2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【中国】カトリック司教が就任 バチカンとの国交交渉前進か

1 :ピアニカを食いちぎれ(080110)φ ★:2007/12/05(水) 04:17:48 ID:???
 国交が断絶している中国とバチカン双方が司教に承認した中国の甘俊邱神父(43)が4日、広州教区(中国広東省)司教に
正式に就任した。カトリック教会でローマ法王だけが持つとされる司教任命権を中国政府は「内政干渉」と拒否してきたが、
双方の二重承認による妥協が実現した形だ。国交正常化交渉に向けた歩み寄りとして注目される。【北京・浦松丈二、上海・大谷麻由美】

 中国とバチカンは51年に断交。中国のカトリック信者は共産党の指導を受ける政府公認「天主教(カトリック)愛国会」と
バチカンに忠誠を誓う非公認「地下教会」に分裂している。

 中国外務省の秦剛副報道局長は4日の会見で「中国はバチカンと建設的対話を進め、関係改善の道を模索している。
バチカン側も関係改善に向けた環境を作り出してほしい」と述べた。

 中国側は国交正常化の条件として(1)台湾との国交断絶(2)司教任命権など中国国内の宗教行為への不介入を要求している。
任命権を巡って、中国政府が候補者数人を選び、バチカンが1人に絞る妥協案が検討されている。

 広州教区の事務を担当する神父によると、甘氏は昨年10月25日に広州教区が独自に司教に選出、今年1月にはバチカンが
司教として承認した。同神父は毎日新聞の取材に「バチカンが承認したという話は報道で知った」と述べ、中国が決めた司教を
バチカンが追認したことを示唆した。

 一方、中国にとっても来年3月の台湾総統選で独立派を封じるため、バチカンを台湾と断交させる効果は大きい。
中国の外交筋関係者は「バチカン側の歩み寄りに応じて中国が正常化交渉を加速させる可能性は高い」と分析している。

毎日新聞 2007年12月4日 20時11分 (最終更新時間 12月5日 0時01分)
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20071205k0000m030071000c.html


2 :名前をあたえないでください:2007/12/05(水) 04:21:04 ID:md9V0QiA
ヘルシングが現実のものならこの手のニュースは存在しないんだろうなー

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)