すらされていないゆとり馬鹿の
扱いに企業は本当に困っている。

せめて、マニュアル教育された人間並みに頭を使うことができれば良いが。応用力も発想力もてんでダメ、それがゆとり馬鹿。

>>983
お受験にさらされた、子供が感受性をすり減らしたと書いた俺のレスへの反論がそれなら「馬鹿のくせに俺にレスを返すな、生意気だ」。

994 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:19:06 ID:YGm11byy0
>>985
お前は2ちゃんに来るべきじゃない人物のようだな

995 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:19:27 ID:p2o2wMrtO
さっき新聞見たが日本よりフランスの転げ落ちっぷりにワロタ

996 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:19:28 ID:wx37F6Yc0
>>987
>集団生活の規律に慣れること
実情は保育園や幼稚園でやってるわけだが・・・
基本的な生活習慣が身に付いてないと
それ以上を教育するのは無理だとオモ


997 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:19:36 ID:ykkr8QGWO
フランスみたいに義務教育でも留年させればいいのに。

998 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:19:47 ID:XPq1rkIh0
1000

999 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:20:03 ID:Ht5epZ+/0
>>989
ゆとり必死wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


1000 :名無しさん@八周年:2007/12/05(水) 10:20:05 ID:DHKxh1JY0
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

270 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)