2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【UK】英国政府機関が国民2500万人の個人データ紛失、ブラウン首相が謝罪

1 :人生\(^o^)/オワタφ ★:2007/12/03(月) 12:55:21
 国民の約4割の個人情報を政府機関が紛失するという事件が英国を揺るがしている。英財務省は11月20日、
約2500万人の個人情報が入ったディスク2枚が紛失したことを明らかにした。
現在のところデータが直接悪用された痕跡はみつかっていないというが、対応にも問題があって、
騒ぎは収まりそうにない。

 問題のディスクはCD-ROMで、育児手当受給者の氏名、住所、生年月日、健康保険、銀行口座など
725万世帯分のデータが入っていたという。
育児手当は、16歳までの子供、または18歳までの学生を持つ世帯が対象で、関係する国民は非常に多い。

 紛失は、歳入関税庁(HMRC)が監査局(NAO)に送った過程で起こった。HMRCの職員が配送サービス事業者
TNTを利用してNAOにディスクを送付したのが10月18日。
これが届いていないことに関係者が気づいたのは3週間後の11月8日。財務相と首相に報告されたのはさらに
2日後の11月10日だったという。

 紛失の発覚を受けて、HMRCのPaul Gray長官は引責辞任。Gordon Brown首相とAlistair Darling財務相は
謝罪するとともに、調査と今後の対策を国民に約束した。
Darling財務相は、銀行など関係する金融機関はすでに対策を講じていること、現時点では不審な取り引きや
データ悪用の形跡は確認されていないことを強調している。

 また、「ディスクはまだ政府の敷地内にある可能性が高い」とも述べている。11月末現在、警察が捜査中で、
100人以上を動員して、イングランド北部にあるHMRCのオフィス、ロンドンにあるNAOのオフィスなどを調べている。
財務相は、暫定的な調査結果を12月半ばに、完全な調査報告書を来年はじめに発表すると約束している。

 だが、その後の対応にもまずさが目立つ。HMRCは、謝罪の書簡を該当する世帯に送ったのだが、
間違った世帯に届いた例が複数報告されている。これは、火に油を注ぐ結果となり、国民の不信感は募るばかりだ。
英国では現在、個人の身元確認を強化する取り組みの一環で国民用IDカードの発行計画が進められており、
今回の事件の影響で難航する可能性も出ている。

以下省略
http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/infostand/2007/12/03/11761.html

英国歳入関税庁(HMRC)の謝罪
http://www.hmrc.gov.uk/childbenefit/customer-update-letter.htm

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/03(月) 12:57:48

紛失♪
見つけたらいくらで買うの????

悪用するより、返したほうが金になるなら帰ってくるよきっと


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/03(月) 12:58:29
ハッシュキボンヌ

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/03(月) 12:58:41
これ、日本の社会保険庁のマネをして、なんか都合の悪いデータを隠したって
可能性は無いんだろうか?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/03(月) 13:10:29
すげぇ。いくらになるんだろうこれ。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/03(月) 13:12:12
英国の人口の4割はもともと存在しなかったとする陰謀だとおもう。
それか、火星に住民登録が移されているんだよ。
by韮沢

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/03(月) 13:39:33
ブラウンといえばシェーバー

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)